akiko さん プロフィール

  •  
akikoさん: OUMEI DIARY
ハンドル名akiko さん
ブログタイトルOUMEI DIARY
ブログURLhttp://ameblo.jp/020oumei/
サイト紹介文小石原焼 翁明窯元の2代目若女将がつづる、陶芸のこと、暮らしのこと、子育てのこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/04/10 16:37

akiko さんのブログ記事

  • 営業再開
  • 九州北部豪雨から1ヶ月が過ぎました。災害により、日々の生活が一変し、目の前のことが精一杯の毎日でした。でも、いろんな形で、いろんな人に支えら、励まされ、学びと感謝の1ヶ月でもありました。東峰村の景色は変わってしまいましたが、東峰村の人はみんな、前よりももっと、強く優しくなりました。そして翁明窯元も、元気に営業を再開します!工房も動きはじめ、以前の活気を取り戻しました!流されず残った道具達が、活躍し [続きを読む]
  • 兵児帯おんぶ
  • 東峰村の災害ボランティアで子育て支援に来ていただいている方から、教えていただきました。兵児帯おんぶ。家ではサラシしか見当たらず、サラシでも長さが4.5メートルくらいあればいいということで、おんぶしてみました。兵児帯と言えば、浴衣の時にする帯という認識でしたが、まさかおんぶに使うとは⁈でも、調べてみたら、昔は当たり前で、今でも兵児帯おんぶのママさんは結構いらっしゃるんですね!兵児帯1本でおんぶする方法 [続きを読む]
  • 個展は延期
  • 8月1日から予定しておりました、鬼丸尚幸作陶展 (福岡三越)ですが、九州北部豪雨で被災し、延期させて頂くことになりました。関係者の皆様、作品を楽しみに待ってくださっている皆様、大変ご迷惑をおかけいたします。申し訳ございませんが、工房の復旧に少しお時間をいただければと思います。個展に向けて準備していた時期に被災。作陶も最後の追い込みに入っていただけに、夫も何とか早く作陶に戻りたい気持ちでいっぱいです。 [続きを読む]
  • 玄翁とバール
  • 工房の泥との闘いが終わったかと思ったら…。松の丸太木を埋め込んだ床の部屋から異様な匂い。丸太の下に泥が入り込んでいたようで、腐ってきているみたいでした。どんな隙間でも容赦なく入り込んでいる泥に少々うんざり。仕方がないので、丸太を全て取り去り床をやり直すことにしました。ボランティアセンターからお借りしてきたげんのうとバール。私は、はずかしながら初めて手にしました。玄翁でバールを叩き、セメントを崩し [続きを読む]
  • 自然と共に生きる
  • 東峰村の大水害から10日が経ちました。我が家はライフラインが復活し、生活の不自由は解消されました。お見舞いの温かいお言葉を沢山いただき、支援物資もいただき、感謝しきれないくらい感謝しております。本当にありがとうございます。翁明窯元では、工房と店の土砂をかき出す作業を毎日続け、ようやく室内の土砂は無くなりつつあります。川の水をポンプでひきあげ、水を流し、ワイパーでかきだす。工房の全ての部屋を掃除しま [続きを読む]
  • 復旧に向けて
  • たくさんの温かいメッセージをいただき、ありがたく読ませていただきました。ひとりひとりにお返事できず、申し訳ありません。一言ずつにとても励まされました!大変な思いもしましたが、こんなに皆様から思って頂いているんだと、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。昨日、片道3時間ほどかけて、冷水峠ー小郡ー吉井ー夜明ー大鶴ー宝珠山ルートで娘がいる東峰学園へ迎えに行って来ました。道中、甚大な被害 [続きを読む]
  • 東峰村が大洪水
  • 大変な事になりました。まだ現実なのか信じられません。みるみるうちに水かさが増し、裏の坂道に避難しました。昨日17時ごろ、あっという間に川が氾濫。今日は少し落ち着きました。おかげさまで、家族皆命は無事です。ご心配おかけしております。娘はまだ、道が通れず、小学校にいます。無事はわかっているけど早くあいたいです。工房とお店は泥だらけになっちゃいました。村内は携帯は圏外になり、停電のためテレビも見れず、情 [続きを読む]
