美ハーモニー さん プロフィール

  •  
美ハーモニーさん: 不登校・ひきこもり と向きあった日々
ハンドル名美ハーモニー さん
ブログタイトル不登校・ひきこもり と向きあった日々
ブログURLhttp://ameblo.jp/be-harmony0203/
サイト紹介文私たちは不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。私たちの経験をつづります。
自由文美ハーモニーは、不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。不登校・ひきこもりという出来事で、私たちは多くの気づきと学びを得て、親子の絆をはぐくんできました。「先の見えない不安や苦しさ」「相談できない孤独」「わかってもらえない悲しさ」・・・「同じように悩んでいる方々の役に立てたらいいなぁとの想いで“歩んできた日々のこと”“気づいたことや学んだこと”などを、伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 00:20

美ハーモニー さんのブログ記事

  • お腹の調子が良くない・・・
  • 夕方、息子から電話があった 「このところ、  ちょっとお腹の調子が良くないんだ」  「下痢止めの薬は?」  「あれ!どこかな? 薬は要らないや!  お粥食べて早く寝るよ」 息子の「お腹の調子が良くない」久しぶりに聞いた 息子は、中学1年生になったころから 「お腹の調子が良くない」と、頻繁に言い始めた 薬局で相談したら 「息子さんは、新しい環境への緊張感が  過敏なのかもし [続きを読む]
  • 変わらないもの
  • 「すべてが命令口調の上司の話し方が  気になる 自分が上司になっても、ああはならない 今の上司は、オレの反面教師だよ 」 グチる息子の話で、幼いころを思い出した 息子は、幼い頃から外で遊ぶのが大好きサッカーボールを追うグループの先頭を切って走り回っていた そんな息子の姿を見るのが楽しみだった 小学校に入学して暫く経った頃一緒に走り回っていた友だちの多くが地域のサッカーチ [続きを読む]
  • すごいんです!!
  • 先日、実家に帰省した 実家には80歳を超えた両親が二人で住んでいる 父は大の巨人ファン 一緒に暮らしていた頃は巨人が負けると機嫌が悪くなるので 巨人がいつも勝てばいいのにと思っていた ゴールデンウィークの時 夫が巨人戦のチケットをもらってきた 結構いい席だったが 野球に興味がない私は コンサートだったらテンション上がるけど と娘にラインを送ったほど 試合 [続きを読む]
  • 知らないだけ!!  〜講演会のお知らせ〜
  • 谷口先生のカウンセリングを受け始め 自分と向き合い始め 自分の大切な想いを自覚しても 中々、思うようにいかないことが多かった 大切な想いをどういう風に相手に伝えたら良いのかわからない 気持ちはあるんだけど いつもの行動を取ってしまう 相手が悪いのか? できない私がダメなのか? こんなにがんばっているのに・・・・ 私には上手く伝える事が出来なかった [続きを読む]
  • 夫婦で違う子育て
  • 今朝の新聞の人生相談の欄に夫と子育ての仕方が違って悩んでいるという投稿があった。お風呂に入るのを嫌がる娘を私は話して聞かせるのに、夫は無理やり風呂場に連れて行くので、子どもはさらに泣き叫ぶという。こんな強引な夫を受け入れられない、離婚しようかと考えてしまう、そういう投稿だった。 私も子育ての間、そして子どもが不登校になったとき夫と私は同じ方向を向いていたいと思っていた。そしてそうできないことに [続きを読む]
  • 旅行
  • 息子と二人で旅行に行った。 二十歳の息子が母親と二人で旅行。それってどうなの? 今までの私には信じられないこと。 自分が二十歳の時、父親と旅行なんて考えられない。私は娘だけど・・ 男の子は思春期から親を何となく遠ざけるようになって、親と話もあまりしなくなって、 だけど、 結婚したり、子どもをもったりしたら親の苦労やありがたみがわかってまた親を受け入れられるようになる、 [続きを読む]
  • 待つことにしよう
  • 衣替えの季節になると、息子に「着ないものは整理したら」と言ってみるものの、いつも「そうだね」という生返事が返ってくるばかり。息子の部屋の床は洋服が散乱している。 このゴールデンウィーク、息子が不在の間、思い切って息子の部屋のクローゼットを片づけることにした。そして捨ててよいかどうかわからないものは一つの引き出しにまとめて入れて部屋の真ん中の床の置いておいた。 息子が帰って来たとき、「いらな [続きを読む]
