みやっち さん プロフィール

  •  
みやっちさん: 今日という日を忘れずに
ハンドル名みやっち さん
ブログタイトル今日という日を忘れずに
ブログURLhttp://bluesky.rash.jp/blog/
サイト紹介文登山、ハイキングを中心に日々の出来事を書いています。
自由文休日は山に行くことが多い、素人ハイカーのみやっちです。
基本的に日帰りが多いですが、夏場はテント泊もしたり冬は雪山も少し登ったりします。
遠出なら北アルプスと東北、近場なら大月周辺と丹沢が好きです。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/04/04 23:10

みやっち さんのブログ記事

  • 【東北】月山 雄大な稜線と無数のお花畑広がる夏山日帰り登山
  • 東北・山形の月山(がっさん)へ登ってきました。花の名峰が多い東北の中でも、その筆頭株に挙げられるのがこの月山。夏スキーを楽しめるほど雪が多い山なので森林限界も低く、尾瀬を彷彿させる広大な草原風景の中に無数の高山植物が咲き誇ります。8月上旬という夏の花の盛りだったこともあって、本当に数えきれない種類の花に出会えました。中でもハクサンイチゲとチングルマ、ニッコウキスゲの群生は他の山ではなかなか見れない [続きを読む]
  • 【九州】韓国岳(霧島山)登山 満開のミヤマキリシマ咲く大浪池コース 
  • 高千穂峰に続いて、霧島山の最高峰・韓国岳(からくにだけ)へ登ってきました。コースがいくつかある中で、最も一般的なのはえびの高原から硫黄山を経由して登るルートだと思いますが、この登山の数日前に硫黄山の噴火警戒レベルが引き上げられたため、今回歩いたのは大浪池登山口からの周回コース。このルートは最後に心臓破りの階段が続く難所が待っていますが、この時期は韓国岳もミヤマキリシマが満開を迎える頃。特に大浪池周 [続きを読む]
  • 【九州】開聞岳登山 海の大展望と長崎鼻からの薩摩富士の夕日
  • 九州遠征登山、第1弾は鹿児島県薩摩半島南端の開聞岳へ登ってきました。標高924mの低山ながらも、富士山にそっくりな見事な円錐形で「薩摩富士」とも呼ばれている開聞岳。街中から見るその存在感は圧巻で、海辺に聳え立っているので山頂からの展望も抜群。海を間近に眺めることができます。山のすぐ近くには薩摩半島の最先端の岬である長崎鼻があって、そこから見る開聞岳がまた素晴らしく、夕陽の名所にもなっています。この時期 [続きを読む]
  • 【丹沢】畦ヶ丸登山 満開のシロヤシオと新緑の渓流ハイキング
  • 西丹沢の畦ヶ丸へ登ってきました。5月中旬の丹沢はシロヤシオの季節。特に西丹沢エリアは各地で群生が広がるツツジの名所で、畦ヶ丸もその1つ。シロヤシオを求めてたくさんの人が訪れる人気の山となっています。畦ヶ丸は今回初めて登った山でしたが、お目当てのシロヤシオはもちろん、序盤の渓流歩きが予想以上に気持ち良く、豊かな水と緑が印象的なコースでした。山頂からの展望こそないものの、ツツジの時期は新緑とも重なるので [続きを読む]
  • 【伊豆諸島・八丈島】レンタカー一覧まとめ
  • 八丈島のレンタカー屋の一覧まとめを書いておきます。八丈島を観光する際には、やはりレンタカーがあると便利ですが、GWなどの繁忙期ではなかなか空いている店舗を探すのが大変かもしれません。実際、自分がそうだったので、ちょうど現地のパンフレットに一覧表があったので載せておきます。また、島内には路線バスも運行されていて、お得な格安乗り放題チケット(温泉入り放題付き)もあるので、良ければ参考にしてください。 [続きを読む]
  • 【伊豆諸島】三宅島・御蔵島・八丈島行きの船『橘丸』について
