アイアイ さん プロフィール

  •  
 アイアイさん: 日々の語らい 喜び楽しみ感動
ハンドル名 アイアイ さん
ブログタイトル日々の語らい 喜び楽しみ感動
ブログURLhttp://no1aiai.seesaa.net/
サイト紹介文山野草、高山植物などを「はがき絵日記」として紹介しています。趣味の山岳写真も紹介しています。
自由文何気なく野の花が好きです。高い山に咲く高山植物が好きです。そんな花たちの写真を取ったり、絵を描いて楽しんでいます。小さな花たちの表情を虫眼鏡で見たときの別世界の様な花のもう一つの美しさに感動します。
そんな花たちの姿をこのブログに乗せて行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2012/04/03 17:38

アイアイ さんのブログ記事

  • はがき絵日記 「スイカズラ」 つる性の花
  • 今日の一枚は、「スイカズラ(吸葛)」 つる性で美しい花を咲かせています。        スイカズラは、甘い香りのする日本原産の植物ですが、繁殖力が旺盛で鑑賞用が野生化して広い範囲で自生しています。                名前の由来は、子供たちが花をくわえて甘い香りを吸っていたことから「スイカズラ(吸葛)」 と名づけられたそうです。冬に頑張って緑の葉を付けている事から、別名「忍冬」とも呼ばれ [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ピンクのガクアジサイ」可憐なピンク
  • 今日の一枚は、「ガクアジサイ」 今日は、可憐なピンクのガクアジサイです。        ガクアジサイ、前回の爽やかなブルーの横では、可憐なピンクのガクアジサイが微笑んでいました。うっとうしい雨の日など気持ちを明るくしてくれますね。        ブルーの花と同じく、装飾花のピンクと中央で咲くブルーの小さな花とのコントラストが素敵です。                                 [続きを読む]
  • 山岳写真同人「四季」写真展
  • 山岳写真同人 「四季」 創立50周年記念写真展         昨日は、新宿ヒルトンホテルで始まった山岳同人四季 創立50周年記念写真展八ヶ岳 急峻な山稜と苔むす森 & 四季の歩み   を見て来ました。その後、50周年記念パーティーにご招待いただき参加させていただきました。                                    タイトルにありますように、八ヶ岳の急峻な山の写真から北八つなど [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ガクアジサイ」 です。
  • 今日の一枚は、「ガクアジサイ(額紫陽花)」 爽やかなブルーの花です。種類の多いアジサイの中でも、ブルーの 「ガクアジサイ 」が大好きです。        装飾花に守られて咲く中心部の花は、宝石のように美しく咲いています。        中心部の小さな花一つ一つが、それぞれに可愛い表情をしていますね。        名前の由来は、中心部に咲く両性花の周りに咲く装飾花を額縁にみたてて「ガクアジサイ(額紫 [続きを読む]
  • 「大賀ハス」 美しく咲いています。
  • 千葉公園の 「大賀ハス」 が、美しく咲いています。今年も、千葉市のシンボルとして親しまれている「大賀ハス」が千葉公園で見ごろを迎えています。開花から4日間の短くも美しい神秘的な姿と美しさに引かれ、今年出かけて来ました。大賀ハスの花弁は14〜24枚、花径は15〜28cm程もある大きな花です。        大賀ハスは、4日間の命ですが花の色、姿がもっとも美しいのは開花2日目で、午前6時から7時頃満開に [続きを読む]
  • はがき絵日記 「サンカヨウ」 清楚な花
  • 今日の一枚は、「サンカヨウ(山荷葉)」 大好きな花です。サンカヨウは、緑の大きな葉に守られるように小さな白い花を咲かせコントラストの素敵な花です。        前回のブログでも書きましたが、サンカヨウは、早朝や雨の後に水分を吸って透明感のあるガラス細工のような花びらに変身し、陽の光を受けると徐々に白い花びらに戻ります。        今回は、真昼の時間帯で透明感の花びらは見られませんでしたが、少 [続きを読む]
  • 全日本山岳写真協会栂池撮影会 栂の森の花
  • 全日本山岳写真協会栂池撮影会、今日は、栂の森の花です。栂池自然園から栂の森辺りは、白樺、ダケカンバが芽を出したばかりで新緑は、まだこれからのようでしたがダケカンバの幹が輝いてとても美しかったです。        少し高度を下げたところでは、花の色も姿も表情も全く違うことに今回気が付き驚きました。栂の森で咲くショウジョウバカマの花も鮮やかです。         美しいサンカヨウです。サンカヨウの花は [続きを読む]
