フィガロ さん プロフィール

  •  
フィガロさん: 音風景/黄昏の後先
ハンドル名フィガロ さん
ブログタイトル音風景/黄昏の後先
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/figaro1791/
サイト紹介文夕空の月や星など黄昏時の風景の写真集です。季節の野鳥や天体写真、クラシック音楽の紹介もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2012/04/05 02:19

フィガロ さんのブログ記事

  • 8月9日の月面 やや拡大撮影
  • 梅雨明け後も夜は全く晴れないです。たまたま8月9日は雲が多いながらも時々顔を見せる月がずいぶん明るく感じました。そこで晴れることを期待してちょっと粘ってみます。相変わらずシーイングはいまいちでしたが、明るい月面を弱拡大撮影もしてみました。8月9日の月( 月齢 17.1 )2017.08.09 22:50〜 μ‐210直焦点 (2415mm) EOS 8000D 1/100秒 ISO100 2枚をパノラマ合成欠け際の大クレータ群2017.08.09 22:58〜 μ‐210 [続きを読む]
  • ヨシゴイ 2017年
  • 瓢湖シリーズの最後はやっぱりヨシゴイで閉めます。信州の地元では探さないと会えない鳥ですが、ここでは普通に出会えます。今年は天候の関係で撮影枚数が少なかったのが残念ですが、蓮の花の中を飛び回る愛嬌のある姿に癒されました。 [続きを読む]
  • 8月6日の月
  • 迷走した台風5号もようやく峠を越えたみたいです。予報によれば「台風一過」の青空は今回も期待できそうにありません。あの抜けるような青空を見たのはいつのことだったでしょうか・・・ずいぶん久しぶりに月を見ました。薄い雲を通して時折り姿を現す月が懐かしくて?シーイングは全く考慮しないで撮影しました。8月6日の月( 月齢 14.2 )2017.08.06 23:25  μ‐210直焦点 (2415mm) EOS 6D 1/80秒 ISO100  [続きを読む]
  • 瓢湖の白い鳥
  • 夏はヨシゴイ、冬は白鳥で有名な瓢湖ですが、実は北に帰らなかった白鳥が夏でもいるのです。コハクチョウ以外にも白い鳥たちがいたのでまとめてアップします。遠くにポツンとアマサギが・・・これはコサギ左ゴイサギ、右ダイサギ。 真ん中はカルガモでした。 [続きを読む]
  • ハスのカワセミ
  • 瓢湖の写真がやっと整理できました。わずかのチャンスによくもたくさん撮影したものです。先ずはお馴染みのカワセミ。昨年はカワセミ狙いの地元の方が沢山いらっしゃいましたが、天候もあって今年は鳥屋さんは我々だけでした。朝霧の中です。 補正しないほうがおもしろかったのかな。ギンヤンマでしょうか? [続きを読む]
  • 瓢湖 霧の朝
  • 昨年に続いて新潟県の瓢湖にヨシゴイの撮影に出かけてきました。24日から2泊3日の日程でしたが、初日は瓢湖付近に大雨洪水警報が発令されたとんでもない日でした。宿のチェックインまでの時間、駆け込んだ近所の日帰り温泉の露天風呂で雷に驚かされたり、宿までの道路が冠水して回り道したりと散々な目にあいました。2日目の午前中は雨時々曇りということで時々傘を差しながら撮影ができました。午後はほとんど雨・・・ 今回のヨ [続きを読む]
  • 7月16日〜20日の月と土星
  • 梅雨開け宣言の後もぐずついた天候が続いていますね。透明度もシーイングもダメダメです。この新月期もずっと雨や曇りの予報が出ています。 月も星も当分撮影できそうもありません。そこで、少しでも晴れ間が見えれば、今日こそは、と撮影してしまった先週の月と土星をアップしておきます。7月16日の月(月齢 21.6)2017.07.16 00:43〜 μ‐210直焦点 (2415mm) EOS 8000D 1/25秒 ISO200 2枚をパノラマ合成下弦の中央火口列 [続きを読む]
  • ニッコウキスゲのノビタキ 2017年
  • この季節の定番、ニッコウキスゲとノビタキです。ニッコウキスゲと同時期にコバイケイソウとノビタキというショットがあるはずでしたが、今年はコバイケイソウが裏年みたいでほとんど残っていませんでした。今年は花にカイガラムシがあまりついていないのでアップも撮れますね。若鳥もあちこちに見かけるようになりました。カラマツソウには若鳥が似合います。 [続きを読む]
