ハク さん プロフィール

  •  
ハクさん: 新ねこバス新聞 社説
ハンドル名ハク さん
ブログタイトル新ねこバス新聞 社説
ブログURLhttp://hakutsuru.air-nifty.com/blog/
サイト紹介文ハクと一緒に雑学・豆知識あれこれ+シンガポールについて、一緒に勉強しましょう♪
自由文「新ねこバス新聞 社説」ではシンガポールなど旅行、教育、躁うつ病等メンタル疾患、恋愛、離婚、パワハラ、モラハラ、いじめ…何でも書きます!

日々疑問に感じていることは随時アップします。

いじめやパワハラ、モラハラなどの人権問題はバッサリ斬ります!

あと、旅行や趣味、日々の出来事についての話なども書きます。

(ねこバス新聞 社説)
http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2012/04/14 21:16

ハク さんのブログ記事

  • NO.1381 ブラック企業ビジネス
  • ブラック企業社会は、それ単独として機能するのでなく、学生を企業へ供給する大学、ブラック企業から暴利をむさぼる弁護士、社労士、せっかく入社した会社を辞めるなと我が子に迫る親、などが複雑に絡んでいる、本当にろくでもない社会だ。偏差値の低い大学などは、就職実績を上げるためにブラック企業と手を組み、大量の学生を送り込むという話には呆れて物も言えない。。。学生や親も、就活にあたっての企業研究では、その企業が [続きを読む]
  • NO.1380 世論調査
  • 以前、テレビの視聴率についての記事をアップした。NO.160 視聴率http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2012/03/post-dadf.html NO.1026 アテにならない「視聴率」http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2015/03/post-3d3d.html今回は、テレビや新聞での「世論調査」だ。この数値が、同じようなサンプルを対象にしながらも、各社まちまちの数字が出ることが間々ある。そのあたりの仕組みを、この本は解説している。 [続きを読む]
  • NO.1379 受けた相談事を断る勿れ
  • 私は話し上手、聴き上手のどちらかと問われれば、聴き上手だと答える。ところが、世の中には「友人などから相談事、悩み事を打ち明けられるのが苦手」という人は多い。それは、打ち明けられた悩み事に無理やり解決策を考えよう、伝えようとするからではないのか。 そして、その解決策に「自身も責任を負わされるのが怖い」からではないだろうか? ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。 悩み事は、結局 [続きを読む]
  • NO.1378 老人地獄 〜お先真っ暗
  • 1年ほど寝かしてから読んだ本です。本の内容は明かさないけど、なんかもうお先真っ暗という感じ。若いころから、貯蓄や投資でお金を作るだけでなく、結婚などの人生設計もしておかないと、特にこれからの若者は酷い目に遭いそうです。私は・・・もう手遅れかな。。。●ルポ 老人地獄(朝日新聞経済部 著:文春新書) 780円+税にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • NO.1376 親孝行
  • 私には、充分にできないことがたくさんある。そのひとつが「親孝行」だ。それでも、食事を共にしたり、同じテレビ番組を見たりして、なるべく時間を両親と共有するようにしている。特に日曜日のテレビは、ニュース番組以外に「NHKのど自慢」「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」を一緒に楽しんでいる。いつまでも両親が元気でいると思ったら大間違いだ。病気になるかもしれないし、ある日突然ポックリ逝ってしまうかもしれないし。 [続きを読む]
  • NO.1375 子供の貧困が日本を滅ぼす
  • 私は、限りある予算を高齢者と子供と両方に等分にかけられないのであれば、子供への投資を優先するべきだと以前から申してきた。暴論かもしれないけど、高齢者への投資は、リターンがない。反対に、子供への投資は、将来子供が大人になり納税者になることで、税金という形で国に返ってくる。そんなことを考えながら、この本を読んでみた。この本は「日本財団 子どもの貧困対策チーム」の3人の著者による共著で、うち2人は30代 [続きを読む]
