谷口英子 さん プロフィール

  •  
谷口英子さん: 親子の笑顔を大切にしたい♪
ハンドル名谷口英子 さん
ブログタイトル親子の笑顔を大切にしたい♪
ブログURLhttp://ameblo.jp/beearth/
サイト紹介文不登校・ひきこもりのお子さんをもつ保護者の方へ、親子の信頼関係を修復できるヒントを届けます。
自由文2001年7月、「笑顔を大切にしたい♪」をテーマに、NPO法人相談室ハーモニーを設立。主な活動は、不登校・ひきこもりのお子さまをもつ保護者の方を対象としたカウンセリング、ワークショップ、講演会。
親子の絆を築き直すヒントや信頼関係を修復するマインドについて、暮らしで活かせるサポートをしています。
「子どもを想う愛情を素直に伝えられること」「子どもが願う愛情を届けられるなること」を大切にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 23:50

谷口英子 さんのブログ記事

  • 成長したなぁ(*^。^*)
  • サポート校を卒業後、自分のペースで生活をしている息子さんが、1年を振り返ってしみじみと言いました。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'  1年前の自分を思うと、  すごく変わったと成長したと思う。  何がって言葉だと言い表しにくいけど、  だって3年ほぼひきこもりだったのに、  毎日外に出て、知らないおばあさんたちと、  話しているんだよ!・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜' [続きを読む]
  • 1週間書いてみて
  • 9マスシートを書いて、1週間が経った頃のことです。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  不安と向き合い解消していくことは  まだ全く上手くできませんが、  9マスシートを書いていくうち、   息子がこんなにも優しい  心の持ち主だったのかと、今更気づき、  本当に愛おしくなりました。  この気持ちに気づけて良かった。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆素敵(^^♪ 不登校になると、不安に振り回され [続きを読む]
  • 否定的な言い方
  • 中村さんちは、息子さんの希望で小型犬を飼っています。まだまだ小さいので、ひとつずつ躾をしていますが、うまくいかないこともあります。 ボタンを口に入れたペットに対して、中村さんは注意をしました。「ダメでしょ!」と連呼していました。 それをみた息子さんは、「ママ、違うよ!」「○○、出して!」と犬に声を掛けました。そのうちポロっとボタンを出しました。 中村さんは、ご自分の「ダメ!」という否定 [続きを読む]
  • 不登校と向き合う講演会のご案内
  • 桜が散ったら、春が終わってしまったのでしょうか?まるで初夏のような毎日。半袖を出したり、冬物をしまったり、慌ただしい日々をお過ごしのことと思います。 まるで今年の春のように、ある日突然、想いもよらない子どもの変化に戸惑うこともあります。 どうして?何で?何があったの?いじめがあったの?原因は何? 親が望まない変化があると、親にとっては、不安、困惑、混乱などなど、色々な感情が入り乱れます [続きを読む]
  • 母の日のプレゼント
  • 今年の5月14日は母の日です。昨年の母の日の出来事です。 ひろし君は高校生のとき、1年弱不登校でした。学年がまたがっての不登校だったので留年せずにすみました。 お母さんとは最低限のことを話していましたが、お父さんとは、ものすごく険悪な関係でした。 何でも相談できる担任の先生に恵まれ、大学受験もでき、4月から大学生になり、自分なりの大学生活を楽しんでいます。 母の日のことです。ひろし君は [続きを読む]
  • 心が通う(^^♪
  • ♪―――――――――――――♪  同じものを観て、  同じように感じ、  笑えると、  一人で笑っているときよりも、  心が軽くなります。  大切にしたい時間です。          by 谷口 英子♪―――――――――――――♪あるご家庭で起きた微笑ましい出来事です。さとし君は、大学を中退した後、家で過ごしています。少しずつですが、自分のできること、  新聞を束ねて回収に出せるようにする  お風呂の [続きを読む]
  • 今をみよう・・・お母さんの気づき<242>
  • 高校に通っていたら3年生。中退してから1年半近く経っています。カウンセリングを始めたのは、中退して1年経った頃です。 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  不安は不安を呼び、エネルギーを使う。  より「今」を見ようと思うと、心が楽になる。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆カウンセリングを始めた頃の息子さんは、苛立って壁に穴をあけたり、ため息ばかりついていました。「もうダメだ」と絶 [続きを読む]
