管理人のパパ さん プロフィール

  •  
管理人のパパさん: PL青空支所
ハンドル名管理人のパパ さん
ブログタイトルPL青空支所
ブログURLhttp://perfectl.blog.fc2.com/
サイト紹介文PL青空支所のブログです。 パーフェクトリバティー教団の会員の情報交換にお役立て下さい。
自由文宗教団体は地域社会に貢献するものであって頂きたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2012/04/12 20:55

管理人のパパ さんのブログ記事

  • 早期発見、リンパ球に注目した治療を!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ガン検診は、不必要な人にまでとんでもないストレスを与えてしまうという意味で、確かに矛盾を抱えています。しかし、ガンはやはり、早く見つけて治療した方がいいのは事実です。ガンの進行と共に顆粒球増多・リンパ球減少のパターンは強くなって、 [続きを読む]
  • ガン検診のパラドックス!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ガンを早期に見つけるという目的から見れば、ガン検診は悪いものではありません。しかし、現在、これほどガンという病気が恐れられている状態では、私はガン検診を受けることで被るデメリットも非常に大きいと考えています。私はガン検診の一番の問 [続きを読む]
  • ガン細胞は、決して強い細胞ではない!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ガン細胞と聞くと、一般の人は、とてつもなく強い細胞で、発現したらめったなことで消えないのではないか、という印象を持っているようです。しかし、ガン細胞は決して生命力の強い細胞ではありません。例えば、ネズミを使った研究を行う場合、ネズ [続きを読む]
  • 発ガンの本当のメカニズム2
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『今までずっと、ガンの原因というのはほとんど分からないと言われていました。体質的に遺伝子異常が背景にあるのではないかとか、あるいは発ガン物質が外から長年にわたって刺激を与えているのが原因だろうと考えられていました。しかし、そのどちら [続きを読む]
  • 発ガンの本当のメカニズム!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『交感神経緊張状態が、なぜ発ガンにつながるのでしょうか?ここで発ガンのメカニズムをきちんと理解しておきましょう。交感神経は、ほどよく刺激された時には脈が速くなり、血流が増えて血行がよくなります。しかし、さらに交感神経緊張が進むと、血 [続きを読む]
  • 心の問題が大変重要!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『医学研究においても医療の現場においても、もっと重視されなければいけない要素として、心の問題があると思います。患者さんが病気にかかるプロセスにも、あるいは医師が治療をするプロセスにも、心の問題が最終的には非常に大きな比重を占めている [続きを読む]
  • 知識ではなく知恵のある医療を目指せ!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『今の医療の現場では、薬万能主義になってしまっていて、お腹が痛い、頭が痛いと言えば痛み止め、ガンになったら抗ガン剤、とすぐに薬に頼ってしまいます。最近、たくさんの人がガンには免疫が大切だと言っています。ところが、そういう人も実際にガ [続きを読む]
  • 自律神経は全ての細胞を統合する!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『自律神経は身体の細胞全体を統合しています。人間も含めて生き物は全て、単細胞生物から進化しましたが、元々細胞というのは1つで全ての機能を果たしていました。物を捕食し、消化し、エネルギーを取り出し、排泄し、異物を処理する、これらの活動 [続きを読む]
  • クーラーと冷蔵庫が病気を増やした!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『実際、生活を心地良くしてくれたはずの現代文明の利便性が、病気を深刻にしていたのです。冷蔵庫の普及と冷房の普及は、生活を快適にする一方で、病気を増やす大きな原因にもなってきました。人間は恒温動物で、体内温度としては、常に37〜8度の [続きを読む]
  • 食と呼吸こそ生命エネルギーの源だ!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『実際のところ、今まで、身体のエネルギーの問題は医療できちんと扱われていません。人間の身体はどのようにしてエネルギーを得ているのかというと、ものを食べて、それを呼吸で得た酸素で燃焼させるという形で得ています。最近、様々な分野の人達が [続きを読む]
  • 全ての生体活動に関わる自律神経に注目!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『自律神経のシステムも同じように、非常に重要です。自律神経とは、交感神経と副交感神経が織りなすシステムで、エネルギーのシステムと密接に関わっているシステムです。交感神経は身体の興奮を司(つかさど)り、副交感神経は身体をリラックスさせ [続きを読む]
  • 生命を育み体調を整える3つの体内システム!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『近年、統合医療、統合医学、あるいは全体医学と呼ばれる、身体全体を捉える医学が大切だという声が大きくなってきています。そこには、現代医療への反省があるように思えます。それでは、真に患者のためになり、医師が自信を持って取り組める全人的 [続きを読む]
