さくら さん プロフィール

  •  
さくらさん: 言葉の花びら
ハンドル名さくら さん
ブログタイトル言葉の花びら
ブログURLhttp://satoyamanotsuki.blog.fc2.com/
サイト紹介文「子育ては人生の華(花)だった。」と言った父の言葉。私も三人のわが子に、そして孫へと伝え残したい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/04/09 14:58

さくら さんのブログ記事

  • ☆☆ あまりにも儚い・小さな命へ ☆☆
  • 〜 なぜ・赤ちゃんを捨てることができるのでしょうか?          なぜ・無抵抗な、幼な子を虐待死させてしまうのでしょうか? 〜8月の暑い最中に、地面から突き出ている動物のような足?を不審に思った方が、警察へ通報すると、そこにはへその緒がついたままの新生児が埋められていたそうです。周辺の人々への聞き込み捜査から、お腹の大きかった女性が分かった時、家には小さなお子さんがいて、普段から泣き声が絶え [続きを読む]
  • 昨夜のお月様は、いつにも増して美しく見えました!!
  • 〜  美しい月夜の物語  〜昨日、御婚約が内定された眞子さまと小室さんとの記者会見のお席で、お二人の透き通るような心の美しさに、私は感動して涙が溢れてきてしまいました!! = この写真は、次女が昨日・富士山の方へ出かけていたので、写して送ってもらいました!! =記者からの「お互いはどういう存在ですか?」と、いう質問に眞子さまが「最初に引かれたのは、太陽のような明るい笑顔であったと思いますが、性格を深く知 [続きを読む]
  • 8月最後の日は熱く・・そして、長つき静かに迎えます☆
  • 暑かった夏の終わりを迎える頃に、息子とお嫁さんから二通の封筒が送られてきました☆ちょっと、分厚い封筒・・・そっと開かなければ〜中に入っている何かが 壊れてしまうかも知れない 封筒を開けてみると2人が小さな旅へ出かけた時に 見つけたという かわいいお土産が 入っていました上に見える 小さなつまみを そっと両指で 挟むと         懐かしい 童謡 唱歌<紅葉・もみじ>の旋律が 流れてきました   [続きを読む]
  • 次女とお姉ちゃんが得た ☆幸運な出来事 ☆ 
  • 最近の次女は時折、仕事の依頼を受けて岩手県の一関へ泊まりがけで行くことがあります。東京駅から新幹線で行くと凡そ2時間半ぐらいの所。 少し早目に東京駅に着き、並んでいたなら自由席で座って行けるそうですが、今回先方から依頼が入ったのはお盆・直前のことで、チケット購入をネットで何度も試みても満席で取れない、と嘆いていました(>_今回は長女も頼まれていたので、次女はチケット二枚のキャンセルが出るのを深夜まで [続きを読む]
  • 花子さんと、ご主人様とのご夫婦愛を受けとめながら☆
  • 先々週の金曜日に、私は次女と一緒に花子さん御夫婦とお会いして、とても静かなランチのひと時を過ごしてきました☆花子さんの、言葉で言い表すことが出来ない温かさと・ご主人様との深いご夫婦愛を私と次女とで深く心に留めながら〜☆☆☆       = 誰かさんが大好きな・お土産を頂きました☆ 飾って置きたいそうです =とても〜とても〜温かな心で 次女をつつみ込んで下さる花子さんと・ご主人様に、私は心から感謝し [続きを読む]
  • 北軽井沢・スウィートグラスにて<4>
  • ー 心に思い出を積み重ねて過ごした<北軽井沢・スウィートグラス>を離れます ーみんな、食べること大好きなので、どんなにたくさん作っても残らないって…明日の体型が心配です(>_肉類とチーズは長女と我が家から、保冷パックでたくさん持参しましたが、野菜は現地で調達しました☆長女家族はここも含めて、毎年キャンプ場へ訪れて10回以上になるそうですが、私たち家族が参加させてもらったのは、今年で二回目です♪そこで [続きを読む]
  • 北軽井沢・スウィートグラスにて<1>
  • 〜 この夏に、北軽井沢のキャンプ場へ行った思い出の日々を  ここに 〜2年前の夏・長女家族と訪れたキャンプ場へ、今年も8月2日から3泊4日で行って来ました!!一昨年行った時は、空模様を何も気にかけないで行くことが出来たのですが、今年は集中豪雨を心配しつつ現地へ向かう途中から濃霧が視界を遮り、雨が降り始めてきました。キャンプ場へ着いた時には雨が落ちていなかったけれど、現地でも7月から雨の日・豪雨の日が [続きを読む]
  • 北軽井沢・スウィートグラスにて<2>
  • 翌朝も冷え込んでいましたが、湧水のポンプの側に子供達が集まって、冷たいお水に手を触れながら、楽しげに遊んでいる姿が見えました♪ここでは知らない子ども同士でも直ぐに心が寄り添い〜平和な世界〜が広がってきます☆広いキャンプ場には小さいお子さんの姿がたくさん見えますが、1日を通してダダを捏ねる子はいないだけでなく・・幼い子供たちでさえ、泣き声が聞こえないのですから<ここは小さな地上の楽園のよう〜☆>だと [続きを読む]
  • 北軽井沢・スウィートグラスにて<3>
  • ここは、おしぎっぽの森の坂道を下って行ったところにある地蔵川で、群馬県と長野県の境にある浅間山の地下から湧き出る、美しい水が流れています☆もしも・・晴天でしたら、ここから大勢の子ども達の歓声が聞こえてくるそうです☆浅瀬で、清らかな水の流れに戯れる子供たちの姿が浮かぶ中、私たちはここでもしゃぼん玉の美しさに魅かれながら、遊びほうけてきました〜しゃぼん玉の色<虹>は七色〜と、当たり前のように心に留めて [続きを読む]
  • 何か話したいことがあったのでしょうか?
