DAIGO さん プロフィール

  •  
DAIGOさん: 熟年夫婦 夜の生活
ハンドル名DAIGO さん
ブログタイトル熟年夫婦 夜の生活
ブログURLhttp://fantastichome.seesaa.net/
サイト紹介文近所の主婦によって妻が弄ばれる壮絶な羞恥の物語。深夜の露出ジョギング、旅先での裸踊り、そして妻は。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/04/19 20:18

DAIGO さんのブログ記事

  • 官能に酔いしれる顔を町民に見せつける妻
  • 両手を頭の後ろで縛られている妻は地元主婦たちの突然の行動に必死に身をよじりながら抵抗しましたが弄り倒される胸を隠すこともできずただ恥ずかしい喘ぎ声を上げ官能に酔いしれる顔を町民に見せつけるばかりでした。「今年の祭りはほんとに凄いわねぇ」近くにいた町民らしき女性たちが呆れたように囁き合っているのが聞こえました。そんななか、妻は地元主婦達に体を弄ばれながら、またしてもイってしまったようでした。 [続きを読む]
  • 妻の乳首を摘みだす主婦達
  • 全身びしょ濡れになりながら全裸で踊り歩く妻の下半身には体からあふれ出る蜜が混じっているように見えました。恍惚とした表情で笑みを浮かべる妻はもはややらされているというよりもむしろ本気で楽しんでいるようにも見えたのです。そして、ゴールが近づいてくるとそれまで妻の後ろから歩いていた地元主婦の踊りのグループの何人かが妻の元に近づいて来て妻の乳首を摘まんだり、胸をおもいきり弄ったりし始めたのです。 [続きを読む]
  • 縛られながら裸踊りする妻
  • 地元主婦達からしめ縄のようなもので両手を頭の後ろで縛りあげられた妻は余った縄を後ろから地元主婦達に引っ張られる形で歩かされました。妻の体は弓なりになり、胸が前に突き出された体勢で、手拍子に合わせて腰を振り歩かなければならなかったのです。その無理やり作らされた笑顔には田舎の女子高生たちからの容赦ない水鉄砲の水が浴びせられ、その姿を見た田舎町の人達は皆一様に笑い転げるのでした。 [続きを読む]
  • 地元主婦達に縛られた全裸妻
  • ついさっきまで妻に向けて水鉄砲で水を掛けていた田舎の女子高生たちが、妻が四つん這いで歩き始めるとふたたび水をかけ始めたのです。髪から足先までびしょ濡れになった妻はそれだけで十分に妖艶でした。しかし、四つん這い歩きではなかなか踊りの行列が進まず、見かねた踊りのグループの主婦たちが妻をふたたび立ち上がらせると何を思ったかその両手を頭の後ろで注連縄みたいなもので縛りあげたのです。 [続きを読む]
  • 「もっとお尻フリフリして!」
  • 田舎町の祭りは異様な空気に包まれていました。都会からたまたま来た妻が全裸四つん這いで練り歩き秘部に埋められたローターに喘いでいるのです。都会から来た珍しい見世物を一目見ようと、ほとんどの住民が集まってきているようでした。そして、妻の後ろを歩く踊りのグループの主婦達は妻のお尻の振り方が小さくなる度に笑いながら妻のお尻を叩いて「もっとお尻フリフリして!」と叫ぶのでした。 [続きを読む]
  • 全裸四つん這いで公衆の面前を歩く妻
  • それから全裸の妻は、沿道の両側に並ぶ地元の人達の間を四つん這いのままゆっくりと歩いていったのです。後ろからは踊りのグループの主婦たちが歩きながら妻に指示を出していました。「もっと顔を上げて前を見て!」「お尻もっとフリ振りして!」妻が全裸四つん這いで歩いている間も秘部に埋め込まれたローターを地元主婦の一人によって操作されているようで、妻は喘ぎ声を上げながら、腰を左右にくねらせるのでした。 [続きを読む]
  • 全裸の妻に与えられた羞恥の命令
  • 田舎の祭りの公衆の面前で全裸四つん這いのまま絶頂を迎えた妻はしばらく道端に寝転んでいました。そしてようやく目を覚ますと自分が晒したあまりに恥ずかしい姿に気づいたのか、両手で体を隠したまま動かなかったのです。「ちょっと!まだ祭りは終わってないわよ」「さっさとゴールまで練り歩かないと終わらないよ」踊りのグループの地元主婦たちの容赦ない罵声が飛び交い、全裸の妻が仕方なく立ち上がろうとするとローターのスイ [続きを読む]