  • 駅弁
  • 息子と旅行した。帰り道、名古屋で新幹線に乗り換えた。 夕飯は駅弁。名古屋駅で売店を見て回った。 息子は飛騨牛弁当にするか松阪牛弁当にするか悩んでいる。 息子が決めるのには時間がかかる。 「どっちにしようかな?」「どっちにしようかな?」 何度も言う。 「どっちか良いと思う?」 と何度も聞くのだ。 (どっちで [続きを読む]
  • 娘が父親に期待すること
  • 小さい頃から長女は何でも器用にこなす子だったそれが夫にとっては自分の小さい頃と似ていたようで長女には優しかった ところが 次女は何をやっても長女のようにうまくいかないそのうえ日頃の態度もだらしないそれで夫は次女をいつも批判していた「小学校ならテストで100点取って当たり前だ、 なのにあの子はなんであんなにできないんだ、 この先どうするつもりなんだ」それが口癖だった次女に面と向かって言わなかったが [続きを読む]
  • 伝えるむずかしさ ー 講演会のお知らせ
  • 娘が不登校でずっと家にいると ゲーム三昧や昼夜逆転もいやだったけれど食事を作るのも気が重かった おいしそうに食べたことがない、家にいて寝てばかり、なのになぜ私が作らなければいけないの? たいていは朝方寝るので朝食昼食兼用だった 私がお昼過ぎに仕事から戻るといつもまだ寝ていた 作るのが面倒になるとお弁当を買いに行った するとあるときお昼は買ってこないでいいから、家にあるもので [続きを読む]
  • 息子の口癖
  • なんか楽しいことな〜い?これは息子の中学・高校時代の口癖私はこれを聞くとまた始まったと思い 憂鬱な気分になる何か見つけなくちゃ息子の機嫌が悪くなってしまうとにかく何か言わなくちゃそう焦るものの何も思いつかないそのうち息子がキレはじめる楽しいことがなくちゃ学校へ行く気がしない勉強する気にならないどうにかしてくれそんなこと言われても私も困る人生楽しいことばかりじゃないのに我慢も必要でしょう学生なんだか [続きを読む]
  • 何も見ていない、見えていない
  • 実家の母に 母の日に何かほしいものはある?と尋ねたすると ブラウスが欲しいらしいでも色々と条件がある私は全く想像がつかない母は足が悪く 自分で買い物に行けないだから新しいものがほしいみたいそう言われても 母が普段着ているものも思いだせない年に数回しか会わない母私は母に会っても母の洋服を見ていない母の好みも わからない似合いそうなもの と言われても私にはどうすることも出来ないふと子どものことを思いだ [続きを読む]
  • ピンチ
  • 息子が引きこもりになってしまった私にとって想定外のことでした 人生最大のピンチと感じました しかも息子は家出をしました・・・ 携帯電話を掛けても出ない「まさか・・・生きているよね」と不吉なことを考えるほどでした 所在が分かるまでは眠れぬ日々でした・・・ やっと所在が分かってもどうしたら良いのか分からずただただ悶々と悩みました・・・ 縁あって谷口英子先生に辿り着き・・・ [続きを読む]
  • 真逆
  • 何年前になるだろうか・・・五月の爽やかな日だった今日みたいな蒼い空の日だった そのころは音楽活動をしている息子とだけ同居していた 息子は音楽活動が自分の望むように行かず悩んでいる様子だった 自分の部屋に籠もることが増えていた食事を夫と私と一緒には食べなくなっていた 妹二人はそれぞれ家を出て自活していた久しぶりに長女が泊まりで遊びに来ていた お天気に誘われて庭でバーベキューをしよ [続きを読む]
  • 食べさせなければ!
  • 我が家の2人の息子長男は、小さい時から食欲旺盛で身体も大きく、背の順に並ぶといつも1番後か、後から2番目くらいそれに比べて次男は、小さい時から食が細くて身体は小さく、背の順に並ぶといつも1番前か、前から2番目くらい 同じ親から産まれたのに、まったく違う2人 そんな次男が不登校になった時昼夜逆転になって食生活も乱れて、めちゃくちゃになった1日1食になってしまうこともあってますます食べなくなったその [続きを読む]
  •  新しい道が開けるかも・・ 〜講演会のお知らせ〜
  • 一昨日の記事 <全員一致>昨日の記事 <2つあってこそ!>           ぽちっとして頂くと             これらの記事が読めます これらは、谷口英子先生に出会って始めて知り学んできたことです それによって、私たちは変わりました家族の在り方も変わりました そして停滞していた子どもたちも自らの意思で動き始め学校へ、社会へ、飛び立っていきました 谷口英子先生の講演 [続きを読む]
  • 2つあってこそ!