  • 高原の花とホオアカ
  • 先週末の高原です。例年よりも花の咲くのが早いみたいです。当然終わるのも早いはずなので、撮影計画をちょっと見直す必要があるかもしれません。恒例の「高原ノビタキ」の処理が遅れているので先に花とホオアカをまとめておきます。ニッコウキスゲが満開でした。場所によってはレンゲツツジがまだ残っていました。大好きなカラマツソウが咲き始めています。イブキトラノオが大好きなヒョウモン。 花の周りをぐるぐる回って蜜を吸 [続きを読む]
  • サンコウチョウと森の仲間
  • 「月・日・星 ホイホイホイ」と鳴くのでお馴染みの「三光鳥」です。以前、♂の長い尾とルーリン彗星を比較した写真をアップしたことがありました。https://blogs.yahoo.co.jp/figaro1791/13164920.html昨年までなら営巣している場所を探して子育て場面を撮影するところですが、今年は病み上がりの体で森の中を歩く根性が全くありませんでした・・・その後、子連れの場面を見かけました。 蛇やリスに襲われなくて無事に巣立ったよ [続きを読む]
  • 7月10日の土星と月
  • 晴れない、晴れても酷いシーイングだと文句を言いつつ満月が過ぎてしまいましたね。7月10日は夜半には曇ってしまったものの、その前は薄雲が流れる中で最近では一番の?シーイングだったので土星を撮影。  結果はやっぱり自慢できるような画像にはなりませんでした。月は高くなる前に曇られたので弱拡大のみの撮影でした。7月10日の土星カメラの液晶モニターでカッシニの空隙が確認できたのは久しぶりでした。2017.07.10 22:44 [続きを読む]
  • クロツグミのお嬢さん
  • クロツグミは愛嬌のある顔をした♂が人気ですが、シックな色合いの♀もファンが多いですね。そんなクロツグミの♀をツツジの花からサツキの花が咲くまでまとめてみました。今はお母さんとして子育ての真っ最中といったところでしょうか・・・ハナモモとツツジのお花見です。ツグミの仲間はみんな優しい顔をしています。クロツグミといえば切り株がつきものですね(?)サツキの藪の中からもうすぐ雛の声が聴こえてきますよ。 [続きを読む]
  • 初夏の鳥たち
  • 空梅雨から一転して各地で記録的な水害が発生しています。当地でもぐずついた天候が続いて、ウランちゃんの散歩の途中で突然雨に降られたりしています。梅雨明けまで、あと2週間の辛抱ですね。梅雨入りから空梅雨の期間に近所の里山や田んぼで撮影した野鳥の写真をまとめてみました。カルガモの親子今季はあまり撮影に出かけられなかったので出会えたのは今のところこの家族だけです。ケリそれほど好きな鳥ではないのですが、6月 [続きを読む]
  • 6月19日の月・金星・木星・土星 μ-210で撮影
  • 新たに導入したμ-210で早く撮影してみたかったのですが、晴れても透明度やシーイングが悪くて撮影する気になれない日が続きました。6月19日はシーイングはともかく久しぶりにスカッと晴れたので、μ-210+デジカメでの画像の大きさを確認するだけでもいいやと考えて撮影してみました。この鏡筒の実力を発揮できるシーイングが待ち遠しいです。月の全体像1枚ものがあまりに酷い画質だったので動画に切り替えています。フラットナー [続きを読む]
  • キンポウゲの丘
  • 最近撮影した写真の画像処理が追い着かないので、久しぶりの「ギャラリー」です。ちょうど今の季節、何年も前の撮影です。毎年楽しみにしていたキンポウゲの丘はこの年が花一杯で最高でした。翌年からは牧草が生えて立派な牧場になっていましたね。ノビタキはどんな風景の中にも溶け込みます。 [続きを読む]
  • 天の星・地の星(2) 天の川とホタルの夜
  • 6月19日の撮影分です。前回15日よりも幾分透明度が良かったのですが、少し気温が低くてホタルは減ったようです。街明かりを極力避けることのできるロケーションを探って天の川とのコラボに再チャレンジです。前回に書きましたがこれほどの条件が重なる機会は今後しばらくはないのかもしれません。貴重な写真が残せたと満足しています。 [続きを読む]
  • 天の星・地の星(1)