  • ☆ 或る日、私は夢かと思うような出来事(出会い)がありました ☆☆☆ 日本列島は、この夏も猛暑や豪雨の被害が多発していましたが、関東地方の片隅の町には雨が殆ど降らないうちに、七月中旬ごろに梅雨があけたと、聞きました!!翌朝、私が洗濯物を持ってベランダへ出ると、前夜 聞いた梅雨明け宣言は・立秋・の間違えだったのでは?と思うような涼風が吹いていました!!秋はもうすぐそこにきている〜そう思いながら洗濯竿を拭 [続きを読む]
  • どこか遠くで☆
  • 私が 時折 訪れる素朴な町は 駅の階段を下りると 直ぐ前に 小さな川が 流れていますこの町は 何もかもが あたたく いつも お花の 手入を されている人々の 姿が 見えます そして 時には 川へ下るゆるやかな 斜面を下りてゆかれて 石に 絡まる ゴミをかき集めていらっしゃる方の 姿が見えるのです  7月に入って 直ぐのことこの町へ 訪れるとどこか 遠くの方で ニーニーゼミが 鳴いている声が 聞こえ [続きを読む]
  • 星空に願いを☆息子夫婦が待ち望んでいたもの☆
  • 先週の土曜日は、久しぶりに千葉に住んでいる息子夫婦が訪ねて来てくれました♪二人が食べたいもの☆ 次女と私と2人して台所に立ち…♪支度して…♪久しぶりに賑やかで楽しいひと時を過ごすことができました☆「ああ〜懐かしい味だな〜☆ うまいな〜☆」 「美味しいです☆」そう言ってくれる息子とKちゃんの言葉に、私の心が満たされている時に…「ところでお母さん、今年はどうして我が家に七夕飾りを送ってくれなかったの? [続きを読む]
  • 〜夜明けの空に〜
  • 一週間ぐらい前のことですが・・・私はどうしてもやらなくてはいけないことがあったので、真剣に打ちこんでいたら、時間がどれほど経っていたのか気付かないでいました!!!!もう、そろそろ寝ようかな?と思って時計を見たら、午前4時になっていたので驚いて、少しでも寝ないと・・・。そう思って急いで二階へ上がって行ったら、更にビックリしてしまいました!!!!4時の空はもう、明るくなっていたのですからね!!このまま起きていよ [続きを読む]
  • 月灯りに・祈りを込めて・・
  • 今年の七夕の日の夜は、久しぶりに澄んだお月様を見たような気がしました☆けれども、とても悲しく 沈んだ色を放っているように 見えました☆7日の日の この小さな町の空は こんなにも晴れ渡っていましたが・・・九州は、数日前から 激しい雨による緊急非常事態宣言が発令されている中でたくさんの方の お命が奪われてしまって、行方不明になられた方々も 大勢 いらっしゃるのです。この先・・私に出来ることは限られてい [続きを読む]
  • 麻央さんの愛と・海老蔵さんの愛に☆
  • 〜 がん闘病の末に亡くなられた 麻央さんのご冥福を 心からお祈り申し上げます 〜海老蔵さんは、6月22日の劇場での公演後、別の稽古が終わった後で麻央さんのお母様から「具合が悪い」という連絡が入っていたことに気づかれて、急いで自宅に戻られたそうで、    「愛してる・・・」と仰って逝かれた麻央さんを 看取られたご様子が痛く私の目に浮かびます☆海老蔵さんが、とてもお辛い中で、零れ落ちる涙を拭いながら記 [続きを読む]
  • 懐かしい父の姿がそこに☆
  • 先週の土曜日(3日)に、今年中学2年生になった孫のAちゃんの体育祭があったので、私は午後の部だけになってしまいましたが、観てきました☆長女が2日前に知らせてくれたメールには「お母さんは今、忙しくしているから声を掛けようか、迷ったけれど一応知らせるね。無理して来なくてもいいからね」という内容でした。確かに今は毎日がいっぱいいっぱいだけれども、Aちゃんの頑張る姿を見たかったので、午後からの競技に間に合う [続きを読む]
  • おぼしき事言わぬは 腹ふくるるわざ☆
  • おぼしき事言はぬは腹ふくるるわざなれば = 吉田兼好「徒然草」より = 思うことをいわないでいると腹のふくれるような心地がすると言う。       どんなにか・・・ どんなにか・・・今、私は 言いたいことを 思い切り吐き出してしまうことができるなら 〜5月の・・・ 緑の風に 誘われて        雲は どこへ流れて 行ったのでし [続きを読む]
  • 「どうしたのですか?大丈夫ですか?」ですって!!