  • 四つん這いのままイッた妻
  • 全裸で田舎道を踊り歩く妻のお尻は地元主婦達に何度も叩かれたせいで真っ赤に染まっていました。そして太股から足先に掛けては妻の恥ずかしい蜜が溢れるほどに流れ続けていたのです。すると歩き続けていた妻は突然立ち止り、その場にしゃがみこみ四つん這いになるとお尻を振り乱して官能の波に酔いしれたのでした。「やだぁ、これじゃあ動物と一緒じゃな〜い」地元の人達の呆れた声が飛び交う中、妻はまたしても絶頂を迎えたのでし [続きを読む]
  • お尻を叩かれて萌える妻
  • 裸踊りを続けている妻は喘ぎ声を沿道に立つ地元の人達に見せながら、腰を激しく振り乱していました。すこしでも腰の動きが鈍くなると後ろを歩く地元主婦達から容赦なく剥き出しのお尻を叩かれたのでそうせざるを得なかったのです。そして、秘部に埋め込まれたローターのせいで官能の波に火がついてしまった妻はお尻を叩かれることにさえ悦びを感じ始めているようでした。 [続きを読む]
  • またイカされてしまいそうな妻
  • 妻の裸踊りのゴールまではおそらく百メートルちょっとはあり今のペースだとあと5分くらいはかかるはずでした。その間に妻はもう一度くらい秘部に入れられたローターでイカされてしまいそうでした。実際、それを期待しているギャラリーの多くが「イ〜ケ!イ〜ケ!」コールを止めなかったのです。そして、妻の後ろを歩く地元主婦の一人が嬉しそうにローターのスイッチを掲げて、笑顔で沿道に手を振っていたのです。 [続きを読む]
  • Hなイキ顔を沿道の老若男女に見せる妻
  • やがて全裸の妻が目を覚ますとすかさず二人の地元主婦が妻の両腕を持って立ち上がらせたのです。「さあ、踊りの続きするわよ」そう言って、妻のお尻を叩くと再び沿道から手拍子が起こりました。そして官能に酔いしれていた妻は地元主婦たちの指示によって両手を頭の後ろで組むと作り笑いを浮かべながら腰を振って歩き出したのです。時折、秘部に埋め込まれたローターのスイッチが入れられるのか妻はHなイキ顔を沿道の老若男女に見 [続きを読む]
  • 田舎町の祭りで絶頂に達してしまった妻
  • 見知らぬ田舎町の祭りで裸踊りをしている最中についに絶頂に達してしまった妻はその場に座り込みなんとも満足そうな顔で目を閉じていました。やっと終わったんだ。私もTさんもそう思っていると妻の後ろをずっと歩いていた踊りのグループの地元主婦たちは妻が目を開けたら再び裸踊りの行進を再開するつもりのようだったのです。 [続きを読む]
  • 「信じられない。ほんとにイッちゃったわね」
  • その時はついに訪れました。沿道に立つ見物客たちから「イケ!イケ!」コールが続く中妻は腰を橋く振りながら天を仰ぎ、ついに絶頂へと達してしまったのです。その瞬間、何処からともなく拍手が沸き起こりました。「きゃぁー」という女性の悲鳴も聞こえました。私の近くにいた地元主婦は「信じられない。ほんとにイッちゃったわね」と呆れた声で話しているのでした。 [続きを読む]
  • なんともエロい表情を浮かべる妻
  • 田舎道を多くのギャラリー達に見られながら妻はもう裸踊りをしているのか官能の波に酔いしれているのか分かりませんでした。その顔は目はうつろで口は半開きになり喘ぎ声を洩らしなんともエロい表情を浮かべていたのです。私もTさんも妻が見知らぬ田舎町の見知らぬ人たちの前で絶頂する時を待ちました。 [続きを読む]
  • イケイケコールを受ける全裸の妻
  • 田舎道の祭りで裸踊りを続ける妻はもう地元主婦のさじ加減ひとつでいつ絶頂を迎えてもおかしくないほど官能に酔いしれていました。そしていつしか、その様子を見ていた沿道の地元の老若男女達から「イケ!イケ!」コールが手拍子とともに湧き起こり始めたのです。そしてローターのスイッチを持った地元主婦は妻の背後で、そのローターを掲げながら、沿道の村人たちにいつでもイカせられるわよ、と言わんばかりに手を振るのでした。 [続きを読む]
  • 絶頂寸前の妻
