美ハーモニー さん プロフィール

  •  
美ハーモニーさん: 不登校・ひきこもり と向きあった日々
ハンドル名美ハーモニー さん
ブログタイトル不登校・ひきこもり と向きあった日々
ブログURLhttp://ameblo.jp/be-harmony0203/
サイト紹介文私たちは不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。私たちの経験をつづります。
自由文美ハーモニーは、不登校・ひきこもりを体験した子どもたちをもつ保護者の集まりです。不登校・ひきこもりという出来事で、私たちは多くの気づきと学びを得て、親子の絆をはぐくんできました。「先の見えない不安や苦しさ」「相談できない孤独」「わかってもらえない悲しさ」・・・「同じように悩んでいる方々の役に立てたらいいなぁとの想いで“歩んできた日々のこと”“気づいたことや学んだこと”などを、伝えていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 00:20

美ハーモニー さんのブログ記事

  • 寄り添うこと
  • 昨夜夫は帰ってくるとテレビの前に陣取り文句を言っている。「なんでこんなつまらないことを国会でやっているんだ!」「まったく、野党の言っていることはどうしようもないな!」「もっと大事なことがあるだろう!」 あーまた始まった。私はこういう状況が大嫌い。自分のことを言われているわけではないけどやっぱり気持ちが良くない。 そういえば娘が1年生の時、これと同じようなことがあった。娘のクラスにはやんちゃ [続きを読む]
  • 受け止めて欲しい
  • 私は認知症の母の介護をしていた時期、とてもストレスがありました。認知症ゆえに常識では考えられない行動をとるからです。 ある日、私は知り合いに「私の母ってこんなことをするの。嫌になっちゃう。」と愚痴りました。すると知り合いは「お母さんのこと、そんな風に言うもんじゃないわよ」と言うのです。 私は当然そんなことを言うことが良いかどうかはわかっています。でも自分の大変さを分かって欲しかったのです。 [続きを読む]
  • 春休み 2
  • 昨日の続きです。 大学生の春休みは長い。2月、3月まるまるお休み、春休みになった途端、昼夜逆転、ゲームばかりの生活になった息子。 起きるのは夕方5時、当然、寝るのは明け方、早ければ3時、遅いと6時とか。私が仕事に行くときは寝ているか、これから寝るところ。仕事から帰ると起きたばかりかリビングか部屋でゲーム。 毎日変わらない姿を見ていても、2月にはそんなもんかと私も余裕があった。&nbs [続きを読む]
  • 春休み 1
  • 大学生になった息子が2月から大学生活ではじめての春休みを過ごした。 夏休み以降の長期休み、大学生と言えば、バイトとか旅行とか自由に出来るのに休みに入った途端に昼夜逆転。ゲームばかりの日々。夏休みもそうだった。谷口先生や美・ハーモニーの方から 「長期の休みには昼夜逆転になるみたいよ。」と言われてそんなもんかなと思うものの朝起きて息子の部屋の電気が消えているとホッとする私がいた。 & [続きを読む]
  • 予想外なことばかり
  • 先日娘とコンサートに行った 平日7時半のスタート娘は多分普通に仕事を終えれば間に合う時間私はそう思っていた ところが、予想外、有休を取っていた 「だって楽しみにしているコンサートに急いで行くのは気分の乗りが悪いでしょ」 まあ、それもありか、と思う私 するとそのあと 「今日の演奏曲目を調べたから予習して行こうよ」 なんということ、ちょっと面倒だし、あらかじめ聞いていたら新 [続きを読む]
  • 余計なお世話
  • お嬢さん、まだ一緒に居るの?知り合いに会うとときどきそんなことを尋ねられる無理はない、娘はもう30才を過ぎているでも余計なお世話! 食事の支度、お洗濯、身の回りのことを未だにやってあげているなんて世間では甘やかしていると思うことだろう 以前はいつ独立してくれるかしら?結婚しなくても独り立ちさえしてくれれば、そんな親として当たり前の望みを娘に抱いていた 独立してくれたら子育てが終わって一息 [続きを読む]
  • 子どもの決めた進路
  • 子どもの不登校によって 受けとめる寄り添う が少しは身についてきた私 それは下の子を育てるうえにも大いに助けられました 上の子のときの反省から下は伸び伸びと育てました 幼いときからいつも自分の意思を尊重してもらい叱られたという記憶もほとんどないようです 勉強 習い事 遊び何も強制せず好きなようにさせてきました 高校 大学と進路を決めるのも全部本人任せ それはそれでリ [続きを読む]