  • 伊豆諸島の三宅島・御蔵島・八丈島行きの船「橘丸」について簡単にご紹介。今年のGWの八丈島旅行の際に初めて利用しましたが、片道10時間もの時間がかかり、その間ずっと船の上で過ごすことになります。船である以上、多少なりとも揺れるので船酔いのリスクはありますが、橘丸は数年前にリニューアルされたばかりなので船内はとても綺麗。さらに朝日や夕陽も船の上で迎えることになるので、橘丸ならではの景色が見れるのも魅力の1 [続きを読む]
  • 【伊豆諸島・八丈島】三原山登山と秘境感漂う神秘の硫黄沼・唐滝
  • GWの伊豆諸島・八丈島の旅。八丈富士に続いて、三原山へ登ってきました。三原山は八丈富士と違ってお鉢巡りができるわけでもなく、鬱蒼と樹々が生い茂る中を登って行くので八丈富士ほど人気のある山ではなさそうでしたが、こちらにも雄大で緑豊かなカルデラが広がっており、海の展望などもなかなかのものでした。さらにこの三原山には、その山腹にこそ必見ともいえる観光ポイントがあって、それが唐滝と硫黄沼。森の中を進んだ先で [続きを読む]
  • 【中央アルプス】三ノ沢岳 ナイフリッジの稜線を行く日帰り雪山登山
  • 2017年のゴールデンウィーク前半は中央アルプスの三ノ沢岳(標高2847m)へ登ってきました。木曽駒ヶ岳や宝剣岳と同様に、通年運行している駒ヶ岳ロープウェイを利用して千畳敷から日帰りで登ることができる三ノ沢岳。中央アルプス主稜線からは外れた位置にあるため、知名度はそこまで高くはないですが、稜線から孤立しているが故にその端正な山容は見事で、独立峰のように凛々しい姿を見ることができます。GWになってもまだまだそ [続きを読む]
  • 【伊豆】金冠山〜達磨山 マメザクラ咲く伊豆山稜線歩道へ縦走登山
  • 伊豆の西側に連なる金冠山〜達磨山、その先に果てしなく続く伊豆山稜線歩道を歩いてきました。天城峠を起点に43kmにも及ぶ稜線縦走トレイル「伊豆山稜線歩道」。流石に1日では歩き通せないので、今回はだるま山高原をスタートして金冠山〜達磨山と登り、さらに伽藍山〜棚場山〜魂の山とひたすら南下して仁科峠までの区間を縦走しました。標高1000mに満たない山ながらも、草原や笹道広がる雄大な稜線は展望も抜群で、伊豆の海風にあ [続きを読む]
  • 冬の守門岳 東洋一の大雪庇と樹氷広がる日帰り雪山登山
  • 新潟県の守門岳(すもんだけ)へ登ってきました。冬の守門岳は山頂稜線に作り上げられる大雪庇が有名で、その大きさは東洋一と謳われるほど。今年は例年に比べると雪も多かったようで、想像以上に立派な雪庇が出来上がっていました。青空の下に輝く白く滑らかな稜線も美しく、さらに前日までの雪のおかげで、登山道には見事なほどの樹氷群!スノーモンスターに近いものもあって、雪庇と合わせて楽しむことができました。越後三山や [続きを読む]
  • 【丹沢】冬の表尾根雪山登山 三ノ塔尾根から塔ノ岳を目指したが……
  • 雪が降った直後の丹沢へ登りに行ってきました。渋沢駅からバスに乗って大倉からスタート。今回は大倉尾根ではなく、三ノ塔尾根を登って三ノ塔まで行き、そこから丹沢表尾根を歩いて塔ノ岳を目指す想定でいましたが……想像以上の降雪量で、三ノ塔山頂手前からは思いがけないラッセル地獄。平日ということもあってトレースもなく、表尾根に出てからも前に進むのに難儀するような状態でした。稀に見る雪の量の丹沢を味わった1日。思 [続きを読む]
  • 【東北】森吉山 樹氷広がる雪山登山と秋田内陸線で行く列車の旅
  • 東北・秋田県の森吉山(標高1454m)へ行ってきました。冬の森吉山と言えば『樹氷』。東北の厳しい環境下で作り上げられた雪と氷の造形、”スノーモンスター”とも呼ばれる巨大なモニュメントは圧巻の光景で、森吉山はそのモンスターの聖地の1つとなっています。今回は森吉山での雪山登山と合わせて、秋田名物・内陸縦貫鉄道(秋田内陸線)の列車の旅も絡めて車窓からの冬景色も楽しんできました。森吉山観光パスというお得なチケッ [続きを読む]
  • 毛無山〜雨ヶ岳 冬の雪山登山 樹氷と富士山の大展望
