美ハーモニー さん プロフィール

  •  
美ハーモニーさん: 不登校・ひきこもり と向きあった日々
ハンドル名美ハーモニー さん
ブログタイトル不登校・ひきこもり と向きあった日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/be-harmony0203/
サイト紹介文私たちは不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。私たちの経験をつづります。
自由文美ハーモニーは、不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。不登校・ひきこもりという出来事で、私たちは多くの気づきと学びを得て、親子の絆をはぐくんできました。「先の見えない不安や苦しさ」「相談できない孤独」「わかってもらえない悲しさ」・・・「同じように悩んでいる方々の役に立てたらいいなぁとの想いで“歩んできた日々のこと”“気づいたことや学んだこと”などを、伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 00:20

美ハーモニー さんのブログ記事

  • 自分の想いに向き合う
  • “自分の想いに向き合う” 息子が高校を辞める前の私はこの意味を特に考えたことは無かった この言葉を意識しだしたのは息子が高校を辞めた後カウンセリングを受けてだいぶ経ってからだった カウンセリングで、谷口英子先生に問われた 「その時、ご自分はどう感じましたか? どう思われましたか?」 問題だと思っていた息子のことではないの?私の気持ち?私の想い?何を問われているのか理解できず応えが思い浮かばなかった どう [続きを読む]
  • いま・この瞬間
  • 「今日は体調が悪いから  学校を休む」 中学3年2学期のある朝息子は、学校を休んだ次の日も、その次の日も・・・ 「調子が良くない」「腹が痛い」「めまいがする」「寝付けない 眠れない」と、休みや遅刻が続いた どうしたの!何が起こったの!どうしたら良いのか分からなかった 学校に行かないでベッドに横になっている息子 こんな現実が信じられなかった許せなかった何かの間違い!本来の息子の姿ではない!と思った 休む時、 [続きを読む]
  • 引きこもりからの日々⑥
  • 引きこもりからの日々①〜? の続きです 高校3年の夏からは大学入試が始まりました 中学3年間まったく勉強もせず高校も中学の復習のような勉強塾も行かず それでも息子は自分で ここなら大丈夫そう という大学を選びました 大学受験なのに心配だから一緒に来て欲しい と言われ 私は受験についていき終わると 息子からの話をたっぷり聴きました 息子が安心できる状態で いられるように心がけました ダメだったと言われて [続きを読む]
  • 引きこもりからの日々⑤
  • 引きこもりからの日々①〜④ の続きです 私も息子も少しずつ変わっていきゲーム以外の話も するようになっていきました 「やることがないから ゲームばかりやっている」「夜の方が落ち着くから 昼夜逆転している」 「人と話すと震えてしまうんだ」 など 聴きたくても 聞けなかったことも話すようになりました そんな感じになってきたころ丁度進路を決める時期になり 今後どうしたいのか どう思って [続きを読む]
  • 引きこもりからの日々④
  • 引きこもりからの日々①〜③ の続きです 険悪だった父親と息子ですが 私はこんな険悪な状態にした主人も許せず 冷たくあたることもよくありました しかし私が主人の良いところも見るようになると 私の主人への接し方も変わっていったようです また 主人には息子の息子には主人の 良いところを伝えていきました 「今日は早く起きたんだよ 」「お風呂に入ったんだよ」 当たり前のようなちょっとしたことでもちゃんと聞いてなさそ [続きを読む]
  • 引きこもりからの日々③
  • 引きこもりからの日々①〜② の続きです カウンセリングでは子供の興味のあることの話を聴くことが大切だと知りました それまで ゲームがあるから息子はダメなんだ と思って 私が拒否していたゲーム でも 息子の大好きなゲーム の話を 息子が変わるならという思いで きちんと聴くようにしました 初めは ゲームが一勝負終わった時などに 「面白そうね」 「かっこいいわね」など声をかけてみまし [続きを読む]
  • 引きこもりからの日々②
  • 昨日の引きこもりからの日々① の続きです そんな頃で1年近く経った時に谷口先生の講演会に初めて参加しました その時の体験者の方が魔法の9マスシートという話をしました 「シートを書くのは大変だったけれどこれで変われました」という話をしてくれて 私もぜひやってみたいこのシートを私がやって 息子が変わるなら、息子が動くなら と思いカウンセリングの 申し込みをしました また、先生はカウンセリングでは直接お子 [続きを読む]
