谷口英子 さん プロフィール

  •  
谷口英子さん: 親子の笑顔を大切にしたい♪
ハンドル名谷口英子 さん
ブログタイトル親子の笑顔を大切にしたい♪
ブログURLhttp://ameblo.jp/beearth/
サイト紹介文不登校・ひきこもりのお子さんをもつ保護者の方へ、親子の信頼関係を修復できるヒントを届けます。
自由文2001年7月、「笑顔を大切にしたい♪」をテーマに、NPO法人相談室ハーモニーを設立。主な活動は、不登校・ひきこもりのお子さまをもつ保護者の方を対象としたカウンセリング、ワークショップ、講演会。
親子の絆を築き直すヒントや信頼関係を修復するマインドについて、暮らしで活かせるサポートをしています。
「子どもを想う愛情を素直に伝えられること」「子どもが願う愛情を届けられるなること」を大切にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/04/15 23:50

谷口英子 さんのブログ記事

  • NOと言ってくれる・・・お母さんの気づき<256> 
  • 以前、息子さんから、「NO」と言われたり、返事がないと、落ち込んでいたお母さんが気づかれました。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  最近は嫌なことは、はっきり“NO”と  言ってくれるので、逆に安心して、  色々と聞いたり頼んだりできるようになった☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆お母さんの意識が変わると、お子さんの状況も変わります。今では、気軽に色々な話ができるようになりました。 [続きを読む]
  • 心を整理すると・・・
  • ♪ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー♪  否定的な感情と向き合い整理すると  「想い」が見えてきます。  見えてくると、ものすごく落ち着いてきます。  そして心豊かになれるのです。  受け止める質、聴く質、  それまでとは全く違うものになります。            by 谷口 英子♪ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー♪もやもやしたら、何が気になるんだろう?なぜそう思うんだろう?と [続きを読む]
  • 教えてくれるようになった!
  • 9マスシートに取り組んで80日近く経った頃です。息子さん(20歳)の前では、緊張しておどおどすることが多かった田中さんは、自然体でいられるようになってきました。 それと同時に、田中さんが出勤される10〜20分前に、リビングに来て、いろいろと話しかけてくるようになりました。 *食べたいもの*買ってきてほしいもの*やめてほしい事*やってほしい事*田中さんへの質問 たわいない当たり障りのない話はできるようになってい [続きを読む]
  • 子どもの自立に悩む保護者向け講演会のご案内
  • 暑い日が続いています。講演会のお申込みは、本日の17時までです。このテーマでの講演は、しばらく予定しておりません。また今度と思っていらっしゃる方、調整がつくようでしたら、ご参加ください。 公益財団法人 新宿区勤労者・仕事支援センター委託事業≪子どもの自立に悩む保護者向け講演会≫ 【共催】新宿区 『若者の心理状態と親の関わり方』 親が子どもの状態や子どもの求めていることを知り、子どもが自ら一歩前に踏み出 [続きを読む]
  • ゲームとは違う脳が働いている(*^。^*)
  • まゆみちゃんは、中学2年生。中学1年生から学校へは行っていません。 お母さんがまゆみちゃんを受けとめるようになってから、まゆみちゃんの自己肯定感が戻ってきて、色々とチャレンジするようになりました。今は、漢字を毎日、覚えています。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'  ゲームと違う脳が働いているのかな。  スッキリする。  勉強も楽しいネ。・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆ [続きを読む]
  • テストの結果が気になる
  • まこと君は、高校3年生です。出席日数はギリギリ、テスト結果もギリギリ。そのような中、大学受験をしたいと塾に通い出しました。塾では毎回小テストがあります。小テストの結果は、ネットで親も確認できるそうです。他の子どもたちは、どんどん合格していくのもわかるそうです。まこと君はずっと不合格のままです。お母さんは、復習と練習さえすれば合格できるのにと、責める気持ちが出てきていました。そこで不合格と分かってい [続きを読む]
  • 待ってみる・・・お母さんの気づきの言葉<255>  
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  子どものことを待ってみると、  子ども自身が考えて行動していることが  よくわかる。  何でもないようなことでも待っていると、  考えて行動している。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆待つことは、「あなたを信頼していますよ」というメッセージです。信頼されていると思うから、自分の考えを信じて取り組みます。 この積み重ねで、子どもは自分なりのやり方を身 [続きを読む]
  • ひょっとして作るの好きな方かな?
