谷口英子 さん プロフィール

  •  
谷口英子さん: 親子の笑顔を大切にしたい♪
ハンドル名谷口英子 さん
ブログタイトル親子の笑顔を大切にしたい♪
ブログURLhttps://ameblo.jp/beearth/
サイト紹介文不登校・ひきこもりのお子さんをもつ保護者の方へ、親子の信頼関係を修復できるヒントを届けます。
自由文2001年7月、「笑顔を大切にしたい♪」をテーマに、NPO法人相談室ハーモニーを設立。主な活動は、不登校・ひきこもりのお子さまをもつ保護者の方を対象としたカウンセリング、ワークショップ、講演会。
親子の絆を築き直すヒントや信頼関係を修復するマインドについて、暮らしで活かせるサポートをしています。
「子どもを想う愛情を素直に伝えられること」「子どもが願う愛情を届けられるなること」を大切にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 23:50

谷口英子 さんのブログ記事

  • 心からが大事  お母さんの気づき<266>
  • もやもやをスッキリさせて帰宅したら、お嬢さんが、たくさん話しかけてきました。その時に気づかれました。 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  下手な言葉や考えた言葉ではなく、  心からのにこにこ顔で十分。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆素敵♪自分の中の心配、不安、焦り、怖れ、不満に向き合い、スッキリして貰うのは、心がにじみ出る表情、声色が伝えるものの大きさがすごいからなのです。 小手先で、このように [続きを読む]
  • 信頼が伝わるということ
  • 中村さんは、息子さんと映画を見る約束をしていました。いざ出かけるとなったら、息子さんは準備に時間がかかっていました。 息子さんは準備を終えると、待っていた中村さんに、「遅くなっちゃってごめんね。」とニコニコしながら伝えてきました。 息子さんの素直な想いを感じた瞬間でした。 その後のお出かけの時です。9時に出かけると約束していたのに、息子さんは、8時40分からゲームを始めました。 この時も、中村さんは息子さ [続きを読む]
  • 勇気は振り絞るもの
  • ある日、息子さんが力強く言われました。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'  勇気は人からもらうものではなく、  自分でいろいろなものを積み重ねて、  自分がふりしぼるものなんだよ〜!・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'お母さんは訊いてみました。母「人から背中を押してもらえるということはある?」子「自分は、ないね!」 この言葉を聴いたお母さんは、  必ず、息子は [続きを読む]
  • 講演会の感想&ご案内
  • 秋の講演会を控え、これまでの講演会の感想で印象に残ったのをお伝えします。 講演会では、不安やモヤモヤを整理して想いを明らかにして生活することの大切さと、親の関わり方についてをお伝えしています。その中で、いやなことを伝えるコミュニケーション力などについて、わたしが、いつもお伝えしていることは・・・「家庭内でできなくて、 社会へ出て出来るなんて不思議な事はない。」 これを受けての感想です。「今を大切に、 [続きを読む]
  • 今を大切にしたい
  • ♪ーーーーーーーーーーーーーーーーー♪  今の状況の犯人探し、原因探しは、  時間ばかりを費やします。  生きている「今」を大切にしたい。          by 谷口 英子♪ーーーーーーーーーーーーーーーーー♪誰かのせいでこうなったのではないかしら?わたしがいけなかったから?など、犯人探しや原因探しをしても、色々な要素が絡み合って、今の状況が起きているので、見つけるのは大変な労力と時間がかかります [続きを読む]
  • 家の空気がよいと、いいことばかり〜お母さんの気づき<265>
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  家の中の空気がよければ家族みなが楽しい。   楽しいと自然に笑顔になり、会話も弾む。  優しい気持ちで接することができたら、  相手もどんどん思いやることができる。  相乗効果がいっぱいある。。  この気づきも大切にしていこう。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆気づいた人から行動すれば、空気を変えられます。 理屈で生きていません。理論 [続きを読む]
  • 受けとめたら・・・
  • ひかる君は、高校1年の途中から学校に行かなくなり、中退しました。中退当時は、口もきかず、昼夜逆転、ゲーム三昧の日々でした。中村さんも、ひかる君に声をかけづらく、腫れ物にさわるように、遠巻きにみていました。 そのような日々に耐えかねた中村さんが、カウンセリングを受けられるようになり、やがて1年が経とうとする頃のことです。 ひかる君が突然、部屋から出てきてきました。子「あ〜心が折れた・・・」母「あら、困っ [続きを読む]
  • 充電期間かしら<2>〜『親のあり方』
