フィガロ さん プロフィール

  •  
フィガロさん: 音風景/黄昏の後先
ハンドル名フィガロ さん
ブログタイトル音風景/黄昏の後先
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/figaro1791/
サイト紹介文夕空の月や星など黄昏時の風景の写真集です。季節の野鳥や天体写真、クラシック音楽の紹介もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2012/04/05 02:19

フィガロ さんのブログ記事

  • タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P)
  • 星野撮影の復活第1作は噂の「タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P)」です。えっ、北斗七星じゃないかって?画像を拡大してよく見てください。北斗の枡の部分、β星のすぐ右になにやらモヤモヤとした星雲状のものが写っていますね。35mm広角レンズで彗星の位置と光度を確認するために撮影しました。寒さと腰の負担を考えて、屋上のガラス戸だけ開けて部屋の中から撮影しています。やっと晴れたのに春霞でしょうか、かな [続きを読む]
  • 3月10,11日の月
  • 相変わらずの酷いシーイングでいつもの5分間撮影です。シーイングが良ければ、秤動によっていつもよりも見やすくなっている辺境の地形の拡大撮影をしたい月齢ですね。3月10日の月(月齢11.9)2017.03.10 21:28 MT-160+コマコレクター(FL1330mm)  EOS 8000D 1/200秒 ISO1003月11日の月(月齢13.0)2017.03.11 23:59 MT-160+コマコレクター(FL1330mm)  EOS 8000D 1/250秒 ISO100 [続きを読む]
  • 紅梅にルリビタキ
  • 冬鳥の代表ルリビタキです。 まだ遠出は無理なので今季は出会えないかもしれません。我が家の梅はやっと蕾が膨らみ始めましたが、すでに冬鳥はいないような雰囲気なのです。これは以前に府中市の郷土の森で撮影しました。梅絡みの野鳥を撮影するときはお花見を兼ねてここに出かけたものです。。府中市郷土の森は広大な敷地に梅林、博物館にはプラネタリウムがあり、晴れた日には太陽望遠鏡のデモもしていました。ほど近いところに [続きを読む]
  • 4か月ぶりのお月さま
  • 復活第1作は3月6,7日、の月です。もちろん今年初めての月面撮影ですね。まだまだ寒いので撮影は10分以内というカミさんとの約束です。両日ともにシーイングがいまいちだったので、5分たらずで終了、残念・・・・3月6日の月(月齢7.9)2017.03.06 20:41 MT-160+コマコレクター(FL1330mm)  EOS 8000D 1/60秒 ISO100  3月7日の月(月齢8.9)2017.03.07 21:41 MT-160+コマコレクター(FL1330mm)  EOS 8 [続きを読む]
  • 春の野川
  • 暖かい地方ではそろそろ菜の花が咲き始めているんでしょうか。信州では桜の花と一緒です。ちょうど10年前の今頃、調布市から世田谷にかけての野川です。菜の花と間違えやすいのですが、これはセイヨウカラシナだそうです。最盛期にはかくれんぼができるほど背が高くなりました。群生地が少しづつ少なくなって年々寂しくなってしまいました。今年はどうなんでしょうかね?あちこちで繁殖期のカワセミが飛び回っています。1年で一番 [続きを読む]
  • 冬の風物詩 今年は空振り?
  • 山も里も雪に埋もれて餌が採れなくなる季節。我が家でも小鳥のために庭にリンゴやみかんを置いてあげます。そこに集まる野鳥の駆け引きが実に面白い。一番威張って先客を蹴散らすヒヨドリ、2番手が近くの枝でヒヨドリの動向を伺うムクドリ、2羽で陽動作戦を仕掛ける要領のいいメジロ、どんくさいツグミ、ちゃっかりジョウビタキ・・・・ところが今年は雪が積もらないのです。周囲の山々も青々としています。療養中の身には暖かい [続きを読む]
  • 夏と冬の大三角
  • 入院前に撮影した星景写真です。日没後の西の空に夏の大三角が残り、夜明け前の東の空には冬の大三角が顔を出すという晩秋の星空です。沈む夏の大三角2016.11.04 19:41 14-24mmF2.8ズーム(14mmF2.8) 120秒 ISO1600 EOS 6D スカイメモS昇る冬の大三角2016.10.28 00:56 14-24mmF2.8ズーム(14mmF2.8) 25秒 ISO1600 EOS 6D 固定撮影 [続きを読む]
  • 2016年最高の月面写真?