  • 昨日のブログ全員一致の続きです           ↑ ポチっとしてね 谷口英子先生のカウンセリングでは『魔法のシート』を毎日書くのが宿題ですカウンセリングで宿題が出る?!ちょっと不思議・・・   谷口先生のカウンセリングでは『魔法のシート』以外にも不思議???と思えることを求められました カウンセリングのとき 「気になって心に残っている出来事や  言動はありますか?」その時の状況を詳しく [続きを読む]
  • 全員一致 
  • 美ハーモニ―の仲間と話しました 「谷口先生のカウンセリングで 書かされたシート、大変だったよね」     ('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)  「不登校・ひきこもりの子どもの 長所なんて、考えたことも無いよね」     ('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)  「 最初は1個も書けなかったし・・・」「 昨日の分を丸写ししたり・・・」「今の子どもではなく、昔のことを思いだしたり・・・」「無理にこじつけたり・・・ [続きを読む]
  • 母の日のプレゼント
  • 娘が動かなくなって 谷口先生のカウンセリングを受け始めた 娘は自分で今の実力で入れる大学に入ると決め 受験し、大学に入学した 5月の母の日 以前、母の日にプレゼントをもらったのは 小学生の時 娘は夫と一緒に花屋へ 花屋で 高いカーネーションを買おうとしていた娘に 夫は 「すぐ枯れるカーネーションより、 鉢植えの小さな青い花が咲いているものがいい [続きを読む]
  • 私はもらうことのないもの
  • 「ねぇ、見て」 知人から見せられたカード それは、お嬢さんからの手作りのカード 写真がたくさんはってあり、 たくさんのお母さんへの 愛情と感謝の言葉にあふれた きれいに作られたカード 見せられた頃 私は娘との関係で悩んでいた 少しずつではあるが 私は谷口先生のカウンセリングを受け始めて 自分の気持ちと向き合い始めてはいたが 中々、思うような関係にはな [続きを読む]
  • 相手に寄り添う
  • 娘が高校を行き渋っていたとき私に無理難題を言ってきました。たとえば車の免許が欲しい、車が買いたい、ひとり暮らしがしたい、などです。 そんな娘の希望を聞いて私はぞっとしてとにかく「高校生なんだからそんなことできるわけないでしょ」と全面否定していました。 しばらくすると娘は帰宅が遅くなったり、友人の家に泊まったりして、私は心配でたまらなくなりました。 カウンセリングで谷口先生に相談すると「 [続きを読む]
  • 夫の怒り
  • 子どもが不登校になったとき夫はよく私に「何でうちの子どもばかりこうなっちゃうんだ‼」、「こんな事じゃ社会に出てやっていけないだろ!」と言っていました。 私はこう言われると、夫は私を責めているんだと勝手に思っていました。ところが美ハーモニーのミーティングでその話が出たとき、谷口先生はおっしゃいました。「お父さんもどうしていいかわからなくて不安なんですね」 そうか、夫も不安なんだ、だけどその気 [続きを読む]
  • 講演会のお知らせ 
  • 息子は高校2年の3月に退学しました。 学校に行けなくなって最初に相談した所で、「学校はやめて本人がやりたいと思うことを思う存分させてあげなさい、待っていれば自分で動き出します。」と言われました。 生活は昼夜逆転、ゲーム、テレビ、スマホ、ため息をつき続ける。 本人がやりたいとって、こんなことなの?これが本人のためになるの?疑問だらけの毎日でした。 本人がやりたいと思うことなんだから、 [続きを読む]
  • 証明写真
  • 息子が学校へ提出する書類に写真が必要になった。以前撮った証明写真があったはず・・と探したら、見つかった。 高校認定試験に合格し、センター試験の願書に使うための証明写真。それは2年半前の息子。学校へ提出する書類に使うにはサイズはピッタリだった。 私は、「顔なんて大して変わらないはずだからこれを使ったら?」と言った。 息子が「この間パスポート用で撮ったのもあるんだよ。」と言い、出してきた。 [続きを読む]
  • ゲームは私を妨げる
  • 私はゲームをどうしても好きにはなれないごくまれにすることはある けれどずっとゲームをし続ける娘には手を焼くばかりだ 娘は会社から帰宅すると多くの時間をゲームで過ごすときにはネットで情報を得ることもあるらしいけれどとにかくその画面から目が離れることはほとんどない仕事で疲れ切った彼女にとってゲームは最大の癒やしであるらしいこともわかる それを否定したくはないけれどそのために私は話したいこと [続きを読む]