mihoshi55 さん プロフィール

  •  
mihoshi55さん: 懐かしい昭和の情景を追って
ハンドル名mihoshi55 さん
ブログタイトル懐かしい昭和の情景を追って
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mihoshi55
サイト紹介文昭和に撮影した映像と今も昭和の情景を求めて茅葺き民家などを追っています。
自由文蒸気機関車、茅葺き民家、古い町並みの写真を送りします。
車椅子生活のため過去に撮影したネガをフィルムスキャナーで電子化するのが日課です。新たに撮影にいくより過去の写真を整理するのを優先しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供396回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2012/04/15 10:47

mihoshi55 さんのブログ記事

  • 茅葺民家  広島県旧東城町の民家
  • 高速道路の中国道東城インターの入口の連絡道を走っていたら見えた茅葺き民家後日撮影に行った。茅葺き民家を撮り始めた頃は茅葺の発見がうれしかった。人間は何かに夢中になる時が一番楽しく面白い。男は何かにはまり込む人が多い。いわばオタクである。オタクは男の特徴でもある。一人で何かに熱中して物を集めたり鉄道を追いかけたり。歳を取ってもオタクから脱却しない。茅葺き民家を撮るのも家庭があるので家内から度々嫌味を [続きを読む]
  • 日本茅葺紀行 NO,362 春は美山が花盛り
  • 撮影場所 京都府南丹市旧の美山町は茅葺の民家の周りが桜でおおわれる。観光客誘致のために国道や県道沿いに桜を植えている。春は桜、秋はモミジである。沿道を桜が迎えてくれるのが走っていて楽しいものだ。それもソメイヨシノだけでなく枝垂れ桜を結構見る。家内は枝垂れ桜に愛着を持っている。茅葺き民家と枝垂れ桜が撮影できる。京北町も枝垂れ桜は見られる。 [続きを読む]
  • 親父ギャグ その30 
  • C級川柳編1.ルペン勝ちルンペン増える国になり2.期待され今じゃ待機の児童たち3.赤い糸 今はラインというそうだ4.病気さえ笑いに変える親父ギャグ5.まもなく黄金週間だよ 働かぬジジイはいつもシルバーウィーク6.若者にたぶらかされるタブレット7.スマホ買い使った機能は電話だけ8.長いはしてみるものだエロサイト 元気に老人が増えワン 詐欺に引っかかる人が多い [続きを読む]
  • 私の昭和鉄道遺産 その28 C61型
  • 撮影場所 宮崎県日豊線南延岡機関区待機していたC6128号機を撮影する。昭和の時代にはごくありふれた日常であた。日々繰り返される平凡な日常自分の人生も多くは平凡な日常の積み重ねであったとおもう。しかし、こんな平凡な日常も時代と経過とともに撮れなくなる。まず蒸気機関車が廃止される。客車が老朽化や利用者の減少で廃止操車場や線路、機関区への立ち入り禁止時代とともにこんなありふれた日常も撮れなくなった。町中に [続きを読む]
  • 買い物かご 主婦のアイテムだったころ
  • 撮影場所 岡山県倉敷市玉島昔の主婦は買い物に行くときは買い物かごを持っていた。どこの家にも買い物かごは置いてあった。買い物かごをもって買い物に行かなくなったのはいつごろか私が写真を撮影した昭和40年後半はまだ買い物かごであた。この頃スーパーマーケットで買い物すると紙の袋にいれてくれた。しかし紙では冷凍食品や水気のあるものでは濡れて破れやすい。防水タイプの紙袋があったがポリエチレンの買い物袋が出来て一 [続きを読む]