  • 充電期間かしら<1>〜『心の整理』からの続きです。 田中さんだったら、どのような人といるときに、やる気がなくなったり、どうでもよくなったりしますか? ★上から押さえつけてくる人。★ さっさと切り上げていってしまう人。★ 傲慢な人。★ 自己主張の強い人。★ 仕切りたがる人。★ 論理的に正論を言う人。★ 指図する人。★ 打算的な人。 どういう人といると、「楽しみたい」と思えたり、「ワクワク」してくるでし [続きを読む]
  • 充電期間かしら<1>〜『心の整理』
  • 田中さんは、中々動きださない息子さんを見ていてモヤモヤしていました。前向きに「充電期間かしら・・・」と考えてはみるものの、「何だか、ずっと充電しているようだわ・・・」と・・・モヤモヤを整理することにしました。 Q. どんなことが気になりますか?A. 教習所への入所手続きをしたりなど、  多少動きがでてきてうれしいけれども・・・  明確な目標が見えるといいなぁと思います。  見えてくれば、具体的な行動に [続きを読む]
  • 見えてないところも意識できる
  • 9マスシートに向き合い30日近く経った頃に気付かれました。 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  子どもの同級生を見かけると、  帰宅してから、、  わたしが観ている息子の状態だけを  クローズアップしてしまい、  息子の本質が見えなくなると気付いた。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆ よくあることです。お子さんの同級生を見かけると、「どうしてうちの子だけが・・・」と、皆が出来ていることが出来 [続きを読む]
  • お母さんの気づきの言葉<264> 
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  人間一つのことがよくなると、  全体がよくなるのではないかと思う。  一つのことが自信につながって、  他の事にも意欲的になれるからだと思う。  だからこそ、子どものいい面が  どんどん伸びていくように接すれば、  よいのだと思う。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆まず親が、わが子のいいなぁと思う面に気づき、それをしっかり受け止めていきます。 そう [続きを読む]
  • 不登校と向き合う講演会のご案内
  • 夏休みに学校から解放され元気で過ごしていた子どもも、お盆過ぎあたりから、  体調が不安定になったり、  ふさぎがちになったり、始業式を意識する頃から、  落ち込んだり、  イラついたり、お子さん達は、学校を意識しだしていたことと思います。 何とか登校したものの、行き渋るようになっていたり、止まってしまったお子さんもいらっしゃることと思います。 不安を持ち続けていると、親の心も重くなり、表情も暗くなり [続きを読む]
  • 傷つくこと
  • かなちゃんは、中学1年生です。中学入学後、ほどなく学校に行けなくなりました。今は、お母さんに色んなことを話してくれる様になりました。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'  自分が迷惑をかけて叱られるのは、  自分が悪かったから平気だった。  先生や友達に理不尽なことを言われたら、  忘れられないほど傷ついた。  どんどん自分らしさを出せなくなった。・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*: [続きを読む]
  • 変わらない(><)
  • 田中さんの息子さんは、高校卒業後から、家にひきこもるようになりました。何とかしなければと思ってはいたものの、気づいたら10年という年月が経っていました。 その後、カウンセリングをスタートされ、断絶状態の息子さんとは、気軽に何でも話せるようになったし、出かけることもできるようになりました。 最近、なんだか状況が変わらないことが気になり出しました。刺激がほしいと思われています。このもやもやを整理すること [続きを読む]
  • けなされるより、気にかけてもらいたい
  • 私たちは、否定されたり、けなされると、確かにとは想うものの、心は動きません。 「太ったね」と言われると、それが事実なだけに、そうなのよと受け止めるものの、なんか、「いいじゃない」と反発する心も出てきます。 でも、「君だから言えるんだけど、 いつまでもきれいにいてほしいんだ」という意味があると想うと、心は俄然、前に向きます。 あるお母さんは、ご主人からも、息子さんからも、「太ったよね!」と言われ、たし [続きを読む]
  • お母さんの気づきの言葉<263> 
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  短所は長所の裏返し。  それを心にとめておくと、  人に対しても、自分に対しても、  見方が変わると思う。  性格は中々変えられないけれど、  考え方やものの見方は、  心がけ次第で変えられるものだと思う。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆短所と思えば不快な感情がわいてきます。見方を変えて長所と思えると、温かく見守れるようになります。 今まで見ていた景 [続きを読む]