  • 昨年の記事で苦戦していたパノラマ合成が入院前に完成していました。http://blogs.yahoo.co.jp/figaro1791/14761713.html77枚合成という無謀なことは今後2度とできないと思います。2016年10月22日の月2016.10.22 03:26〜 MT-160+コマコレクター(FL1330mm) Or25mm拡大 EOS 8000D 3倍デジタルズーム  1/40秒 ISO800 動画600フレームをレジスタックス処理して77枚パノラマ合成 [続きを読む]
  • 退院しました!
  • 先日2月9日に退院することができました。ブロ友の皆さんの応援が大きな励ましになりました、改めて感謝いたします。時間の制限を受けずにパソコンを扱えるようになったので、おいおい皆さんのブログにお邪魔いたします。また、入院前にブログアップ用に準備していた画像がいくつかあるので、これも順次アップしたいと思います。というのも、新作を撮影できるのは少し先になりそうなのです。実は、身体中に繋がっていたカテーテルや [続きを読む]
  • おかげさまで退院間近!
  • 前回の記事の後で容体が悪化して1月19日に急遽再手術になりました。その後の経過も良くなくて最後の手術も覚悟したのですが、今月に入ってから日を追って回復、ついに退院の日程まで話題になり始めました。さて、この病名ですが「上腸間膜動脈塞栓症」です。 小腸の血管に血栓ができて組織が壊死してしまうというおそろしい病気で、血栓が心臓近くに出来たら心筋梗塞だったとのことです。最初の手術で小腸の2.5mの腐った部分 [続きを読む]
  • 小康状態です。
  • 皆さま、ご心配いただきありがとうございます。励ましのコメントには胸が熱くなりました・・・LAN端子が使えるラウンジが混雑していたり、点滴台のバッテリーが30分しか持たないのでネットでは相変わらず不義理をしていて申し訳ありません。現状は、痛みが襲ってくるまでの間隔が長くなって気分的な余裕が出てきました。、消化器系の疾患なので今日で50日間の絶食・絶飲中です。夢にあちこちのお店の甘いものやソバ、かつ丼が出て [続きを読む]
  • 取り敢えず生還できました!
  • 前回の記事をアップした翌日に緊急入院・手術となりました。なんでも生還率2割の難手術ということで急きょ兄弟・親戚が参集してくれたようです。意識が戻ってからも気力が戻らないのとLAN環境が悪いので報告が遅れましたが、おかげさまで最初のハードルを越えることができました。皆さんへの訪問もかないませんが、少しでも早く復活できるように頑張ります。 [続きを読む]
  • 星降る湖
  • 上弦の月がかかる山奥の湖に出かけました。前回のリベンジです。月に照らされた山肌の紅葉は息をのむ美しさ・・・月が大きいので、もともとおとなしい秋の星たちの元気がないのがちょっぴり残念です。珍しく風の少ない夜で湖面に星が映っています。月が右側の山に隠されると、左側の山では闇が上方に駆け上がっていきます。ダムの堤頂から見た下流の光景です。 こちら側は麓の街明かりが気になりそうです。ダム湖の逆方向で、カシ [続きを読む]
  • 白鳥がやって来た
  • 脊柱管狭窄症の手術後2年目の検診を受けに安曇野市に出かけました。案の定、問題なかろうという予断でMRI検査が省かれていました。で、今回の痛みの原因は12月早々まで持ち越されたのでした。ところで安曇野市は白鳥の飛来地です。病院の帰路に現地確認に出かけると、4羽がやって来ているとの案内が。若鳥は大はしゃぎ!カモさんがお昼寝中だから静かにしなさい!もうすぐここはコハクチョウでいっぱいになります。このあと、近所 [続きを読む]
  • スーパームーン? 10月の月面拡大 番外編
  • 今夜はいわゆるスーパームーン。あまり関心はなかったのですが、昨夜月を撮影していて、今までは満月まで楽にフレーミングできたのにAPSの写野ギリギリだったのにびっくり。ちょっと興味がわいてきました。しかし、残念ながら今夜は雨が降っています。そこで別の意味でのスーパームーンの画像です。前回と同じ10月22日の月面拡大写真です。一見なんの違和感もない画像ですね(笑)でもよく見ると下のほうに別のところで見慣れ [続きを読む]
  • 10月の月面拡大撮影 3
  • 10月22日の月面拡大です。この日は特にシーイングが良いということはなかったのですが、雲の心配がない落ち着いて撮影できる状況でした。安心して撮影を続けるうちにパノラマ合成で全景を写してやろうというとんでもない考えが浮かんできたのです。以前、有明の月を30枚足らずのパノラマ合成で撮影したことがありますが、この月齢をいつもの拡大率で撮影したら何枚になるのか見当もつきません。最後は惰性でしたが、結局77枚で全景 [続きを読む]
