山丘 さん プロフィール

  •  
山丘さん: 精密採点DX&DAMとも録音♪を楽しむ
ハンドル名山丘 さん
ブログタイトル精密採点DX&DAMとも録音♪を楽しむ
ブログURLhttp://ameblo.jp/yamaoka55/
サイト紹介文精密採点DX(DX−G)やDAMとも録音試行錯誤の日記です。
自由文2011年12月のある日、たまたま仕事の待ち時間に入ったカラオケボックスで知ったDAMの精密採点DXにはまりました。定期的に練習を続けた結果、時々100点を出せるようになりました。まだまだ試行錯誤は続きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/04/09 17:46

山丘 さんのブログ記事

  • iPhone se SIMフリー版にauのSIMを入れて使う
  •  昨年途中からバッテリーの持ちが悪くなり、本体が発熱しやすいauの国産メーカーのスマホに手を焼いていました。使いはじめて1年位はそれほど気にならなかったのですが1年過ぎから調子を崩しはじめたようです。アンドロイド製のスマホは癖の強い機種が多いとは聞きますがこの機種も同様のようです。型番とメーカーを書くと色々面倒な気もするので敢えて書きませんが作りこみの甘い商品に感じました。  この機種は、値段 [続きを読む]
  • カラオケ館のヒトカラルーム(スタジオルーム)を試してみた
  •  皆様こんにちは。このヒトカラルームに行った後、風邪で苦しんでいました。歌っていてもいまいち不調な感じがしていたので、既に発症寸前だったと思われます。熱は出る鼻は出る咳も出るで気持ち悪い日が続いています。ようやく良くなってきましたがせっかくの休みも風邪の療養で終わりそうです。どんなに気をつけていても引く時は引いてしまいますね。そして気が付けば今年も終わりです。周囲はバタバタしていますけど結局いつ [続きを読む]
  • 腹筋背筋を効率良く鍛えられる腹筋ローラー
  •  皆様こんにちは。今日は「腹筋ローラー」についてです。  身体を鍛えたい人やダイエットをしたい人は、ジムに通ったりしていると思います。しかし、高価なトレーニング器具を使って効率よく鍛えた筋力は、止めた時のリバウンドも大きいです。常に時間を割いて定期的に通える人にはいいですが、あまり時間を割けない場合やリバウンドのない程度の鍛え方でいい場合は、できるだけシンプルに、どこでもできるトレーニングメ [続きを読む]
  • SIMロックフリーモバイルルーター NEC Aterm MR04LN でwifi環境を手に入れる
  •  皆様こんにちは。前回格安タブレットの事を書いたので、今回はモバイルルーターについてです。ネット環境を最低限の通信費で運用をする場合に必要になってくるのがSIMフリーのモバイルルータです。タブレットに限らず、外出時にノートパソコンでもネット環境が作れるので1台持っていると便利なのは間違いありません。  最近のスマホ売り場は、SIMフリー携帯、格安SIMコーナーが当たり前になり、大手キャリア以外の [続きを読む]
  • 採点カラオケとDAMともの行方
  •  最近は、採点歌唱で粘れば結構な確率で100点を出せるような状況になってきました。ゲームの仕様を体感すればするほど「ただの音当てゲームでしかない。」というのを強く感じます。少し柔軟に考えれば、音程を合わせ、正確なリズムで強弱をつければ採点歌唱になるのは想像が付く事ですが、一般的にはなかなか理解して貰えないのも感じています。私自身は、スコアラーというほとデータを取っているわけでもありませんし、精密 [続きを読む]
  • 精密採点DXの安定性と呼吸(ブレスコントロール)
  •  長らく放置中ですけど、皆様こんにちは。今回は、精密採点的な観点から考える安定性と呼吸についてです。思いついた事を無造作に書いていくだけになりますので、わかりにくかったらすいません。全体の構成とか考えていませんのでご了承ください。  精密採点DXの安定性を確実に上げたい場合は、ロングトーンとビブラートの評価の高い歌い方を身につけ、真っ直ぐでブレない息の使い方ができるようになるのが近道です。超 [続きを読む]
  • 久しぶりに「ぞうさん」で採点してみた
  •  時々コメントを頂くごまだんごさんが「ぞうさん」でカンスト狙いしているようなので、私も久しぶりに録音してみました。 正直な所、童謡というのは、長めの曲よりも苦戦しやすい傾向があります。曲が短い分、回数を歌えるので簡単な気がしますが、個人的には、「翼をください」とかの方がカンストさせやすいような感じがします。短い曲では、リズムなどが少しでも狂うとなかなか100点には届きません。わずかなミスをすると [続きを読む]
  • 精密採点DXで抑揚がつかないのはどうしてか?
