楽器買取NO.1 さん プロフィール

  •  
楽器買取NO.1さん: 楽器買取NO.1のブログ
ハンドル名楽器買取NO.1 さん
ブログタイトル楽器買取NO.1のブログ
ブログURLhttp://www.gakkikaitori-no1.com/blog/
サイト紹介文中古楽器(ギター、電子ピアノ、エレクトーン、サックスなど)その他機材等高価買取いたします。
自由文買取方法は、出張買取、持込買取、宅配買取の3通りからお選びいただけますので、お客様の都合に合わせることができます。まずは楽器買取No.1へ査定依頼をお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/04/16 15:32

楽器買取NO.1 さんのブログ記事

  • Hans Hoyer(ハンスホイヤー)の801GALについて【ホルン】 
  • ドイツには数多くの楽器メーカーがありますが、ドイツを代表するホルンメーカーと言えばHans Hoyer(ハンスホイヤー)がその一つでしょう。 Hans Hoyer(ハンスホイヤー)のホルンは柔らかさと甘さのある音色が特徴で、日本でも多くの方に愛されています。 吹き心地や音程に目立った癖はなく、吹き易いというのも魅力ですね。 そんなHans Hoyer(ハンスホイヤー)の中でも長い歴史を持つのが [続きを読む]
  • YAMAHA(ヤマハ)のYCR-8335S”NEO”について【コルネット】
  • YAMAHA(ヤマハ)では先端技術と伝統とを組み合わせた、ブラスバンドのNeoシリーズを展開しています。 Neoシリーズの開発にはトップ奏者も協力しており、質の高い音色が追及されています。 今回はそんなYAMAHA(ヤマハ)のNeoシリーズの一つである、BbコルネットのYCR-8335S”NEO”をご紹介しましょう。 YCR-8335S”NEO”はフィリップ・マッキャン氏とラッセル・グレイ氏が開発に協力して作 [続きを読む]
  • GIBSON(ギブソン)のJ-45 Standard VSについて【ギター】
  • GIBSON(ギブソン)のギターはどれも甲乙つけがたい程素晴らしいものばかりですが、その中でもJ-45は特に名器と名高いギターです。 GIBSON(ギブソン)と言えばJ-45を挙げる方も多い、定番モデルでもありますね。 そんなGIBSON(ギブソン)の定番モデルを現代風にしたのが、J-45 Standard VSです。 J-45 Standard VSはトップにスプルース、サイド&バックとネックにマホガニー、指板&ブリッジ [続きを読む]
  • XOTIC(エキゾチック)のSoul Driven AHについて【エフェクター】
  • 好きなアーティストと同じ楽器を使いたいという方は少なくないと思いますが、ギターの場合ですとギターはもちろん、エフェクターやドライブ・ペダルも同じものをと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 エフェクターなどでもシグネクチャー・モデルがあり、XOTIC(エキゾチック)のSoul Driven AHもその一つです。 ギタリストであるアレン・ハインズは元々XOTIC(エキゾチック)のブース [続きを読む]
  • Cadeson(カドソン)のT-92について【サックス】
  • サックスは仕様によって音色に違いがありますが、ナチュラルな響きや鳴りをお求めでしたら、Cadeson(カドソン)のT-92はいかがでしょうか。 Cadeson(カドソン)のT-92は、ノーラッカー・ローブラス仕様という、ビンテージ感溢れる渋めなルックスのテナーサックスです。 素早いレスポンスで鳴らしやすく、また太く豊かな音色が魅力となっています。 ネック・コネクション・スクリューはネック・スク [続きを読む]
  • Buffet Crampon(クランポン)のR-13について【クラリネット】
  • クラリネットを作っているメーカーは色々とございますが、その中でも世界シェア1位を誇るのがBuffet Crampon(クランポン)です。 ビュッフェ・オージェとルイ=オーギュスト・ビュッフェの兄弟によって、1825年にクラリネット専門会社として誕生したBuffet Crampon(クランポン)は、木管楽器専門メーカーとなった現在でも、クラリネットのトップメーカーの地位を守り続けています。 独自のラインナップは [続きを読む]
  • LINE6(ラインシックス)のSPIDER V 120 120wについて【アンプ】
  • 世の中には数多くのギター・アンプが存在しますが、その中でも人気高いシリーズと言えば、LINE6(ラインシックス)のモデリング・アンプ・シリーズがその一つでしょう。 今回はそんなLINE6(ラインシックス)のモデリング・アンプ・シリーズの中から、SPIDER V 120 120wをご紹介したいと思います。 LINE6(ラインシックス)のSPIDER Vは、ライブやレコーディングなど様々な場面で重宝する事間違いなし [続きを読む]
  • KORG(コルグ)のPA600について【キーボード】
  • 演奏を楽しむのはもちろん、作曲にもキーボードを活用したいという時にぴったりなのがKORG(コルグ)のPA600です。 KORG(コルグ)のmicroARRANGERはミニ鍵盤を備えたコンパクトボディのキーボードで、頭に浮かんだメロディを即座に形にするのに適しています。 PA600もmicroARRANGERの一つで、microARRANGERのコンセプトを受け継ぎつつ、鍵盤が標準鍵盤となっているのが特徴です。 61鍵盤で [続きを読む]