  • ひかる君は、ご両親が出かけている間、お母さんが作ったものを食べているだけでなく、自分で料理して食べていました。 そこでお母さんは訊いてみました。母「ひょっとして作るの好きな方かな?」子「うん、そうかもしれない!  作る途中でいい匂いしてきたらうれしいし、  出来上がったら、よし食べるぞ!ってうれしい!  ワクワクするから、自分で作るの好きかも!」そして子「自分で作ったものが、本当は一番おいしいかも [続きを読む]
  • 受けとめてもらえると
  • ♪―――――――――――――――――♪  文句やグチ、イライラは、  ただただ受けとめて聴いてもらえると、  流れていきます。  言いたいときに言えて、  そのまま受けとめてもらえると、  いつも元気で過ごせます。        by 谷口 英子♪―――――――――――――――――♪グチを言いたい時、文句を言いたい時、イライラをぶつけたい時ってあります。 その時に、ただただ受けとめて聴いてもらえると [続きを読む]
  • 子どもの自立に悩む保護者向け講演会のご案内
  • 暑い日が続いています。講演まで、あと1週間となりました。 お子さんの動きが悪く停滞しているようで心配な方、お子さんが自立に向けて考えているのか不安な方、早く動きださないと選択肢がなくなるのではと焦りを覚える方、お気軽にお越しください。 どうやって向き合っていくかについてお話します。 公益財団法人 新宿区勤労者・仕事支援センター委託事業≪子どもの自立に悩む保護者向け講演会≫ 【共催】新宿区 『若者の心理 [続きを読む]
  • 家は嫌だった
  • マコト君は、中学3年生です。2年生になってから、行き渋るようになり、今では、ずっと休んでいます。 お母さんが、マコト君への関わりを変えて2週間経ったころのことです。正直なことを話してくれました。 子「妹には、自分の時のように厳しくし過ぎないでほしい。  自分が中1の時に、成績やテストの事で厳しすぎて家が嫌だった。」 お母さんは静かに受け止めました。 母「そうか・・・お父さん、お母さん、マコトに厳しすぎたん [続きを読む]
  • お小遣いもらってもいいよね(*^。^*)
  • サポート校を卒業後、自分のペースで生活をしている息子さんが、突然言いました。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'  自分は食事の用意を手伝ったり、  片づけをしたり、洗濯物を取り入れたり、  たまに掃除機をかけたり、  家族に貢献してるよな〜。  だから、お小遣いってもらってもいいよね。・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜' 今ここでやっと、お小遣いをもらう自分を [続きを読む]
  • 喜んでもらいたい・・・お母さんの気づき<254> 
  • カウンセリングを続けて、1年経ったときに、ご飯の用意をイヤイヤやっていたことに気づかれました。 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  義務感だったのかもしれない。  今やっと喜んでもらいたいと思って、  用意している。  そうすると不思議なことに、  息子が和んで食事をしている。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆美味しさの隠し味は、お料理をする人の愛です。 尊敬する奈良毅先生が、ご病気(肺腺癌の [続きを読む]
  • お父さんの怒り爆発!!
  • お母さんは、フルタイムで働いていても、女性性の特徴であるプロセスを見ることができるので、子どもの様子がよく見えます。 お父さんは、男性性の特徴である結果ばかりに囚われるので、小さな変化をとらえるのが苦手です。 タカシ君は、サポート校を卒業して1年が経ちました。この間のタカシ君の成長は目覚ましいものがあります。何と言っても、自己肯定感がしっかりしました。その変化をお父さんは感じ取れていませんでした。と [続きを読む]
  • その気になれるわ  
  • 暑くなってきて汗をかいているのに、お父さんは、すぐにお風呂に入ろうとしなくて、お母さんが困っているのを聞いた後の息子さんの声かけです。 子「お父さん、お風呂にさし湯してしまったから、  お湯いっぱいになっちゃった。  お風呂に入っといて。」父「そうか。入ってくるか。」 早く入ってよ。すぐ入ったら。など、急かす声かけでなく、相手を尊重する声かけです。 こう言われれば、お風呂に入る気になれます。声かけの [続きを読む]
  • その風貌で行くの(@_@)〜<2>
  • その風貌で行くの(@_@)〜<1>からの続きです。 息子さんに「等身大の自分でいいと思ってほしい」と思っているにも関わらず、今の風貌のまま出かけることに抵抗を感じる心に向き合いました。 Q.どんなことに抵抗を感じているの?A.世間体。 Q.どんなこと?A.そのまま出て行ったら、世間が違和感を感じる。 Q.気がかりなことは?A.雰囲気が怪しげと思われそう。 Q.そう思われたら、何が気になる?A.息子を否定されてると思 [続きを読む]
  • その風貌で行くの(@_@)〜<1>
