アイアイ さん プロフィール

  •  
 アイアイさん: 日々の語らい 喜び楽しみ感動
ハンドル名 アイアイ さん
ブログタイトル日々の語らい 喜び楽しみ感動
ブログURLhttp://no1aiai.seesaa.net/
サイト紹介文山野草、高山植物などを「はがき絵日記」として紹介しています。趣味の山岳写真も紹介しています。
自由文何気なく野の花が好きです。高い山に咲く高山植物が好きです。そんな花たちの写真を取ったり、絵を描いて楽しんでいます。小さな花たちの表情を虫眼鏡で見たときの別世界の様な花のもう一つの美しさに感動します。
そんな花たちの姿をこのブログに乗せて行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2012/04/03 17:38

アイアイ さんのブログ記事

  • はがき絵日記 「コウボウムギ」と、検見川浜に咲く花
  • 今日の一枚は、「コウボウムギ」  検見川浜に咲く花たちです。今回は、少し頑張って稲毛の浜から検見川浜の先までウオーキングしました。検見川浜には、海浜植物が多く浜でしか見られない花が沢山咲いていました。       コウボウシバ            カヤツリグサ科                        コウボウムギ            カヤツリグサ科        美しいピンク色の花、ハ [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ソラマメの花」 
  • 今日の一枚は、「ソラマメの花」  美しい花にびっくりです。        ソラマメの花がこんなに素敵な花だったとは・・・・・近くの畑の側をを歩いていて背に不思議な雰囲気を感じて振り返ると、ソラマメの花がいっぱい咲いていました。今までは、素通りしていたのに・・・・・素敵な花だったんですね。ソラマメは・・・。ソラマメは、空に向かってさやが付く事から「ソラマメ(空豆)」と名が付いたそうです。       [続きを読む]
  • はがき絵日記 ボケの花 鮮やかに
  • 今日の一枚は、「ボケ(木瓜)」です。 鮮やかに咲いていますね。       サクラの花が散った後、サクラの木の下では「ボケ」の花が、鮮やかに咲いています。        ボケの花は種類が多いですね。今日の絵は、濃いオレンジ色の花ですが、赤い花やピンクの花、白い花もありますね。また、枝に棘があるものとないものがあります。品種としては、200品種もの花があるそうですよ。        名前の由来は、ボケ [続きを読む]
  • はがき絵日記 「キンラン」他 青葉の森の花 2
  • 今日の一枚は、「キンラン(金蘭)」 と青葉の森 2青葉の森、生態園はうっそうとした森の中にありますが、沢山の山野草が見られます。この春、初めて行ってみました。その生態園で一番に目に入ったのは1本の「キンラン」でした。                                 (2015.4.  描)        やはり「キンラン」は美しいですね。輝いて見えました。       キンラン(金蘭)   [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ハンカチの木」と青葉の森
  • 今日の一枚は、「ハンカチの木」 今年も見て来ました。青空が広がった日曜日、近くの青葉の森へ今年も「ハンカチの木」を見たく出かけました。まだ、真っ白にはなっていませんでしたが、沢山のハンカチが風に揺れていましたよ。        名前のとおり、白いハンカチが風に揺れているように見えますね。         ハンカチの木には、花びらはなく花びらのように見えるのは苞葉で中の丸いのが花です。秋には、丸い実 [続きを読む]
  • はがき絵日記「エイザンスミレ」と陣馬山で出会った花 2
  • 今日の一枚は「エイザンスミレ」 と陣馬山登山で出会った花 2今回の陣馬山からの縦走では、とにかく沢山のスミレに出会いました。中でもエイザンスミレが一番多かったように思います。                               影信山頂上です。ここから高尾山へ縦走するか、小仏に下山するか相談の結果今回は、小仏に下山する事にしました。        この日は、珍しく登山者も少なく静かな山でし [続きを読む]
  • はがき絵日記「ヨゴレネコノメ」と陣馬山登山で出会った花
  • 今日の一枚は、「ヨゴレネコノメ」 と、陣馬山で出会った花です。14日に登った陣馬さんの登山道では、沢山の山野草に出会いました。2回に分けて紹介したいと思います。ヨゴレネコノメは、登山道に向かう斜面で一面に咲いていました。       ヨゴレネコノメ          ユキノシタ科        登山道近くで先ず一番に出会った花は、大きな葉を広げた「エンレイソウ」でした。       エンレイソウ   [続きを読む]
  • はがき絵日記 「サクラ」 