  • 地図を見るのは得意ですか
  • 全国各地の茅葺民家を撮影しているので地図は必需品です。今までカーナビを付けずに地図を見ながら旅をしていましたが都市のホテルを夜間に探すのが苦労していた。歳で夜間地図が見えにくいで昨年カーナビを付けた。それでも茅葺を探すには地図は必需品で撮影する地域の地図をもって旅にでる。途中の高速道路はSAの高速道路地図がガソリンスタンドの所在がわかり便利地図は1/10万のが使いやすい。1/5万では小さすぎる。小字まで地 [続きを読む]
  • 2016年 茅葺写真展 雪囲い その1
  • 撮影場所 青森県金木町北国は冬場の防風雪に苦労する。北国で多いのは屋敷林であるが屋敷林のある地域とない地域がある。津軽地方はあまり屋敷林がない。新潟県の上越地方や山形県の置賜地方は美しい屋敷林に囲まれた散居村が見られる。津軽地方は防風林で集落を守る事も無かったのであろうか道路はブリザードの強い平野部には金属性の雪囲いを設置してある。田舎では一軒ぼっんと建っていることがあるが津軽では肩寄せ合って集落 [続きを読む]
  • 茅葺民家  岡山県旧加茂町
  • 岡山県加茂町は私が歩いたなかでは岡山県で一番茅葺き民家が残っていた。私は78軒撮影した。今も少しは残るがほとんどトタンを掛けたり取り壊しや建て替えた。いまの時代は親元へ子供が戻り家を継ぐ事はすくなく壊されるケースが多い。トタンを掛ける家は親や独身の子供が暮らしているケースが多い。たかが茅葺民家の撮影であるが日本の社会問題も見ることになる。過疎、高齢化、限界集落、晩婚化 未婚 空き家茅葺のモノクロの写 [続きを読む]
  • 日本茅葺紀行 NO,361 宮城県登米市の民家
  • 宮城県の民家は情報を持っていなかった。東北で茅葺民家を撮っている人に教えてもらい後は自分でさがした。何度か宮城県を訪れた。東日本大震災の前だった。東日本大震災の前にも宮城県は震度6に三度襲われている。その都度死者のでる大きな地震だった。あれは大震災の前兆であったのかおとずれた茅葺き民家は前兆と思われる地震でも壁などに被害がでていた。大震災のあとも宮城県には行ったが石巻や北上川沿いには家内が行くのは [続きを読む]
  • 蒸気機関車 煙の魅力
  • 撮影場所 北海道 室蘭本線蒸気機関車に煙がなかったらタダの鉄の塊煙を吐く光景をイメージするから停止している機関車にも魅力を感じる。煙がまるで生きた機械のように見える。苦しい時は黒い煙が垂直に上り頑張ってと声を出しながら進んでいく。寒い時は白煙を履きながら寒いなーと語る。蒸気機関車から長く伸びた煙はまるで昇竜であると思った事がある。公害の大気汚染の規制が厳しくなり車の排ガス規制や工場の排煙も管理され [続きを読む]
  • 広島カープは関東野武士
  • 広島カープは快進撃が続いている。週刊誌やネットは優勝間違いなしのような事を無責任に書いている。ペナントレースは始まったばかり。4連勝しても5連敗するのがペナントレース8月、9月に故障もなく余力を残しているチームが勝ちだ。wbcで大活躍した菊地選手の好プレー集をyou tubeで見ていた。素晴らしいプレーに守備範囲の広さ横っ飛びで取って立ち上がる途中で送球をしている。イチローのレーザービームと菊地の守備はさすがに [続きを読む]
  • 路地 狭いところが好き
  • 世の中には猥雑で狭い路地が好きな人がいる。聖なる神社仏閣が好きな人がいれば俗な風景のゴミゴミしたところが好きな人がいる。ブログにリアルタイム解析というのがあり本人だけが分かる。どんな記事に興味がありどんなキーワードで検索したのが分かる。またおおまかなアクセス元もわかる。私の場合セーラー服、混浴、熟女B、熟女の記事にアクセスされる事がある。ついつい笑ってしまう。一方、路地、屋根、壁、軒下、昭和の風景 [続きを読む]
