ayame21 さん プロフィール

  •  
ayame21さん: 私の中の見えない炎
ハンドル名ayame21 さん
ブログタイトル私の中の見えない炎
ブログURLhttp://ayamekareihikagami.hateblo.jp/
サイト紹介文おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2012/04/07 00:39

ayame21 さんのブログ記事

  • 飯島敏宏監督 × 古谷敏 トークショー レポート・『ウルトラセブン』(2)
  • 【『セブン』について (2)】 『ウルトラセブン』(1967)の第40話「セブン暗殺計画(後編)」には、砂山での戦いのシーンもある。 飯島「CGのない時代ですから、爆発はちゃんと爆発物で」古谷「ロケは怖かった。砂利も飛んでくるし」飯島「監督も怖かったですよ」古谷「どこで爆発するか判らない」飯島「ほんとに『セブン』ではみんな無鉄砲でしたね。自分でもきょう見てて、いまだったら遠慮してしまうことでも俳優さんに要求 [続きを読む]
  • 山田太一 インタビュー(1985)・『ちょっと愛して…』
  •  山田太一先生の作品は、代表作でなくて知名度の低いものでも秀作・佳作がある。『ちょっと愛して…』(1985)もコミカルでちょっとビターな佳品だが、その放送の際のインタビュー記事を最近入手できたので以下に引用したい。広報誌「ららぽーと」No.11(1985年6月号)に掲載されたものである。 天下国家の事でなく、生活のこまやかな味わいにこだわるには、テレビドラマが一番適していると思うんです。 たとえば――。 「も [続きを読む]
  • きょうのほんだな a bookshelf on the planet
  •  4、5年前、仕事帰りに渋谷で乗り換えたら、混み合った山手線の車内にて『職業としてのAV女優』(幻冬舎新書)を、カバーもつけずに堂々と読んでいるおっさんがいた。その瞬間は見ているほうが恥ずかしかったが、しかし変に見栄を張らないのもすがすがしいな…と後で思い直した。 読んでいる本をさらすというのは自分の頭の中を公開しているわけで、ある意味では自己顕示だろう。あのおっさんをふと思い直して、自己顕示欲 [続きを読む]
  • 妄想族日誌(2017年5〜6月)
  •  5月某日 半年ぶりの身辺雑記。ゴールデンウィークが明けた後は、だいたい怒りやショックを感じるできごとが降りかかってくる、という年が多い。今年もそうだった。休みで弛緩している私に、神さまが筋金入れてやろうってか。嗚呼…。 5月某日 『リバース』(2017)を、武田鉄矢と門脇麦目当てに見ていると、脇のゲストに山崎裕太が出ていた。 山崎は映画『REX 恐竜物語』(1993)など子役時代から活躍しており、岩井俊二監 [続きを読む]