ちょし さん プロフィール

  •  
ちょしさん: 閑遊閑吟
ハンドル名ちょし さん
ブログタイトル閑遊閑吟
ブログURLhttp://leonpyan.exblog.jp/
サイト紹介文映画の感想、旅行記、ペットのカメたちの写真などを載せています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/03/27 21:10

ちょし さんのブログ記事

  • 八月納涼歌舞伎
  • 八月のお楽しみと言えばこれ!去年に続いて染五郎・猿之助の弥次喜多珍道中。八月の歌舞伎座の演目は本当は第一部、第二部、第三部と全部観たいのだけれど、このところ宝塚や新感線まで手を出していてちょっとお財布も寂しくなりそうなので、第二部だけで我慢です。でも、第二部だけでも十分満足。期待を裏切らない面白さでした。1.修善寺物語  夜叉王 坂東彌十郎  姉娘桂 市川猿之助  源頼家 中村勘九郎  晴彦  坂 [続きを読む]
  • トランスフォーマー/最後の騎士王
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 (2017)【監督】マイケル・ベイ【出演】マーク・ウォールバーグ / アンソニー・ホプキンス / ジョシュ・デュアメル / ローラ・ハドック / サンティアゴ・カブレラ / ジェロッド・カーマイケル / イザベラ・モナー [60点]「バンブルビーはやっぱり可愛い」10年前の第一作目以来観ていなかったのだけれど、こんな壮大なお話になっていたとは(笑)。でもストーリーはもうこの際あまり関係ないですね [続きを読む]
  • 心が叫びたがってるんだ。
  • 心が叫びたがってるんだ。 (2017)【監督】熊澤尚人【出演】中島健人 / 芳根京子 / 石井杏奈 / 寛一郎 / 荒川良々 / 大塚寧々 [50点]「期待していたよりは・・」期待していたよりは心が動かなかった。青春映画は嫌いじゃないんだけど・・何だろう、ストーリー上の設定にいまひとつ入り込めなかったからかな。主演の芳根京子さんの演技もあまり好みではないかも。石井杏奈さんがわりと好きで観に行ったのもあるんだけど、彼女の良さ [続きを読む]
  • 空海の風景
  • 空海関係の小説や伝記は遠い昔に読んだ気もするけれど、ほとんど覚えていません。今回はある勉強会の先生にお借りしました。先生は以前空海が若い頃に修行したという室戸岬にいらしたことがあるそうです。その洞窟に入って外を見ると、まさしく空と海の青だけが目に入ってきた、とのこと。そのお話を伺って、なぜかとても空海に興味を持ちました。去年空海の自筆の書を目にする機会があったことも一因かもしれません。司馬遼太郎の [続きを読む]
  • 十年
  • 十年 (2015)【監督】クォック・ジョン / ウォン・フェイパン / ジェヴォンズ・アウ / キウィ・チョウ / ン・ガーリョン【出演】 [90点]「香港の霧は晴れるのか」低予算、ノースター、無名の監督たちのオムニバス。にもかかわらず2016年の香港金像奨に輝いている。香港がイギリスから中国へ返還されて20年がたった。そして、この映画は10年後の未来を描いている。社会派問題作である本作は日本でどのくらい受け入れられるのだろうか [続きを読む]
  • テアトル・ノウ東京公演
  • 観劇は大好きなのに、能楽は敷居が高い気がして今まで足を踏み入れませんでした。叔父が謡と仕舞を長年やっていて、発表会にもしょっちゅう誘われるのですが、昔一度行って、退屈だったので、それ以来理由をつけて断っていました。(私の結婚式の時に謡を披露させなかったと言って未だに嫌味を言われます・・・。)それが、縁あって、ある勉強会の先輩の方に能楽の公演のご案内をいただき、俄然興味がわいてきました。第三十四回  [続きを読む]
  • 屋形船!
