メイン北最上段 さん プロフィール

  •  
メイン北最上段さん: With my Montedio
ハンドル名メイン北最上段 さん
ブログタイトルWith my Montedio
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mainkitaue
サイト紹介文モンテディオ山形の応援、観戦記を中心としたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2012/04/12 16:03

メイン北最上段 さんのブログ記事

  • 第15節アウェイ湘南戦予習
  • 3連戦を2勝1敗。ホームは負けなしで切り抜け、上々の出来ですね。昇格レースにも何とかついていけそうです。昇格といえば、次の湘南戦はそれを占うための目安にもなる試合です。けが人もまだ戻ってきていませんが、今の状態で、どれだけ戦えるかとても興味あるところです。その戦いぶりが期待されますが、今季の湘南、どんな感じなのか探ってみます。1.今季の新体制とスタイル今季スローガンは共走(共に走る、競争、今日走) [続きを読む]
  • 写真で振り返るホーム山口戦
  • 昨日の喜びがまだ持続していて、時々無意識に笑顔になったり、笑って見たりしてしまいます。その喜びに浸りながら、昨日の写真をアップしてみます。真夏のようないいお天気。30度前後あったのか。さて今日はどんな戦いが待っているのか?久しぶりにここのスペアリブと思いましたが、並んでいるうちに暑くなってきて・・・・コチラに移動。冷たいゲソ天そばに変更。スペアリブは次回にしますネ。七味かけ過ぎ?  辛いのが好きな [続きを読む]
  • ホーム山口戦は3−2で勝利!
  • 今日勝って2連勝!順位がどれだけ上がっているかわかりませんが、昇格争いにまだ参加できますね。2失点しましたが3点取っての勝利。勝ってよかったですね。山口は90分を通しての戦い方のプランがあったようです。前半の戦い方を見ると、山口は中3日で、アウェイ戦の連戦。最終ラインで細かくパスを繋ぎ、ことばは悪いですが、時間稼ぎで過ごした模様。山口は前節の試合を見ても、こんな感じではないはず。モンテは阪野選手の [続きを読む]
  • ホーム山口戦予想スタメン
  • 『前半戦の行方占う一戦』今日の山新モンテ記事の見出しです。山口はJ2に昇格して2季目。昨季同様ショートパス主体で、4−4−2.DF渡辺広大、MF佐藤健太郎が在籍。今季は20位に低迷し、最近は1分け4敗。総得点は山形と同じ11で、総失点は山形の12に対し20.ただ木山監督は「油断できる相手などいない。山口は是が非でも勝ち点3を取りに来る」山形はセットプレー含む守備に安定感。短く繋ぐ山口に対し、陣形を [続きを読む]
  • 明日ホーム山口戦のスタメンは?
  • 今回の3連戦、金沢戦は残念でしたが、ホームでの松本戦は勝てて、次の山口戦も勝てれば状況もかなり良くなってきます。ホームのチカラを借りながら、2連勝と行きたいところです。そのためにはサポーターも出来るだけスタジアムに駆けつけたいですね。予想スタメンですが、エルゴラでは、松本戦で右WBだった荒堀選手のところに山田選手。左WBに瀬川選手が入っています。前節、瀬川選手は右もやっていて、なかなか良かった気も [続きを読む]
  • 今日のブルイズモンテディオ
  • 最近は忘れることが多くて嫌になりますが、今日は忘れずにブルイズモンテディオ見ることが出来ました。今日は瀬沼選手へのインタビューでした。強いチームとは、勝ちパターンを持っているチームだったかな?荒堀選手が入ってやりやすくなった(?)ボケっとしているチーム? 面白い表現ですね。この後、松本戦の得点シーンが流れました。瀬沼選手のまじめさ、人柄の良さが出たインタビューでした。木山監督のインタビューと言い、 [続きを読む]
  • 第15節ホーム山口戦予習  
  • 松本戦を勝利し、次は山口戦。山口は、前節群馬戦後、中3日のために山口に戻らず、山形に参上するかもしれません。山形は、前節に続きホーム2連戦。このアドバンテージを生かし、ぜひ勝たなくてはいけない。2連勝し、勢いをつけたいですね。今季の山口について調べてみます。1.今季の新体制とスタイル今季もカウンターサッカーや外国人選手の積極活用はせず、J1定着を見据えて、人とボールが動くサッカーの成熟を目標。今季 [続きを読む]
  • 芸工大グラフィックデザイン学科作品展
  • 今日授業で芸工大にいたついでに、グラフィックデザイン学科の展示会を見てきました。今日が初日のようです。会場は本館のエレベータ―で上がって7階。これは缶のデザインかな?アロマのパッケージのようです。パンフレットの表紙?触れたくなる気持ちのいい形を追求。 やはり曲線が多いですね。ここから月山が見えました。高台にもあり眺めがいいですね。どこかのテレビクルーが、製作者の学生さんにィンタビュ―していました。 [続きを読む]
  • 写真で振り返るホーム松本山雅戦
  • 松本山雅戦、今季久しぶりの勝利でした。 松本さんからも久しぶりの勝利ですね。今までなかなか勝ち切れなかっただけに今回の勝ちはうれしさもひとしおですね。もう一度写真で振り返ってみます。スタジアムに着いたのは、試合開始前30分ぐらいだったか。なぜ遅くなったのかは恥ずかしくて言えない部分もあります。今日は風もなく、ウエルカムゲートもありました。遅くなりましたが、一応出店のようすも写真に納めておかないと。 [続きを読む]
  • ホーム松本山雅戦は1−0の完封勝利!
