ぐりお さん プロフィール

  •  
ぐりおさん: ひなたぼっこ
ハンドル名ぐりお さん
ブログタイトルひなたぼっこ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/guriko54
サイト紹介文自然と田舎と古い街並み大好き。クロモリロードとクロスでのんびりパシャパシャやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/04/03 17:18

ぐりお さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Revolution
  • マジで痺れる。本当に素晴らしい演説。このページを開いたなら是非とも見るべし。少なくとも俺の適当なブログ読むより絶対面白いw20160623三宅洋平 選挙フェスDay2 JR高円寺駅北口 東京都選挙区 参議院選挙必ず選挙行きましょう! [続きを読む]
  • 海と水田 in 京丹後
  • 「海と水田」そんな風景を求めてまた丹後半島に出掛けました。鳴き砂の琴引浜海岸、東側は「遊(あそび)地区」って名前。ええ名前やな〜、こんな場所で生まれ育ったらもっと遊び方が上手になれたかもしれません。山陰海岸エリアって言うくらいだから、やっぱり出来るだけ海沿いを走りたい。でもずっと海沿いを気持ちよく走れる道があるのは、鳥取の砂丘〜岩美、兵庫の香住〜城崎、そしてこの丹後半島に限られます。その三つの中で [続きを読む]
  • 石鎚山
  • 西日本最高峰の石鎚山に登ってきました。直前まで天気予報は怪しくて翌日に順延も考えてたけど、迎えてみればこの通り。そういえば登山の計画を立てて当日の天気が悪かった事は一度もないかも。真夜中3時に地元鳥取を出発しまして、表参道コースのロープウェイ乗り場に着いたのが7時。GWど真ん中でしたが流石にその時間では渋滞も全くなしとスムーズでした。日本百名山、日本百景、そして日本七霊山の一つと山岳信仰の山。始まり [続きを読む]
  • 里山の桜
  • 岡山県真庭、また来た。つってもけっこう前の話ですけど。真庭には桜の名所がいくつもある。どれも趣がある立派な桜で、距離的にも全部を周るのにちょうどいい。ところがどっこい、それぞれが満開の時期が違ってるので一度に全部を見るのは不可能なんですよね。ある場所を狙って来れば、他のとこはこうなってるってわけです。この辺がなかなか難しい・・・出雲街道を北上し、途中で右に折れてしばらく走ると車の渋滞に出くわす。そ [続きを読む]
  • ドラマチック伊豆半島 〜真の西伊豆スカイライン
  • ようやく辿り着いた仁科峠。松崎の海岸線から約900mの高度を上げてきました。仁科”峠”ですからね、所謂道のてっぺんで、ここからは下りです(アップダウンの連続ですけど)峠というのはその先が見えないもの。だからここからも当然先が見えない。そしてそのてっぺんの越えた瞬間心底おったまげたのだ。そこにあるはずがないもの・・・いや、違うな。あるはずだけど”見えるはずのない”ものがあったから。・・・・富士子ドーー [続きを読む]
  • ドラマチック伊豆半島 〜南伊豆・西伊豆
  • 下田からR136にて西向きにすすみました。補給食の調達に立ち寄ったコンビニの前に、黄色とピンクの光景が広がっていた。コンビニのおばちゃん談では、いつもならもっと黄色が鮮やかなんだけど、今年は菜の花が先にピークを過ぎちゃったと。でもいいんです、黄色とピンクのコラボには自然と心躍るんです。ただ満開にはもうちょっとってとこだったかな。ここ静岡は前日に満開宣言が出ましたけど、前日は残念な天気、そして明日は花散 [続きを読む]
  • ドラマチック伊豆半島 〜下田〜
  • 下田温泉南伊豆に位置する下田は日本開国の地である。嘉永6年(1853年)、代将マシュー・ペリーが率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊が浦賀沖に来航する。いわゆる黒船来航である。鎖国状態にあった日本だが、実際には中国オランダとの貿易は続いていたようだし、イギリスやロシアの海軍が寄港した事もあった。だがいずれの船も帆船であり、真っ黒で煙突からモクモクと蒸気を噴きながらやってくる巨大な艦船の異様な姿に江戸の [続きを読む]