  • NO.1374 児童相談所が子供を殺す
  • 元東京都職員、 「女性の生き方アドバイザー」「家族問題カウンセラー」 が著した本を披露する。 著者が都内の児童相談所で、心理の専門家として19年勤務したキャリアをもとに書かれている。 本のタイトル・・・強烈だけれども、読み進めていくうちに、言い得て妙だと感心しきりの私であった。。。 子を持つ親、そして同業者にはぜひ勧めたい一冊である。 ●告発 児童相談所が子供を殺す( [続きを読む]
  • NO.1373 地下街の理髪店 
  • 私が大学を出て、博多駅前の会社で働いていたことはこのブログで何度も書いている。その仕事場の昼休みは、ちょうど1時間あった。 時には散髪するために、博多駅の地下街にある理髪店で、昼食を抜き昼休み目いっぱいの時間を使い散髪することもあった。 おなかは空くけど、残業前に多めに食べればいいやと(笑) ところで、その理髪店の名は、確か「理容ロビン」だったと思う。 理容師さんは特に指名制ではなか [続きを読む]
  • NO.1372 日本会議
  • 「日本会議の研究」 左右上下のバランスを取るには、このような本も読まねばならない。 左右に偏向した本ばかり読んで満足する人に、なってはいけない。 日本会議・・・その正体を知らない人も多いのでは? この本は、日本会議について客観的に書かれている。 そもそも日本会議とは何ぞや?と興味を持っている人に勧めたい。 ところでこの本は去年の6月に買った、比較的新しい積読本(=未読本)だ [続きを読む]
  • NO.1371 無鹿
  • この本は、芥川賞作家で切支丹小説家、遠藤周作の没後に刊行された小説本で、長らく積読本と化していたものだ。文庫の紙が、茶色に変色しかかっている(;´・ω・)「無鹿」には、表題作含む短編が4編、収められている。それにしても、1996年の秋に遠藤さんが没してから、早や20年以上とは。。。例のごとく内容は明かさない。ただ、2000年に刊行された文庫本で、当然絶版だろうから本屋さんでは入手できないだろうし、多く [続きを読む]
  • NO.1370 トイレでハンカチは不要か?
  • 公衆トイレの洗面所には、手洗い後に使用する滅菌乾燥機?が設置されているところも多いよね。 ところが私は、この「乾燥機から漂う臭気」が大の苦手で、専らハンカチを使用している。 もし、洗面台などに手洗い用除菌アルコールスプレーが置かれていたら、ハンカチで手を拭いた後にそれを使用して手の消毒に努めている。 そもそも、この乾燥機。 乾燥機能はともかく、滅菌機能はあるのだろうか? [続きを読む]
  • NO.1369 電卓
  • 四則演算を身につけた、小学校高学年の児童が電卓を使うことは、果たして悪いことなのだろうか?私は、小学2年生の頃から、算数の宿題で電卓を使用していた。決して、手計算ができなかったからではない。このほうが、効率的だからだ。家庭学習の時間を節約できる。学力が身に付かないから電卓に頼らずに手計算で解きなさい!なんて、根拠のない単なる精神論だと思う。この私の考え方のほうが、ひょっとしておかしいのだろうか?に [続きを読む]
  • NO.1368 もうすぐ片づけです
  • 3年あまり前にアップしたブログ記事↓ ■NO.609 石油ストーブとの再会 http://hakutsuru.air-nifty.com/blog/2013/10/post-4fc2.html 災害時にも使える暖房器具として買った石油ストーブは、エアコンよりも光熱費が安く部屋が暖まりやすい、電気は不要、そして火力は弱いものの料理の煮炊き、湯沸かしもできると大変重宝している。 それでも、間もなく3月。 灯油が余らないように気をつけねなならな [続きを読む]
  • NO.1367 浮気
  • 今回の記事のタイトルは、大いに迷った。なぜならば、諸々考えると、これは「浮気」でなく「不倫」かもしれないので。それでも、不倫と言えるほどベッタリしているわけではないので(財布が許せば、不倫したいけど)、とりあえず「浮気」という文字を使うことにした。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。 我が家と仕事場、それぞれの最寄り駅間の距離(営業キロ)は、以下のJRの区間と大体同じだ。東京−戸塚 [続きを読む]