  • 久しぶりの勝利。やはりいいもんですね。今日スタジアムに来た5000人余りがモンテサポーターのコアの部分なんでしょうね。お陰様で勝利の美酒に酔うことが出来ました。中3日の試合で、最初は両チームともやや体が重いかな、という感じがしましたが、前半は失点をしないことを第一に戦ったのかもしれません。きょうのモンテは、とにかく現実的に勝つことを第一義に戦った気がします。ボールを奪ったらとにかく前線にボールを出 [続きを読む]
  • ホーム松本山雅戦予想スタメン
  • 『強敵相手 辛抱強く戦う』今日の山新モンテ記事の見出しです。松本は3−4−3の陣形。1トップの高崎をターゲットに、こぼれ球を周囲の選手が狙う。宮阪のキックは、セットプレーで脅威。昨季ホームでも宮阪のCKで失点。木山監督は松本の守りの堅さ、ハードワークに「隙が無い。自分たちが守備で集中切らさないこと」菅沼は高崎との競り合い想定し「高さだけでなく、うまさもありやりにくい」山形は金沢戦の反省踏まえ、シン [続きを読む]
  • モンテ『けが人続出 総力戦の様相』
  •  『けが人続出 総力戦の様相』今日の山新モンテ記事の見出しです。松本戦は現時点でプレー可能なフィールドプレーヤー全員がベンチ入りの可能性も0ではない。木山監督は「理屈や戦術だけでなく、根性が必要。相当しんどいが、今はいるメンバーで粘る時」15日の練習で中山の姿はなく、阪野は試合形式練習回避。フィールドプレーヤー16人にGK、練習生、コーチで何とか11対11に。高木は「誰が出ても自分たちのサッカーを [続きを読む]
  • 芸工大の小展示
  • 昨日芸工大に行った時に見かけた小展示。この場所でいろんな展示が結構頻繁に行われています。学生さんの日ごろの活動が見えてきます。昨日のはツリーハウスですね。学生さんたちが展示中でした。実際に作ったハウスのミニモデルの展示かな?小さい頃木に登ったりして遊び、木の股のところに腰かけたりしたものですが、こんなのが作れたら楽しかったでしょうね。自分も高校時代、建築デザインの仕事がしたいと思ったこともあり、そ [続きを読む]
  • 第14節ホーム松本山雅戦予習
  •  前節の金沢戦は、期待していただけに残念な結果でした。この辺りで勝っておかないとちょっとまずい状況になりそうです。何がもとで勝ち切れないのか。どこが原因なのか。いい形で攻撃しても、最後のラストパスとシュートの部分なのか。そこをもう少し詰めて熟練する必要があるのか。あるいはもっと点を取りやすい形の攻撃を主体にするのか。つい気持ちもぐらついてしまいますが、J1定着が目標ならば、やはりレベルの高いところ [続きを読む]
  • 芸工大聴講生日記その4
  • 今日は金曜日の2限目に取っている,『地域社会と環境』について。この科目は、『東北を中心に暮らしと地域のエコロジカルな結びつきを発見し、人間と自然との新たな関係を創造すること』が目標とあります。毎回東北や山形のそんな活動が紹介されます。今日は、5月12日の授業の中から、特にそんな活動についてまとめてみます。①『フェアトレード』開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指する「貿易のしくみ」適正な [続きを読む]
  • アウェイ金沢戦は1−1のドロー
  • 名古屋戦0−0は次に期待が持てたドローでしたが、今日はどちらかというと残念なドロー。90分通しての戦い方に差があった気もします。前半はモンテペース。荒堀選手も前へ前への意識が強く、中山選手は前節に続いて、いい感じ。キープ力があって、前線でおさまり、パスがつながってのいいヘディングシュートもありました。後ろに戻って相手DFを避けるあたり、なかなかうまいですね。後ろに降りて来て守備にも貢献。瀬沼選手は [続きを読む]
  • アウェイ金沢戦予想スタメン
  •  『求められる勝ち点3』今日の山新モンテ記事の見出しです。金沢は19位。FW山崎やDF策だが前節先発し、5試合ぶりの勝利。秋葉はまだ今季出場なし。4−4−2.山形は本田が出場停止で、先発予想の松岡は「ハードワークし、あたりが強い」荒堀は「シンプルにロングボールを放り込み、サイドバックもよく上がる」セカンドボールへの反応やカウンターへの備えを徹底したい。攻撃では相手の激しい寄せを逆手に取るようなワン [続きを読む]
  • 明日金沢戦のスタメンは?
