清水農園 さん プロフィール

  •  
清水農園さん: プロ家庭菜園家のやさい畑日記 〜相模原 清水農園〜
ハンドル名清水農園 さん
ブログタイトルプロ家庭菜園家のやさい畑日記 〜相模原 清水農園〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kyokoma2-1978
サイト紹介文神奈川県相模原市で、楽しく野菜の栽培をしています(^^)
自由文神奈川県相模原市で、昔ながらの日本の伝統的な農法で野菜を育てています。
化学肥料も農薬も使わないようにしています。
肥料には手作りのボカシや、腐葉土。
剪定チップを主体にした堆肥などを使っています。

苗床(苗作りに使う土)も踏み込み温床で使った落ち葉をを一年以上寝かせたものを使います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供330回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2012/04/08 07:00

清水農園 さんのブログ記事

  • 小田原散歩 入生田〜小田原漁港3
  • 小田原散歩 入生田〜小田原漁港2・・・と言うことで小田原漁港へやってきました。ヨロイズカファームから、歩いて40分くらいです。途中、東海道本線の早川駅を通り過ぎました。駅から漁港までは5分くらいですね。漁港をぶらぶらと散策。奥に見える橋はブルーウェイブリッジと言うんだそうです。漁港の中は魚介類を料理してくれるお店がたくさんあります。ちょうどお昼なので、どこかで食べていくことにしました。色々迷ったん [続きを読む]
  • 小田原散歩 入生田〜小田原漁港2
  • 小田原散歩 入生田〜小田原漁港1のつづきです。山頂をすぎて、山の南側に出ると、急に視界が開けて海が見えてきました。山の北側を覆っていた雪もなくて、まったく雰囲気が違います。冬から華やいだ春になったみたいです。山の南側に出ると、すぐにオサレなカフェが見えてきました。ヨロイズカファームとあるので、パティシエのヨロイズカさんのお店みたいです。こんなところにあったんですね。一夜城ヨロイズカファームhpを見 [続きを読む]
  • 小田原散歩 入生田〜小田原漁港1
  • 箱根登山鉄道の入生田駅、小田原からは3駅、箱根湯本からは一駅の場所です。入生田から戦国時代末期、豊臣秀吉が小田原を攻めたときに築いた、一夜城の城跡を経て、早川にある小田原漁港を目指します。入生田駅から徒歩10分くらいにある、長興山紹太寺。徳川家光の乳母、春日局のお墓や小田原藩主の稲葉一族のお墓があります。しかし、今は倒木によりお墓までは進めないということでした。。。まだ咲いていませんが、樹齢340 [続きを読む]
  • 農家の一汁一菜 かぶねぎと油揚げの煮びたし 豚汁
  • 一汁一菜とは・・・”一汁一菜とは、主食(白米や玄米や雑穀米)に、汁もの(味噌汁 等)一品と、菜(おかず、惣菜)一品を添えた日本における献立の構成の一つであり、粗食を指す。「一汁一菜」と言っても、汁と菜にさらに「香の物」(=漬物類)を少量添えることはしばしばある。一汁一菜を守っていれば、食べ過ぎになるということもなく、標準的な大きさの器に常識的な盛り方をすれば、特にややこしいカロリー計算などしなくて [続きを読む]
  • 農家の一汁一菜 白菜とタラのマリネ蒸し 鶏ネギスープ
  • ≪白菜とタラのマリネ蒸し≫材料(二人)白菜・・小さい葉を6枚くらい なまだら・・2切れ ショウガ・・適量 醤油・・大さじ1 みりん・・大さじ1 太白ごま油・・大さじ1 塩・・適量作り方1 なまだらに重量の1パーセントくらいの塩を振って十五分置き、出てきた水気をふき取ります。たらをジプロックなどの袋に入れ、みりん、醤油、太白ごま油を入れて30分くらいつけておきます。2 耐熱皿に白菜を乗せ、その上に調味 [続きを読む]
  • 春に食べる分の大根を貯蔵しました。。。の巻
  • 冬に収穫している大根がもうしばらくするとなくなり、これから種をまく大根は5月くらいに収穫予定なので、その間大根が食べられなくならないように、貯蔵用の大根を埋めました。土をかぶせて、霜にやられて腐ったり、抽苔したりしないように土の中に埋めておきます。4月の中旬くらいまでは貯蔵できると思います。大根は大好きなので、できるだけ食卓にあげておきたいですから。。。生食に適する、ムラサキ大根や紅芯大根も埋めて [続きを読む]
