年金カウンセラー さん プロフィール

  •  
年金カウンセラーさん: みんなの年金 ここだけ、公的年金と企業年金の総合
ハンドル名年金カウンセラー さん
ブログタイトルみんなの年金 ここだけ、公的年金と企業年金の総合
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hitosamano
サイト紹介文年金E−BOOK16冊。iDeCo、401k、厚生年金基金、厚生年金等の年金カウンセリング。
自由文年金履歴書の用紙・勝手格付け・iDeCo確定拠出年金のはじめのはじまり・iDeCo確定拠出年金入門・誰も知らない厚生年金基金・401(K)の百聞は一見に如かず…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/04/12 14:01

年金カウンセラー さんのブログ記事

  • eBook「iDeCoで日本経済改造 ズバリROE投資!」
  • 先に「な、なんだ、こりゃあ!」 として投稿した記事をベースにeBookをつくりました。な、なんだ、こりゃあ!何なの?どういうこと投資?ROEってパラダイム・シフト2017年1月から自分でつくる年金観念論または理想論運用Not、投資Yes私の社会貢献iDeCoの秘めた機能 あらまし 筆者は厚生年金基金資産運用経験の末にiDeCoに巡り合い、これまでのいろんな経験の輻湊・薫重から帰納的にひとつのひらめきを得ました。それ [続きを読む]
  • iDeCoで日本経済改造 ズバリROE投資!
  • 2017.02.19年金カウンセラー 高野義博筆者は、以下のようなエピソ−ドから、帰納的にある結論に至りました。●厚生年金基金事務所での、ど素人運用経験25年。●1991年、英国資産運用機関訪問時に「英国は200年の運用経験有り」という話。●1999年、米国Hewlett‐Packard Company(HP)で、5万ドル(120円で円換算すると、600万円)で、充分豊かな生活が出来ています。税金・公共料金・土地の価格・物価等々の [続きを読む]
  • 厚生年金基金アーカイブ ―年金カウンセラー
  •  筆者は厚生年金基金事務所での25年に及ぶ下記のような実務経験●事務所の人的物的体制構築●規約規定の整備●基金業務の機械化●加入員の年金計算年金振込み●基金財政の検証●基金の予算決算●ライフプランセミナー開催●OB会運営●年金給付改善●資産運用体制構築●海外年金調査研究等をさせていただき、それがそのままライフワークとなりました。また、企業年金連合会の「受託者責任研究会」のワ−キンググル−プに参加 [続きを読む]
  • iDeCoに引き継がれる厚生年金基金の資産運用トライアル!
  • 2017.01.27年金カウンセラ− 高野 義博1.日本の資産運用土壌 ●製造業の土壌   日本は製造業の稼ぎで復興を遂げました。金融面(資産運用)はむしろ邪道扱いでした。 ●垂直統合型の経営方策   多くの製造業は垂直統合型の経営方策でコスト意識を犠牲にしてきました。水平分業型の利益追求は二の次でした。 ●労働者の低賃金化   経営者のコスト意識は労働者の低賃金化によって代替されていました。 ●ROE意識欠如 [続きを読む]
  • iDeCoで、だまされない!
  • iDeCoで、だまされない!2019.01.07年金カウンセラー高野 義博1.iDeCoがはじまった!ご参考:iDeCoのご案内   イデコガイド 2.iDeCoの背景 ? iDeCoの意味● 個人型確定拠出年金 (英語表記=individual-type Defined contribution pension plan)    (i= Individual=個→個人型)    (De= Defined=定義された・限定した)    (Co=Contribution=出資・寄付・義捐・寄付金・分担)● 401kとは、197 [続きを読む]
  • 「Q&A確定拠出年金入門」 表紙を変えました!
  • 荒波に逞しくなります・・・Q&Aで「もらうもの」だった年金が「かちとるもの」に変わっている事態を明らかにしつつ、多様な働き方の時代にフィットした「かちとる」年金の確定拠出年金をご案内します。この入門で、非正規社員等のみなさんの年金のあらましが分かります。さあ、お出かけください。逆境の人優遇されます。[目次]プロ野球選手よ!あらまし目次はじめに序章 暖簾分け第一章 「もらうもの」になっ [続きを読む]
  • 年金e-Bookのご案内 15冊あります!  年金カウンセラー