  • ドラマチック伊豆半島 〜試練の一日目〜
  • サンライズ出雲を、静岡県は沼津で降りました。古来から東海道の陸路と海路を繋ぐ交通拠点であり、また東海道の宿場町として発展した大きな町です。とにかくここはロケーションというか、場所がいい!左側には日本一の富士山、右には度々人気ランキングの上位にあげられる箱根と熱海の温泉地、そして下側に伸びるは伊豆半島。熱海・箱根は今回はおいておくとして、富士山という存在は我ら西日本に住む人間にとってちょっと特別。普 [続きを読む]
  • Sunrise Express
  • 寝台特急 サンライズ出雲前から一度乗ってみたかったし、これを利用した旅が出来ないかなって考えてました。旅の移動手段を考える時に、”効率”ってやっぱ無視できません。効率ってのは料金と時間のバランスの事。誰だって出来るだけ安く行きたいし、目的地に早く着けるにこした事はない。でも現実で考えてみると、鳥取から関東への区間では料金の場合   バス<<<<<鉄道(新幹線)<<飛行機かかる時間   飛行機<<< [続きを読む]
  • カールゴッチ式
  • 分かれ道 → 細い方の道そんなのを繰り返してると道はこうなります。でもこれはまだほんの入り口で、この後は完全な廃道に。と言ってもそんなに奥深くに入ってったわけではない。後ろに見えるガードレールの一段下に道らしきラインが登ってきた道。その遥か向こうには白い稜線と青い日本海。ペダルとかにトゲトゲの蔦が絡まるし、アスファルトも全部埋まってて見えないような道だからパンクリスクも増えるしていうか走る為に自転 [続きを読む]
  • たつの
  • 真っ赤な紅葉を求めてやってきました @兵庫県たつの市駄菓子菓子・・・「平地の紅葉が色付かない問題」(月曜から夜更かし風)ここらならまだ残ってそうと思ってやってきたけど、期待してたのには程遠いorzてか今年は(自転車では)こんなのばっかだなぁ。まあいつまでも暖かいですからね。この時期になってもウインブレとかほとんどいらないし、指も脚もまだまだ生露出で余裕ですし。昼間よりも特に夜が寒くないんで、寒暖差が [続きを読む]
  • 屋久島サイクリング
  • 10月26日。屋久島で迎える最後の朝。天気ヨシ!即ち自転車日和!宮之浦岳には通用しなかったけど、この日をこの天気で迎えれる自分はやっぱり持ってるなと。だがイテテテ・・・・下半身のダメージがハンパない。特に腰がかなりやばい。まあ慣れないザック背負って歩きまくりましたから。正直まともに走れそうな気がしないし、もしかしたら苦しいだけの時間になってしまうかもしれない。でもこの天気の下で走らずに帰ったら絶対に後 [続きを読む]
  • 屋久島縦走 〜宮之浦岳アタック〜
  • 10月25日。 4時起床。小屋に泊まってた別のグループがゴソゴソと準備しだした音で目が覚めた。起きてすぐに外に出てみると満開の星空が広がっていた。どうやら今日は天気が良さそう。だが明るくなってくるのと平行して辺りは霧に包まれていった。星空を見て宮之浦岳バッチリなんじゃ?!って思ったけどそんなに甘くない。むしろこれが屋久島らしい朝の光景である。7:00 新高塚小屋を出発。最南端の日本百名山、宮之浦岳の山頂に [続きを読む]
  • 屋久島縦走 荒川登山口〜白谷雲水峡〜縄文杉〜新高塚小屋
  • 10月24日。3時起床、4時前宿を出発。登山の朝はやたら早い。車で行けるのは屋久杉自然館まで。そこから登山口までの約20kmはバスを利用しないといけません。バスチケットには「入山協力金」ってのも含まれてます。くねくね道を時間にして40分くらいかな。鹿児島からきた女子三人組と仲良くなったのでお喋りしてたらあっという間だった。6:00 荒川登山口着。今回のコースは「縄文杉ルート」って最もメジャーなとこを使う。屋久島 [続きを読む]
  • 世界遺産 屋久島
  • 大阪伊丹空港からバビュンと。飛行機ちいさっ!!しかもプロペラ機じゃん。バビュンってよりもブルルンと飛んでく感じですな。後で聞いたら屋久島空港の滑走路が短いのでジェット機は飛べないんだとか。久しぶりに乗ったプロペラ機はうるさいし乗り心地も悪かったです。九州最南端の佐多岬半島からさらに南へ60km、ここは南国です。宿の敷地には島バナナの木が茂り、食べごろの身をつけている。(勝手にもいで食べた犯人は僕達です [続きを読む]
  • 大山は凄かった
