田山 陽平 さん プロフィール

  •  
田山 陽平さん: 笑顔あふれる生活へ!
ハンドル名田山 陽平 さん
ブログタイトル笑顔あふれる生活へ!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tayama0305
サイト紹介文変形性股関節症/先天性臼蓋形成不全/先天性股関節脱臼/大腿骨頭壊死
自由文皆様と一緒に股関節と向き合っていきます理学療法士の田山陽平です。4年間、病院(人工関節センター)の臨床で培ってきた経験と、深圧を融合し、1人1人に合った施術を提供していきます。宜しくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/04/10 14:57

田山 陽平 さんのブログ記事

  • 人工関節が冷える!?
  • 昨日、月曜日なのにブログを更新することを、すっかり忘れて帰宅してしまいました。待っていただいていた方には大変、失礼なことをしてしまい、申し訳ありませんでした。以後、このような事がないように気を付けます。そして、次回のブログ更新は一か月後の6月26日を予定しております。間が開いてしまう理由は、26日まで月曜日の出勤がないからです。出張、会議、勉強会などで月曜日は留守にします。7・8月は、しっかりと毎 [続きを読む]
  • 硬い筋肉は、良い筋肉?
  • 運動する人は筋肉がしっかりついていて、羨ましく見えるものです。ボディービルダーもガッチリした筋肉がついていて凄いですね。私もあんな風な筋肉をつけたい!と憧れを持つ方も多いと思います。しかし、ここで落とし穴があるようです。あんな風な筋肉の「あんな風」を誤解している方が、話を聞いていると多いように感じます。スポーツ選手の筋肉を見て「硬くていい筋肉をしているなー」と思われている方、いませんか?硬い筋肉が [続きを読む]
  • 四十肩と股関節痛の違い!
  • 「変形性股関節症」は40〜50代から初期の痛みの自覚症状が出る方が多いです。時を同じくして「四十肩」「五十肩」を患う方も増えてくる時期です。あるいは、指が変形する病気の「へバーデン結節」も同様に、このくらいの年齢で発症しやすい病気です。へバーデン結節は言い換えれば変形性「指」関節症とも言えます。上に出てきた4つの整形外科の病気ですが、明らかな経過の違いがあります。四十肩・五十肩・へバーデン結節は、 [続きを読む]
  • 踵を細かく検証!
  • 前回のブログで、歩く時に踵で地面に着地する時は、膝を伸ばしましょう。と書きました。今回は、同じ踵で地面に着地する時の「踵の位置」について書きます。「踵はどこですか?人差し指1本で指差してみて下さい」この質問をすると、踵と限定されているとはいえ、人によって踵の中で色々な部分を指差すと思います。踵は手のひらで包み込もうとすれば、すっぽり入りますが、指1本で指すとなると、意外と面積がある事に気づかされま [続きを読む]
  • 歩く時の正しい膝の使い方!
  • 歩いている時に、前に振り出した足の踵を地面に着けますよね。その時、膝はどうなっているのが正しいでしょうか?膝が伸びている状態でしょうか?曲がった状態でしょうか?正解は伸びた状態です(正確には完全に伸びきってはいないのですが、意識としては伸びている状態で良いと思います)。皆さんは、踵を着いた時に膝は、どうなっていますか?当院にお越しの方の歩き方を見ていると、多くの方が膝が曲がった状態で踵を着いていま [続きを読む]
  • 筋肉を自分で押すと痛いのは問題になるのか!?
  • 当院の施術は「深圧」と言うオリジナルの方法を使って筋肉をほぐす事がメインです。「基本的」には、痛みの原因となっている筋肉を押すと、痛みが生じる事があります。これは、その痛みのある筋肉に、何かしらの問題が生じていますよ。と言う事になります。しかし、筋肉の中には、それぞれ特徴があり、なかには押せば誰でも痛がる筋肉が、いくつか存在します。ですから、そこを押して痛みがあるからと言って、その筋肉が何か悪さを [続きを読む]
  • 痛くてもドンドン歩く!?
  • メディアで、健康のためには、ドンドン歩く事が大切です。とか、お医者様に「痛いのは運動不足が原因です。もっと、たくさん歩きなさい」と言われたり、それを信じて、やみくもに歩いている方がいらっしゃいます。確かに歩く事は体にとって、とても良い事です。しかし、歩いていて痛みがある方にとっては、そうでもありません。痛みは体が発している赤信号です。赤信号は「止まれ」ですね。信号を無視して歩き続けてしまっては、痛 [続きを読む]
  • 「いづれ悪くなるから手術!?」
  • 現在、4月14・15日の富山出張施術の予約申し込みを受け付けています。施術ご希望の方は、松本深圧院ホームページの出張画面から、お問い合わせください。宜しくお願いします。当院では、整形のお医者さんにレントゲン写真を見ながら「いづれ悪くなるから、悪くなる前に手術しましょう」と言われた経験のある方と、多くお会いします。「いづれ悪くなる」これって、ある意味、未来の予言ですよね。整形外科のお医者さんに未来を [続きを読む]
  • 症例報告 Aさん、その後の経過!