  • ATMで現金カード忘れる
  • 家内が仕事から帰り今日はヒャットとすることがあったという。仕事で会社の金を10万円降ろしにいった。カードと現金は袋においてそのまま置いて忘れた。会社の金をおろしてついでに年金の振込日であったので自宅の金も10万円おろした。自宅のカードが見つからずもたつく後の人の迷惑もあり十分確認せず立ち去った。会社に帰り会社の金の袋がどこにも入っていないのに気付く。アッATMに忘れた!!血の気が引いた。すぐに銀行に電話し [続きを読む]
  • 2016年 茅葺写真展 塀と生垣 その2
  • 撮影場所 兵庫県旧吉川町生垣に囲まれた茅葺民家、昭和の時代の田舎の風景が残ってくれるのはありがたい。年とともにこんな田舎の風景は茅葺民家を主体とした保存地区しか残らないんだろう。保存地区はそう心が躍らない。民家は普段着の民家がよい。以前NHKで普段着の温泉という番組があった。地域の人が利用するローカルな温泉の紹介だった。自分も普段着の茅葺民家トいうタイトルで写真アルバムを作っても面白いかも。吉川町に [続きを読む]
  • やぶ椿三輪咲く
  • 山で小さな椿の苗を採ってきた。山歩きで他人の山だから盗ってきたと書くべきか椿は綺麗な園芸品種があるが私は藪椿がすきだ。山でもひとつの場所で何本か寄り集まっている。種が落ちて子孫が付近に増えるのか足摺岬などは岬に行く途中群生している。昔は椿油を採るため増やして椿山にしているところもあった。小さな苗も十数年育てたら大きくなり花を付けるようになった。植えて40年最近は100個もの花を付けていた。しかし、昨 [続きを読む]
  • 茅葺民家 津軽の民家
  • 撮影場所 青森県旧稲垣村青森の茅葺民家は大きい。東北の民家は大きいと言った方が正確なのかもしれない。こんな立派な茅葺民家が残っているのは茅葺を撮る者には大変うれしい。青森の茅葺民家で玄関の部分の屋根が一段高くなってる家を見かける。二階あるいは中二階の部屋があるのであろうか養蚕をやっているのか若者の部屋か山梨県の民家の突き上げのようなものかと想像する。本来は疑問に思えば住人の方や地域の人に聞いてみ見 [続きを読む]
  • 日本茅葺紀行 NO,360 京都府京丹波町
  • 京丹波町の富田に何軒か茅葺き民家がまとまってあった。ここは美山町に行く途中、国道27線を利用していた。その国道沿いに富田の集落があり茅葺き民家が見えた。兵庫の篠山から京都府の丹波町は旧国名では丹波である。昭和50年頃には素晴らしい田舎の風景、民家に出会えたと思う。こんなことに気づかず日々は過ぎてしまった。人生で趣味に打ち込めるのは独身時代とリタイアしたあとである。子育ての途中は旅の出来る環境ではな [続きを読む]
  • 私の昭和鉄道遺産 その27 D60型
  • 撮影場所 福岡県北九州市 筑豊本線折尾駅折尾駅は立体駅になっている。上に鹿児島本線、下には筑豊本線が走っている。駅舎も昔のままの古いのがこの当時は残っていたのだ。しかし、意識していなかったし知識としてなかったので撮影していない。写真は意識と知識と行動する気力がないと撮れないものだ。桜が咲いたらすぐに行動して撮りにいく。歳をとると意欲がなくなる。毎年見ているし天気が悪いのでと行動を妨げる考えは悪い。 [続きを読む]
  • 自転車が荷物運搬機だつた頃