  • 下半身から襲い来る快感に身悶える妻は、もはやまともに踊ることすらできなくなり、両手だけは頭の後ろで組み続けているもののその顔は笑顔をつくることができず半開きにした口からは「あぁ、あぁっ、あぁん」となんとも恥ずかしい喘ぎ声をだし下半身は刺激に抗うかのように前後左右にくねらせておぼつかない足取りで歩いているだけでした。ローターのスイッチを握っていると思われる地元主婦は妻の腰の動きが大きくなるとわざとロ [続きを読む]
  • 官能の波に酔いしれる妻
  • 沿道に立つ地元の人達も妻の周りで手拍子を叩いて一緒に歩いている地元の主婦達も妻の淫らな姿を食い入るように見ていました。時々、踊りながらも顔をのけぞらせ夜空に顔を向けながらその口から「あぁ、あぁん」と喘ぎ声を上げる妻が、官能の波に酔いしれていることを誰もが承知していたようです。妻がはしたない姿をこの田舎町で晒すのはもう時間の問題でした。 [続きを読む]
  • 妻の体からあふれ出る蜜
  • 沿道の地元女子高生たちから水鉄砲で水を全身に掛けられていた妻はその体中がびしょ濡れになっていましたが妻の太股の辺りを見るとそれとは別な物が滴り落ちているのが分かりました。それは紛れもなく妻の体の中から溢れ出てきているようでした。妻はローターの振動により感じてしまっているみたいだったのです。 [続きを読む]
  • 地元主婦に弄ばれる全裸の妻
  • 見知らぬ田舎町の沿道を大勢のギャラリーに見つめられながら踊り歩いていた妻は下半身から襲い来る快感にだんだん足取りもおぼつかなくなってきていました。さっき地元主婦は妻の秘部にローターのようなものを入れたに違いありませんでした。そして、その地元主婦は妻の乱れ狂う様を見ながら振動に強弱をつけて楽しんでいるみたいだったのです。 [続きを読む]
  • 沿道で快感に悶えている全裸の妻
  • 地元主婦から秘部になにかを入れられた妻は明らかに動きがおかしくなりました。さっきまでと違い、腰が自然にいやらしく動くようになったのです。それは自分の意思でそうしているというよりも、体が快感に悶えているような動きでした。まさか・・・。さっき妻の秘部になにかを入れた地元主婦の方を見ると手元になにかのスイッチのようなものを持っていたのでした。 [続きを読む]
  • 秘部になにかを入れられた妻
  • 妻が田舎道を裸踊りをしながら折り返しはじめて5分くらいが過ぎようとしていました。おそらく今のペースではゴールまであと10分はかかるはずでした。そしてその時、後ろを歩いていた地元主婦の一人が、妻の腰の振り方が小さいと注意したかと思うといきなり妻の体を抑えて妻の秘部になにかを入れたのです。妻は突然の出来事に悶絶しながらも地元主婦に耳元でなにやら囁かれるとふたたび踊り始めたのです。 [続きを読む]
  • 好奇と軽蔑の眼差しを向けられた裸の妻
  • 裸踊りを続ける妻の二メートルほど離れた場所に沿道のギャラリー達は立っていました。少しでも手を伸ばせば妻の体を触れる距離でも、田舎の人達は純朴なのか誰一人としてそのようなことをする人は現れず、ただ好奇と軽蔑の眼差しを妻の裸に向けているだけでした。そして妻は腰の振り方だけでなく表情さえも笑顔を作らないと地元主婦のグループからお尻をピシャっと叩かれたので、必死に作り笑顔を浮かべていたのです。 [続きを読む]
  • 妻は恥ずかしいほどに腰を前後左右に振り続け
  • 妻はギャラリーが溢れかえる田舎道を裸踊りをしながら歩き始めると女性たちの悲鳴と男性達の歓声が入り混じり熱狂が起きました。妻の腰の振り方が少しでも小さくると後ろを歩いている地元主婦が妻のお尻をピシャっと叩いたので妻は恥ずかしいほどに腰を前後左右に振り続けながら歩かなければならないのでした。 [続きを読む]
  • 裸のお尻を叩かれた妻
  • 見知らぬ田舎の祭りで見知らぬ地元の人達に囲まれながら一糸まとわぬ姿を晒した妻は沿道から女子高生たちに水鉄砲をかけられびっしょりと濡れながらしばらく踊る事を止めて立ち尽くしていました。すると、踊りのグループの地元主婦の一人がいきなり妻のお尻をピシャっと叩いたのです。「なに止まってるのよ。早く行くわよ」その言葉に急かされるように妻はもうこれが現実じゃ夢か分からなくなった様子で、裸の体を隠すこともなく踊 [続きを読む]