106 さん プロフィール

  •  
106さん: 撮るだけ撮ったら腹ごしらえ
ハンドル名106 さん
ブログタイトル撮るだけ撮ったら腹ごしらえ
ブログURLhttp://106season2.blog15.fc2.com/
サイト紹介文建物マニアの建築散歩や美味しかったものを写真で紹介してます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2012/04/07 19:30

106 さんのブログ記事

  • 鎌倉歴史文化交流館
  • 古我邸の裏山にある大豪邸改修費込みで鎌倉市に寄付。博物館として300円で誰でも入れるようになっていた元々はガレージのシャッターで外からは何も見えなかった本来の入り口はここトラックでも余裕で入る高さとスペース床は中国製のアンティークタイル壁は輸入物の人工大理石。その壁の一部は照明として光る床暖房は部屋が暖まるまで2時間かかるのだとか和室が欲しいという要望に答えたのがこれ出入り口が1つしかないので消防 [続きを読む]
  • 神奈川県立近代美術館鎌倉別館
  • ここへ来るのは二度目本館共通券のついでだったので特に印象がなかった改修前の最後の公開展示物が無い状態なので無料で撮影自由既に入館待ちが数人いたが、その前に確認したい箇所があった外壁には前川國男譲りの打ち込みタイル造成地に建設してるのだが、遠目には斜面と一体化している斜面石垣の一部が削られていますこれが確認したかった誰も見ないポイント壁の中には展示物出し入れ用のエレベーターがありました大高正人と言え [続きを読む]
  • 俣野別邸#02
  • 入り口といい外壁が煉瓦であったりで蔵かと思ったが室内はそんな感じではない奥にはシャワールームもあった鉄扉と上げ下げ窓食堂一番広い部屋の居間ここではイベントとしてコンサート開催もある何やら音楽が流れていると思ったら閉館の時間でした玄関にあったカフェの看板が倒されてるのが気になったが、この部屋がそうだったみたいだ誰もいないので撮影には好条件だが、お茶してから帰りたかったサンルームもう少しゆっくりしたか [続きを読む]
  • 俣野別邸#01
  • 満車の吉田邸駐車場に比べて、こちらは数台あるのみバス停からも近いが人気のなさが気になる階段を上がると建物がやっと見えた外観見学もそこそこに中へジブリチックなドアが可愛らしいこの建物も吉田邸と同時期に消失公開に向けて改修中の火災だったので、このドアを含めて照明等部材の一部は消失を免れ再利用されている寝室の奥にあるのは浴室でした1階へ下りて順路を進む蔵のような入り口があった  つづく [続きを読む]
  • 旧吉田茂邸
  • 大磯の内閣総理大臣吉田茂邸が不審火により消失再建して今年から一般公開が始まった吉田茂の邸宅という視点で見学するのが一般的だが、吉田五十八の建築目当ての見学者も少なくない食堂(ローズルーム)居間(金の間)寝室兼書斎(銀の間)吉田邸は増改築を繰り返し全ては復元していない銅像は講和条約締結の地サンフランシスコを向いている [続きを読む]
  • 宮脇檀「中山邸」最後の見学会
  • 現地到着。完全に出遅れた宮脇檀の名前はボックスシリーズで知ってましたが見学は初めて1日だけの見学会なので建築関係者やマニアは殺到これ床の間なんですが壁がコンクリートに和紙を貼っただけ一周回って凄いのかな?人が写り込んでない写真を選んでますが実際は物凄い人人人ギネスに挑戦!何人入れるか状態冷房入ってるのに人が多過ぎて効かず、流れる汗が止まらなかった今年一番汗をかいた日で建物の印象より、そっちが残って [続きを読む]
  • 草加散歩
  • 時間調整で草加で下車して散歩してみた。遠かった草加市立歴史民俗資料館(旧草加小学校西校舎)甚左衛門堰望楼 なぜか外観を撮り忘れている上がってみたけど窓が閉まってて暑く、眺めもそこそこに降りる矢立橋百代橋。一駅歩いたら汗だくになって後悔 [続きを読む]
  • お茶の水スクエア