  • 山梨県と静岡県にまたがる標高1964mの毛無山へ登ってきました。富士山周辺には同名の山がいくつかありますが、今回登ってきたのは天子山塊の最高峰。富士山のちょうど西側に聳える日本二百名山の1つにもなっている山です。朝霧高原を起点に毛無山〜雨ヶ岳と縦走してきましたが、2日間の降雪直後に登ることができたので、稜線上はまさかの樹氷天国。青空に映える白き樹氷は北八ヶ岳の雰囲気さえ感じさせる雪景色が広がっていました [続きを読む]
  • 【日本の夕陽百選】長浜の夕陽・琵琶湖の絶景
  • ”日本の夕陽百選”にも選ばれている琵琶湖・長浜の夕陽を見に行ってきました。日本最大の湖である琵琶湖の夕陽から夕暮れ時の風景、広大な湖であるが故に大海原を望むそれと遜色ない雄大な絶景を見ることができます。陽は西へと沈むので、当然ながら夕日を見るのであれば琵琶湖の東側からになります。その東側の中でも特におすすめの夕陽スポットとされているのが長浜。JR長浜駅からは琵琶湖まで徒歩5分という近さで、湖畔には豊 [続きを読む]
  • 冬の伊吹山 雪山登山 電車とバスで行く滋賀県最高峰
  • 滋賀県の最高峰、『伊吹山』(標高1377m)へ登ってきました。日本百名山、花の百名山などに選定されているので、関西の中でも群を抜いて知名度の高い山。標高はそこまで高くはないですが、独立峰のように聳え立っているので、街中から見ても物凄い存在感があります。季節風の影響で冬は降雪量が多いので、雪山登山としても根強い人気を誇っているのも特徴。自分もずっと冬の時期を狙っていました。関西エリアに属してますが、登山 [続きを読む]
  • 【八ヶ岳】冬の編笠山 雪山登山 幻想的な樹氷と雲の世界
  • 南八ヶ岳の編笠山(標高2524m)へ行ってきました。冬でも通年営業の山小屋が多いということで、雪山登山として人気の高い『八ヶ岳』。穏やかな森と高原が広がる北八ヶ岳に対して、岩山が多い南八ヶ岳は雪山としてのハードルはあがりますが、その中では比較的登りやすいと思われるのが今回の編笠山。序盤から急登が続きますが、危険個所は少ないです。思い付きが先行しての強行登山だったので天気はそこまで良くなかったですが、降 [続きを読む]
  • 【南アルプス】冬の仙丈ヶ岳 山小屋泊で行く正月の雪山登山(後編)
  • 2017年最初の山登り、南アルプスの女王・仙丈ヶ岳へ。1日目に戸台口駐車場から長い河原歩きを経て山小屋「こもれび山荘」に到着。2日目にいよいよ仙丈ヶ岳の山頂へと向かいます。山小屋から山頂までの往復だけなので、行程としてはそれほど長くはないですが、それでも目指す場所は3000mを越える高峰。森林限界を超えてからは油断ならない狭き雪の稜線が続きます。登頂できたかはさして重要なことではなく、それよりも小仙丈ヶ岳ま [続きを読む]
  • 冬の平標山(谷川連峰) 電車とバスで行く日帰り雪山登山
  • 谷川連峰の西に聳える、平標山(標高1984m)へ登ってきました。初夏の時期には仙ノ倉山との稜線上に美しいお花畑が広がる平標山。木道敷かれた雄大な稜線は自分の好みとするところでもあるので、谷川岳以上に気に入っている山でもあります。これまで夏、秋と登ったことがあるので、次はぜひとも冬の時期に登ってみたい思いがありました。厳冬期を迎えてしまうとラッセル地獄が目に見えていたので、初冬の11月中旬を狙っていってき [続きを読む]
  • 陣馬山〜景信山〜高尾山 日帰り縦走登山 富士山と大都会の展望
  • 2016年12月30日、陣馬山へ富士山見納め登山に行ってきました。都心からもほど近い奥高尾のお手軽縦走ルート”陣馬山〜景信山〜高尾山”。いずれも1000mに満たない低山で距離としては20km近くの長丁場になりますが、一度稜線に出てしまえばフラットなハイキングコースが続く登山入門の縦走路となっています。高尾エリアの魅力は何といっても都心から近いこと。それでいて富士山の展望もなかなか良く、本ルートであれば疲れたらいく [続きを読む]