  • 現代医療がガンの痛みをもたらしている!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『多くの人がガンを怖い病気だと思っている理由の1つに、ガン患者の壮絶な苦しみ、痛みのイメージがあります。何時間にも及ぶ大手術を受け、疲弊し、すっかり体力を落としてしまう患者の姿。抗ガン剤治療や放射線治療の副作用でやつれ、髪が抜け落ち [続きを読む]
  • 免疫力を上げるとどうしてガンが治るのか!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『私達の仲間の医師達も含めて、今、免疫を上げるために代替医療や補完医療に積極的に取り組もうとしている医師が増えています。それらのメカニズムは免疫学という科学によって裏付けられます。そのことを、この本ではきちんと説明して行きます。代替 [続きを読む]
  • 三大療法でガンは治らない2
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『放射線治療は、ガン組織のみにピンポイント的に放射線を当てるので身体に負担がないのでは、と考える人もいるかもしれません。ところが実際には、どんなに範囲を絞って照射しても、全身で免疫抑制が起こります。というのも、私達の身体というのは、 [続きを読む]
  • 三大療法でガンは治らない!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ガンという病気が免疫抑制で起こっているということを捉えると、現在盛んに行われているガンの治療法に対しても疑問がわいてきます。所謂三大療法、即ち、手術、抗ガン剤(化学)治療、放射線治療への疑問です。今の一般的な考え方では、ガンはまず [続きを読む]
  • ガン治療中の注意!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ガンを治すための4カ条を患者に実践するよう指導している仲間の医師達の経験談を紹介します。この話は、仲間の医師らとの研究会でよく出た話です。いずれの先生も、副交感神経刺激法として「自律神経免疫療法」を取り入れています。まず第一に言え [続きを読む]
  • 老人のガンこそ、ゆっくりと治そう!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ガンの特徴として昔からよく知られていることですが、老人のガンは大変進行が遅いものです。ガンの種類を問わず、白血病でも進行がゆっくりです。ガンが発見されても、慢性的な経過をとる病状が多く、特に治療もしないまま、ガンを持ったままで天寿 [続きを読む]
  • 転移はガンが治るサイン!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『前に述べた「ガンを治す究極の4カ条」は、ガンが転移した後でも行う価値があります。そもそも「転移=ガンの悪化」という今の捉え方を見直さなければいけません。転移が起こるということは、ガンが治るサインなのです。ですから、転移が起こった時 [続きを読む]
  • 熱や痛みの後でガンの自然退縮が起こる2
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『実は、この治癒反応は昔から、傍腫瘍症候群(パラネオプラスティック・シンドローム)という名前で、ガン患者の治癒過程で必ず起こる反応として知られていました。ところが、忘れ去られてしまったのです。戦後、抗ガン剤を使うようになって以来、こ [続きを読む]
  • 熱や痛みの後でガンの自然退縮が起こる!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ガンを治す4カ条を実践すると、ガンの増殖が止まります。そして、リンパ球がある程度増えると、ガンの自然退縮が始まります。この治癒の現象が、日常茶飯事のごとく起こるのを私達の仲間の臨床医達は目のあたりにしてきました。同時に、副交感神経 [続きを読む]
  • 放射線治療について!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『放射線治療も、免疫抑制を引き起こします。例えば肺ガンや、食道ガンだったら、それぞれ肺、食道のガン組織ができている場所に放射線をかけます。最近では、大変な精度で、ガン組織がある所だけに正確に放射線を当てていると言います。ところが、限 [続きを読む]
  • なぜ抗ガン剤はガンを治さないのか!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『それでも「抗ガン剤を使うとガンが小さくなるのだからいいことじゃないか」と思う人もいるかもしれません。確かに、抗ガン剤を使うとガンは小さくなります。しかし、抗ガン剤を使うとどうしてガンが小さくなっているのか、そのメカニズムを考えてみ [続きを読む]
  • ガンの3大療法の是非を考える2
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ガンの3大療法の2番目「抗ガン剤について」抗ガン剤治療は、現在大変広く行われています。抗ガン剤というのは、白血病の治療に使われたら、白血病細胞の感受性が高く、よく効いたのです。それで、この白血病の治療でのいいイメージがすっかり拡大 [続きを読む]
  • ガンの3大療法の是非を考える!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『次に、ガンを治す究極の4カ条のうちの第3条の「免疫を抑制するような治療を受けない。あるいは、受けている場合はやめる」について、詳しく述べたいと思います。ガンの3大療法と呼ばれているもの、即ち「手術」「抗ガン剤治療」「放射線治療」の [続きを読む]