  • YAMAHA(ヤマハ)のP-255 WH について【電子ピアノ】
  • 本格的なピアノ演奏を楽しめるコンパクトな電子ピアノが欲しい。 そんな方におすすめなのがYAMAHA(ヤマハ)のP-255 WHです。 YAMAHA(ヤマハ)では様々な電子ピアノを取り扱っていますが、P-255 WHはPシリーズのうちの一つですね。 Pシリーズはコンパクト設計によって、どこでも好きな場所でピアノ演奏を楽しむ事が出来るようになっています。 また省スペースであるというだけでなく [続きを読む]
  • TAYLOR(テイラー)の114ce ES2について【ギター】
  • アメリカのカリフォルニア州を拠点とするTAYLOR(テイラー)は、1974年生まれのギターメーカーです。 老舗と呼ばれるメーカーに比べるとその歴史はまだ浅いものの、TAYLOR(テイラー)の楽器を愛用するトップミュージシャンは少なくありません。 アメリカにおいてはギブソンやマーチンに引けを取らぬ人気を集めるメーカーですね。 TAYLOR(テイラー)のギターは選び抜かれた木材やパーツを用い、熟練 [続きを読む]
  • LINE6(ライン6)の SPIDER V 30 30wについて【アンプ】
  • 数あるモデリングギターアンプの中でも、世界各国で多くのギタリストからの支持を集めるアンプと言えば、LINE6(ライン6)のSPIDERシリーズでしょう。 例えば8インチ・ラウド・スピーカーとツイーターを搭載したSPIDER V 30 30wは、ジャム演奏や練習の際におすすめです。 出力は30Wで、搭載しているアンプ/エフェクト/キャビネットはなんと200種類を超えています。 同時にかけられるエフェク [続きを読む]
  • CASIO (カシオ)の Privia PX-350MBKについて【電子ピアノ】
  • 楽曲制作にもライブにも、色々な場面で活躍してくれる電子ピアノを探している。 そんな方はCASIO (カシオ)の Privia PX-350MBKはいかがでしょうか。 質の高い音色と豊富な機能を備えていますので、使い勝手も良く様々な場面で力を発揮してくれますよ。 CASIO (カシオ)の Privia PX-350MBKは2ウェイタイプの電子ピアノですので、スタンド付きでも、テーブルに置いても、お使いいただく事が [続きを読む]
  • Roland(ローランド)の TD-1KPX-Sについて【電子ドラム】
  • Roland(ローランド)のVドラム・ポータブルは、折りたたみができるというコンパクト設計から高い人気を得ています。 TD-1KPX-SもVドラム・ポータブルの一つで、メッシュ・ヘッド仕様のVパッドを全てのスネアとタムに使っているのが特徴です。 このメッシュ・ヘッドのおかげで演奏感がより自然なものになっていますね。 専用スタンドは折りたたむ際にもパッドとシンバルを取り外す必要はありませんの [続きを読む]
  • J.Michael(ジェイマイケル)のAL-500について【サックス】
  • 新しく楽器に挑戦したいと思っても、良い楽器を買おうと思うとどうしてもお値段は高くなりがちです。 サックスにおいても同様で、やはり本格的で良いものが欲しいとなると、それなりのお値段になる事を覚悟しなければなりません。 しかし「まずは出来るだけ低価格のもので良いからとにかくサックスを始めたい」というのであれば、J.Michael(ジェイマイケル)のサックスがおすすめですね。 中国製では [続きを読む]
  • Kelii(ケリー)のS-GLN Soprano Long Neckについて【ウクレレ】
  • ミュージシャンKeliiによって創設されたKelii(ケリー)は、ハワイのオアフ島の工房でウクレレを作っているブランドです。 素晴らしい鳴りと明るく朗らかな音色に加え、高い演奏性も備えるスリムネックという点がKelii(ケリー)のウクレレの特長ですね。 特に派手な装飾もなく、デザインそのものはとてもシンプルですが、その分コストパフォーマンスは高くなっています。 音色と演奏性が追求された [続きを読む]
  • GIBSON(ギブソン)のL-50 1964について(ギター)
  • GIBSON(ギブソン)には人気の機種が沢山ありますが、L-50も1932年の発売から現在に至るまで、多くのギタリストに愛されているギターですね。 ただGIBSON(ギブソン)のL-50はいつ作られたかによって仕様が異なりますので、ひとまとめに「L-50とはこのようなギターである」と説明するのは難しいギターでもあります。 1964年製のL-50 1964ですと、トップにスプルース単板、サイドとバックに [続きを読む]
  • MIYAZAWA(ミヤザワ)のAtelier 2E/BRについて(フルート)
  • 国産フルートの中でも人気の高いブランドといえばMIYAZAWA(ミヤザワ)がその一つです。 MIYAZAWA(ミヤザワ)はAtelierというシリーズをスタンダードモデルとしていますが、広がりの感じられるすっきりとした音色と操作性の高さから人気を集めています。 Atelierシリーズの一つであるAtelier 2E/BRは管体銀製のフルートですが、このAtelier 2E/BRにはMIYAZAWA(ミヤザワ)独自の「ブローガーシステ [続きを読む]