  • 10月の月面拡大撮影 2
  • 遅ればせながら10月に撮影できた月面の拡大撮影の画像を残しておきます。今回は10月20日(月齢18.8)の月です。早く掲載しないと11月の月に追いついてしまいそうで焦っています(笑)ジャンセン(190km)非常に有名なクレータですが、全貌をきれいにとらえるのがとても難しいクレータでもあります。これがもう少し月表面の真ん中よりに有ったらもっと人気者になっていたでしょうね。クレータ内部にジャンセン谷が目立ちます。201 [続きを読む]
  • ローカルな紅葉の名所で星景撮影
  • 知る人ぞ知る紅葉の名所「よこかわ湖」です。信州辰野町の横川ダムのダム湖です。一度は星景撮影に出かけたいと考えていましたが、とにかく怖いところなのです。昼はともかく、夜は真っ暗なうえに熊の出没が噂される場所なのですね。今回はたまたま星景仲間と一緒に撮影することができました。月が沈んでしまったので紅葉の色が出なくて苦労しました。後日、山が月に照らされた星景も撮影できましたが未処理なのでよいものが撮れて [続きを読む]
  • 10月の月面拡大撮影
  • 月面の拡大写真は動画撮影するのは簡単で、一晩で50本もの動画を撮影することがあります。問題はそのあとの画像処理が面倒でついつい後回しにしてしまうことですね。言い訳はこのくらいにして、遅ればせながら10月後半に撮影した拡大画像を少しづつアップしていきます。先ずは10月15日(月齢14.6)の月です。この日は満月直前で月面の周辺部の撮影チャンスでした。シーイングも良好で、いつもよりも拡大率を上げて撮影してからパノ [続きを読む]
  • 11月3日の大三角(月と金星、土星)
  • ちょっとアップが遅くなりました。11月3日の夕方、月を頂点に金星と土星が正三角形に並びました。撮影地を迷っていましたが諏訪湖に出かけることにしました。時系列で並べてあります。カメラはEOS7DⅡ、レンズはシグマの18-35mmF1.8.とキヤノンの100-400mmF4.5〜F5.6ズームを使用しています。拡大すると土星がかすかに見えます。道路脇の街灯がちょっと明るすぎたみたいです。以下、湖岸の水際に降りて撮影しました。天の川がうっ [続きを読む]
  • オシドリがやって来た
  • 今年もあちこちの湖にオシドリがやって来ました。この日出かけた山の湖には今のところ50羽ほどの団体さんです。今季は大好物のドングリが少ないと聞いていたので心配していたのですが、この数なら大丈夫みたいですね。これから紅葉の進み具合に合わせて時々ご紹介したいと思います。中央の♀の髪の毛がおかっぱ風で実に可愛いのです。 拡大して確認しましょう。青空が背景ならもっと綺麗だったでしょう、残念。 [続きを読む]
  • 10月下旬6日間の月
  • 2016年10月中旬以降には満月以後の月をたくさん撮影することができました。シーイングの悪い日を除いて6日間の月を紹介します。中でもシーイングが良好だった日には拡大撮影もしたのでいいショットがあったら後ほど紹介したいと思います。拡大して見るとシーイングの違いで細部の解像が異なることがわかる、かもしれません。10月15日の月(月齢14.6)2016.10.15 22:34 MT-160+コマコレクター(FL1330mm)  EOS 8000D 1/ [続きを読む]
  • 「10月の末」 村童スケッチ:宮沢賢治
  • 嘉ッコの兄さんは雹を取らうと下駄をはいて表に出ました。嘉ッコも続いて出ました。空はまるで新しく拭いた鏡のやうになめらかで、青い七日ごろのお月さまがそのまん中にかゝり、地面はぎらぎら光って嘉ッコは一寸冰砂糖をふりまいたのだとさへ思ひました。校本 宮沢賢治全集第七巻(筑摩書房)より10月も終わりだなぁと思ったときにふと思い出したのが宮沢賢治の童話「10月の末」でした。詳しい内容は覚えていませんでしたが賢治 [続きを読む]
  • ゆく星・くる星
  • 10月27日は超久しぶりに全天快晴です。腰痛が一段落して、この日から車の運転が解禁になったので、車のすぐ横で撮影できる川島地区に出かけました。まだ100mくらいしか歩くことができないので近所でお手軽撮影です。さよなら夏の大三角いつも撮影するのはちょうど雲が湧いている左手の奥です。低い丘を越えたら全天どん曇りでした。てっきり快晴のつもりだったので、車から降りて空を見上げた時は信じられなかったです。ここまで引 [続きを読む]