つんちゃん さん プロフィール

  •  
つんちゃんさん: のんびり主婦のきままな日記
ハンドル名つんちゃん さん
ブログタイトルのんびり主婦のきままな日記
ブログURLhttp://southerncross.hamazo.tv/
サイト紹介文ガーデニングと星見を楽しむ主婦のたわごと日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供342回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2012/04/04 14:28

つんちゃん さんのブログ記事

  • 遊具
  • 浜松市西区大きな公園の立派な遊具駐車場もありたいしたものだ小さな子どもから小学生?いやいや高校生年代もいるかも付き添いは保護者からじいじばあばも我々の子育て時代にはここまで豪華版の遊具はなかったなみんな、楽しそうだよくよく見ると案外、何でもない縁石だったり飛び石が格好の遊び場になっているようだ昔も今も子どもの興味は変わっていないのかも [続きを読む]
  • 本光寺にて
  • 愛知県幸田町三ヶ根駅からウオーキングあじさい寺、椿の郷で有名な本光寺さんへ行きました願掛け亀でお詣りしましたよここは厄除けみがわり観音で有名松平家の廟があるお寺ですお金を投げ入れましたが亀の額のところに当たって落ちました^ ^;椿の花は見ごろ過ぎていました [続きを読む]
  • 直虎ゆかりの龍潭寺
  • 今日は、天浜線ヘルシーウオーキング気賀駅から金指駅まで10キロ歩きます大河ドラマおんな城主直虎井伊家の菩提寺「龍潭寺」の山門ですドラマには度々出てきます井伊家歴代の墓標次郎法師直虎の墓もありました以前はすぐそばまで行けましたが柵があって入れません今日は健脚コース井伊谷城址へ登りました300メートルあまりの山道でしたがウオーキング後半ののち急な坂道でキツかったです遠くにアクトタワーが見えました [続きを読む]
  • 分葱
  • 収穫したての分葱春になって分葱が青々してきました家庭菜園の野菜ってありがたい新鮮で重宝します分葱で酢みそ和えを作りましたま、ワンパターンですが^ - ^ゞ [続きを読む]
  • 津市にて
  • JRさわやかウオーキング今日は三重県津市「阿漕駅」から青春18きっぷを使って各駅停車の利用時間はかかるけど本を読んだり雑誌を見たり・・・運賃がお安いのがありがたい(^-^)画像は津城址津観音ガイドの方が説明してくださるのでちょっぴり歴史へ想いを馳せる津城址の石垣は本物だしお堀も残っている観音堂の灯籠は戦国大名、藤堂高虎ゆかりである歴史本や教科書の文字でしかお目にかからないことが実在していて迫ってくる知ら [続きを読む]
  • 葬式
  • 親戚の葬儀に参列してきました仏式のお葬式セレモニー専用会館で通夜、告別式、三日目法要までねんごろに行うことができました雨降りでもさほど不自由なく、暖房がきいて、椅子式で、トイレや駐車場の心配もいらないってほんとにありがたいことただ、葬儀屋職員がいる中でとなり組みのお手伝いに頼るのはいいのか?どうなのか?考えてしまいました地域差もありますが仕事を持つ人が多い中で隣家さんも喪主側もお互い、気を使うのな [続きを読む]
  • 外来植物の駆除作戦
  • 外来植物の「メリケントキンソウ」繁殖力が強く種子に棘があり大変危険な植物ここ浜北深林公園のスポーツ広場では数年前から手作業で根こそぎ抜き取るなど駆除をしてきましたがますます繁茂しています(画像下)キク科の一年草ちりちりとしたロゼット状の葉っぱ見た目は優しい感じスズメノカタビラと競うようにびっしり生えています5月ごろに花が咲き果実を結び枯れますトゲトゲの種子が雨水に流されこんなに固まって生えてきたよ [続きを読む]
  • アイスクリーム
  • 話題の新発売ハーゲンダッツのアイスクリーム華もち ごま胡桃いただきました(^。^)黒ごまソースの下にトロリとしたお餅が入っていてその下には刻んだクルミの入った白ごまアイスクリームハーゲンダッツなのに「和風」ですねぇただ、黒ごまソースが甘いのが気になったかな [続きを読む]
  • 行事食「桃の節句」
  • 今日から3月高校生は、卒業式ですねおめでとうございます今日の給食は桃の節句にちなんだ献立でしたちょっと早い気がしますが3日は、公立校の入学試験したがって、3年生は給食がありませんですから行事食の前倒しなのかな〜〜と思っていますご飯、牛乳、ちらし寿司の具錦糸卵、合わせ酢、手巻き海苔わかめ汁桃ゼリー桃ゼリーは山梨県のもぎたて白桃果汁を使って手作りしました「桃の桃」というジュースをベースに粉寒天、上白糖 [続きを読む]
  • 昨日からひどいらしいです同僚達はくしゃみの連続ワタシはというとまったく変化なしありがたいナ〜奥山の方広寺では車が黄色くなってしまうとか?ラジオ番組のらぶラジ情報ですが(^。^)杉花粉のアレルギーの方お見舞い申し上げます [続きを読む]