  • 引きこもりからの日々①
  • 息子は中学1年から不登校になり家にひきこもりました 昼夜逆転しポテトチップスなどのお菓子ばかり食べ食事をしてもお肉とご飯のみであとは残していました お風呂にも入らず着替えもしませんでした1週間入らないのはよくあることで3週間なんてこともあり 夏は匂いがきつかったです 髪の毛も伸ばしっぱなし歯も磨かずひどい虫歯にもなりました 勉強も本当にまったくせず テレビとゲームの日々でした イライラしてすぐに怒り妹 [続きを読む]
  • 息子の高校中退 その4(最終回)
  • 私は息子の不登校を経験して自分の意識が変わったと思います。以前の私は、偏差値の高い高校へ行くことが息子のためだと思っていました。息子の考えや特性など考えず、ただいわゆる常識で考えていました。また親は子どもを指導するものと考えて「〜するべき」ということばかりを言っていたと思います。 高校を卒業した頃の家族旅行で、夫が息子に「どうして高校を辞めてしまったんだ」と聞いたことがあります。その時の答えは、「 [続きを読む]
  • 息子の高校中退 その3
  • 21歳になったある日、息子は「俺、やっぱり高校へ行く」といって通信制高校に行く事を決心しました。私は高校認定試験を受ければ大学に行く事もできると提案してみましたが、息子は「大学に行く意義を感じない。俺は高卒の資格が欲しい」と自分の考えをはっきりと言ってきました。 通信制高校では年下の友達とうまくやっていくのはなかなか難しく、最低限の出席日数で進級していました。そして3年のとき、卒業するためにはオー [続きを読む]
  • 息子の高校中退 その2
  • 息子が高校を中退してしばらくすると、自分で塾を見つけ来年都立を受けると言い出しました。しかしそれまで受験勉強をした蓄積があり、自分が考えていた都立高は受かりそうだとわかると塾はすぐに辞めてしまいました。私立高を辞めた翌年、都立高に合格しましたが、登校していると思っていた息子は授業の途中で抜け出したりしていたことを先生からの連絡で知りました。それから息子は以前の高校近くにあった麻雀店で私の知らない間 [続きを読む]
  • 息子の高校中退 その1
  • 私の息子は地元の公立小学校、中学校に通っていました。高校は大学まで続いている私立高校に入れば後が楽だという親の意向で私立高校を受験しました。小学校では少年野球をやっていたので、ほとんど勉強のことは言いませんでしたが、中学に入ってからは受験に向けて塾に通わせました。 高校の説明会に行ったとき、息子はほとんど興味を示さず、行きたい高校を聞いても別にどこでもいいといった様子でしたので、結局親が勧めた私立 [続きを読む]
  • 解釈の会話
  • 谷口先生の カウンセリングを受けた。 私の 不安が整理できる、その方法を知りたかった。 私が不安を整理したら息子が動き出せる、それをやりたかった。 9シートに 取り組んだ 。 その9マスシートを見返した。 9マスシートは 約100日間書き続ける。毎日 書いて、カウンセリングの時に 谷口先生に提出する。 提出した シートに 谷口先生が コメントを入れて次のカウンセリングに 返却してくれる 。 60日たっても私の癖、 息子 [続きを読む]
  • 本人を連れてきて
  • 息子が学校へ行けなくなった。生活は昼夜逆転、ゲーム、録画したビデオばかり、ため息をつき、祖母に当たり散らしたり、夜中にゲームがうまくいかないと大声を出したりした。 どうしちゃったの?学生は学校へ行くものなんだから、何も考えず学校へ行けばいいでしょ‼そう思った。 そんな最低限の生活もできないなんてどういうことなの? 毎日、担任の先生に電話するのが辛かった。 「今日も休みます、昼夜逆転で、まだ寝ていま [続きを読む]
  • プライドを傷つけられたのは‥
  • カウンセリングを受ける以前の私は学校に行かない子どもに何か問われると私は正しいことを言わなくちゃ学校を休んでいるあなたが間違っているだからお母さんはこう思う今これをしないと困るのはあなただから言うとおりにしなさいあなたの気持ちなんてどうでもいいから学校に行きさえすればどうにかなるものよ人は皆何かを我慢して生きているの楽しくなくても行けばいいのそう毎日子どもに言っていた子どもを諭すのでもなくただ罵倒 [続きを読む]
  • 質問責め
  • 実家の母から電話がかかってくるいつも夕方 食事の支度をしているとき昼間はあなた留守でいないからと毎日何をしているのかと訊かれる話はいつも母の一方的な質問子どもたちは元気?○○の仕事はどんなことしてるの?(孫の仕事を気にしている)旦那さんの仕事は順調?あなたは暇じゃないの?‥次から次へと質問は続く私が答えても耳の遠い母には聞こえないこともあるそんなときはまた別の質問がくるあ〜疲れるこんなに母の訊きた [続きを読む]
