アイアイ さん プロフィール

  •  
 アイアイさん: 日々の語らい 喜び楽しみ感動
ハンドル名 アイアイ さん
ブログタイトル日々の語らい 喜び楽しみ感動
ブログURLhttp://no1aiai.seesaa.net/
サイト紹介文山野草、高山植物などを「はがき絵日記」として紹介しています。趣味の山岳写真も紹介しています。
自由文何気なく野の花が好きです。高い山に咲く高山植物が好きです。そんな花たちの写真を取ったり、絵を描いて楽しんでいます。小さな花たちの表情を虫眼鏡で見たときの別世界の様な花のもう一つの美しさに感動します。
そんな花たちの姿をこのブログに乗せて行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2012/04/03 17:38

アイアイ さんのブログ記事

  • はがき絵日記 「ジュランタ」爽やかに咲いています。
  • 今日の一枚は、 「ジュランタ」  別名 (タイワンレンギョウ) です。         あまり見かけることのない花ですが、アメリカを中心に分布する花木で日本へは明治時代に渡来しました。                   開花は、6月から10月ですが、紫色の花びらに白い縁取りのある1cmほどの小さな花が穂状に集まって咲いていますが、花の色は、紫の他に白い花もあります。                デ [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ハツユキカズラ」です。
  • 今日の一枚は、「ハツユキカズラ(初雪葛)」 葉色が変化する不思議な植物です。        ハツユキカズラは、葉の色がどんどん変化していくなんとも不思議な植物です。        初めて「ハツユキカズラ」を見たときは、「何ておしゃれな葉っぱ」 としばらく眺めていました。         名前の由来は、緑の葉の上に初雪が積もったように見ることから「ハツユキカズラ(初雪葛)」 と名が付いたそうです。   [続きを読む]
  • 千葉港から遊覧船に乗って
  • お盆休みの13日、千葉港から遊覧船に乗って「稲毛の海から幕張の海」を楽しみました。        今年の4月から千葉中央港の旅客線桟橋から、千葉港めぐりや幕張メッセ沖合い遊覧、また、工場夜景クルーズなどの遊覧船が運航されています。今年の夏では珍しく晴れた穏やかな日、娘と一緒に幕張メッセ沖合いクルーズを楽しみました。風のない穏やかで静かな海でした。                  青空に浮ぶ真っ白 [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ヤナギラン(柳蘭)」 
  • 今日の一枚は、「ヤナギラン(柳蘭)」 優しさに癒されます。夏の高原を代表する美しい花ですね。        夏の高原を美しく彩る「ヤナギラン」は、遠くからでも華やかさが目立ちます。草丈は、1mほどで地下茎を長く伸ばし群生していることが多いです。         名前の由来は、葉がどことなく柳に似ていること、また、初夏から夏にランのように美しい花を咲かせることから「ヤナギラン(柳蘭)」と名が付いたそ [続きを読む]
  • はがき絵日記 「レンゲショウマ」 です。
  • 今日の一枚は、「レンゲショウマ」  今年も可憐に咲きました。「レンゲショウマ」と云えば、深山などに咲く花ですが、今年もマンションのベランダで美しい花を咲かせてくれました。        夏から秋にかけて下向きに咲く薄紫色の花は、奥ゆかしい和の雰囲気を漂わせていますね。日本特産の1属1種の花で、山地から深山にかけての湿り気のある林下に自生しています。が、今日の花の写真は、自宅マンションのベランダで咲 [続きを読む]
  • 思い出の「北穂高岳」です。
  • 今日は、17年前の2000.9.25〜27日、2泊3日で登った北穂高岳の思い出です。昨日、NHKテレビで夜8時から「北アルプス ドローン大縦走 槍ヶ岳から北穂高岳」の放送がありましたが、その放送を見ていて17年前にはじめて北穂に登ったときのことを懐かしく思い出しました。その後も2度登りましたが、初めて登ったときには北穂の小屋で朝、目が覚めると北アルプス初冠雪の素晴らしい光景が広がっていました。そのときの懐かしい写真 [続きを読む]
  • 昨夜の満月、輝くお月様
  • 昨夜は、満月、輝くお月様が美しかったです。昨夜は、久しぶりに美しいお月様が輝いていましたが、21時前には雲の中に隠れてしまいました。夢中で写真を撮っていると、ちょうど飛行機が・・・・・。月の位置と飛行機の航路が合わないとなかなか撮れないのですが・・・・・。                  思わず楽しい夜になりました。手持ちで慌てて撮ったため、少しぶれていますが楽しい写真になりました。今日も、あり [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ハイマツの花(這松)」です。