  • 親子関係がよくなる短歌〜26〜
  • 柔らかな   雨に恵まれ     育つ種  子らのこころと  いのちは同じ農作物の種を植えるのに適した季節と言われる頃になりました。無事に成長するには、暖かな日差しだけでなく、適度な水分も必要とされます。 その水分も激しい雨ではなく、春の柔らかな雨だと、適度な湿り気、温度で育ちます。 子どもの心も同じだなぁと思います。きびしい言葉ばかりを浴びていると萎縮します。曖昧な態度で接してこられると [続きを読む]
  • 返事が違う
  • まこと君は、18歳になりました。高校1年の途中で中退し、今は家で過ごしています。中退後は、心が荒れ、昼夜逆転、ゲーム三昧、何も話しかけられない雰囲気、話しかけてもこない毎日でした。 まこと君が心を開きだした今、お母さんは、気づかれたことがあります。 外出から帰るとき、「何か欲しいものがあれば、買って帰ります」とライン。 少し前の返事「買ってきてほしい時は、自分から言うので、いちいち聞くな [続きを読む]
  • 子どもからのメッセージ
  • 中学に入って間もなく不登校になりました。親は良かれと思い、色々と言いました。まさかこんなに長引くとは思っていませんでした。親も、「あのとき・・・」と心当たりがありました。そのことを謝って数日後のことです。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'このまま中卒で楽しいこともみつからないまま、社会の屑となって死んでいくのでしょうかね。・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*: [続きを読む]
  • 不登校と向き合う講演会のご案内
  • 桜が満開になり、春の訪れを感じてほっとしたら、また冬に戻ったような今年の春。そろそろ安定するのでしょうか? お子さんのことでも、また戻るのではないかしらと、不安な気持ちを抱えて過ごされておられる方もいらっしゃることと思います。 何だか不安でたまらない子どもをみていると悶々とした思いにかられるやれることは取り組んでいるはずなのに何がいけないのかわからない何を大切にすればよいのか そんな思 [続きを読む]
  • 素敵な会話
  • 高校入学後、ほどなく登校できなくなり、通信制サポート校に転校しましたが、登校できなかったり、テストを受けられなかったりの状態でした。 1年前にカウンセリングを始め、息子さんを“受けとめる”“寄り添う”“任せる”が、お母さんのテーマだとわかり、意識し続けてきました。今回初めて、テストを全科目受けることが出来ました。 子「テストを全科目受けられた!」母「お疲れ様。振り返ってみてどうだった?」子 [続きを読む]
  • お母さんの気づきの言葉<241>
  • 以前の朝ドラのセリフ「生きるのは変化をする事、変化をするのが生きるってことだ」が、心に響いたそうです。その時に気づかれたことです。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  息子も私も、少しずつ変化している。  しっかり生きているってことだ。  これからも変化を続けよう。  それが生きるってことだ!☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆素敵です(^^♪ 変化が突然、やってくることもあります。変化に良い [続きを読む]
  • 「聴く」を意識したら。
  • ワークショップで、「聴く」「話す」「観る」を3人一組でやってみたとき、参加者の皆様は、聴いてもらうことの心地よさ、聴いてもらうだけで、気持ちが前向きに変わっていく驚き、そんなビックリを経験されました。 田中さんは、ワークショップでの経験を活かして、いつもは聴きたくないと思っていた、ご主人の愚痴を聴いてみたのでした。 以前だったら、ご主人の機嫌は悪くなり、ご自分にも当たることがあり、嫌な気分 [続きを読む]
  • ママありがとう(^^♪
  • 中学に入って間もなく不登校になりました。親は良かれと思い、色々と言いました。その後、ご縁があって、お母さんがカウンセリングを受けて、2か月半経った頃のことです。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'  ママ、ありがとうね。  なんか夜になると、  感謝の気持ちになるんだよね。・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜' ママが自分のしあわせを願って、色々と言って [続きを読む]
  • パワーが出そう・・・素敵な声かけ