  • 夏休みの宿題
  • まだら登校でも部活を続けていた息子夏休みは演奏会に向けての練習の大詰めの時期確かお休みはお盆だけ合宿にも行き毎日くたくた(息子には自主休暇がたくさんあったが‥)学校からは夏休みの宿題が山のようにでている計画は立てるものの全く実行されず好きな教科だけ自分でやり残りは部活で友達のを写し私も手伝わされたものもある夏休みが終わる頃には部活以外の友達から宿題のプリントがFAXで大量に送られてくるそれを必死で [続きを読む]
  • 部活動
  • 息子は中学生になると運動部に入部したしかし5月に怪我をした通院のため遅刻し授業が分からなくなってきただんだん学校がつまらなくなってきたほどなく退部し今度は吹奏楽部に入ったこれまた大変なところだったほとんど毎日練習帰宅もかなり遅い朝起きられない日が続くまたまた遅刻が始まる他の子が出来ていることがなんでうちの子はできないんだろうそんな大変な部活なら辞めてしまえばいいのにそしたら朝起きられるのに私はそう [続きを読む]
  • 昼夜逆転
  • 息子が、学校に行けなくなった時学校に行けないのは朝、起きられないから起きられさえすれば行けるそう思っていた だから何とか起こそうとしたし夜、早く寝せようと必死になっていた夜、寝ないのは深夜までネットゲームをやっているからネットゲームをやめさせることさえできたら解決すると思いあらゆることをした ゲームは、何時までと約束させたり深夜から翌朝までネットが切れるようセットしたりでも、息子のストレスが増すばか [続きを読む]
  • 「学校に行きたくない」と言えなかった息子
  • 学校に行きたくない!   ↑ぽちっとしてねを書いて思いだした 中学3年で行き渋りが始まった息子の口から「学校に行きたくない」の言葉を聞いたことが無かったなぁ「明日はちゃんと行くから・・」の言葉は何度も聞いていたけど・・・中学3年の2学期明け方まで寝付けなくなったそれでも、目覚ましで起きてきた朝食を残さず食べていたでも、その後「やっぱり、行けそうもない」と休む日があった「体調が悪いからちょっと寝る」と [続きを読む]
  • 学校に行きたくない
  • 友人の田中さんは 小学4年生のあこちゃん 小学2年生のかいくんのママです その田中さん宅で起こった出来事です ある朝小学4年生のあこちゃん 「学校に行きたくない」と・・ 田中さん、その日はお休みをさせあこちゃんのしたいことを一緒にして一日中楽しみました 翌朝、あこちゃんは、何事もなかったようにお友だちと登校しました その次の日、今度は2歳年下の弟のかいくんが 「学校に行きたくない」と・・ その時もあこちゃ [続きを読む]
  • 1年たつんだな〜④
  • 1年たつんだな〜③のつづきです 今を大切に過ごしていたら 去年の今頃 娘は1人でアニメの映画をみに行くと言って出かけました 夕方、犬の散歩を終えて帰宅すると 娘が帰宅していました 「お帰り」 「ただいま、今日、人材派遣会社に登録してきて、明日面接だからリクルートスーツ買ってほしい」 え〜映画観に行ったんじゃなかったの?そんなこと一言も言っていなかったじゃない?私は動揺しました それでも 「そうなんだ(と受け [続きを読む]
  • 1年たつんだな〜③
  • 1年たつんだな〜②のつづきです 今を大切にして過ごしていると 以前は気になっていた 昼夜逆転が気にならなくなっていました 私の大切なのは 「娘の笑顔」 気持ちよく寝てるなら 笑顔につながる 働いていても、「笑顔」がなくて辛かったら 私の大切な想いを踏みにじること 家にいても 出かけなくてもいい 娘が楽しそうに過ごしているなら それでいい 以前は 周りの人がみたらなんて言うかしら? そればかりに捕らわれていました [続きを読む]
  • 1年たつんだな〜②
  • 1年たつんだな〜①のつづきです 私は過去のことにこだわる人でしたが 過去にこだわると 自分がおかしくなりそうになって 過去は後悔しても 何も始まらない 今、を大切にしていこうと 思い始めた 娘は今、辛いかもしれないけど ずっと辛い日々を送るわけではない 今を大切にすれば 今、楽しければ 明日につながるんじゃないかしら だったら 私は今、娘と一緒にいられることを楽しもう 娘と一緒にいれることに感謝しよう と思 [続きを読む]
  • 1年たつんだな〜①
  • 娘は大学卒業後、働き始めるが パワハラでズタズタになって 動かなくなった ズタズタになって 家から出れなくなって 昼夜逆転 昼頃起床するのは まだ早い方で 夕方や20時、21時 一日以上起きてこない事もあった 動かなくなった始めの頃は 「死にたい、 生きてる価値がない 何で生きないといけないんだ」 と言う日が続いていた 「辛いよね」 とただただ、娘を受け止めことしかできなかった 私は自分の気持ちを整理しないと 自分が [続きを読む]