師匠 さん プロフィール

  •  
師匠さん: 罐のゆくえ・・・
ハンドル名師匠 さん
ブログタイトル罐のゆくえ・・・
ブログURLhttp://ameblo.jp/kazu-1963/
サイト紹介文激動の昭和を駆け抜けた汽罐車、平成の現代に見事に蘇った雄姿と旬な鉄ニュースをお届けします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供329回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2012/04/12 09:29

師匠 さんのブログ記事

  • “ 小雪舞い散る …!”【第17回 只見線遠征 その6】
  • さてと次は3番列車、昨日はその時間になると此処にも陽が差しこんでいたのを思い出し、 先ほどの俯瞰に気を良くして此処へ上がろうとしたら、なんと集落の外れが雪捨て場になっており、道が塞がれていました さほど雪の量も多くなさそうなので、我が相棒の四駆を信じて進むことにしました 途中の九十九折でスタックした時は一瞬ヒヤッとしましたが、なんとかいつもの 場所まではアプローチ出来ました& [続きを読む]
  • “ ラッピング …!”【第17回 只見線遠征 その5】
  • ここもSL運行時には人気のポイントですが、今日は誰もおりません 車もほとんど通りません 列車だけは定時になると静かにやって来ました いつもご訪問いただき有難うございます 皆様の応援と下のボタン “ ポチッ ” が更新への活力になります ラッピングが目立つね〜 ! と思ったら、ポチッとお願いします。。。 にほんブログ村      にほんブログ [続きを読む]
  • “ 雪華模様 …!”【第17回 只見線遠征 その4】
  • この季節、太陽が上がると共に樹々に着雪した雪は溶けてしまい、特に針葉樹林は黒い塊となって画の中に鎮座します ですので、3番列車(9時頃)が過ぎる頃には撮影は終了です 次を待っていても3時間は来ないので仕方ありません 道の駅で遅めの朝食を取りながら夕方以降の作戦を考え、車に戻ってみると ヘッドライトが付けっ放しに 案の定、もともと弱っていたバッテリーはビクともせずに、 [続きを読む]
  • “ テスト …!”【第17回 只見線遠征 その3】
  • 今回の遠征で試してみたかったのはこの絵面でした ハプニング解決のための郡山往復をした夜、そして翌朝と挑戦しました トンネルの向こうから近づいて来る列車とヘッドライトに浮かび上がる線路 其処に舞い落ちる雪 画面右側に静かに広がる湖面と奥に連なる山々のシルエットが写し込めなかったのは、次への宿題となりました いつもご訪問いただき有難うございます & [続きを読む]
  • “ 列車は何処に …? ”【第17回 只見線遠征 その2】
  • 続いて先ほどの列車と交換してくる列車が間も無く来るので、そそくさと移動してポイントを探します SLの時は同業者が鈴なりとなるポイントの近くにこんなポイントを見つけました ウォーリーならぬ、キハを探せ!ですね いつもご訪問いただき有難うございます 皆様の応援と下のボタン “ ポチッ ” が更新への活力になります 覗かないとわからんぞ〜 ! と思ったら、ポ [続きを読む]
  • “ 雪晴れ …!”【第17回 只見線遠征 その1】
  • 年の瀬も迫った12月のとある日、天気予報を見ていたら、 マークと マークが並んでいたので急遽し出撃してまいりました 夜も明けきらぬうちから始発列車を狙ってポイントを探しますが、思いの外雪が少ない 結局、始発列車はロクな画が撮れずに次の列車のポイントを探して彷徨ううちに、まぁまぁ雪が残っていてバックの青空が抜けていた此方にてシュート いつもご訪問いただき有難う [続きを読む]
  • “ 夜間撮影に際して ・・・! ” 【第85回 磐越西線遠征 その14】
  • 2日目の下りでは花火等の演出は無いので、ホーム上のイルミネーションを絡めたカットを撮りたかったのですが、卒業作品は撮れませんでしたので、次回への宿題となりました 過ぎ去る列車の後ろ姿に、夜汽車の哀愁を感じていただければと思います それにしても今回思ったのは、此処だけに限らず列車に対して強烈なライトを当てて撮影したり、ストロボを発光させて撮影している同業者が多数見受けられました&n [続きを読む]
  • “ 迎撃 ・・・! ” 【第85回 磐越西線遠征 その9】
  • 通過まで時間があったので、普通に撮るだけでなく2台体制で遊んでみました 先頭車両の2/3は機械室なので、こちら側に窓はありません 本日は大晦日 今年も一年間、ご訪問いただきまして有難うございました 来年も皆様にお越しいただけますよう頑張ります 皆様の今年最後の “ ポチッ ” をお願いします。。。 にほんブログ村      [続きを読む]
  • “ 初、入線 ・・・! ” 【第85回 磐越西線遠征 その8】
  • 今回は初の磐越西線への入線ですので夜明けのシュートをした直後、長時間停車があったのでもう1箇所に移動してみました 空は明るくなってきましたが、相変わらず霧は深いままでした 電化区間なのにパンタを上げることなく、エンジン音を唸らせながら走り過ぎました いつもご訪問いただき有難うございます 皆様の応援と下のボタン “ ポチッ ” が更新への活力になります &nbs [続きを読む]
  • “ 初、遭遇 ・・・! ” 【第85回 磐越西線遠征 その7】
  • 明けて翌日曜日は珍しい列車が磐越西線 に入線してくるとの情報が入りました 山の中や田畑の風景ですと磐越西線での走行かどうかが分からず、どこで撮っても同じに見えてしまうので、磐越西線のランドマーク的な風景の中でシュートしたかったのですが、この時期の夜明けは遅く、かつ霧が深い朝でしたのでシュートポイントに苦労しました 当初予定していたポイントでのシュートが叶いそうもなくなったので、 [続きを読む]
  • “ 花火とのコラボ ・・・! ” 【第85回 磐越西線遠征 その6】
  • 此処は駅停車中の模様と、発車後のポイントの2回シュートが出来ます SLは電車や気動車と違い、車両自体が光を放たない車両なので、夜間撮影において線路端に光源がない場合、列車の存在感を出すのに苦労します 牽引する客車は車内灯がありますが、あまり長いSSですと列車なのか車なのかが分かりづらくなってしまいます かと言って早いSSだと花火の光軸が表現出来なくなってしまうので、塩 [続きを読む]
  • “ おもてなし ・・・! ” 【第85回 磐越西線遠征 その5】
  • クリトレと言えば、各駅で地元の方々によるおもてなしが行われていますが、イルミネーションや花火まで用意しているのは、この駅のみ イルミネーションを入れての接近戦は過去に収めておりましたし、今年のHMは最近流行りのシール式、しかも以前はあったイルミネーションも無く、夜間に撮っても意味がないので、今年は花火にフォーカスしてみました いつもご訪問いただき有難うございます &nb [続きを読む]
  • “ 激パを避けて ・・・! ” 【第85回 磐越西線遠征 その4】
  • 交通量が多いのを承知の上で、撮影地を絞りましたが、メジャーなポイントは予想以上の人出です 非電化区間最後のポイントになる山都〜喜多方間は、それまで分散されていた同業者が集結することになり、激パは容易に想像出来たので、その前のポイントでシュートしました いつもご訪問いただき有難うございます 皆様の応援と下のボタン “ ポチッ ” が更新への活力になります 煙がこ [続きを読む]