  • 親の夢と現実
  • 私は子どもが不登校になるまで子どもの将来は親の夢そのものと考えていた 私が子どもになってほしい姿それに近づけるような進路を用意してあげるのが親の努めそう思っていた だから子どもが学校に行けなくなると子どもの心配をしているようで実は私のプライドを傷つけられたそう感じた そして子育てとは親の夢がひとつづつ失われていくものそう虚しさを感じた だからこれ以上自分が傷つかないために子どものこ [続きを読む]
  • 次女をまた怒らせた−3
  • 昨日からの続きです。 私の悪い癖は・・・時間が足りない時に出る事柄です。早くしなくてはと余裕がないから、焦り、テンパって話し掛けられても対応出来なくなる。 この一瞬、一番大事なことは何・・と自問自答すること。そして次女に「何して欲しい」と訊くこと。次女の希望を確認をする。 指摘を受けたら素直に聴けないのは何故・・・指摘内容は私に非があるのに無視とは良くない。無視された方の側になったら、 [続きを読む]
  • 次女をまた怒らせた−2
  • 昨日からの続きです。 私が次女や孫との信頼関係を強くする為には、どうしたら良いのか・・ 相手を信頼すること。相手を尊重すること。相手を大切に想うこと。相手の幸せを心から願うこと。 反省としては・・・もうある程度遅くなってしまったのだから開き直って、淡々と冷静に支度を手伝えば良かったと思います。考えてみれば少し帰宅が遅くなってしまうことは大した問題ではないです。 それよりも次女と孫の [続きを読む]
  • 次女をまた怒らせた−1
  • 今年の一月初旬に・・・次女とのやり取りで、また私の悪い癖が出てしまい次女の気持ちを不愉快にさせてしまった。 次女が「私が話しをした時に無視した。そしてそれを指摘すると返事が無い」「いつもそうだ」と言い怒った。 どうして私はいつも同じことを繰り返してしまうのか・・・ 孫の帰り支度を少しでも早くしてあげて、急いで自宅に送ってあげたかった。次の日孫の始業式で学校があるから、出来るだけ早く自宅 [続きを読む]
  • 私から
  • 私は、いつも息子に「動いてほしいとりあえず、やってみればいいのに」と、思っている。 私が新しい事を始めるのをためらっていると○○さんに「それって、息子さんと同じだよね〜子どもには動いてほしいって言っているのに自分は、動かないんだ」と、痛いところをつかれた 確かに・・・ 何故、私は、ためらうのか?向き合ってみた 難しそうだし上手く、できる気がしない続けられそうにない周りの反応が気にな [続きを読む]
  • 50歳からの社会復帰
  • 昨日の記事の続きです ↑ぽちっとしてください 田中さんは「引きこもっている息子を動かすことよりも今の息子が生きていくために、親の自分たちが出来ることは何か?」と考えるようになってきました 引きこもりが10年以上過ぎた頃からAさんは、病気がちな親たちを気遣ってか一人で帰ってきて雑用を片付けたり一緒に昼食を食べていくようになりました そして、1年ほど前「仕事を探し始めて [続きを読む]
  • 親の意識が変わったら・・・・
  • 昨日の記事の続きです    ↑ ぽちっとしてください 36歳を過ぎ、仕事につまずき外籠もりになったAさん 兄弟の支えや親の想い・行動が変わったら息子Aさんにも変化が起こり始めました 引きこもって7年ほどが過ぎたAさんとちょっと繋がってきたと思えた頃3,11東日本大震災が起きました その時、法事で東北の実家に帰省していた田中さんは、交通が分断されて1ヵ月近く自宅に戻ることが出来ませんでした&nb [続きを読む]
  • 仕事でつまずき引きこもりに・・・
  • 友人の田中さんからうれしい便りがありました 12年間引きこもっていた50歳の息子Aさんの仕事が決まったそうです Aさんは、大学を卒業後、幼い頃から憧れていた職業に就きました 夢中で仕事をして10数年が経った頃思いがけない部署に配置換えになりました その部署になかなか馴染めなかったAさんうつ状態になって、治療を受け始めました 体調は改善されず、35歳を過ぎた頃とうとう辞めざるを得なくなりま [続きを読む]
  • 自分で選んだ道
  • 最近、日本のひきこもりについてアメリカ人が書いた本を読んでいます。彼は引きこもりの若者にインタビューしてアメリカ人の視点から書いています。 彼の分析によれば、バブル後の日本の経済の停滞によって若者が将来に希望が見いだせなくなったことも一つの要因としています。私が興味をもったのは、日本の社会では和が尊重されたとえば学校でも他と異なった考えや行動をすることは良しとされないので、他に合わせて本音を言 [続きを読む]