  • 暑中お見舞い申し上げます。ああ、暑い。暑いというと尚更暑いけど、やっぱり暑い。こんな時は納涼企画で暑気払いですよね。いつもお世話になっている呉服屋「あら船」さんが屋形船を貸切って浴衣イベントを開いてくださいました。わりと大きな船なので30名まで大丈夫、ということでしたので、私も着物に興味のありそうなお友だちにお声かけをして、8名で参加してきました。出航は北品川から。屋形船「むつみ丸」は「一龍屋台村」 [続きを読む]
  • 髑髏城の七人 Season鳥
  • 劇団☆新感線の『髑髏城の七人』花鳥風月シリーズのうち、第二弾の「Season鳥」を観てきました。第一弾の「花」とは雰囲気も変わって今回は歌と踊りと笑いにあふれた舞台でした。前回小栗旬の演じた捨之介を阿部サダヲが。もうそこから違う匂いがします。シュッとした着流しだったのが、今回は忍者のいでたち。主演が変わるだけで全体の雰囲気もガラッと変わりますね。今回は笑いが多い舞台でした。蘭兵衛役の早乙女太一の立ち姿の [続きを読む]
  • のど自慢 〜上を向いて歩こう〜
  • 森昌子主演の舞台チケットをいただいたので、行ってきました。森昌子と言えば懐かしの中三トリオ。実は同級生であります。私は山口百恵ファンでしたが(^^;)。『のど自慢』と言えば井筒監督の映画ですよね。確か室井滋主演。観たような、観てないような、覚えてないからきっと観てないんでしょう(って観てても記憶にないって最近多いけど)。ジャニーズのタレントさんも出演しているので、意外と若い女性客も多かったです。演 [続きを読む]
  • 宝塚 雪組公演
  • 去年『るろうに剣心』を観て以来、密かにライトなファンになっていた雪組トップスターの早霧せいなさん。今回の公演を以って、娘役トップの咲妃みゆさんと共に退団されます。前回の公演も抽選に外れて観れなかったし、サヨナラ公演は何とか行きたいといろいろ抽選に応募したり知り合いに頼んだりしましたがことごとくハズれ、もう諦めようと思っていたところに友人から回ってきたチケットが!2階のB席後ろから3列目でしたがオペ [続きを読む]
  • 六月大歌舞伎
  • 歌舞伎座、6月大歌舞伎の昼の部を観てきました。今日はね、単衣の結城を着て行ったんですが、幕間にトイレに行き、ちゃんと帯は直したんだけれどそのあとに後ろのおはしょりをちょっと整えたら帯のたれが跳ね上がっちゃったんでしょうね、ロビーで携帯を見ていたら後ろから来たおばさまが「帯が上がってる!!」と言いながらパシッとたれを下してさっさと歩いて行かれました。ええ、有り難いことです。「ありがとうございます」も [続きを読む]
  • 花戦さ
  • 花戦さ (2017)【監督】篠原哲雄【出演】野村萬斎 / 市川猿之助 / 中井貴一 / 佐々木蔵之介 / 佐藤浩市 / 高橋克実 / 山内圭哉 / 和田正人 / 森川葵 / 吉田栄作 / 竹下景子 [80点]「花が主役は新鮮」この時代のお話は歴史上の人物それぞれに先入観や思い入れがあったりして、なかなか素直な見方ができないのだけれど、今回の主役は花、そして初めて聞く池坊専好という僧侶である。よくある戦国時代の信長や秀吉や利休を軸としたお話 [続きを読む]
  • 髑髏城の七人 Season花
  • 「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演、『髑髏城の七人』を観てきました。360度繰り広げられるステージ、中央で回転する客席。アジア初のエンターテインメント劇場を体感したかったのと、劇団☆新感線が初めてだっだので、とても楽しみにしていました。テーマパークのアトラクションと劇場が合体したような感じ。舞台だけでなく、幕をスクリーンに見立てて映像を映し出し、劇場全体が髑髏城の世界観の中に没入していき [続きを読む]
  • 台北グルメツアー by Kemiと仲間たち 第三日目〜最終日
  • 第三日目の朝はホテルのビュッフェで。せっかくのオークラプレステージ台北での宿泊ですから、一日くらいはホテルで豪華な朝食をいただきたいですからね。写真を撮りませんでしたが、オムレツもデニッシュもサラダも美味しかったです。ホテルのビュッフェには和食も中華もありますが、ついつい洋食に走ってしまいます。この日の午前中は私だけ自由行動を取らせてもらって、台北を北上し、ある茶人のサロンに行きました。その間Kemi [続きを読む]
  • 台北グルメツアー by Kemiと仲間たち 第二日目
  • 台北二日目の朝は『阜杭豆漿』へ。思ったほど並んでいませんでした。定番の鹹豆漿と厚餅夾蛋をいただきました。安定の美味しさ!そして、早朝の龍山寺へ。大勢の尼さんの読経が心地よく響きます。長くて太いお線香を持ち、それぞれの神様のもとへ御礼とお願い事に回ります。そのまま胡椒餅を買いに行きました。まだ開店前だったので整理券をいただきます。2番!ちょっと時間をつぶしてから熱々の胡椒餅を公園でいただきました。昔 [続きを読む]
  • 台北グルメツアー by Kemiと仲間たち 第一日目