  • 「厚生年金基金アーカイブ」の電子書籍出所・http://goo.gl/UHgQJD 年金でお悩みの方、あなたの問いの答は下記15冊に必ず見つかります。 公的年金と私的年金の総合年金カウンセリングを行っているのはここだけです。1.年金シリーズ?検定:年金入門 どなたも先ずは腕試し! (表紙を )?年金記録問題解決! 年金履歴書  奥義の伝授しましょう・・・?知らないじゃ、すまないでしょ! 事例で学ぶ年 [続きを読む]
  • 事例で学ぶ年金 5.年金生活 (2)
  • 2005.12.13.★年金カウンセリング → これが年金の現実!Q 厚生年金242ヶ月加入で年金を受けていますが、妻が65歳になり、加給年金がなくなりました。自分の年金は、2ヶ月で18万円になり、月9万円では夫婦二人で食えないので、どうしたらよいか?--------------------------------------------------------------------------------A さて、年金は今後増額ということは考えにくいので、奥さんの年金を [続きを読む]
  • 事例で学ぶ年金 5.年金生活 (1)
  • 2005.08.27.★年金カウンセリング → 年金返したくない!Q 社会保険庁から、厚生年金基金加入中の標準報酬月額が相違していて、年金を過払いしていたので返金してほしいと言ってきた。自分としては、自分のミスではないので返したくないが……--------------------------------------------------------------------------------A 厚生年金基金の代行返上や基金解散に伴い、基金事務所は全加入員の全標準報酬月 [続きを読む]
  • 事例で学ぶ年金 4.年金の請求 (2)
  • 2006.11.21.★年金カウンセリング → 60歳で年金請求!Q 厚生年金加入23年程になる62歳女性ですが、年金請求書はまだ提出していません。何か、支障がありますか?---------------------------------------------------------------------A こういうご質問というか、心配事のポピュラーな事例は、夫に加給年金がついたまま、それを受けていていいのだろうかという、かすかな不安に押されて奥さんがお尋ね [続きを読む]
  • 事例で学ぶ年金 4.年金の請求 (1)
  • 2005.08.29.★年金カウンセリング → はやく年金がほしい!Q 60歳になったので、先月、年金請求書を社会保険事務所に提出したが、何も言ってこない。金が無くて困っているので、はやく年金がほしい!--------------------------------------------------------------------------------A 年金請求書提出から、ご自分の指定口座に年金が振り込まれるのには、おおよそ3ヶ月くらいかかっているようです。年金 [続きを読む]
  • 事例で学ぶ年金 3.年金の仕組み (4)
  • 2006.12.23.★年金カウンセリング → 日米での二重加入?Q これからアメリカに行って、向こうで働くのですが、年金はどうしたらいいんでしょう?---------------------------------------------------------------------A 5年を越える場合は、アメリカの年金制度に加入し、5年以内でしたら、日本の年金制度のみに加入します。つまり、日米での二重加入は平成17年10月以降、日米年金通算協定によりしない [続きを読む]
  • 事例で学ぶ年金 3.年金の仕組み (3)
  • 2005.12.11.★年金カウンセリング → 60歳以降働くとQ 60歳以降も続けて厚生年金加入で働くのですが、年金はどうなりますかねぇ。--------------------------------------------------------------------------------A 60歳以降、社会保険適用で働けば、厚生年金は在職老齢年金ということになります。パートタイマーとかの社会保険適用がなければ、年金はその時点の100%を受けられます。平成17年 [続きを読む]
  • 事例で学ぶ年金 3.年金の仕組み (2)
  • 2005.10.19.★年金カウンセリング → 60歳後勤務の年金が減った!Q 64歳で会社を辞めたのだが、年金が減ってしまった。どうして?--------------------------------------------------------------------------------A 減額になる理由は幾つか考えられますが、一般的な事例として多いのは、最終の会社に厚生年金基金があった場合です。この場合、報酬比例分は代行で基金から支払われる仕組みになっていま [続きを読む]