  • 1987(昭和67)年 磯崎新低層棟が旧主婦の友社の復元なので見学は敬遠してました山の上ホテルでイベント開催中であった事もあり、同じヴォーリズ建築の流れで見学見てると面白いように立ち止まって撮影する人が多い大丸心斎橋店はどこまで再現してくれるのか?ヴォーリズほど皆に愛された建築家を私は知らない [続きを読む]
  • 黒沢ビル#03
  • 何度か来ているビルですが今回は内部初潜入月一有料見学会をしてるのは知ってましたが、平日開催で日程調整が難しかった入って左手にある待合室狭い部屋ですが作り付けのソファもあって、小川三知のステンドグラスを鑑賞する部屋と言っていいでしょう待合室を出て向かったのは地下室。地下がある事は知りませんでした降りた階段とは別の階段を上がって出たのが正面入り口の隣ステンドグラスを見に来たのに探検となってた ^^外観を [続きを読む]
  • 旧大谷公会堂
  • 地元産の大谷石を使った建造物登録有形文化財なのですがゴミが…有り得ない事に指定のゴミ置場になってました >_こんな扱いの文化財は初めて見ました。想定外です周囲にも大谷石の建造物が多数あった作品名『無事かえる』製作者は地元の小学生でした想像以上に大谷石の建造物が多く写真を撮るのもやめました [続きを読む]
  • 今市文化会館
  • 休館日である事もあって誰もいない施設広い駐車場でも全体を1枚に収めるのがやっとガラス越しに中を覗く現地に到着した際に誰かいるな〜と思ったら、この像でしたこのアングルならマジンガーZ見る角度によって違う表情を見せてくれる [続きを読む]
  • 宇都宮市水道資料館
  • 急勾配の赤い屋根が一般道からも見えて目立つ今市浄水場の管理事務所として1914年竣工役目を終えた後は資料館となり、平日なら一般に公開されている古い建物という事もあり改修しているのだが、忠実な再現とはなっていないその点は現地で見て初めて気づいたところ見学無料なので機会があれば訪ねて確認して欲しいこの建物のタイル使いも良かった後方にチラッと見えるのが現在の管理事務所そちらもなかなか個性的でした [続きを読む]
  • 日光東照宮
  • 予定していた場所が休館日である事を直前に知って急遽20数年ぶりの訪問ここには遠近感を利用したトリックがあるそんな事は、すっかり忘れて通り過ぎてた五重塔神厩舎「見ざる・言わざる・聞かざる」あまりにも三猿が有名なので他が目に入らなかったりするが合計8面あるそれぞれ意味はあるみたいだが自分で調べとくれここまでが重要文化財、陽明門からは国宝なんだな改修したばっかりで前に来た時とは別物?って感じですやっぱり [続きを読む]
  • 日光駅舎
  • 昨年から今年の3月に改修を終え綺麗になったJR日光駅すぐ近くには東武日光駅があるが、そちらは対照的に近代的な駅舎なのが比較すると面白い待合室2階も見学できます翌朝撮り直し [続きを読む]
  • 明治の館 旧F.W.ホーン別荘
  • 降りそうで降らなかった雨がポツポツと降り出したカフェレストランとなっている明治の館は、日本における蓄音機の父F.W . ホーンの別荘として建てられた食事には中途半端な時間だが、カフェ利用客が何組かいて貸切とはならなかった2階も気になり見学させていただいた1階が満席となると2階へ案内されるみたいです [続きを読む]
  • 金谷侍屋敷
  • 金谷ホテルの全身、金谷カテッジインが一般公開されている元は江戸時代の武家屋敷。ブラタモリでも紹介されてました隣のベーカリー店舗でコインを購入して入館する(館内撮影禁止)2015年より一般公開中 [続きを読む]
  • 山の上ホテル#03
  • トークショーイベントで再訪問今まで気にしてなかったけど最上階は1室のみ8月中はヴォーリズ展を無料開催復刻された図面集も見れますずっしりと重く価格も4万円。私はちょっと買えませんヴォーリズの話になると避けられないのが解体された大丸心斎橋店東京は高島屋も三越も残っているのに、大阪はそごうも大丸も今は無いトークは加熱し延長しそうでしたが予定どうりに終わりました ^^トークが始まる前に階段もしっかり見学宿泊 [続きを読む]