  • 今日の一枚は、「サクラ(桜)」 今年は長く楽しめましたね。そのサクラも、強風で花吹雪となってほとんど散ってしまいました。               サクラの花がはらはら散る姿にも風情がありますね。マンション下の公園の水溜りには、散ったばかりのサクラの花びらが美しい色を添えていました。        散ったばかりの花びらからは、優しさが伝わってきますね。                 サクラ吹雪 [続きを読む]
  • 印西市、樹齢300年以上の大ザクラ 
  • 日曜日には、息子夫婦とドライブを兼ねて印西の大ザクラを見て来ました。樹齢300年以上といわれるヤマザクラ2年ぶりでしたが、今年はちょっと遅かったようです。それでも、この素晴らしさには圧倒されました。        こちらは、2年前に見た大ザクラですが、ちょうど満開で最高に美しかったです。        添え木に支えられた大きな枝からは、歴史とドラマを感じますね。        ヤマザクラは、赤みを帯 [続きを読む]
  • 美しい桜の「千鳥ヶ渕」  
  • サクラ満開の「千鳥ヶ渕」 美しい光景でした。12日、写真協会の例会に行く前に、千鳥ヶ渕の桜を見て来ました。朝、風があったためお堀の水面が花びらでピンク色に・・・を想像して行ったのですが静かな水面に写りこんだサクラの光景がとっても美しかったです。また、老木からのびた枝先で咲く花からは、ドラマが伝わってくるようでした。                        ボートに乗っての花見も素敵ですね。そ [続きを読む]
  • はがき絵日記 「リキュウバイ」 
  • 今日の一枚は、「リキュウバイ(利休梅)」 です。青空の下で、真っ白な花が清楚に咲いていましたよ。        サクラの花が散り始める頃から、白い清楚な花を咲かせていますね。庭木としてよく見かけますが、美しく咲いていますね。中国原産の落葉低木です。                茶花としてよく利用される事から、千利休にちなんで「リキュウバイ(利休梅)」と呼ばれるようになったそうです。        [続きを読む]
  • はがき絵日記 ショカッサイ爽やかに
  • 今日の一枚は、「ショカッサイ(諸葛菜)」 いくつもの名前がありますね。        今は、道端や草原などいたるところで見られる花ですが、中国から江戸時代に渡来観賞用が逃げ出したそうです。        「ショカッサイ」の名前の由来は、中国から渡来した種を諸葛孔明が食用に植えたとされることから「ショカッサイ(諸葛菜)」と名づけられたそうです。                        ショカッ [続きを読む]
  • はがき絵日記「アズマイチゲ」 清楚に咲いています。
  • 今日の一枚は、「アズマイチゲ(東一華)」 清楚に咲いていますね。        アズマイチゲは、山地や林ののなかで白い可憐な花を咲かせていますが、花茎は、10〜20cm位で3〜5月に花を咲かせます。今までは、山でしか見たことなかったのですが、千葉市泉自然公園では、随分多く咲いていました。         花は、2〜3cmくらいの花ですが、茎の先に一輪だけ白い花を付けます。         名前の由来は、東 [続きを読む]
  • はがき絵日記 「アマナ」 可憐です。
  • 今日の一枚は、「アマナ(甘菜)」 可憐な花です。         アマナは、草地などに生える多年草で3〜5月、白くて花弁のはっきりした2cmほどの小さな花・・・・・個性のはっきりした花です。                  名前の由来は、根と茎に甘みがあり食用として食されていた事から「アマナ(甘菜)」と名づけられたそうです。                草丈は、15〜20 センチ位で、葉は、線形で15 [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ツタバウンラン」 可愛い花です。
  • 今日の一枚は、「ツタバウンラン(蔦葉海欄)」 蔦を這わせた小さな花です。今年も、いつもと同じ狭いところで咲いていましたよ。                                 (2015.3.  描)        道端や石垣等でよく見かけますが、赤みを帯びた細い茎が地を這い、小さな花を咲かせています。         花は、7mmほどの小さな花ですが、とっても可愛い表情をしていますね。    [続きを読む]
  • はがき絵日記 カタクリの花 春の妖精
  • 今日の一枚は、「カタクリの花」 春の妖精といわれていますね。        うつむき加減に美しい花を付ける春植物の代表格ですが、デリケートな花で、いつも下向きに咲き、花は、陽の当たるときに花を咲かせ、曇っていても気温が高いと開花するそうです。                        カタクリは、種子から花が咲くまでに7〜8年もかかるそうですね。                         [続きを読む]
  • 嬉しい素敵なプレゼントいただきました。