  • 農家の一汁一菜 湯豆腐のねぎ油がけ たっぷり冬野菜のお味噌汁
  • 今、狂王の試練場となったアメリカで「トランプを辞めさせるには?」と言う検索ワードが急上昇中みたいです。。。何とか辞めてくんないかなって、世界中でかなり多くの人達が思っているはずですが。なんか、いい手はないんですかねぇ。何年か前にNHKで紹介していた料理です。すごくうまいですよ☆≪湯豆腐のねぎ油がけ≫材料(二人)木綿豆腐・・1/2丁 カブネギ・・2本 ほうれん草・・適量 太白ごま油(なければキャノーラ [続きを読む]
  • 芽キャベツとエビのミルクスープ
  • 懐かしい、優しい味のスープです☆材料(二人)芽キャベツ・・150g ボイルエビ・・80g 玉ねぎ・・1/2個 バター・・5g オリーブ油・・5g 水・・1カップ チキンブイヨン(顆粒)・・適量 牛乳・・1カップ 薄力粉・・大さじ1 塩・・適量作り方1 玉ねぎは粗みじん切りにします。2 鍋を熱してバターを溶かし、オリーブ油も加えます。玉ねぎを入れて、半透明になるまで炒め、芽キャベツ、ボイルエビも加えて炒 [続きを読む]
  • 鶴巻温泉から関東ふれあいの道へ2
  • 鶴巻温泉から関東ふれあいの道へ1の続きです。長福寺から緩やかな下り坂を降りてくると、視界が開けて畑が見えてきました。畑なんていつも見ているのですが、知らない地域の農村を見ると、やっぱり新鮮な気持ちをいただきます。みかんやキンカンの無人直売所。ポスト型の貯金箱がかわいいです。三之宮比々多神社。なんと、社が建立されたのが紀元前655年ごろと言うので、気が遠くなる古さです。大山の神体山として、豊国主尊が [続きを読む]
  • 鶴巻温泉から関東ふれあいの道へ1
  • 小田急線の鶴巻温泉駅です。昔から素通りするばかりで、一度も訪れたことがなかったので、思い切って降りてみました。駅名の通り、温泉街なんでしょうか。。。駅前の通りです。鶴巻温泉は「かながわのまちなみ100選」に選ばれたということです。風情ある街並みをてくてく歩きます。駅から5分くらいのところにある「弘法の里湯」。温泉街と言うから、温泉宿がたくさん並んでる景色を想像していたんですが、そうでもなくて、住宅 [続きを読む]
  • 芽キャベツとニンジンドレッシングのマリネサラダ
  • オツマミにちょうどいいですかね〜☆材料(二人)芽キャベツ・120g 揚げ油・・適量人参ドレッシング→ニンジン・50g ワインビネガー・大匙2 塩、砂糖・少々 オリーブ油・大匙4         醤油・少々 マスタード・小匙1 作り方1 ニンジンドレッシングの材料を合わせて、ドレッシングを作ります。2 芽キャベツを180°の油で素揚げにします。油はねすることがあるので、注意してください。3 芽キャベツ [続きを読む]
  • ジャム カフェ ガーデンでjam市庭開催☆
  • 相模原市中央区のjam cafeさんでjam市庭が開催されました☆市内の無農薬農家による直売や、ハーブのワークショップ、タロット占い、マッサージなど、楽しいコンテンツが集まりました(*^^*)主催のjamcafeさんが出店農家の野菜を使って、ランチプレートを作ってくれました。野菜も米もここにいるみんなで作ったものを使いました。みんなで作った作物を持ち寄って、ちゃんとしたお店で完成品としてランチプレートを見るのは感 [続きを読む]
  • 第8回無農薬農家の野菜の直売会「駅前みなはし横丁」開催☆
  • 大型寒気も過ぎて、これから温かくなるようです、春も近づいていますね。農薬や化学肥料を使わない野菜やハーブの直売会「駅前みなはし横丁」が8回目の開催です☆こだわりの卵屋さんやお米屋さんも出店中☆毎月、第2第4木曜日の14時〜16時に開催。是非、お越しください☆直売市の後援をしてくれている、中華料理の将来軒さんが、出店農家の野菜を使って、ふろふき大根を作ってくれました(*^^*)田楽味噌もてづくり!ホクホク [続きを読む]
  • 新年会を兼ねてお餅つき
