ふう さん プロフィール

  •  
ふうさん: 伊賀・水と緑の会
ハンドル名ふう さん
ブログタイトル伊賀・水と緑の会
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mtomiga
サイト紹介文川上ダム計画地には特別天然記念物オオサンショウウオが約1000個体もいるよ 遊びに来てね〜
自由文川上ダム計画は1968年から。’02年「脱ダムネット関西」が脱ダム宣言、国交省諮問機関の淀川水系流域委員会が「ダムによらない河川の基本計画」を発表。川上ダムは国内48の見直しダムの一つになって検討会が開かれています。
ダム見直し検討会のこと・伊賀市と三重県のダム方針・ダム計画跡地の活用案・伊賀の素晴らしい自然・愛するオオサンショウウオの事など綴ります。



参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/04/09 21:27

ふう さんのブログ記事

  • 細川ゆう子さんのお話し  レジメ  5~8 /23
  • 前日上げたブログの中の、資料3をもう一度ご覧下さるようおねがいします。  その中に「香川県で一つの水道事業に統合」と言う文字にご注目下さい。一つの県で一つの水道事業にしてしまう、とても乱暴なやり方が国の広域化の目標だということです。伊賀市がその広域化の中に組まれた水道事業の基本計画を、立ててしまわれたのでした。さて、5番目に入ります。  ここを話すのは辛いのですがと、細川さん。 合併前から [続きを読む]
  • 細川ゆう子さんのお話し  レジメ 1~4/23
  • 8月5日の学習会、「川上ダムの水利権を減らそう! 伊賀の美味しい水を守るために」の、資料です。今日の細川さんは長距離バスに乗って伊賀上野まで来られました。嶋津暉之氏が伊賀市の問題を膨大な資料で解き明かしてくださったのは、5月末でした。その中で消化仕切れなかった部分があれば、そこを学び合ったり。今後の事など学びたいと言うのが 今回の企画をした経緯です。 全ては伊賀の美味しい水を守るために。とこ [続きを読む]
  • 嶋津先生講演会(2017、05、27)スライドー31~40/40
  • 山のない鳥羽や志摩が高いのは当然ですよね。本土から海底トンネルで水道を引いている町ですから。その次になぜ伊賀市が高いのでしょうか?   理由を明かします。三重県から身の丈以上に巨大な”ゆめが丘浄水場”を押しつけられたから、その支払分82億円が加算されたのです。「巨大施設は要らない」となぜに当時の水道部は言わなかったのか。 2008年(H20)の事です。三重県から押しつけられた時の伊賀市長は今岡睦 [続きを読む]
  • 嶋津先生講演会(2017、05、27)スライドー21~30/40
  • 暫く中断しましたが、後半を2回に分けてアップします。私達はこの間に、水道部と話し合いを行い、次のイベントを計画いたしました。講演資料シリーズが終わったら、アップして行きます。昨日の木津川大河原は、テントの花が沢山咲いていました。水遊びに興じる人々の姿がありました。大河原には水位計がありません。 これ以上水位が減ったら取水してはいけない事を示す水位計、それ自体が無いほどに、豊水水利権の条件はあ [続きを読む]
  • 嶋津先生講演会(2017、05、27)スライドー17~20/40
  •               山下典子市議の左隣が西柘植の奥澤氏(元伊賀市議) 。その左隣に百上まな市議がおられます。山に植林した木が放置されている状況が伊賀市にもあって、昔に比べて川の水が減って来ていると危惧してます。山の再生に財政がもっと目を向けて、里山を生き返らせて欲しい。山がこのまま放置されては、他にも影響が出ます。 雨量が増すと山の地崩れを起こしている事例が、伊賀のあちこちにあって道が [続きを読む]
  • 《伊賀市と川上ダム問題》20170527 配付資料ースライド8/40
  • 前の晩は伊賀線上野市駅前の居酒屋で、ゆっくりと懇談の時がありました。 そのとき、いまの嶋津暉之先生の活動に繋がるいきさつも聞く事になり、それは住民本位の目線(人生観)に他なりませんでした。 伊賀で4度目となった嶋津暉之先生の講演会でした。http://www.iga-younet.co.jp/calendar/cat78/01_1/post_11.htmlhttp://www.iga-younet.co.jp/calendar/cat78/01_1/post_11.html私達は、パタゴニア日本支社から助成を受 [続きを読む]
  • 嶋津先生の講演会事前記事『伊勢新聞』
  • 講演会の前日に伊賀市役所記者室で、会見をしました。その時の伊勢新聞記者が、記事にしてくれてます。伊勢新聞は伊賀に常駐しなくなって2年くらい経っています。伊賀で滅多の会えない伊勢新聞記者さんであり、しかも始めてお会いした記者さんでしたが、事前の資料をよく読みこんで居られて、これまでのいきさつやの講演会の目的をよく理解されていたので、驚きました。そしていい記事でした。「ローカルニュースを読 [続きを読む]
  • 伊賀市水道部が伊賀市民をズルズルと貶めて行く実態の、講演会です。
  •                             2017/05/23 中日新聞伊賀版記事伊賀市のこの問題は、いま日本全国のあちこちでいや世界中でも巻き上がるポピュリズムの風です。偽りニュースを流して、市民にあきらめさせる手段を取りました。伊賀市の幹部は知らない振りをして、この流れに乗っています。「水源廃止問題」を ちいさい事だと思わないでください。世界中で吹いている”将来に希望どころか絶望を [続きを読む]