  • 素敵な誕生日プレゼントを頂きました。裏にメッセージを書いた可愛い桜の花が満開のメッセージカード、このカードを開くと飾れるようになった素敵な置物です。若く可愛い友人からのプレゼント・・・早速、飾っています。そして春らしいハンカチも一緒に頂き、お心遣いが本当に嬉しいです。        そして、夕方帰宅すると、小豆島の友人(同級生)から、美味しそうなお菓子がこんなに届いていました。後3日で?歳・・・思 [続きを読む]
  • 千葉市 泉自然公園 カタクリの花他
  • 千葉市 泉自然公園へカタクリの群落と野草の花を見たく出かけて来ました。泉自然公園には、カタクリの群落といろいろな野草の花が咲くとの情報に初めて行ってみましたが、沢山の花を見る事が出来ました。       カタクリ         ユリ科       カタクリの群落は、池の周りの斜面にあり美しい花がちょうど見ごろでした。花の色は、濃いピンクから薄いピンクと陽の当たり具合で違うようですね。下向きに咲く [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ナズナ」春の七草の一つですね。 
  • 今日の一枚は、「ナズナ(薺)」 です。春の七草に数えられ、ごく普通に見られる馴染みの野草ですね。        ナズナの名前の由来は、夏になると枯れる事から「夏菜(なつな)」、撫でたいほどに可愛い花を咲かせることから「撫菜(なでな)」 などが転化して ナズナ」 と付いたそうです。        子供の頃、三角の実を茎から引っ張ってぶらぶらにしてくるくる回して「でんでん太鼓」のように鳴らして遊んだ事を [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ハマダイコン」砂浜で咲く
  • 今日の一枚は、「ハマダイコン(浜大根)」 稲毛の浜で・・・・・。       久しぶりに花の美術館から稲毛の浜へのウオーキング、その稲毛の浜の砂浜の片隅で、海風にゆれる薄紫色の花が目に飛び込んで来ました。小さな「ハマダイコン」の花でした。       花びらは少し痛んでいましたが、潮風に揺れる姿が可愛くて・・・・・。                ハマダイコンの花言葉  「ずっと待っています」   [続きを読む]
  • はがき絵日記「サボテンの花」美しく咲きました。
  • 今日の一枚は 「サボテンの花」 です。鮮やかな花が咲きました。美しいです。        痛々しいサボテンの姿からどうしてこんなに美しい花を咲かせるのでしょうね・・・・・。きっと痛々しい針から気持ちをやわらげてほしいとの思いやりから、美しい花を咲かせるのかも知れませんね。                                    昨年は、花が一輪しか咲いてくれませんでしたが、今年は、愛 [続きを読む]
  • はがき絵日記 ユキヤナギ
  • 今日の一枚は 「ユキヤナギ(雪柳)」  美しい名前の花ですね。久しぶりに行った花の美術館の前庭では、ユキヤナギの花が満開になっていました。                                   (2015.3.  描く)        しなやかに弓なりに枝垂れる枝に白い花、まるで雪が積もったようですね。         雪が降ったように見えることから付いた名前だそうですが、美しい名前ですね [続きを読む]
  • マティスとルオー展 見て来ました。
  • 手紙が明かす二人の秘密 マティスとルオー展 パナソニック 汐留ミュージアム で開催されている       マティス と ルオー展  素晴らしい絵を観て来ました。        マテイスとルオーは、大親友であり美術学校で共に学んだ二人ですが、マティスの穏やかな印象の絵に比べ、対象的な強い印象のルオーの絵は厚塗りのどこかユーモアを感じる油彩画に引き込まれる思いでした。        ルオー      「 [続きを読む]
  • はがき絵日記 ヒメオドリコソウ です。
  • 今日の一枚は、「ヒメオドリコソウ(姫踊子草)」 一面絨毯のように咲いています。        道端や草むらの中で見られるお馴染みの野草ですが、赤紫の重なり合う葉の間からかわいい花を咲かせていますね。        小人が踊っているような姿、この姿が「オドリコソウ」に似ていることから「ヒメオドリコソウ」と名が付いたそうです。         ファインダーを覗くその中には、本当に可愛いい姿が微笑んでい [続きを読む]
  • はがき絵日記 ハコベ 可愛い花
  • 今日の一枚は、「ハコベ(繫縷)」 小さな小さな雑草の花です。道端などで見かける身近な雑草の花ですが、春の七草のひとつに数えられています。        花は、5mmほどの小さな花ですが、一枚の花弁が大きく切れ込み10枚に見えますがよく見ると5枚です。          あまりの可愛さに、かがみこんで花を覗きこんでいるといろいろな表情が見えて来ましたよ。                   名前の由来 [続きを読む]