  • 全日本山岳写真協会 栂池撮影会
  • 全日本山岳写真協会70周年記念 栂池撮影会に参加しました。        好天に恵まれた、17(土)18(日)の撮影会は、栂池ヒュッテに一泊 、全国から集まった大勢の会員と共に楽しい撮影会となりました。        例年は今の時期になれば、ミズバショウが一面に見られるのですが、今年は残雪が多くミズバショウもまだまだこれからという状態でしたが、それでも雪解けのところでは白いミズバショウが咲き始めていまし [続きを読む]
  • はがき絵日記 ホシガタイナモリソウ 高尾山の花
  • 今日の一枚は、「ホシガタイナモリソウ(星形稲森草)」 と高尾山の花です。        ホシガタイナモリソウは、イナモリソウの変種で牧野富太郎博士により高尾山で発見、命名され1926年に発表されました。        小さな愛くるしい花ですが、地味な花なのでなかなか出会えません。2年前に初めて出会ったときは、花が呼んでくれたとうれしかったことを思い出します。        花言葉は「思いやり」 となっ [続きを読む]
  • 第52回 たぶろう展 新国立美術館
  • 第52回 たぶろう展 国立新美術館 開催中です。昨日は、知人の画家 広川英夫さんから案内のはがきをいただき、楽しみにしていた「たぶろう展」 を観て来ました。先ず、広川さんの絵の前へ・・・・・100号の大きなキャンバスから伝わってくる、あたたかさと優しさと素晴らしい色彩からの「瞑想」 大きな大きな感動でした。どうしてこういう絵が表現出来るのか、しばらく絵の前に立ち尽くして観ていました。           [続きを読む]
  • はがき絵日記 「サイハイラン」ひっそりと。
  • 今日の一枚は、「サイハイラン」姿のやさしい花です。        サイハイランは、林の樹の影などで生育し控えめに下向きの花を穂状に付け高尾山の登山道脇の斜面の上のほうで静かに咲いていました。         一見とっても地味な花ですが、花一輪一輪をよく見ると個性のある姿をしています。薄いピンク色が優しい表情していますね・・・・・。        高さ30〜40cm程の茎に15〜20個の花が半開きのまま下向き [続きを読む]
  • はがき絵日記 コバノタツナミソウ(小葉立浪)です。
  • 今日の一枚は、「コバノタツナミソウ(小葉立浪草)」 です。コバノタツナミソウは、タツナミソウの変種で花も葉も一回り小さく草丈も10cm位ですが、よく似たブルーの可愛い花を咲かせます。        コバノタツナミソウは、数日前に登った高尾山での出会いでしたが、登山道脇の斜面で、まだ、つぼみだった花の表情があまりにも可愛くてそのまま絵に描きました。叫んでいるような不思議な表情に見えませんか・・・・・。  [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ヤブジラミ」白い小さな花
  • 今日の一枚は、「ヤブジラミ(藪虱)」」 です。林の渕のあまり日の当たらないところに多く咲いています。        近くの神社の林を散歩していて、林道の脇に一面に咲いていました。白い小さな花が、線光花火のように散らばって咲いています。                         楕円形の果実は、前面に鍵状になった棘があり人や動物に運ばれることが虱のように見えることから 「ヤブジラミ(藪虱)」  [続きを読む]
  • 宇田川哲夫 写真展 
  • 宇田川 哲夫写真展  ペルーアンデスの高峰     「コルディラ・ブランカ、ワィワッシュを巡りて」                六本木の、富士フイルムフォトサロン東京で開催されています、宇田川哲夫さんのスケールの大きな素晴らしい写真展を観て来ました。会場正面に展示されています「アルパマヨ(5947m)南西壁夕映え」 迫力のある巨大プリントが目に飛び込んで来ました。感動の大きな作品です。         [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ドクダミ」素敵な花
  • 今日の一枚は、「ドクダミ」 馴染みの野草ですね。        ドクダミと云えば、日陰に咲く暗い花の印象が強かったのですが、絵を描こうと花と話しているうちに、美しく清楚な花の印象に変わり好きになりました。        道端や庭の日の当たらないところで群生している事が多いですね。                花は穂の部分で、白い花弁に見えるものは苞葉が変化したもので花びらはありません。      [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ブタナ」タンポポにそっくり