  • 初夏の風物詩 「ホタル祭り」 が6月10日〜17日に開催され、天候にも恵まれて全国からたくさんの観光客が訪れました。今年のホタルは特別です。先ず、この10年で最高の発生数であったこと。例年雨に泣かされるのに今年は梅雨入り後に全く雨が無く晴天が続いたこと。そして写真撮影に邪魔な月が満月から欠けていきつつあること。実はホタルと天の川を同時に撮影できる大チャンスなのでした。そこで今年は祭り前、祭り中、祭り後の3回 [続きを読む]
  • レンゲツツジの高原ノビタキ
  • 先週末、朝早く霧に包まれた高原に出かけました。霧が晴れるとピーカンになって来たので短時間での撮影です。すぐに出迎えてくれたのはキジの♂。 子育て中のようで餌を探してこちらに注意を向けません。お目当てのノビタキも霧の中です。霧が晴れると夜明けです。ノビタキも子育ての真っ最中。 雛にあげる虫を加えた♂。半数ほどの写真が没になりました。ノビタキもやっぱり♀が可愛い。レンゲツツジはちょっと早かったようです [続きを読む]
  • ウランちゃんの歌がありました❕
  • ウランちゃんのテーマ曲を発見しました。作曲は大御所の 三枝 成彰 さん。 これは名曲です。1番だけですが歌詞が入っています。2番までありますが歌詞は入っていません。♪ おてんばだけれど・・・・空が好き、星が好き、天使みたいなウランちゃん  (^^♪階段を登れるようになりました。 降りたいときは大騒ぎで私を呼びます。大好きなブーちゃんと・・・車でお出かけがとても楽しいみたいです。 [続きを読む]
  • 梅雨入り前の星空
  • 当地も梅雨入りで、当面は星野や星景の撮影は期待できません。寂しいので前回のフクロナデシコの夜に撮影して没になっていた星景写真を処理してアップしてみます。あいにく透明度が悪くて雲も流れていたので綺麗な画像ではないのですが、次回(来年?)の参考のためにはなりそうです。さそり座  伊那市西の郊外にて天の川中心部  大芝湖にて北斗七星と北極星  大芝公園にて(どこにもある「愛の鐘」) [続きを読む]
  • μ‐210を導入!
  • 3月に発注していた μ‐210 が6月2日にやっと届きました。もともと2018年の火星大接近のために少し大きな口径の鏡筒を昨年の夏ころから検討していたのです。惑星には屈折というイメージがあったので、我が家の観察小屋での限界だと思われる TOA-130 にほぼ決定していました。 ところが星の会の TOA-130 オーナーから「重くて扱いづらい」というアドバイスを受けて反射に転向です。(脊柱管狭窄で7kg以上のものは持ってはいけな [続きを読む]
  • 夏の大三角など
  • 先の新月期で星野写真が可能なほど晴れたのは5月28日と29日でした。ただ全天が晴れ渡ることはなく、雲の動きを気にしながらの撮影です。土星のある星野(自宅屋上で撮影)2017.05.28 01:01 150mmF2.8(絞りF4) 90秒X12コマ合成 ISO2500 EOS 60Da スカイメモS夏の大三角(前回の記事フクロナデシコの帰路にお月見公園で撮影)2017.05.29 02:13 18-35mmF1.8ズーム(20mmF2.8) 120秒X4コマ合成 ISO1600 EOS 60Da  [続きを読む]
  • フクロナデシコの昼と夜
  • 5月29日、夜になると曇ってしまう天気が続いていましたがこの日はどうにか朝までいい天気が持ちそう。カミさんにつきあってもらって星景撮影に遠征です。といっても車で40分ほど南に行ったところ、実は昼間にウランを連れてロケハンをしていたんですね。今年は一本桜の天の川が撮影できなかったので、この季節の花フクロナデシコで天の川に挑戦です。どうにか天の川も写りましたが、残念ながら西の空から薄雲がかかってきてしまい [続きを読む]
  • ウラン 美容院に行く
  • ウランが家にやって来てから1か月半が経過して毛がだいぶ伸びてきました。そのせいでずいぶん太ったように見えて、ぬいぐるみのように可愛いと言われていたのに、「歩くモップ」と噂されるまでに劣化してしまったのです。ワクチンや狂犬病の注射を全部済ましてからやっと美容院に行くことが許されて、ドキドキしながら予約をとって出かけてきました。BEFORE  劣化ウランこのくらい太って?いたほうが可愛いような気もします・・・ [続きを読む]