  • まこと君は、中学3年生です。しばらく学校に行っていません。毎日、自分なりにゲームを楽しんでいます。生活のリズムだけは崩さないようにと、まわりの大人から言われ、頑張ってきていました。 先日、ビックリするほど遅くなって起きてきました。子「こんなに寝ていたの初めてだ。」その後、自分なりに夕飯のことを考えて、遅めの昼食を食べました。 その後、夕飯までの間、いつものゲームを始める前にお母さんが、まこ [続きを読む]
  • お母さんの気づきの言葉<240>
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  自分の中のモヤモヤと向き合えない時、  押し込んで無かったことにしようとすると、  後になって、逆にひどく落ち込む。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆そうなのです。心地悪いから見てみぬふりをすると、解決したわけではないので、心の奥でくすぶっています。 しっかり子どもを受けとめたほうがよい場面で、見てみぬふりした気がかりが顔を出して、受けとめるど [続きを読む]
  • 100日が経ちました。
  • 最初は訳もわからず、不思議な9マスシートを書いて、どうなるのかしらと不安を感じながら取り組まれる方がほとんどです。100日経ったときの感想です。 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  自分の中では少しずつ見方や考え方が、  変わったように思います。  今は、子どもが家にいてくれて、  顔をあわせて話ができることが、  幸せだと思います。  この幸せを大切に過ごしたら、  子どもの気持ちも少し [続きを読む]
  • 不登校と向き合う講演会のご案内
  • いつになったら暖かい春がくるのかしらと、不安定な毎日が続いていました。やっと街中、春を感じる季節に落ち着いてきたようです。 そのような中、不安定な毎日に焦りや心配でいっぱいの方もいらっしゃるかと思います。5月28日(日)に下記の講演会を開催いたします。どうぞお気軽にご参加ください。 ≪不登校と向き合う≫講演会≫  心が和むと変化が起きる! 今の状況を、親にとっても、子どもにとっても、これか [続きを読む]
  • 不安と取り除くのではなく
  • ―――――――――――――――♪  子どもが歩きやすいように、  足元の石ころ(不安)を取り除こうと  親は躍起になります。  石ころを取り除くのではなく、  足元を照らし、石ころを見ながら  歩いていけるように寄り添います。              by 谷口 英子♪――――――――――――――――♪親のすることは、不安に寄り添うことです。寄り添ってもらうと一人ではないという安心感が湧いてきます。 [続きを読む]
  • ひまだなぁ。
  • 高校を中退した頃は、昼夜逆転しゲームばかりしていました。今もゲームはしていますが、時折、リビングにフラッと顔をだします。そのような頃の会話です。 子「ぐっすり眠った日の午前中ほど、暇な日はない。」母「そう・・・そんなにひまなのね。子「こんな時、スポーツやったら、個人練、いくらでもできるのになぁ。  体力つけるって言っても、体力つける前に疲れちゃうしなぁ。母「そう・・・ゲームの練習とかはどうなの [続きを読む]
  • 大学進学への迷いあれこれ
  • 高校1年の終わりから2年にかけて不登校でした。高校に戻り、通い始めた頃、進学について考え、大学に行き、授業風景も見てきました。講義中でも居眠り、スマホ、おしゃべりetc高校生以下の授業態度にガッカリしました。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'  あの程度の大学だからか?  もっと上の大学なら違うのか?  ○○○でもあんな感じだった。  私立の文系なんて、  しょせんこんなもの [続きを読む]
  • 親子関係がよくなる短歌〜25〜
  • あたたかい   光と風に     さそわれて  心あらたに  歩み出す子ら 春の日差しが当り前になり、暖かい風に心地よさを感じられるようになりました。 心を閉ざした子どもたちも、変わらぬ暖かさを感じるようになると、たくさん着こんでいたコートを脱ぎたくなります。 手足を思いっきり伸ばすように、心も思いっきり解放できますように(^^♪ ポチッとしていただけると親子の笑顔が広がります♪   [続きを読む]
  • 講演会の感想(昨年の講演会の感想です)
  • 一年前に初めて講演会に参加されたお母様が、その後、何回か参加され、今回の感想です。   1年前、わたしなりに色々努力はしていたものの、  高校3年になり状況は悪化・・・  その頃に初めて参加。  不安と焦りと諦めに似た気持ちもありました。  その後、カウンセリングを受け、  自分が変わらなくっちゃ、こうしなくては・・・  と思っている時は、中々出来なかったことが、  自分の気持ちを感じられると、 [続きを読む]