  • 3泊4日で台北に行ってきました。メンバーは麗茶のサロンに通ってくれているkemiちゃん、Yちゃん、Hちゃんの4人。今回の旅のリーダーはkemiちゃんです。kemiちゃんの希望はグルメと龍山寺と豪華ホテル。希望の場所を組み込みながらスケジュールを練り、ホテルはオークラプレステージ台北。私のいつもの茶旅とはちょっと違う、プレミアムツアーでした。違うとは言ってもやはり最初の昼食はここから。『金峰魯肉飯』は外せません。午 [続きを読む]
  • 三月のライオン 後編
  • 3月のライオン 後編 (2017)【監督】大友啓史【出演】神木隆之介 / 有村架純 / 倉科カナ / 染谷将太 / 清原果耶 / 佐々木蔵之介 / 加瀬亮 / 前田吟 / 高橋一生 / 岩松了 / 斉木しげる / 中村倫也 / 尾上寛之 / 奥野瑛太 / 甲本雅裕 / 新津ちせ / 板谷由夏 / 伊藤英明 / 豊川悦司 [80点]「諦めてはいけない」ちょっと駆け足で展開が唐突な印象はあるけれど、この原作のテーマを丁寧に描けていたと思います。原作に比べて香子が出過 [続きを読む]
  • 四月大歌舞伎
  • 今月は歌舞伎座昼の部に続いて夜の部も。それも初めての千穐楽。亀ちゃんの奴道成寺があるからね。頑張って菖蒲(勝負?)柄の訪問着を着ていきましたよ。でも、歌舞伎座にお着物でいらっしゃる皆さんはつわもの揃い。張り合うつもりはとんとないし、目の保養させてもらってますが、何か、気慣れてる感すごいわー。私もいつかは和服でああいう空気感出せるようになるかしらん。1.傾城反魂香  浮世又平 中村吉右衛門  女房お [続きを読む]
  • 宝塚 宙組公演
  • 初めての宙組公演!やっとイープラス貸切の抽選に当たりました。それも前から9列目、ほぼ中央の席というくじ運の良さ。去年『エリザベート』が外れて涙を飲んだことはこの際忘れることにしよう(笑)。今回はお茶仲間の順子さんをお誘いして、着物で観賞。順子さんは宝塚=すみれを意識して紫色のお召し。私は普段はあまり袖を通すことがないベージュピンク地に蘭の柄の訪問着。宝塚は着物の人はそれほど多くはありませんが、この [続きを読む]
  • 四月大歌舞伎
  • 猿之助のKame Pro Clubから出演のお知らせが来ると、やっぱり行ってしまう歌舞伎座。1.醍醐の花見  豊臣秀吉 中村鴈次郎  豊臣秀次 尾上松也  北の政所 中村扇雀  淀殿 中村壱太郎  三條殿 尾上右近  前田利家室まつ 市川笑三郎  松の丸殿 市川笑也  石田三成 市川右團次この時期にまさしくドンピシャな演目。舞台いっぱいの桜、その前に美しい小袖をまとった秀吉の妻たちが並びます。一献の順、舞いの [続きを読む]
  • 通し狂言 伊賀越道中双六
  • 歌舞伎座で歌舞伎を鑑賞すると、たいていは長いお芝居の中の数幕を名場面として上演することが多く、時には話の前後関係がわからず、解説を読まなくては何のことやらさっぱり、ということもあります。歌舞伎初心者の私は基礎的な知識もないので、楽しむためにはとにかく経験を積むしかありません。有名な演目を通しで上演する時にはなるべく観るようにしています。国立劇場での歌舞伎上演は「通し狂言」のことが多く、去年の10, [続きを読む]
  • 3月のライオン 前編
  • 3月のライオン 前編 (2017)【監督】大友啓史【出演】神木隆之介 / 有村架純 / 倉科カナ / 染谷将太 / 清原果耶 / 佐々木蔵之介 / 加瀬亮 / 前田吟 / 高橋一生 / 岩松了 / 斉木しげる / 中村倫也 / 尾上寛之 / 奥野瑛太 / 甲本雅裕 / 新津ちせ / 板谷由夏 / 伊藤英明 / 豊川悦司 [70点]「映画にまとめるのは難しいか・・」将棋はとんとわからないくせに原作の大ファンです。神木隆之介くんと佐々木蔵之介のキャスティングは完璧、 [続きを読む]
  • 牯嶺街少年殺人事件
  • 古嶺街〈クーリンチェ〉少年殺人事件〈4Kレストア・デジタルリマスター版〉 (1991)【監督】エドワード・ヤン【出演】チャン・チェン / リサ・ヤン / ワン・チーザン / クー・ユールン / タン・チーガン / ジョウ・ホェイクオ / リン・ホンミン / チャン・ホンユー / ワン・ゾンチェン / タン・シャオツイ / ヤン・シュンチン / ニー・シュウジュン / ワン・ウェイミン / チャン・クオチュー / エレイン・ジン / ワン・ジュエン / [続きを読む]
  • 不信 〜彼女が嘘をつく理由
  • 恒例になっている高校の同級生観劇グループの招集。今日は『不信〜彼女が嘘をつく理由』を観てきました。作・演出 三谷幸喜出演 段田安則 優香 栗原英雄 戸田恵子会場の東京芸術劇場シアターイーストは真ん中に舞台を設け、観客席は左右8,9列のみ。とても密接な空間で、臨場感あふれる舞台でした。役者さんはたったの4人。舞台装置も椅子が動くだけ。役者のセリフと表情だけで魅せる心理劇です。三谷幸喜の脚本はシリアス [続きを読む]
  • 宝塚 月組公演
  • 今年初めての宝塚!宝塚のチケットはカードサービスの貸切抽選で申し込むのですが、今のところ勝率は五分の二くらいでしょうか。なぜか月組は取りやすい・・・・。去年は家人が一緒に行ってくれたけれど、今年は劇場の椅子が狭すぎると言うので拒否されました(苦笑)。宝塚のチケットは歌舞伎に比べるとお手頃感があるので(決してお安くはないですが)都度誰かを誘って行こうかと思っています。今回はうらりんさんを誘ってみまし [続きを読む]