  • 言葉は大切
  • 先日の息子との会話です。息子の友人が商品を使った感想をアンケートで答えるというアルバイトをしていると話してくれました。そこで私は「あなたもそれならできるんじゃない?」と言いました。 しばらくして考えてみるとこの言い方は良くなかったなと反省。この言い方は私の視点からの言葉。息子の視点に立って言うのであれば「そういうアルバイトあなたはやってみたいと思う?」の方がよかったかもしれない。 いつも自 [続きを読む]
  • 親不孝
  • 「自分は親不孝だよね。」と息子が言った。 私は、その時「親より先に死んじゃうことが親不孝なんだよ。今の状態は親不孝じゃあないからね。」と答えた。 高校2年の9月から学校へ行けなくなって半年、サポート校や通信制への転校は嫌だと言い、単位が足りないけど、留年は勿論嫌だと言い、退学が決定的になっていたときだった。 生活は昼夜逆転、ゲーム、ビデオ漬けの毎日。ため息ばかりついて [続きを読む]
  • やり直し
  • 仕事が終わり、駅前のスーパーで買い物をして急いで家に帰った。 30分で夕飯の準備をして楽しみにしていたお稽古に行く。2時間だけど忙しい日常から少し離れられる。お稽古で先生や一緒にお稽古している人と話す時間は私のストレス解消。 家に帰ったら認知症の祖母(私の母)が、「おかえりなさい」と迎えてくれた。 手を洗い、夕飯の準備、と思っていたら、祖母がやって来た。 「テレビの音が出 [続きを読む]
  • とりあえず
  • 家族で2泊3日の旅行へ行くことになった1日はみんなで有休を取ることにした が、問題は次女が休めるか 次女は周りに気を遣うそのため休みを取るたびに大変な苦労をしているようすそんな次女を思って一番休めそうなその月の中旬に宿を予約した 「とりあえずこの日に予約したので休みが取れなければ変更しよう、いつでも言ってね」と何気なく話した ところが、「とりあえずっていつも言うけれどお母さんのとり [続きを読む]
  • 同じことじゃない
  • 長女と次女それぞれの個性がちがいすぎてよくぶつかり合う小さいときからけんかばかり 先日長女が小さい娘たちを連れてうちへ泊まりに来たいとメールがあった 私としてはすぐオーケーの返事をしたい けれどそれがかなわない なぜなら私が一人で決めてしまうと必ず次女が文句を言う 「お姉さんがなぜいるのよ!」と怒る 似たようなことで何度もその怒りにあった 今やっと気がついた解決策は&nbs [続きを読む]
  • 夫を 受けとめる 8
  • 夫にコテンパンにやり込められた時、もう 消えてしまいたい と 思った私。 その時に、自分の気持ち・意志を曲げられ、力でねじ伏せられる ということは、消えてしまいたい とのおもいにまでつながってしまうのだということを 知りました。 お父さんに否定されるのを避けるため、結局はあなたの為にすることだから、あなたの気持ちは無視するけれど我慢してね と私がやっていたことは、これほどのマイナス なこと [続きを読む]
  • 夫を 受けとめる 7
  • 自分の望むように息子が動かないと、夫は息子をひどく否定します。私が 息子に無理にでも夫の機嫌を損なわない行動をとらせようとしたのは、息子が夫から否定されないようにするためでした。息子に 自信を取り戻してもらいたい、自信をもって自分の人生を力強く歩み続けていってもらいたい と私はいつも願っています。 否定されたらそれが妨げられてしまうから、父親から否定されたら 「どうせ俺なんて」 と息子はます [続きを読む]
  • 夫を 受けとめる 6
  • 私は夫との関係に苦しんでいますが、そこに息子が加わり3人の関係になると、もっともっと 苦しくなります。 例えば、自室で 一人で食事をとろうとする息子と、それではマナーが身につかない躾がなっていない ととても怒る夫、その間に立つ私、という 関係です。 私が、目をつぶってやり過ごしてきてしまったこと とは、こういう関係になった時の私の息子への関わり方 でした。 私と息子 2人だけの間 [続きを読む]
  • 夫を 受けとめる 5
  • この時はちょうど 1月末の「受け止めていた つもりでした」 の ブログに書かれている 初めの頃。 受け止める がわからなくなってしまった頃。 美ハーモニーの仲間の話が 理解できなくなってしまった頃。 今まで自分がやってきたことに ? がつき始めた頃。 いろいろ重なって自分の軸だと信じていたものが、ポッキリ折れてしまったように感じました。    私にあったのは、   夫への反発心だけ?    [続きを読む]