  • 子どもの気持ちの方向
  • ♪ーーーーーーーーーーーーーーー♪  子どもが今、どう思っているのか、  どういう方向性でいるのか、  そのことを大切にします。         by 谷口 英子♪ーーーーーーーーーーーーーーー♪停滞していた子どもががんばりはじめると、無理しているのではないか?疲れて動けなくなるのではないか?と心配になり、ついつい「無理しすぎないでね。」「無理しすぎたかな?」など声をかけます。 今、子どもが、無理し [続きを読む]
  • 不登校になって気づけてよかったこと
  • 息子さんは、中学に入ってからまだら登校になり、2年生の後半からは行けなくなりました。 カウンセリングが始まり1か月経った頃に気づかれたことです。 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  不登校になって、わが子の気持ちを考え、  本質を見るチャンスをいただけた。  大切にしたい。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆もし登校し続けていたら、考えていなかったことだそうです。無駄なことはありません [続きを読む]
  • 懐が深い  
  • お子さんが不登校になってから、ペットを飼い始める方は多くいらっしゃいます。 ペットも小さい頃は、いたずら好き。 お仕事をしているお母さんにとって、帰宅してから、粗相をされたりすると、何もかも投げ出したいくらいイヤになることもあります。 そのような時の会話です。母「もう、知らない。死にはしないよ。」子「だめだよ。長生きしてほしいもん。」 お子さんの素直でストレートな言葉を聴いて、確かにその通りと思い、ご [続きを読む]
  • 共有できる歓び
  • まこと君は、高校1年で中退しました。中退した頃は、部屋にこもり、ゲーム三昧。暴言、暴力はありませんでしたが、ご両親とは距離をおいて過ごしていました。 今では、その時のことが考えられないくらいです。 ある日、夕食後、自室に行きかけたまこと君は戻ってきて、「いい曲見つけたから、それだけ聴かせるね!」と、聴かせてくれました。母「わ〜、心が落ち着く曲ね。いい。いい!」子「でしょ!」母「ありがとう、またいい曲 [続きを読む]
  • 不登校と向き合う講演会のご案内
  • 夏休みを心から楽しめたでしょうか?夏休みにあんなに元気だった子どもが、新学期を意識した頃から、不安定になり、親子で揺れ動いて過ごされたかたも、いらっしゃったのではないでしょうか? 秋の講演会の日程が決まりました。10月29日(日)に下記のように開催いたします。お気軽にご参加ください。 ≪不登校と向き合う≫講演会≫   心が和むと変化が起きる! 今の状況を、親にとっても、子どもにとっても、 これからの人生 [続きを読む]
  • 心は傷み続けてます。
  • けんじ君は、中学3年で不登校になる前、小学生の時、学校に行きたくなくて暴れて、お母さんを蹴ったことがありました。今、19歳になって言ったことです。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'  暴れて、お母さんを蹴ってしまったことを、  今でも申し訳なかったと思っている。・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'蹴ってはいけないことぐらいわかっているのです。でも蹴らずにはいられ [続きを読む]
  • お母さんの気づきの言葉<262>  
  • いつも忙しい時間に親御さんから電話がかかってきて、言いたいことだけを言って、電話を切ることに、うんざりしていたときに、気づかれました。 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  私は少し年を重ねた分、親の話をただただ聴ける。  「親は私のことを心配して電話してきている」  と分かっているから、仕方なく? 優しく?   聴く事が出来る。  あれ? 年を重ねていない子どもも、  私の話を聴い [続きを読む]
  • パソコンばかりして<3>〜『親の関わり方』
  • パソコンばかりして<1>〜『心の整理』パソコンばかりして<2>〜『親のあり方』からの続きです。 ≪場面≫1日中パソコンばかりをやっている。≪想い≫色々とやってみたいと前向きになってほしい。 どのように関わったのかを教えてもらいました。(ついやってしまう行動 〜習慣行動〜)=========================母:子どもの部屋に入り、否定はしないけれども、「このままでいいの」という不安なま [続きを読む]
  • パソコンばかりして<2>〜『親のあり方』
  • パソコンばかりして<1>〜『心の整理』からの続きです。 田中さんの不安は、息子さんに「前向きになってほしい」を知らせるシグナルでした。 まず先に、どういう人といると、『やる気にならない』『やる気がわかない』と思うでしょうか? ★ やってることを否定する人★ 指示・命令する人★ 言うことがコロコロ変わる人★ 責める人★ 批判する人 次にどういう人といると、『いつもと違うことをしてみようかな』と思えるでし [続きを読む]