  • まだハナミズキの花が青空に美しく映えていた、5月の初旬の頃の話です☆日中、留守にしていた家のポストにクロネコヤマトさんから不在配達の知らせが届いていたので私はお詫びの連絡をすると「それでは今晩、届けます!」と、いつものように心よい返事を下さったその日の夜に、再配達して下さったのは若い新入社員さんでした!!!!私は荷物を受け取ってから、お礼を言いに外へ出ると屋根の向こうにとても美しい三日月が見えたので、 [続きを読む]
  • 城山の里へ行った日から☆
  • さくらの花が終わる頃になると、次々に花が咲きだしてくる・・・        それは まるで花のリレーが 始まったように見えました!!!!          城山の里へ カタクリの花を見に行った時・・・こんなにも美しく・ボケの花・桃の花・そして椿の花などが 色鮮やかに  咲いていたのですからね☆ 空も〜  雲も〜 出来るなら ・そよ風 〜 だって写してみたいと思うほど   自然はいつ [続きを読む]
  • 〜 カタクリの花咲く頃 〜
  • 〜 カタクリの花咲く頃は、3月の中旬ごろから4月の上旬ごろ 〜私は<カタクリの花咲く・城山の里>へ、最盛期の頃に行くのを楽しみにしていましたが訪れたのは、期間中の臨時バスが終わりを迎える頃でした!!義弟が救急搬送されたと言う知らせが病院から届いてから、もう一月経っていたことに気付かなかったほど毎日が慌ただしく過ぎてしまう中、4月6日の午後3時・美容院の予約をお願いした午前中に<城山の里>へ行ってみま [続きを読む]
  • 草を食む仲間たちとランチ♪
  • 一昨日は<草を食む仲間たち>とランチへ出掛けて来ました♪いつもは家の近くのバスを利用して最寄りの駅に出ていますが、その日はとても綺麗な青空が広がっていたので、私は運動がてらに いつもとは反対の急坂を上って行き、遠いバス停へ向かいました坂道を下って行き始めると、真正面に大きな山桜の木があって、ほんの少し前まで見事な花を見ることができましたが、今はもう葉桜になってしまったけれど、私はそこから見える遠く [続きを読む]
  • 浅田真央ちゃん・感動をありがとう☆
  • 長い間、たくさんの感動と頑張る姿を見せて下さった浅田真央ちゃんが引退してしまってとても寂しくなってしまいましたが 今は「感動を与えて下さって ありがとう〜☆☆☆そして、お疲れ様でした!!」と思う気持ちでいっぱいです☆2014年2月・ソチ五輪女子フリーで=ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」=の調べに乗って 伝説に残るフリーの演技を終えた真央ちゃんの涙と笑顔に、私も・世界中の人びとも、言葉失うほどの感動 [続きを読む]
  • 〜櫂(かい)の雫も花と散る〜
  • 今年はソメイヨシノが満開になった頃から天候が悪くなって 冷たい雨が降る日が多かったような気がします。そんな中、用事で出かけた日が晴れていたので、まだ咲いているかも知れないソメイヨシノのさくらの花を求めて、半蔵門線に乗って幾つかの駅を下車して回ってみました☆<九段下・駅>を下車して武道館へ向かうと 海外からの観光客も多くて、写真を写したいところは皆、一緒(・・? でしたから、待たなくてはいけない状態で [続きを読む]
  • 「アンパンのような大きな口開けて泣いていた!!」と言う
  • さくらの花が見える高校の前で、ママが写したYちゃんの写真が送られて来ました!!高校生になった制服姿のYちゃんを見た私は、3月に中学校の卒業式が終わった後で、担任の先生がみんなに語りかけてくれた時の様子を、電話口で私にしんみりと話してくれたYちゃんの言葉が思い浮かんできした☆「担任の先生はいつだって男性のようにしか見えなかったのに、卒業式の日に袴姿で来たので信じられなかった!!」と話していましたが、どうや [続きを読む]
  • ソメイヨシノの花の咲く頃
  • 〜 さくら咲く季節が 今ここに☆ 〜私は、今年も<ソメイヨシノのさくら咲く、素朴な町・南武線の宿河原>へ行って来ました!!〜 淡いさくらの花の美しさと、霞の空を写す水面 〜 長女と2人の子供達も、大好きな ☆ 宿河原の町に咲くソメイヨシノのさくらの花 ☆私と次女と孫のYちゃんと3人で、新たな春のさくらの花をたくさん写して過ごしました☆今年は中学2年生になる下の子Aちゃんが、習い事のジャズダンスの大会へ [続きを読む]