  • 今日の一枚は、「ブタナ(豚菜)」タンポポに似た背の高い花です。道端や空地でよく見かけますが、タンポポによく似た花を咲かせ長くのびた茎が特徴です。別命・・・タンポポモドキ とも呼ばれるそうです。                タンポポは、花の後に茎が伸びますが、ブタナは、はじめから茎を長く伸ばし枝分かれして花が数個付きます。        名前の由来は、フランスで「豚のサラダ」 と呼ばれていることか [続きを読む]
  • レッドブル・エアーレース千葉大会
  • 6月3日、4日、幕張海浜公園で行われた「レッドブル・エアーレース」世界大会が行われ、日本の室屋選手が2年連続優勝しました。2日間で9万人の来場者、幕張海岸は大変な賑わいでした。                 海側の歩道には、長い幕を張り見えなくしています。歩道の反対側でかろうじて見えるところがあり、やっと写真が撮れましたが轟音と共に競技をする飛行機からの迫力は凄く、雰囲気は十分楽しめました。   [続きを読む]
  • はがき絵日記 「キキョウソウ」清楚に咲いています。
  • 今日の一枚は、「キキョウソウ(桔梗草)」 清楚な姿が目を楽しませてくれます。        キキョウソウは、日当たりのいい草地や芝地で、細い茎を30cmほどのばし茎を囲むように葉が付き、その節々に青紫色の素敵な花を咲かせています。        キキョウにそっくりの美しい花ですが、はじめは閉鎖花(蕾のまま開かないで実になる花)だけ付けますが、後に上の方に1.5〜1.8位の小さな花を咲かせます。花は、キキョウ [続きを読む]
  • はがき絵日記 「チリアヤメ」他です。
  • 今日の一枚は、「チリアヤメ」 はじめて見る花でした。マンション下の歩道の、コンクリートの継ぎ目で一輪の美しい花が咲いていました。3cmほどの小さな美しいブルーの花です。         花茎は3cmくらいで、3枚の花弁が広がりプロペラのような姿をしています。                一輪のチリアヤメに出会ってから、近くの団地の芝生の中で群生して咲いているのを発見・・・感動です。風に吹かれてまるで [続きを読む]
  • 高尾山で「セッコク」満開
  • 高尾山では、憧れの花 「セッコク」 が大きな木の上で満開になっていました。日曜日、久しぶりに高尾山へ行って来ました。そして、一番の目的だった「セッコク」が満開・・・・・感動でした。セッコクは、岩の上や大木に着生する「ラン科」の植物で、5月中旬から6月上旬に白い美しい花を咲かせます。         高尾山では、6号路の杉の大きな老木の上に着生して美しい花を咲かせていました。このように、杉の大きな老 [続きを読む]
  • はがき絵日記 「クンシラン」です。
  • 今日の一枚は、「クンシラン(君子蘭)」 美しく咲きました。玄関に置いてある「クンシラン(君子蘭)」が、豪華な花を咲かせてくれました。玄関が、明るくなりましたよ。         名前は、「高貴な花」のイメージから「クンシラン(君子蘭)」の名が付いたそうです。肉厚の長い葉とオレンジ色の花が力強く、高貴な雰囲気が明るくしてくれます。         花が咲くのは、葉っぱが8枚以上になってからとのことで [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ハナヤエムグラ」 です。
  • 今日の一枚は、「ハナヤエムグラ(花八重葎)」 小さな野草の花です。        道端や草むら、芝生の中で自生し3mm〜5mmほどの小さな小さな花を咲かせています。        日本では、1961年に千葉県で確認されたヨーロッパ原産の帰化植物です。                草むらの中で可愛い花を咲かせえいます。健気ですね・・・・・。         ハナヤエムグラの花言葉  「白い追憶」      [続きを読む]
  • はがき絵日記 「シロバナマンテマ」 です。
  • 今日の一枚は、「シロバナマンテマ」 白いマンテマも素敵です。昨日は、ピンク色の「マンテマ」でしたが、今日は、白い花を咲かせる「シロバナマンテマ」 です。マンテマには、幾つかの種類があるようです。        「シロバナマンテマ」と、「マンテマ」 花の付き方が多少違うようにもおもいますが、花についての内容は変わりませんので、今回は、写真を載せますので写真で楽しんでくださいね。            [続きを読む]
  • はがき絵日記 「マンテマ」小さな花です。
  • 今日の一枚は、「マンテマ」 小さく地味な色で目立たない野草です。        茎の上部に、約7mm 程の小さな小さな花が、可愛い姿で咲いています。        花から茎全体に長毛と腺毛が混生しています。                群生して咲いていることが多いですが、色も地味で小さくなかなか目立ちません。座って覗き込みじっくり見ると、とっても可愛い表情していますよ。        このように群 [続きを読む]