  • 今日の一枚は、「ハイマツの花(這松)」 今年も美しい花をさかせていました。                                 ( 2016.8.10  描)        ハイマツは、普通は高山帯2300〜2500mより上で見られますが、八方尾根では、1400m付近から見ることが出来ます。                        雄雌同株で付け根部分に雄花、5月〜7月中旬に枝先に雌花が咲きます。  [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ヤマホタルブクロ」 です。
  • 今日の一枚は、「ヤマホタルブクロ(山蛍袋)」 優雅に咲いています。        釣り鐘のような形をした5cm程の花が、うつむき加減に咲く花の姿は可愛くも優しさを感じます。         名前の由来は、子供たちがこの花に蛍を入れて遊んだ事から「ホタルブクロ」と付いたそうですが、そのホタルブクロの変種であることから「ヤマホタルブクロ」と呼ばれるようになったそうです。        ヤマホタルブクロの [続きを読む]
  • 「杉山 修 山の版画展」
  • 「杉山 修 山の版画展」がモンベル東京京橋店で開催されています。全日本山岳写真協会の会員でもある大ベテランの杉山 修さんは、写真はともかくプロの山岳画家、山岳木版画家としてもご活躍されています。        会場では、木版画の彫りと摺りの実演も行っています。                  素晴らしい木版画から伝わってくる優しさに見ていて不思議な癒しを感じます。                 [続きを読む]
  • はがき絵日記 「クルマユリ(車百合)」 です。
  • 今日の一枚は 「クルマユリ(車百合)」 鮮やかに咲いています。鮮やかな色のクルマユリ、八方尾根でも目を引きました。        花びらの先が強く反り返り、なんとも個性のある姿をしていますね。         名前の由来は、くきの葉っぱが輪生し、これがシャリンに見えることから「クルマユリ(車百合)」と名が付いたそうです。                  亜高山から高山の草地に生息する多年草ですが [続きを読む]
  • はがき絵日記「トキソウ」可憐な花
  • 今日の一枚は、「トキソウ(朱鷺草)」 可憐で清楚な花です。「トキソウ」 大好きな花の一つで毎年八方尾根で会うのを楽しみに登るのですが、なかなか出会えません。今年は、数年ぶりにあうことが出来ました。一本一本の細い茎の先に薄いピンクの花を咲かせます。        名前の由来は、花の色が朱鷺の翼下や風切羽の色に似ていることから「トキソウ(朱鷺草)」と名が付いたそうです。         2cm程の小さ [続きを読む]
  • 八方尾根スケッチ 他八方尾根の花 
  • 今日の一枚は、「八方尾根のスケッチ」 と八方の花(4)です。八方池からの下山の途中、登山道でのんびり白馬三山を眺めながらスケッチしました。        池付近の湿地でワレモコウの葉のしずくから、山上の涼しさを感じます。ワレモコウは、8から9月に花を咲かせます。         ユキワリソウは、雪解けと共に花が咲き始めますが、八方池の周りでは6月には可愛い花を一面に咲かせますが、少し花が残って咲い [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ハッポウタカネセンブリ」八方の花(3)
  • 今日の一枚は、「ハッポウタカネセンブリ(八方高嶺千振)」 八方の花(3)です。ハッポウタカネセンブリは、八方尾根と五竜遠見尾根の蛇紋岩に生育する固有種で花には、濃青色の斑点があり可愛い花ですが目立ちにくいです。                 ハッポウタカネセンブリ           リンドウ科        ハクサンチドリは、登山道斜面の茂みの中で一本だけ花を付けていました。今年は、ハクサンチ [続きを読む]
  • はがき絵日記「シモツケソウ」八方尾根の花(2)
  • 今日の一枚は、「シモツケソウ(下野草)」八方の花の2回目です。八方尾根で咲く「シモツケソウ」は、優しいピンクの花で周りを優しく包み込んでいます。        シモツケソウ(下野草)       バラ科        八方池山荘からは、尾根道と木道が整備された自然散策路に分かれますが、散策路の木道ではシモツケソウが優しく迎えてくれます。         真夏の空の下、キンコウカの黄色い花が尾根全体 [続きを読む]
  • はがき絵日記「ニッコウキスゲ」八方尾根は花盛り