  • 紅葉を満喫しようと大山登山をしてきました。大山には今まで何度か登ったけど、基本王道ルートの大山寺〜弥山の夏山登山道コースばかりでした。今回初めて違うルートから登ってみたところ、これがほんっっっっっとに素晴らしかった!天気とタイミングも最高だって、今までの登山経験の中でもトップクラスの感動を味わえた気がします。それを遠く離れた地ではなく郷土の明峰で味わえた事により喜びを感じましたし、久しぶりに「写真 [続きを読む]
  • Deep & Real Bangkok
  • レンタサイクル付きのサイクリングツアーに参加した。幾つかのコースがあったけど、今回同行したのは普段自転車に全く乗らない人ばかりなので一番短い3時間のコース。それでも「え〜、3時間もチャリ乗るなんて無理や〜」ってのを無理やり引っ張ってったw自転車を趣味として遊んでる人には距離や速度はちょっと物足りないと思うけど、なんてったって道中のコースがけっこう面白い。ヤワラートっていうチャイナタウン。存在は知って [続きを読む]
  • '10 Felt in Bangkok
  • ちょうど10年振りに訪れたタイ・バンコク。「10年ひと昔」なんて言葉があるように、10年も経つと色々変わってます。と同時に10年経っても変わってない事も多数。10年前には建設中だったスワナンプーム空港が今やすっかりメイン空港となってますが、SWの航空券高杉の為、初LCC利用で10年前と同じドンムアン空港に降り立ちました。そう言えば10年前はLCCもまだまだ普及してなかったし、日本−バンコクへの路線も無かった。10 [続きを読む]
  • 倉吉メシ
  • GOLD in 黄金色水が張られた時期もいいですけど、この時期の田んぼもとても綺麗。何より金色ってのがいい。ゴールデンでゴージャス、そして金ってのは勝者の色。田植えから半年の戦いを経て得られる金色の大地の恵み。そんな景色の中、ランチ目指して倉吉まで出かけてみる。三山口〜洞谷〜鹿野の定番ルート、もちろん頑張ったりなんてしない。海岸線に出ても当然頑張ったりしない。サイクリストトリオに出会っても、頑張ったりな [続きを読む]
  • また門くんに助けられる
  • 9月に入ったとたん一気に涼しくなったような気がします。秋やな〜。ぶらりと出掛けるとそんな秋の始まりを肌で感じれるのも自転車の魅力です。午後からしか時間とれなかったんで、殿ダム〜大坂〜岩美のルートをてれてれと。田植えの時の棚田を巡ったのはついこの前だった気がするのに、稲穂はすっかり金色に変わり重たげに頭を垂れている。それどころか気が早いとこではもう稲刈り作業が行われていた。秋やな〜。ていうか、その棚 [続きを読む]
  • ベンガラの町&岡山の夜
  • お盆のことですが、ずっと行ってみたかったとこにやっと行けました。岡山県高梁市まで車載で移動し、成羽川沿いのR313から折れてK300号に入りました。曲がった瞬間からもう期待させるような雰囲気。前方上部に見える、雰囲気満点の里山。こんなにわくわくした道に出会えたのは久しぶり。早くあそこまで行きたい。なんならワープしていきたいくらいだ。いやいや、この道は道中もとっても素敵な場所。羽山渓紅葉の名所。そして見るか [続きを読む]
  • やっぱり至極だった丹後半島
  • 昨年5月に走った丹後半島。かなり印象深かったとこで、一発で大好きになった。だから是非ともまた今年も走ろうと。去年と同じくの夕日ヶ浦をデポ地としまして、海岸線を東進。鳴き砂の琴引浜ではメインのR178から小径に分け入る。最近、以前にもましてこういう集落の道に入りたくなって仕方がない。別に目を見張るような絶景や感動を期待してるわけじゃないんだけど、例えばこんな海辺のとこなら急斜面に身を寄せるように家が並ん [続きを読む]
  • COASTAL ROAD
  • 暑くなると走りたくなるのが海沿いの道。そういえば、ここんとこ山ばっかり走ってて海は久しぶりな気がしました。2017年春に運行予定のトワイライトエクスプレス瑞風。その停車駅にここ陸上海岸の東浜駅が選ばれました。駅のホームを出たら30秒で白い砂浜と透明度の高い海。その決定はきっと正解だと思います。九十九折れ、断崖絶壁の道、めまぐるしく高度を変えて続く道・・・何度か書いたことありますが ”走ることが楽しい”の [続きを読む]
  • 過去の記事 …