  • 撮影場所 岡山県倉敷市玉島高齢者の多くは車の免許をもっていなかった時代現在は地方では成人に一台の車の時代だ。荷物の運搬は自転車だった。布団袋に入れた布団を荷台に乗せて運んだ。荷台の面積を大きくするためにスノコや板を二枚並べて荷物を置いた。大きな荷物はリアカーを自転車の後ろつけて運んだ。小学生の高学年になるとリアカーを後ろに付けて得意がって公道を走ったものだ。幼い子供は面白がって乗ってきた。何か大人 [続きを読む]
  • 2016年 茅葺写真展 塀と生垣 その1
  • 撮影場所 上 島根県宍道町 下 島根県大東町塀や生垣は暖かい地方が多い。雪の多いところでは雪で折れたり雪だしの邪魔になるので塀や生垣で囲むことはすくなかったのではと思う。しかし山形県の白鷹町荒砥や青森県尾上町は生垣でかこまれた家々で景観を保全しているところもある。ホームぺージなどでも町のPRにつかっている。房総半島の槙囲いの集落や鹿児島県も美しい生垣集落が残されている。定年後の暇人世代は全国の生垣を [続きを読む]
  • 茅葺き民家 兵庫県旧篠山町の民家
  • 篠山町はほとんど走ったと思ったが篠山の北部に通っていない道があった。篠山から京都府の三和町に抜ける道だ。その沿道に数軒茅葺民家があった。道を走っていて茅葺民家に出会えば嬉しいものだ。何も発見できないとガッカリするが一軒でも発見出来れば苦労が吹き飛ぶ。そんな思いで茅葺民家を探しもとめた。人生を生きるのは夢中になれること何かに打ち込むことであろうか。山の間の平野に集落があった。そこに茅葺民家があった。 [続きを読む]
  • 今日のC級 川柳 熟女
  • 今日のC級川柳1.まだいける 女の魅力は熟女から朝の二ユースを見て驚いたね藤あや子(55歳) 娘より若い男性と再婚30代前半妬む女や男に魔性の女とまた言われる桜田淳子58歳 一日限りのデビュー藤も桜田も秋田出身だ。30年前に大阪の女漫才師が桜田淳子ほど美しい人は見た事がないと言っていた。私はテレビの画像なのでそんなに美しいとは思わなかった。色の白さ肌のきめ細かさがあるのかな [続きを読む]
  • 日本茅葺紀行 NO,359 民家を裏から撮る
  • 撮影場所 島根県大東町民家の撮影は住人の許可を貰い裏から撮らせてもらうのがいい。裏からは山の斜面や裏の畑などからの撮影となる。生活のために細い山道が付いている。元気な頃は急斜面をよじ登り撮影した。裏から俯瞰すると山村の風景が見渡せる。地域の暮らしも感じ取れる。今は全くこんな写真は撮れない。家内に無理を言い撮ってきてもらうしかない。夏場はこんな場所には蛇や虫がいて行ってくれない。しかし、家の裏に道路 [続きを読む]
  • 蒸気機関車 通勤列車
  • 撮影場所 兵庫県 播但線溝口周辺朝の通勤列車を狙い冬の早朝にカメラを構える。車体が朝日で光輝く。横から撮影する。横から撮るにはブレナイためにシャッタースビートが1/250か1/500は欲しい。天気の悪い日は辛い。早朝の7時8時台の通勤列車を撮るには姫路からの一番列車の下りに乗らなくてはいけない。前日に来て泊まるか深夜に停まる特急寝台に乗せてもらうかである。客車が走るのは利用客の多いのは早朝と夕方にまとまって [続きを読む]
  • 親父ギャグ その29
  • 酒のみ1.ワシの人生一生修行(酒業)だった。2.酒は飲みますか 少々(升升)二升ほど3.酒の飲みすぎ レバーギブアップ(ネバーギブアップ)子供1.掃除 みんな箒をもって そうか掃くほう(白鵬)が好きなんだ2.お姉ちゃんはよう妹の服 (着せ)稀勢の里アバター1.アバターも靨(エクボ)痘痕(あばた)も靨このギャグは年寄りはアバターが分からず若者は痘痕も靨の意味が分からず不発でした。アバター SNSなどに使う自分のイメージキャラク [続きを読む]