  • 梅しごと
  • 梅の木が沢山の実をつけたので、今年も梅仕事をしました。隙間の時間を見つけては、ちょこちょこ。。まずは黒糖梅酒。子供達からのリクエスト、梅シロップ。残りは梅ジャム。去年は梅の実を横目に、つわりで何もできませんでしたから、今年はちょこちょこできてスッキリしました。ジャムは、大量に作ったら小分けにポットに詰め替えて食卓に出してもいいですね。↓以前の記事に書いてました(*^^*)梅ジャム最後の木は、じいちゃん [続きを読む]
  • 野に咲く花のように
  • 梅雨頃なるとあちらこちらで見かけるドクダミの花。花が咲く時期が植物には一番パワーがあるらしく、ドクダミのパワーを頂戴いたしました(*^^*)花と葉をそれぞれ小瓶に詰めて、ホワイトリカーを注ぐだけ。1ヶ月くらいで綺麗な琥珀色になれば出来上がり。虫刺されに効くらしいです。シミにも効くらしいから、化粧水としても試してみようと思います!中学時代は部活でだいぶ日焼けしたしなぁ。。そして、つみ過ぎた残りはお店に飾り [続きを読む]
  • 離乳食のすり鉢
  • カイイが6ヶ月になったので、離乳食を始めました。離乳食と言えばすり鉢。次男ユウイの時に、夫にお願いして作ってもらったすり鉢が、これから毎日活躍してくれそうです。はじめは10倍がゆからスタート。小さな湯のみに小匙1杯の米と小匙10杯の水を入れ、家族のご飯と一緒に炊きます。手抜きでごめんね。。でも、ちゃんと炊けるからいいかなぁ(*^^*)あとはすりすり。初めての一口は、怪訝な顔でした。3日目からは口をあーんと開け [続きを読む]
  • 好きこそ物の上手なれ
  • 父の日の夕食に海老フライを作りました。子供達は海老フライが大好き!「私が!」「ぼくが!」と朝から張り切っていた子供達。のいはあまりに待ちきれず、頭の中を絵に描いてました。そして夕方、いつものようにキッチンは大騒ぎ!エビのからむき、背ワタとり、筋切りと、ばぁちゃんまでお手伝いしてもらってみんなで盛り上がりました。難関の衣つけ…私は側で見てたら、ハラハラするので、しおりに弟達の指導はお任せしました^ - [続きを読む]
  • 星空とホタル
  • 夕べのお楽しみ、小石原も蛍の季節です。暗くなるとみんなで家の裏に出て、ほたるあそびが始まります。子供達は捕まえようと暗闇を走り回り、パパは川の土手にいる蛍を捕まえてあげたり。。「ママ見てー!」とそれぞれの手で捕まえた蛍を見せに来てくれます^ - ^うーん、写真撮るのは難しい…。私はみんなが川に落ちないかヒヤヒヤしながらも、カイイとのんびり「きれいだね〜」と心地よい風に吹かれてました^ - ^真っ暗闇を子供 [続きを読む]
  • ふわふわのスモークツリー
  • 自宅のスモークツリーが今年もふわふわになりました。枝ぶりが大きくなってきたので、今年は大きな花瓶にどーんと飾りました。まぁるい葉っぱも、子供が書いたような葉脈も、可愛いくて好きです。花瓶は大中小あると、花や枝のサイズに合わせて飾れるからいいですね!コロンとした小さな花瓶は、食卓にも使えるし、ちょっとした花をさすだけで、心が和みます。スモークツリーをもっと大きく育てたいので、お店の敷地内に植え替え [続きを読む]
  • 田植え
  • 先日、我が家の田んぼの田植えがありました。トラクターに乗ったりするのが大好きなゆういは、田植え機を見て大はしゃぎ!子供達も食べ盛りになってくるし、米は重要な我が家!今年も美味しいお米が実るといいなぁ。。。 [続きを読む]
  • 甘酒が好き
  • 今朝の朝食甘酒いちごヨーグルトにハマってしまいました。コーヒーはアメリカンでたっぷりとが今の気分です。。。超ハードな日々が続いていたせいか、近頃、時々ポーっとしてしまいます。小石原焼 春の民陶むら祭りが先週ありました。沢山のお客様にご来店いただき、大変感謝しております。翁明窯元でのお買い物を満喫していただき、喜びのお声をいただくと、私たちも嬉しくなります。ありがとうございます!また、お目当の器がな [続きを読む]
  • 民陶むら祭りの窯