  • 佐藤さんの息子さんは、通信制の高校に転校後、「違う」と言って行かなくなり、家で過ごす日々が続いていました。 半年前には、大きなため息をつき、「もうダメだ」と絶望感を漂わせていました。 佐藤さんがカウンセリングを始め、3か月過ぎた頃から、「勉強をしたい。」というようになり、今では、家庭教師の先生に来てもらい、勉強に取り組めるようになりました。 近々、息子さんは中学時代の親友と出会うことになりました。シャ [続きを読む]
  • 子どもの自立に悩む保護者向け講演会のご案内
  • やっと申込み受付開始となりました。 不安を持ち続けていると、どうしてもそのようなまなざしで、お子さんをみてしまいます。不安で一杯で、違う視点から考えたり、お子さんを見たりすることが難しくなります。 どうぞ、お気軽にご参加ください。 公益財団法人 新宿区勤労者・仕事支援センター委託事業≪子どもの自立に悩む保護者向け講演会≫ 【共催】新宿区 『若者の心理状態と親の関わり方』 親が子どもの状態や子どもの求め [続きを読む]
  • 自分に意識が向いてしまう・・・お母さんの気づきの言葉<253>  
  • ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  何気ない会話でも、自分に気持ちがいってしまい  相手の気持ちを後回しにしてしまうクセがある。☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆つい自分の気持ちが動くと、その感情に囚われてしまい、相手がどう想っているのか、相手がどうしているのか、相手のことは、吹っ飛んでしまいます。そうなると会話にはなりません。 気づいたら気をつけられます。どういった場 [続きを読む]
  • 高校中退した
  • さとし君は、希望して入った高校を、1年の途中で中退しました。その後、2年経つ頃に話してくれたことです。 オンラインゲームの友達に、「俺、高校やめたんだ。」とカミングアウトした子がいて、「強いなぁ」と思ったそうです。 そのときのさとし君は、「プライドもあったし、どうしても言えなかった」そうです。 また別のオンラインゲームで知り合った友達の一人に、最近、言われたことを話してくれました。「お前、色々なことか [続きを読む]
  • 笑顔で過ごしたい♪
  • ♪―――――――――――――――――♪  笑顔はお互いの心を和ませてくれます。  できれば、笑顔を待つより、  自分から笑顔で過ごしたい♪        by 谷口 英子♪―――――――――――――――――♪笑顔をみると、自然とこちらも心が和みます。とくに子どもの笑顔をみると、ほっとします。お互い様です。 そうであれば、自分から笑顔を心がけたいものです。自分の周りには笑顔が広がります。結局、自分がと [続きを読む]
  • 謎の安心感  
  • まこと君は、中学2年生。中学1年生の途中から休み続けています。 お母さんがまこと君を受けとめるようになってから、暴言が減り、少しずつ心を開き、自ら行動することも増えてきました。 朝からゲームをしてご機嫌で、大声で楽しんでいました。お母さんが、もう少し小さな声にしてほしいと頼んだら、言ってきました。 ・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'・:*・☆..:*:・゜'  学校へ行かないから、朝、  謎の安心感があるん [続きを読む]
  • 任せるって信じることだ(*^▽^*) 
  • 受けとめたら・・・(#^^#)の続きです。 出勤の準備をしている間、中村さんは息子さんのことが気になり、チラチラと見ていました。 おぼつかない手つき、手順が違うように見え、つい手だし、口出しをしそうになりましたが、「大丈夫、ちゃんと作れる」と思い直し、ご自分の支度を済ませていました。 息子さんは無事、自分でラーメンを作ることができ、美味しそうに食べ始めました。 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆  任せるということは [続きを読む]
  • 受けとめたら・・・(#^^#)  
  • 9マスシートに取り組んで80日近く経ったころのことです。 中村さんが出勤しようとしたら、息子さんから、「ラーメンを作って!」と言われました。 時間がギリギリになっていたので、「時間的に難しいから、一緒に作ろう」と受けとめて、「お湯を沸かしてくれる?」と頼みました。 息子さんは、すぐお湯を沸かしてくれました。それから「ラーメンの袋に何て書いてある?」と訊いたら、それを読んでいた息子さんが、「出来そうだ。」 [続きを読む]
  • 子どもの自立に悩む保護者向け講演会のご案内
  • 梅雨のような?毎日が続いております。講演会の申込み受付が、1週間後になりました。 何とか自立してほしいと思って関わっているつもりだけど、状況が変わらず不安な方、どうしたら子どもが動くのだろうかと焦っている方、色々なことに取り組まれてきた方、どうぞ、お気軽にご参加ください。 公益財団法人 新宿区勤労者・仕事支援センター委託事業≪子どもの自立に悩む保護者向け講演会≫ 【共催】新宿区 『若者の心理状態と親の [続きを読む]