  • NO.1366 デジタル食品?
  • 写真の本のタイトル、怖いと思いませんか?実際に背筋が凍りつくような、怖い本です。あなたが今、口にしているお菓子、食卓に並んでいる料理、全てデジタル食品だとしたら・・・これ以上は、ネタバレになるので書店で買うなり、図書館で借りるなりして読んでみてください。下の楽天ブックスのバナーからも購入できます。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • NO.1365 経済学者の本を読んでみました
  • 私は、東京の大学の経済学部を卒業した。然るに、大学では経済学を学んだ覚えがない。大学時代は、神保町で仕入れた本を読み漁る日々を送っていた。高校理数科時代の担任は文転(理系の生徒が文系に転じ、人文・社会科学系大学、短大を目指すこと)を頑として認めなかった。数学の素養を必要とする経済学部進学で担任と私との間で妥協した結果がこの有様だ。それはともかく、シュンペーターの本を去年購入した。本の中身は伏せる。 [続きを読む]
  • NO.1364 ビール税を早く安くしてくれ(`Д´)
  • 最近、ブログのネタは尽き、ただでさえアタマが悪いのに、更に筆力も落ちてきたな。。。それはさておき。新聞でざっと読んだだけで、細かいことは忘れてしまったけど、ビール、発泡酒、そして「第三のビール」に課税される酒税の話には本当に頭にくる。確か、発泡酒と第三のビールは段階的に増税され、しかも第三のビールに適用されている発泡酒よりも安い税率は、発泡酒の税率に統一される。一方、税率が高いビール税は段階的に減 [続きを読む]
  • NO.1363 電車通勤の利点
  • やはり、運転を人任せにできる電車通勤(以下「電車=バスなど含む公共交通機関」と読み替えてほしい)だと、本読みができるところがいちばんの利点だ、マイカー通勤だと、そうはいかない。それから私は、iPad で電子版の朝日新聞と日経新聞を通勤途上で読む。新聞を広げることも iPad を見ることも、運転中のドライバーには不可能だ。もちろん出勤時は朝刊、退勤電車内では夕刊を。1日24時間しかないのだ。だから通勤時間は貴 [続きを読む]
  • NO.1362 元号はサブ表記に・・・
  • 日本には西暦を主に使用する人、元号を使う人、その他の暦を用いる人と様々だけれど、おおむね西暦を中心に、同時に元号も使用するという人が多数を占めるのではないだろうか。なお「お役所」では元号を使用する。従って、役所だけでなく元号を使用する会社などでは、元号が変わると都度「変更作業」が発生する。この変更作業に要する時間的、金銭的コストは、想像以上に莫大なものだ。簡単なものではないのだ。節税のためにも、こ [続きを読む]
  • NO.1361 ブルマーの謎
  • このような本が書店で売られていたので、買ってみた。著者は、関西大学で教育社会学を専門とする教授だ。本読みは、偏りが生じると思想も偏るので、たとえ「変態!」と誤解されようとも、それを恐れずに、このような本も買って読む。ブルマー(特に「密着型ブルマー」)とは、日本で初めてオリンピックが開かれた1964年あたりから30年余り、学校の女子の体操着として着用されてきた。今時の若者は、アニメの世界においてもブ [続きを読む]
  • NO.1360 死にたくない!
  • がんの専門医が皮肉にもパートナーをがんで失った、その悲しみから立ち直る方法を、自らの体験をもとに、同じく愛する人を失い悲しみ苦しむ人へ向け、人として、医師として書いた・・・それがこの本だ。パートナーとの別れは、もしかしたら交通事故などである日突然やってくるかもしれない。縁起でもないと思わずに、読んでおいてはどうだろうか?この類の、つまりはベストセラー本でも、ロングセラー本でもない本は、売り切れ次第 [続きを読む]
  • NO.1358 感情論だけでは鉄道は残せない
  • 昨年、JR北海道が、鉄道として現行の枠組みでは維持できない路線を公表した。その総延長は、道内路線の過半を占める。早速Facebookで、「鉄道を残せ」「鉄道の赤字はJRの怠慢」「JR北海道だけ国有化せよ」などと、「部外者」の鉄道マニアと思しき連中から声が上がった。中には欧州の鉄道のように「上下分離」により鉄道を維持せよとの声も少なからずあった。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。結論からして、面積は [続きを読む]