  •  皆様こんにちは。今回は、精密採点DX(DX−G)の抑揚についてです。  精密採点DXの抑揚判定は、セクションごとに音量の差がついていれば抑揚があると判定されます。音量差は声の大きい小さいという強弱の事です。更に確実に抑揚点を上げるには、フレーズごとに満遍なく強弱を付けます。  採点の強弱判定は、聞こえ方の大きい小さいはもちろんの事ですが、マイクに対する音圧の強い弱いでも判定されているよ [続きを読む]
  • 精密採点DX「ふじの山」100点攻略法
  •  今回は、採点練習曲で人気の「ふじの山」100点歌唱の考え方とイメージについてです。多くの人が練習しているせいか、平均点が90点を越えているような場合も多い高得点を出しやすい曲です。ロングトーンとビブラート、抑揚の付け方を適度な時間で練習できるので、バランスもいいです。「君が代」のように、リズムと伴奏の癖も無く、わかりやすい楽曲です。「最低限自力でクリアしないといけない事」○リズム、音程を正確に [続きを読む]
  • 採点カラオケは最終的に声質勝負?
  •  皆様こんにちは。今回は、採点基準の中で、最終的に一番重要になる声質についてです。以前にも似たような事を書いているので、重複する部分はあるかと思いますが、カラオケ採点を競う番組の感想と合わせて記事にします。 採点カラオケで「声質」が関係ないという人は、以前から結構居るようですが、最重要項目です。関係ないという人は、100点よりもかなり低い点数を前提にして話をしていると考えられます。声質判定という [続きを読む]
  • 採点基準をどう満たしているのかを聞き分けするには?
  •  採点カラオケの点数は、「採点基準をどれだけ満たしたかの結果」に過ぎません。そこには、歌が上手いとか下手という主観の要素は入りません。このような内容は、以前より何度も書いてきました。同じように考えている人もいるのかもしれませんが、採点カラオケのユーザーの多くは、得点と歌の上手い下手を一緒に考えている人が多いのが実情ではないでしょうか。 殆どの人が理解できない理由は、どうして点数が出ているのか理解 [続きを読む]
  • 「ビブラートを終始かけるのが精密採点DXでは有利なのか?」の検証と近況
  •  今回は、ビブラートを終始たくさんかけると採点では有利なのかについてです。「高得点はビブラートをかければ出る」「採点歌いはビブってるだけ」「ビブれば点は上がる」等、ビブラートをかけまくればいくらでも点数が上がるかのような文面は以前から良く目にします。 実際に試してみると、ビブラートだけで点数を上げるというのが通用するのは、98点くらいまでではないかと思います。相当的確なビブラートをかけて、何箇所 [続きを読む]
  • 採点歌唱のテクニック「区切り歌唱」とは?
  •  今回は、超高得点の音源視聴をしていると結構遭遇する「区切り歌唱」についてです。どういうものなのかをネット上で検索してみると、長い音程バーの後ろの方を少し早めに切るという事のようです。 更にわかりやすく説明すると、通常は滑らかにつなげて歌う部分を、少しだけ早く声を出すのをやめて、一音一音区切りながら、それぞれの出だしの音を確実に発音して歌うという事でいいのではないかと思います。私自身は、少し長め [続きを読む]
  • 精密採点DXで得点の出る歌い方と一般的な歌の表現による得点の低下
  •  今回は、一般的な歌の表現方法と楽に高得点の出る歌い方の違いについて考えてみたいと思います。内容的には、何度も触れていて重複する部分もあるかもしれませんがご了承ください。 カラオケ採点で楽に点数を出す事だけを追求していくと殆どの場合は、採点歌唱になると思われます。どういうものなのかは、100点や99点台の多くの音源を聞けばすぐにわかりますし、見つけられると思います。採点を良く知らない人には、通常 [続きを読む]
  • 精密採点DXを徹底的に突き詰めた特殊歌唱とは?