  • 明日はアウェイの金沢戦があり,スタメンが気になります。エルゴラでは前節名古屋戦とほぼ同じですが、本田選手が出場停止なので、代わりに松岡選手がそこに入っています。名古屋戦の出来が良かったので、ほかはあえて変える必要もないでしょう。金沢戦では、名古屋戦の勢いを持続させながら、さらに精度を上げ、ゴールを奪いたいですね。金沢は、しっかり守備をしてくるので、そこをどうこじ開けるか、チャレンジにもなりますね。 [続きを読む]
  • 芸工大聴講生日記その3
  • 今日は金曜日の3限で取っている「写真史」について復習を兼ねながらまとめてみました。(連休前4月28日分)先生は仙台の学芸員の方。映像学科の学生はじめ、希望者が多くて抽選になった科目。この日は次の5人の写真家を紹介。①ロベール・ドアノー(仏)この「パリ市庁舎前のキス」で一躍有名に。この写真を学生に見せ、タイトルをつけさせた。自分は、なぜかしばし別れることになる恋人同士に見えたので、「別離」とつけた。 [続きを読む]
  • 山形の薬師祭植木市
  • 去年もブログにアップしましたが、薬師祭植木市を今年も見てきました。江戸時代から400年以上続いているんですね。最上義光公が大火で失われた城下に緑を取り戻そうと始まったとか。3日間の今日は最終日ですね。今日旧県庁脇の駐車場に車を止めて、新築西通りに出ました。コチラに行くと植木市になりますね。お店のおばさんが「きれいに撮ってください。」といったのでおばさんにカメラを向けたらちょっとうろたえていました。 [続きを読む]
  • 第13節アウェイ金沢戦予習
  • 前節の名古屋戦で、どう戦うかある程度の目安が見えた気がします。相手のあることで、いつもうまく行くとは限りませんが、暗闇のトンネルの中から光が見えたよう。金沢戦で結果が伴えば、次回から自信をもって戦えそうです。次の相手ツエーゲン金沢について調べてみます。1.今季の新体制とスタイル  新監督に経験豊富な柳下氏を招聘。  「自分たちからアクション起こしボール奪いゴール目指す。  そこには見て楽しい、また [続きを読む]
  • 4月に読んだ本のまとめ
  • 『茶の本』(著:岡倉天心)原題は「The Book Of Tea」。明治九年に、岡倉天心が外国人に向けて日本文化を紹介するために英語で書いたもの。ニューヨークで出版されるや、世界的なベストセラーにもなった。西洋を深く知りその対極にある東洋や日本の素晴らしさに気づく。その象徴として見たのが茶の世界。それをわかりやすく翻訳した本。訳者のあとがきには、「自然の破壊者でなく、自然と一体になろうとするやさしいこころ。競い [続きを読む]
  • 写真で振り返るホーム名古屋戦
  • DAZNで名古屋戦見てみました。現場で見えなかったこともはっきりしますね。一番確かめられたのは、荒堀選手の活躍。今まであまり姿を見ていなかったので、右サイドだけでなく、他でもよく動いている選手が誰なのか確かめられませんでした。素晴らしい活躍なんでしたね。あと中山選手は、大黒選手のようにゴール前で仕事をするというようなイメージをもっていましたが、それだけでなく、その体の強さを生かして、前線でボールが [続きを読む]
  • ホーム名古屋戦予想スタメン
  • 『難敵、隙見せず辛抱強く』今日の山新モンテ記事の見出しです。名古屋は元日本代表GK楢崎、FW玉田らタレントぞろい。199cmFWシモビッチら外国人選手も強力。3バック中心に4バックも採用。短いパスでボールを動かし、鋭くピッチ中央を突いてくる。群馬戦では後半だけで4得点と、試合中の修正力もある。児玉は「みんな点を取る力がある」木山監督は「下がってサッカーをするつもりはない。ただ相手の力量が高いので、しっかり [続きを読む]