幸彦 さん プロフィール

  •  
幸彦さん: 栗原幸彦の人生アラカルト
ハンドル名幸彦 さん
ブログタイトル栗原幸彦の人生アラカルト
ブログURLhttp://yukihiko-k.jugem.jp/
サイト紹介文日本画家栗原幸彦の人生アラカルト
自由文自然に恵まれた田舎に住む日本画家栗原幸彦の日常
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/03/30 03:01

幸彦 さんのブログ記事

  • 哀しい。
  • 二年間も一緒に自治会の仕事をやってきた友だちが、突然亡くなった。まだ六十三歳。三日前に電話で話をしたばかりで、その時は全く元気だったので突然の訃報にショックは隠せない。親しかった人間に死なれると悔しさばかりが残る。ちくしょう。ご冥福をお祈り申し上げます... [続きを読む]
  • あとわずかで
  • あとわずかで自治会の区長の役がおわる。あと、一時間三十分でおわる。この一年は本当に長かった。でも、なんとか無事に終わることができて、一緒に役をやっていたメンバーに感謝。 [続きを読む]
  • 我が家の桜満開
  • 我が家の桜が満開になった。午後から雨との予報だったので慌ててスケッチをした。昨年はあまり花を付けなかったのでスケッチはできなかったが、今年は綺麗に咲いてくれた。今日二枚のスケッチが描けた。 [続きを読む]
  • 浜松に帰る
  • 今日の夜には、浜松に帰ります。愛犬が四頭も待っているので早く会いたいです。三日も留守にしていたので犬達がストレスで何をしでかしているかわかりません。でも留守の間はちゃんと散歩と餌やりはそれを仕事にしているひとをたのんでありす。 [続きを読む]
  • 札幌
  • 札幌の市場に行って買い物をしたあとまたいろんな刺身を食べて飲みました。そのあとタクシーの運転手に日本三代がっかり名所の時計台に回ってもらいましたが、そのとうりでした。だから写真はありません [続きを読む]
  • 娘の結婚式
  • 今日は次女の結婚式のため北海道にきています。札幌です。昨日は小樽に泊まって美味しいつまみで酒を飲みました。今日の夜は札幌で飲みます。三時半から結婚式です。いまから着替えです [続きを読む]
  • 嘘〜!!
  • 自分では全くきずいていなかったが、アトリエの壁はいつのまにかこんなふうになっていました。全て必要なものと思い、ピンで止めていたんだが、真っ白な壁より人間味があっていいかも、なんて勝手に納得しています。 [続きを読む]
  • 敬老会
  • 今日、地元の敬老会があった。自治会の役員として、昨日から準備をして雨の中大変だったが、今日は心配していた雨もふらず、ただ蒸し暑いのには閉口させられたがなんとか無事終わらせることが出来た。七十五歳を過ぎた老人ばかりだが、こんな会に出てくる元気があることに... [続きを読む]
  • ご対面
  • 三年程前から飼っているダックスと仲良くさせようと毎日あわせている。お互い尾を振りながらもまだ気を許していない部分があるみたい。でも顔をあわせた直後は本当に嬉しそうなので仲良くなるのは時間の問題。 [続きを読む]
  • 黒いボルゾイがきてから1ヶ月
  • 黒いボルゾイがきてから1ヶ月がたった。夜泣きはなくなったが甘えん坊で私の気配を感じるとなきはじめる。でも、前の飼い主がしっかり躾をしてあったらしく、よく言うことを聞く。大きな身体で甘えてこられると重くて大変ですが、これはこれで超可愛いものです。近いうち... [続きを読む]
  • 今年の初盆
  • 我が滝沢町は、この一年で十八名の方が亡くなった。恐るべき数。今年の念仏は、十軒とのこと。八月十三日と十四日に行う。私は十三日に参加して、あの重い鐘をかつぐ。体力に自信が無いわたしは不安だらけ。でもなかなか面白い行事だから見に来るとおもしろいかも。 [続きを読む]
  • タマタマをとる
  • 今日ダビデの去勢に行った。夕方迎えに行くと、先生が取った睾丸を見ますか?なんていうから見たくありませんといって帰ってきた。でもダビデは痛くも痒くもないといった感じでいたって元気。男で無くしてしまったこと、人間の勝手で、本当にごめんなさい。 [続きを読む]
  • 犬舎で寝る
  • ボルゾイを連れに行き、そのまま風呂場でシャンプー。大きな犬なのでシャンプー一つつかってしまった。夜になってさみしいのか大きな声で吠えだし、全く鳴き止まないので仕方なく、蚊取り線香二つ用意して犬舎で一緒に寝た。といっても甘えて覆い被さってくるので全く眠れ... [続きを読む]
  • プードルをカット
  • 今日プードルをカットした。夏なので超短くした。拾った犬なのでカット代に六千円もかけられない。だから娘にやってもらった。本犬はソコソコ満足気。 [続きを読む]