  • 仲間の農家と共同で去年栽培した、陸稲のもち米でお餅つきしました。一年かけて作ったもち米で、餅つきするのは、感慨深いものがありますね。なにか、もう一度お正月が来たみたいな感じで、楽しいひと時でした。蒸しあげたもち米を、適当な加減になるまで杵で潰していきます。この作業を半殺しと言うそうです。お餅つきって言うイベントはなかなか面白いものです。みんなでお餅をついて食べるっていう、単純なことなんですが、素朴 [続きを読む]
  • 農家の一汁一菜 カブネギとエビのチヂミ たっぷりほうれん草のお味噌汁
  • 最近、一汁一菜食にはまっていて、ちょくちょく作っています。この三角形の献立構成が良いですね。不思議な魅力があります。献立は偶数よりも奇数のほうがいいと言いますか、なんとなくお皿が偶数に並ぶと落ち着かないように感じますね。お皿が3つとか5つとか奇数に並ぶと、何か気持ちいい、快感を覚えます。一汁一菜とは・・・”一汁一菜とは、主食(白米や玄米や雑穀米)に、汁もの(味噌汁 等)一品と、菜(おかず、惣菜)一 [続きを読む]
  • たむそん自然農園さんへ見学へに行ってきました☆
  • 神奈川県愛川町で、農薬や肥料を一切与えず、日本古来の日本古来の在来野菜を栽培している、たむそん自然農園さんへ見学へ行ってきました。園主の田村さんは博学で研究熱心な方でした。勉強になることがとても多くて、一日お話を伺っていましたが、飽きることがありませんでした。たむそん自然農園さんは、私の畑から車で15分くらいのところにあるのですが、近くにこんな素晴らしい方がおられるとは。。。今後、たむそん自然農園 [続きを読む]
  • 今年の花粉は少ないらしいです。。。
  • ここ数年、花粉の飛散量が多くて、春先はいつも瀕死状態になっていたのですが、今朝のラジオで聞いたところによると、関東の花粉の飛散量は少なめと言うことでした。花粉症が悪化すると、春の喜びなどどこにもなくなって、地獄でしかないので、今年はホッとできる春になるといいな。と思っています。畑では、梅の花が少しづつ咲き始めました。本来だと2月に入ってから咲くんですけど、やはり半月ほど早いです。去年は花が咲くのが [続きを読む]
  • 農家の一汁一菜 冬野菜のてんぷら 大根と油揚げのお味噌汁
  • 料理人の土井義春さんが、一汁一菜食をしているというので、真似しています。土井さんによると、汁はお味噌汁なんですけど、入れるものは何でもいいそうです。例えば、余っている野菜の切れ端とか、昨日の残りのから揚げとか。。。お味噌汁はとても包容力があって、なんでも受け入れてくれるので、いろんな食材を入れてお味噌汁を作ってみるといい、と言うことでした。ごはんとお味噌汁さえそろってしまえば、あとは一菜を考えるだ [続きを読む]
  • 農家の一汁一菜 ポパイベーコン 大根と油揚げのお味噌汁
  • 料理人の土井義春さんが、一汁一菜食をしているというので、真似しています。土井さんによると、汁はお味噌汁なんですけど、入れるものは何でもいいそうです。例えば、余っている野菜の切れ端とか、昨日の残りのから揚げとか。。。お味噌汁はとても包容力があって、なんでも受け入れてくれるので、いろんな食材を入れてお味噌汁を作ってみるといい、と言うことでした。ごはんとお味噌汁さえそろってしまえば、あとは一菜を考えるだ [続きを読む]
  • 農家の一汁一菜 和風ロール白菜 具沢山お味噌汁
  • 尊敬している料理人の土井義春さんが、一汁一菜食をしているというので、真似しています。土井さんによると、汁はお味噌汁なんですけど、入れるものは何でもいいそうです。例えば、余っている野菜の切れ端とか、昨日の残りのから揚げとか。。。お味噌汁はとても包容力があって、なんでも受け入れてくれるので、いろんな食材を入れてお味噌汁を作ってみるといい、と言うことでした。ごはんとお味噌汁さえそろってしまえば、あとは一 [続きを読む]
  • 農家の一汁一菜 青菜と厚揚げの煮びたし 冬野菜とワタリガニのお味噌汁
  • 好きな料理人の土井義春さんが、一汁一菜食をしているというので、真似してみました。。。一汁一菜の意味をネットで調べてみると、”一汁一菜とは、主食(白米や玄米や雑穀米)に、汁もの(味噌汁 等)一品と、菜(おかず、惣菜)一品を添えた日本における献立の構成の一つであり、粗食を指す。「一汁一菜」と言っても、汁と菜にさらに「香の物」(=漬物類)を少量添えることはしばしばある。一汁一菜を守っていれば、食べ過ぎに [続きを読む]