  • 今日の一枚は、「ニッコウキスゲ(日光黄菅)」 八方尾根は花盛りです。        21日(金)、22日(土) で、北アルプス八方尾根に行って来ました。2日間とも穏やかなお天気に恵まれ、沢山の高山植物に囲まれて楽しい登山が出来ました。優しいお花、可憐なお花、個性的なお花、沢山のお花に癒されました。少しづつ絵を描きながら紹介していきますね。鎌池湿原は、ニッコウキスゲとワタスゲが満開でした。        [続きを読む]
  • 「カンナ」 赤いカンナなの花咲けば
  •         今日の一枚は、 カンナ  真っ赤な花が夏を歌っていますね。               カンナは、日本の気候にとてもよく合い情熱的な夏を代表する植物ですね。       夏の間は、いつも赤い花を元気いっぱいに咲かせていますね。       花の色は、赤や黄色のほかにピンク、オレンジ、白色などあります。                  大きな花びらのように見える部分は、6本ある雄し [続きを読む]
  • はがき絵日記「イワダレソウ」浜辺花
  • 今日の一枚は、「イワダレソウ(岩垂草)」            海岸の砂浜に根を張って咲いていました。        海岸の岩場や砂浜に生える多年草ですが、近くの稲毛海岸でも砂浜を這い群落を作って咲いていました。        花は、花穂の下から上へと花が咲きあがっていきますので、花穂がだんだん長くなっていきます。                          このように、砂浜を這うように茎を [続きを読む]
  • 関谷智彦写真展 「自然のかたち」
  • 関谷智彦写真展  「自然のかたち」 フレームマン・ギンザ・サロン ミニギャラリーに於いて全日本山岳写真協会副理事長である関谷智彦さんの写真展が、開催されています。        「自然のかたち」 いいタイトルですが、モノクロにより自然の造形美をそのまま表現した素晴らしい写真展です。        いつもは気が付かない自然にも、かたちがあることを写真から感じました。        7月20日まで開催 [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ニューサイラン」 40年に一度の花
  • 今日の一枚は「ニューサイラン」  別名 「マオラン」 です。        一昨日の新聞、千葉日報に40年に一度咲くと云われている「ニューサイラン」が「千葉市高洲スポーツセンターの脇の花壇で咲いた」との記事にびっくり、自宅マンションのすぐ前にあるスポーツセンターです。早速、行ってみました。花は細長く、赤とオレンジ色の花が青空に向かって咲いていました。はじめて見る花に感動です。         ニュー [続きを読む]
  • 赤潮の海  色づく東京湾一帯
  • 赤潮に色づく「東京湾一帯」 異常な海最近、ニュースで頻繁に流れています東京湾の赤潮、先日、稲毛海岸へ行ってみました。海面の色がすっかり変わっていました。                        そして、砂浜には赤潮に打ち上げられた魚がいっぱい・・・・・。アジやイカやさばのような大きな魚も・・・異常ですね・・・・・。                                防風林の中の遊 [続きを読む]
  • はがき絵日記 「マンネングサ(万年草)」 小さなお星様です
  • 今日の一枚は、「コモチマンネングサ(万年草)」              小さな小さなお星様のような花です。span>        小さな星型の「マンネングサ」は、道端や街路樹の下で一面に黄色い花を咲かせていますが、花は、5mmほどの小さな小さな花です。        星型の黄色い花・・・・・可憐で美しいですね。                多肉植物で葉や茎に水分を蓄えるため、水をやらなくても万年生 [続きを読む]
  • はがき絵日記 「ヤマモモ(山桃)」の赤い実
  • 今日の一枚は、「ヤマモモ(山桃)」 です。今年も、近くの公園のヤマモモの木に赤い実をいっぱい付けていました。        ビーズのような美しい実・・・・・一粒口に入れてみました・・・・・素朴で懐かしい味です。田舎で育った私は、子供の頃、友達と近くの山に登るとよく食べていました。         名前の由来は、山で育ち桃に似た味がすることから「ヤマモモ(山桃)」と呼ばれるようになったそうです。   [続きを読む]
  • 防風林に咲く花 「トベラ(扉)」 です。
  • 九州地方の方々が、大雨による大変な被害にみまわれていますが、     皆様のご無事を心からお祈りいたします。今日の一枚は、「トベラ(扉)」 海岸防風林に咲く花です。        トベラは、春5月から6月に香りのいい白い花を咲かせます         海岸沿いの防風林などに多く植えられていますが、春には少しづつ咲き始め夏には防風林が白い花で美しくなります。名前の由来は、トベラの枝を魔除けのために、 [続きを読む]