おがたけ さん プロフィール

  •  
おがたけさん: 塵も積もればヒキコモリ
ハンドル名おがたけ さん
ブログタイトル塵も積もればヒキコモリ
ブログURLhttp://sokudokuhikky.blog103.fc2.com/
サイト紹介文社会的孤立からの社会的に引きこもる状態を経験した。「Queerする」を胸に抱きつつ今日も寝たきり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2012/04/18 09:21

おがたけ さんのブログ記事

  • 「ひきこもり新聞」を嗅ぎまわってるライターが居るので注意を
  • 「ひきこもり新聞」を嗅ぎまわってるライターが居るので、関係したご本人、当人のかたなど、どうか気をつけてください。「取材に協力しないといけない」ということは、決してありません。以下は、そのライターとわたしのやり取りです。*はわたしによる伏字です。▼3月18日、ライターからわたしへ最初のメール【 お名前 】:** *【 メールアドレス 】: *********@yahoo.co.jp【 本文 】:初めまして。**と申します [続きを読む]
  • IKKOさんは実は6つ子!※嘘
  • オネエイメージを突き崩し、かつ同じ人間とはいえ性はヒトそれぞれだよ、というのを伝える、それでいて何と無く面白い、説明方法を思いついた。IKKOさんやはるな愛さんなどのタレントさんを、六つ子とかの設定にしてしまう。で、こんな感じにパフォーマンスみたいに説明する。「IKKOさんね、実は六つ子なんです。まあウソですが。ま、とにかくIKKOさんと同じカラダ同じ顔のきょうだいがこの世に6人いると思ってくださん。で、長女 [続きを読む]
  • 新明解国語辞典
  • そうか……。今年1月に第七版が出た新明解国語辞典を開いてみたんだけも、「レズビアン」の意味に「レズ」と書いてあったり、「ゲイ」に「ゲイボーイ」も書いてあって、「服や振る舞いが女性的な青年」とか書いてあったりしてるのね。「同性愛」は「ホモ・レズビアン」と説明されてる。うーん。何かジェンダーや性自認やセクシュアリティーなどについて説明するときなどは「辞典にはそのように差別や蔑称の表記がしてあるけど」と [続きを読む]
  • じぶんの中にスッと入る言葉
  • 「あなたは確かに社会のクズなんだろうけど、だけどこっちからしても捨てにくいゴミってのもあるんだよね……」と書かれたことがあって、わたしはその言い方でむしろ救われたところがある。それから、アダルトチルドレンの自助会の本に「じぶんより大きな偉大な力を信じるという敢えて危険な行為を犯せばあなたは〜」と書いてあるのを読んで、そうか!そういうのを信じるのは危険なんだ!!危険なら神やハイヤーパワーを信じてもい [続きを読む]
  • 自己紹介。「猫ジェンダー」とはニャンだったのか
  • 『おがたけ、と申します。埼玉県東松山市から、東武東上線に乗って来ました。地元東松山市で、とあるカフェを借りて不登校状態や何かしら引きこもる状態を経験されたかたを対象に場を開くフリースペースのボランティアをやってます。毎週水曜日の午後5時から8時までです。そこではLGBT、セクシュアルマイノリティー、性的少数者、クィアな不登校やひきこもる状態の経験者、当人、ご本人も想定しながらやってます。そんなことをやっ [続きを読む]
  • パラパラ、ユーロビート
  • パラパラ。https://youtu.be/nPaqNvIp3Sgユーロビートに乗ってパラパラと踊りまくれ〜!なビデオがでてたのが1994年。この頃に18歳とか20歳なら、いまから23年前だから、いま40代になってる。いまでもユーロビートは好まれてるし、それこそコナンくんがパラパラ踊ったり。なので、ユーロビート、パラパラって、ある程度の中年層までなら、わりと全年齢的に好きだったり踊ってたことがあったり馴染みがあったりするもんなんじゃない [続きを読む]
  • 無駄毛処理
  • ここんとこ、足などの無駄毛を処理する日々……。そんな中、そういや昔 買ったソイエがあったことを思い出した。おお、これ、けっこう高かったやつじゃないのか。というか、今みたいに市販では そう表立っては売ってなかったやつだろ、これ。通販とかでしか入手しづらかったやつのはず。昔のわたし、エライ、よくぞ買っといた。早速使うぞぉ!ガガガガガガバリバリプチプチガガガガガガ痛でででで痛い痛い痛いイダダダダダ?? [続きを読む]
  • 鬱、不安、緊張を治してく(音声入力記事)
  • また音声入力をやってみようと思います。このブログ記事は音声入力によって入力されたものです。ちなみに、改行や句読点、修正等は後から手でやり直しを入れています。私がすべき事は、とにかく今この鬱、不安、緊張みたいなものを、心療科で処方されてる薬で、抑えていくこと、その回復だと。でもまぁ焦ってしまうので、「これをやらなきゃ、あれをやらなきゃ、それをやらなきゃ」って言う気持ちになって、いろんなことやってしま [続きを読む]
  • このブログを初めて読むかたへ