  • 2015年11月に症例報告として、炎症の山を越えた方の話をブログに書きました。その方の、その後を報告します。その時、同様にAさんとしておきましょう。炎症の山は確実に超えましたが、かといって、すぐに痛みが無くなる分けではありません。炎症の山がピークを超えると絶壁になっていると、ストンと痛みが取れて最高なのですが、なかなか、そうはいきません。「山」ですから頂上を超えた後は、なだらかに痛みの山を降りて行 [続きを読む]
  • ブログに新機能追加!
  • 現在、3月10日(金)11日(土)の高崎出張施術の予約を承り中です。まだ空きがありますので、施術ご希望の方は松本深圧院ホームページの出張施術画面から、お問い合わせください。お待ちしております。いつも私のブログを読んで頂き、有り難う御座います。このブログに読みやすい新機能が追加されましたので、紹介させて頂きます。まず、松本深圧院のホームページを開いて頂きます。画面には銀座店・大阪店・福岡店・名古屋店 [続きを読む]
  • あ〜芯まであったまった〜!
  • 残念ながら、あったまってません。お風呂や温泉につかった後、「あ〜芯まであったまった〜」と、言ったり、聞いたりしますよね。実は芯までは、あたたまっていないんです。表面はあたたまっていますけど、例え1時間、更にそれ以上お湯につかっても、何日も連続で温泉に通っても、芯まであたたまる事は不可能です。どんな効能のある温泉に行ってもです。お湯では体をあたためるのに皮膚からの到達距離に限界があります。表面の筋肉 [続きを読む]
  • 靴選びは、大仕事!
  • 先週はブログを休んでしまい、大変、申し訳ありませんでした。仙台出張に行っていたため、ブログを更新できなかったのですが、その旨を、前回のブログで告知しておくのを忘れてしまいました。失礼いたしました。股関節症の方々の悩みの種のひとつに「靴選び」が挙げられます。自分に合った靴に巡り合う為に、多くの方が失敗と成功を繰り返しています。しかも、失敗の方が勝ち越していますよね。靴によって痛みの出かたが大きく影響 [続きを読む]
  • 筋肉がコリ固まる原因は何!?
  • ただいま2月の札幌出張施術の予約を受け付けております。2月17日(金)〜21日(火)です。北海道で施術ご希望の方がいらっしゃいましたら、当院ホームページの「出張施術」画面からお問い合わせください。お待ちしております。当院での施術は主に、筋肉をほぐす事です。肩こりの筋肉が固くなっているように、股関節痛がある方の股関節周りの筋肉も固くなっている事が、ほとんどです。何故、筋肉は固くなってしまうのでしょう [続きを読む]
  • 関節を守るのは筋肉!
  • 沼津より年が明けて、だいぶ日が経ってしまいましたが、あけましておめでとうございます。本年も松本深圧院グループを、宜しくお願いします。今年も、股関節痛に悩む方の、お役に立てるよう『一押入魂』の精神で頑張っていく所存です伊豆よりキャンセルのお知らせ2月の私の予約にキャンセルが出ています。施術ご希望の方は、ホームページの予約画面から、お申し込みください。股関節、大事ですよね?大事に大事にしたいですよね? [続きを読む]
  • 年末年始の営業日のお知らせ。
  • 今年も最後のブログ更新となりました。1年間、有り難う御座いました。当院の年末年始の営業ですが、本日26日(月)が年内最終営業日となります。明日27日は社内会議と院内勉強会をして仕事納めとなります。年始は5日(木)から通常営業となります。今年は世間一般的には暦が悪いですが、普段、水曜日と日曜日を定休日としている当院にとっては暦が良く、通常の12月29日〜1月3日の年末年始休みに加えて、前後に水曜日が [続きを読む]
  • ただ歩くだけでは軟骨は減りません!
  • ある患者様が、こんなエピソードを語ってくれました。整形外科クリニックの診察室で先生とのやり取りです。先生「歩くと軟骨が減ってしまうから、歩かない方が良いですよ」患者「じゃあ、家で寝ていた方が良いのですか」先生「それが一番だけど、それは不可能でしょ」先生「でも、プールで歩くぶんには軟骨は減らないからプールに通って下さい」このような事を言われたそうです。この方は、足に体重をかける事が怖くなり、あまり出 [続きを読む]
  • 松本総院長の著書「股関節痛は怖くない!」改訂版が発売!!