  • 5月3.4.5日は小石原焼春の民陶むら祭。翁明窯元では、民陶祭に向けての窯を毎日たいています。先程、5つ目の窯に火が入りました。この窯には、葉っぱの形や長方形などの板皿も入っています。よくお問い合わせいただく陶板類は、明日はまだ窯の中。3日に店頭に出すのに間に合うかなぁ?といった感じです。今朝、窯から出てきた器の中には、グラタン皿もありましたよ。黒マットの蕎麦猪口やプレートも焼けてます。定番のリム皿やか [続きを読む]
  • たんぽぽ王子
  • 先日、保育園から帰ってきたのいが、「ママー、はい、花束のプレゼント??」と、さらっと私に花束をくれました。たんぽぽの花束。こういうの、ママは嬉しすぎます??この後のいは、たんぽぽを飾るカップを黙々と作ってました。そして、ちゃんと飾ってました。5月3.4.5日は、小石原焼春の民陶むら祭です。お天気も良さそうですし、ドライブがてら是非小石原へお越し下さい。お待ちしております。翁明窯元は9時開店予定ですが、満 [続きを読む]
  • 楽しい草とり
  • 春になり、草木も芽吹く私の大好きな季節到来です。もちろん雑草達もたくましく芽吹きます。山や畔に生えてきたら、野草ってかわいらしく思うのに、人工的な場所から生えるとやはり雑草、、、。人間の勝手なんだけど。。。そんなことを考えながら、雨上がりに草取りをしました。すると、横で見てたゆういもお手伝い。何でも真似したがるお年頃。子ども軍手もバッチリ装備して、「ホラみて〜!根っこがなが〜い?」とか言いながら [続きを読む]
  • つくし
  • 今年初のつくし。お家の近くで、沢山採れるからと、お友達からいただきました。頑張ってはかまとりしました。これ、指先が黒くなる。。。そして、思いつくままにお料理。。つくしの卵とじ。つくしペペロンチーノ。つくしピザ。春の大地の恵み、おいしかったです。 [続きを読む]
  • 針しごと
  • 次男ゆういは4月から年少組。保育園の園服はまだぶかぶかなので、そで丈を縫い上げました。お芋とお豆が大好きなゆうい。昨日は魚屋さんが持って来てくれた鯵をフライにするついでに、サツマイモチップスを作ると、横から手がのびる、のびる!アジを揚げてる間に、ほとんどなくなってしまってました。。予想はしてましたが。。。わんぱくやんちゃで優しいゆうい。袖の糸をほどく頃には、どんなお兄ちゃんになっているのかなぁ(*^^ [続きを読む]
  • 海苔アート
  • 今日は保育園の手作り弁当の日。最近は子供達が、パパに海苔アートをおねだりしてます。今日のごはんの段はこちら。オムライス!ケチャップのかわりに海苔!TV「ダーウィンが来た」にハマってる息子たちのオーダーは、ヤシガニとホワイトタイガー。パパは朝から海苔をチョキチョキ頑張ってました(*^^*)子供達は大はしゃぎ!ママには、ホワイトタイガーと言うよりは黒ヒョウに見えるけど、ゆういにはホワイトタイガーに見えるらし [続きを読む]
  • 向かいあうふたり
  • 工房で働く義父と義母。義父が翁明窯元を開いてからずっと、義母もこんな感じで、白土がけなどの作陶の手伝いをしてきたそうです。今日は飯碗に白化粧土で模様をつけてます。4方向から白化粧土を掛ける「四方がけ」焼き上がりはこんな感じです。義母は四方がけの達人です! [続きを読む]
  • 福岡移住計画
  • 福岡移住計画に掲載して頂きました。こちらです↓http://fukuoka-ijyu.jp/2017/03/06/0306/作陶への思いなども書いて頂いてます。夫が福岡の小石原で生まれ育ち、東京の大学へ通い、福岡へUターン。夫婦で小石原に帰って来て、もうすぐ10年目の春を迎えます。小石原は里山の良さも満喫でき、都会との繋がりもあり、私にはいいバランスの地。作陶、子育て、日々の暮らし。ここで暮らせて幸せだなぁと感じながら、暮らしています [続きを読む]
  • 文部科学大臣賞受賞
  • 夫の作品が第24回日本陶芸展で文部科学大臣賞を受賞しました。本日の毎日新聞で発表されています。主人の作品はこちら。「青白磁面取鉢『稜』」 鬼丸尚幸 作作品は、巡回展が終わった後に美術館へのお買い上げも決まりました。小石原焼とはまた違う魅力の青白磁。釉薬の透明感に、見ていて吸い込まれそうです。ろくろで作る伸びやかなフォルムに、稜線をきかせた、大きな作品。周りの空気に伸びやかさと緊張感を放ちます。 [続きを読む]