  •  皆様こんにちは 最近は、採点歌い(特殊歌唱)を試している状況が続いています。最初に追い求めていた理想は、なるべく普通の歌い方で高得点だったと思います。結果としては、何となくそういうイメージで100点まで出せた曲もあります。 特殊歌唱でも点を出すようになった現在、そういう曲を改めて聞き返してみる度に、採点的に聞けば同じ要素しか入ってないというのをつくづく感じています。点数というのは、採点の要素を [続きを読む]
  • 精密採点DXの抑揚の付け方
  •  大変遅くなりました。新年あけましておめでとうございます。 今回の年末年始は、歌の練習は一切やめて休息期間としました。明日以降は、カラオケも空いてくると思いますし、そろそろ再開しようと思います。 今回は、精密採点の抑揚の付け方です。年明けに公開した昨年の録音分「王者侍ジャイアンツ 」(採点特化の特殊歌唱)を例に説明します。昨年2月に公開した録音 は、もう少し普通になっていますが、良く聞けば採点特化 [続きを読む]
  • 精密採点DXの理想と現実
  •  皆様こんにちは。世の中は、年末年始で何かと慌ただしいですね。個人的には、いつも通り時間が過ぎているにだけで何も変わらない気がします。今年も終わりという事は、寿命が少し減ったと考えると特別おめでたいと思えませんが、1年無事に過ごせたという意味では、おめでたい事なのかもしれません。何事も考え方次第で色々な捉え方があるという事だと思います。 では本題に入ります。 採点カラオケをできるだけ効率良く攻略 [続きを読む]
  • 特殊歌唱の100点と普通に歌うのではどちらが大変か?
  •  今回は、採点特化100点狙いの特殊歌唱と普通に歌う場合でどちらが難しくて大変なのかについてです。いきなり答えになってしまいますが私の感覚では、特殊歌唱で100点を狙うほうが気が抜けず難しいです。100点を狙うという事は、大変に神経を使いますし、少しでもパラメを落とすようなミスをすれば届きません。採点カラオケの攻略は、パラメの埋め方を理解して確実に埋めていくだけの単純作業ですが、特殊歌唱を使って [続きを読む]
  • 採点カラオケの音程と通常歌唱の音程
  •  皆様こんにちは。今回は音程についての考察です。 採点カラオケ全盛の現在では、音程重視の風潮が強くなっていると思われます。採点カラオケの音程正確率は、あくまでも正確率であって、正解ではないのを忘れてはいけません。音程正確率は、表現上しゃくった部分や、ビブラートで音程を揺らした部分など、さまざまなズレを考慮した上での数値です。実際に声を出している歌唱部分130秒でビブラート時間20秒の場合は、15 [続きを読む]
  • 曲によりパラメの各項目がばらついたり点数に差がでるのはどうしてか?
  •  今回は、曲によって音程正確率が悪くなりやすい、ロングトーンの評価が下がる、抑揚がつきにくい、といったパラメのばらつきがどうして起こるのかについてです。パラメにバラツキが出るという事は、パラメの悪さとともに点数も下がります。 理由は簡単です。曲によるパラメや点数のばらつきは、音の構成の違いから起こります。アルゴリズムは、どんなタイプの曲でも同じなので点の出にくい曲が存在してしまうのが考えられます [続きを読む]
  • 3種類の声をフレーズ毎に使い分けて高得点を狙ってみる
  •  皆様こんにちは。今回は、前々回記事「ルパン三世主題歌2」 の2種類の声で100点の続きになります。声を3種類に増やし、フレーズ毎に変更しながら歌い、もう少し難易度を上げて検証しました。 曲は「神戸」を使い、3種類の声をフレーズ毎に順番に変えて高得点を狙っています。100点は、残念ながら難しくて無理でした。感覚的には、声の切りかえ位置を見直さないと最小限の減点に抑えられないような印象です。声を変え [続きを読む]
  • ソニー MDR-CD900ST ヘッドホンパッド交換
  •  今回は、ヘッドホンのイヤーパッド交換についての記事です。ヘッドホンの事をかくのは初めてなので、まずは使っているヘッドホンの紹介からします。使っているのは、ソニーのMDR-CD900STです。宅録用に10年以上前に購入して現在も使っています。色々なレコーディング風景に出てくるヘッドホンなので、何となく見たことがある人も多いかと思います。業務用なので家電量販店には置いてない場合が多いかもしれません。業務用にし [続きを読む]
  • 声質を揃えて歌いきるほうが採点に有利なのか?
  •  皆様こんにちは 最近は、特殊歌唱中心になっていますけど、特殊歌唱以外も同時に試している状況です。採点マシーンの癖を感覚的に理解しない限り、採点基準に合わせた歌い方を目立たなくするというのは、難しいという結論からそういう流れになっています。やらなくていいなら、避けて通りたい所ですけど、避けていたら何も解決しないという所まで来ているような気がするので試している状況です。 前から何度も記事中に載せて [続きを読む]