  • 初めてこのブログに辿り着いて、読まれるかたへ……。と思って、一体何を書けばよいだろう、と悩む。もう、散々過去に書き尽くし、怒り尽くし、惑い尽くした。もう、新しいオーディエンスのために、これまでのことを交通整理して書いたり述べたりするのは、年齢的にもエネルギー的にもやっていられない。いまは、じぶんでボランティアをやりながら、いわゆる支援も受けている状態。薬も飲んでいて、とりあえず飲み忘れたことがまだ [続きを読む]
  • 埼玉県東松山市から
  • 埼玉県東松山市にて、不登校状態や引きこもる状態などを経験した本人を対象に、自由に出入りしていい場を開放するボランティアをやっています。これを見て参加されたいかたがいらっしゃいましたら、メールフォームよりご連絡いただけると、幸いです。週の真ん中、夕方からやっています。参加費は必要ありませんが、カンパ箱は置いてますので、ご余裕などありましたら、無理のない範囲で、お気持ちをいただければ幸いです。 [続きを読む]
  • 音声入力ブログ
  • 音声入力のみで色々と綴ってみようと思う。これは、ブログ用に書いている文章です。さて何を話したものか。今は布団の中で寝転がってこれをスマートフォンのマイクに向かってしゃべって綴っています。本当は歯医者の予約を入れなきゃいけないところだったんだけどやっぱり歯医者は怖くて。今回別の歯医者に帰ることにしたので、通っていた歯医者さんから紹介状書いてもらったにもかかわらず、まだ次の歯医者さんへの予約を入れてな [続きを読む]
  • 斎藤環さんの引きこもり搬送業者に関してのツイートから
  • 斎藤環氏https://twitter.com/pentaxxx/status/835880242883395584『最近知った驚愕の事実。あなたがたとえ成人であっても、ひきこもっていなくても、あなたの親がしかるべき業者と結託してあなたを拉致監禁した場合、法もシステムもあなたを守ってはくれない。警察もあてにならない。』でも、精神科医が業者を利用することもあるにはあるよね。危険な重度の閉じこもる状態、家族が全員追い出されてしまったような状態で、利用する [続きを読む]
  • ビッグイシュー 出ひきこもり特集
  • ビッグイシュー、出ひきこもり特集は、ひきこもり新聞やひきこもりフューチャーセッション庵IORIのことが書いており。わたしは、あのヒトたちには何度もセクシュアル・マイノリティーでひきこもる状態になるヒトがある、ジェンダーが絡んでそうなるヒトがある、と伝えてきた。一体何度伝えたかな。ひきこもりフューチャーセッション庵IORIは、仕掛け人は新聞記者の池上正樹氏、ディレクターは一般社団法人コヨーテの川初真吾。運営 [続きを読む]
  • 差別を指摘して言葉狩りと言われたら
  • 「ホモ」とか「レズ」とかその他の差別言葉を「痛む」「やめて」「差別」と指摘したときに「言葉狩りだ」と言われたら、「言葉でこそ狩られてきた存在があるんだよ」と言えばいい。それで相手が「そんなのはただの言葉遊びだ」といってきたら、それもはやオチなので笑っていい。 [続きを読む]
  • 確認。
  • わたしは2014年5月6月に、新聞記者の池上正樹氏、一般社団法人コヨーテ理事の川初真吾氏により、不当な扱い(わたしの性にまつわることをわたし不在で決めた会議、大勢の前で話す役割の強要等)を受け、そのことがまだ話が終わっていない。精神的な苦痛の中に居続けている。都内を中心に開催される「ひきこもりフューチャーセッション庵IORI」とその運営陣により、人権侵害、不当な扱いを受け、わたしは以後混乱し続けることとなっ [続きを読む]
  • ひきこもり新聞から言論弾圧された?それとも操作エラー?
  • ひきこもり新聞 @hikikomori_news Facebookページの投稿にコメント出来なくなった。みんなコメント欄が無くなったの?あと記事への批判感想コメントを書いたのも消された。ひきこもり新聞、早速の言論弾圧。ダメじゃん。わたしのコメント、スクショしときゃよかった。いや、ほんとかなぁ?わたしの操作ミスではないのかな。こんなに早々とひきこもり新聞 @hikikomori_news が言論弾圧してくるとは思えない。ひきこもり新聞 @hikiko [続きを読む]
  • 4コマ漫画「加担」
  • いま何かと40代の「ひきこもり」のことや、「ひきこもり新聞」、「ひきこもり」の「居場所」が話題ですが、それ自体や懇親会に参加すると、弱々しくもホモソーシャルな空気が多いので、だいたいこんな気持ちになったりする場面も多々あります。 [続きを読む]
  • わたしにとって「読みやすい」本
  • 「読みやすい」本を探し続けて幾年月。この本、「読みやすい」。こないだたまたまNeccoで見つけた。わたしにとって本は、内容よりも、わたしにとっての「読みやすい」に合致するかどうかが鍵だわ。じぶんにとって「読みやすい」がなんなのか、知りたい。この「大人のアスペルガーのためのソーシャルスキルガイド」は、「読みやすい」ために入手した。本文のデザイン等が違ってたら、わたしには「読みにくい」になるんだろう。 [続きを読む]