  • 2010年8月に発売された松本総院長の1冊目の著書「股関節痛は怖くない!」〜痛みを和らげ股関節を長持ちさせる最新メゾット〜の改訂版が先週12月10日に発売されました。昨日は、地域によって毎日新聞の広告にも載せて頂きました。14日・19日にも昨日載らなかった地域の毎日新聞に広告が載ります。新章「手術後の経過が良くない方へ」を追加した改訂版です。最初に本を出した6年前とは、当院の考え方が変わっている部 [続きを読む]
  • 股関節に優しい椅子の高さとは!?
  • これも普段、よく質問されます。股関節に痛みが出るシチュエーションで多いのが、ソファーに座っている時、あるいはソファーから立ち上がる時、ソファーから立ち上がって一歩目、などが挙げられます。ソファーにも色々と種類があります。お尻の部分が深く沈むタイプ、座面が、さほど柔らかくなく、座ってもお尻が沈まないタイプ、など。基本的に股関節に優しい椅子の高さは、座面が高ければ高いに越した事はありません。その方が座 [続きを読む]
  • 痛みが悪化する原因! パート2
  • 来週月曜日は私用の為、お休みを頂いております。その為、ブログも休ませて頂きます。次回、ブログ更新は12月3日を予定しています。宜しくお願いします。ご来院いただいて、第一声「先生!私やっちゃったー!」と、悲しそうな声と表情。。。「どうされたんですか?」と尋ねると「テレビの健康番組で、お勧めしていた運動が良さそうだったから、やってみたら痛みが強くなっちゃったの」これ、非常に多いんです。メディアは不特定 [続きを読む]
  • 痛みが悪化する原因! パート1
  • 当院には股関節痛で悩みを抱えている方が多くいらっしゃています。その中の、ほとんどの方が痛みが出た、思い当たるきっかけをもっています。そのベスト3を挙げます。・引っ越し・掃除(大掃除)・草むしり(庭いじり)です。どれも、体力仕事なのが分かると思います。3つとも明らかに共通した動きが2つかあります。1つ目は、しゃがむんだり、下から立ったりと言う動作が頻回にあります。2つ目は、重いものを持つ。どちらも、 [続きを読む]
  • 100%筋力発揮!
  • プロ野球のヤクルトスワローズに山田哲人選手がいます。打率3割以上・ホームラン30本以上・盗塁30個以上する事をトリプルスリーと言いますが、この成績を去年、今年と2年連続で、達成してしまった、とてつもない選手です。それぞれの成績を1つでもクリアする事がプロの世界では大変な事ですが、それを1人で一気に3つ同時にクリアしてしまうのですから、凄い事です。先日、テレビのインタビューで「2年連続でトリプルスリ [続きを読む]
  • 松本深圧院 福岡店からのお知らせを2つ!
  • 松本深圧院 福岡店のお知らせです。松本深圧院 福岡店もオープンして半年となり、おかげさまで多くの方に御来院頂いております。そこで下記の通り、講演会を開催する事になりました。 テーマ:「股関節痛の新しい“常識”」〜変形性股関節症は進行性ではない!〜 内容 ・ 松本深圧院の紹介 ・ 事例紹介(体験談) ・ その他の症例紹介 ・ 股関節痛の新しい常識 ・ 深圧とは?(体験あり) ・ Q&A 対象者 ・ 股関節痛に悩み [続きを読む]
  • 診察の矛盾!パート2
  • 股関節痛で整形外科に行くと、お医者さんに次のことを言われます。(全ての整形外科医では、ありません。)・筋トレしなさい。・ダイエットしなさい。・プールで運動しなさい。・杖をつきなさい。もう決まっています。ちょっとここで筋肉の事を書きます。筋肉は冷やさない方が良いです。これは、何となく皆様もわかると思います。体が冷えれば、筋肉が固くなり、動きにくくなります。寒い時期と暑い時期を比べれば、想像がつきやす [続きを読む]
  • 診察の矛盾!パート1
  • 変形性股関節症の方が整形外科へ行って、処方されるのは痛み止めの錠剤と、湿布です。今回のブログでは、湿布について考えます。診察室でのやり取りを、思い出してみて下さい。お医者さんから「骨が変形してますね」「軟骨が減っていますね」「だから痛いんですよ」と、ほとんどの方が言われた経験があると思います。そこでお医者さんが処方するのが「湿布」です。『???』ここがポイントです。湿布は骨や軟骨に効果があるのでし [続きを読む]
  • 整形内科!
  • 10月1日は銀座で「松本深圧院10周年記念パーティー」が開催されました。多くの方にお集まり頂きまして、誠に有り難う御座いました。今後とも、松本深圧院グループを宜しくお願い致します。来週のブログは札幌出張中となりますのでお休みさせて頂きます。次回の更新予定は10月17日になります。宜しくお願いします。以下は私が最近読んだ「THE 整形内科」という医学書の「あとがき」に書かれていた文章です。とても素晴ら [続きを読む]