shalom さん プロフィール

  •  
shalomさん: 讃美の家
ハンドル名shalom さん
ブログタイトル讃美の家
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/jordan_nobita
サイト紹介文私は引退ボクサーです。リングを降りて家の教会というリングをオープンしています。よろしくお願いします。
自由文教会に行っておられない在宅クリスチャンの方々や家の教会をオープンしておられる方々との交流ができればと願っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供591回 / 365日(平均11.3回/週) - 参加 2012/04/24 12:40

shalom さんのブログ記事

  • “公共放送”NHKの正体?
  • 夏のドキュメント番組だけは凄い “国営放送”NHKの正体 2017年9月17日バックナンバーNHKの上田良一現会長と籾井前会長(C)共同通信社安倍政権と対峙したくないのがホンネ 北朝鮮情勢の緊迫化もあってか、大新聞・テレビがこれまで以上に安倍政権ベッタリの報道を続けている中、このところ、ヤケに「NHK番組」の評判がいいらしい。 例えば、8月15日の「終戦の日」に報じた「戦慄の記録 インパール」。大量の餓死、戦 [続きを読む]
  • 人を生かす希望の力
  • 「夜と霧」はビクトール・フランクルの強制収容書体験に基づく著作です。極限状態に生きる人間の最後の力はなんだったのかをフランクルはそれは希望であったと述べているようです。強制収容所といえばアウシュビッツを思い出しますが、ある時、脱走をしようとした人があり、見せしめのためだったと思いますが、不当な処罰のため餓死室に10人の人が選ばれ入れられることになり、そのうちのひとりの人が自分には家族がいるから許して [続きを読む]
  • キリストにとどまり続ける
  • 「停車」と「駐車」はちがいます。「停車」は、ちょっとそこに車を止めても、またすぐ移動します。「駐車」は、たとえば駐車場に留まりつづけることです。「信じる」と「信じつづける」もちがいます。「信じつづける」のは、「信じる」状態がず〜っとつづくことです。「愛しつづける」のも、「愛している」状態がつづくことです。そこには、感情だけではなく、強い意志がみられます。イエスさまが、「わたしはぶどうの木、あなたた [続きを読む]
  • [転載]カナダから望月依塑子記者への連帯と激励のメッセージ
  • 15- カナダから望月依塑子記者への連帯と激励のメッセージ カナダの3都市の「9条の会」のメンバーが連名で、東京新聞・望月依塑子記者への連帯と激励のメッセージを、レイバーネットに寄せました。  メッセージは、「望月記者の良く準備した的確で鋭い質問は聞いていて清々しく頼もしく、若い女性記者の活躍に心からの拍手を送っていた(要旨、以下同)」と称賛し、それに対して官邸が高圧的に苦情を述べたことに、「他の記者は [続きを読む]
  • 確かなナビ情報が必要
  • +++++++++★今日のみ言葉★+++++++++「人生の夜道でも」 車を運転している人は経験しておられるでしょう。夜の道を車で走る時、ヘッドライトの光が前方を照らしてくれますから、暗い夜道でも安心して走れます。 =========詩篇119:105あなたの御言葉は、わたしの道の光わたしの歩みを照らす灯。(新共同訳)========= 思うようにならない人間関係、経済的な不安、老後の心配などなど、 [続きを読む]
  • 放浪者か?旅人か?
  • 今日の聖書の言葉です。イエスは彼に言われた、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。もしあなたがたがわたしを知っていたならば、わたしの父をも知ったであろう。しかし、今は父を知っており、またすでに父を見たのである。」(新約・ヨハネによる福音書14章6〜7節)この世の中にあるものはどんなものもうつろいゆきます。草花も色褪せ枯れます。すべて [続きを読む]
  • 設置審の判断が見モノだ
  • 参加者も不安げ 加計・獣医学部の入試相談会は超厳戒態勢 2017年9月12日マスコミを警戒(C)日刊ゲンダイ 文科省の大学設置・学校法人審議会(設置審)で認可が「保留」となった愛媛・今治市の岡山理科大「獣医学部」。新校舎の建設費水増し疑惑など問題が続出し、当初予定されていた来年4月の開学は困難になりつつある中、大学側は10日、獣医学部の入試相談会を四国4県で開催。 日刊ゲンダイはそのうちのひとつ、「松山会 [続きを読む]
  • NHKスペシャル「スクープドキュメント 沖縄と核」
  • NHKスペシャル「スクープドキュメント 沖縄と核」[字] 2017.09.10FacebookTwitterGoogle+共有沖縄の美しい海に面した高台に建つ奇妙な形の建物。ここはかつてアメリカ軍の核ミサイルの発射基地でした。今回初めて建物の中にテレビカメラが入りました。コンクリートの廊下が迷路のように奥へと続きます。沖縄がアメリカの統治下にあった1960年代。ここは共産圏に対峙するアメリカ軍の最前線基地でした。当時ここで撮影され [続きを読む]
  • 信頼できるナビゲーター
  • 【今日の聖書のみ言葉】心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず、常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる。(箴言3:5-6)=========【黙 想】曲がりくねった道は先の見通しも悪く、走りにくいでしょう。真っ直ぐな道は車でも走りやすいですね。人生の目的がはっきりした、まっすぐな道を、確信を持って歩いている人は幸せです。どうすれば、そのようになるのでしょ [続きを読む]
  • 安倍総理<驕りの証明>・・・NHKの岩田明子解説委員
  • 安倍首相を痛烈批判 15年寵愛のNHK美人記者“反旗”の衝撃 2017年9月9日なにがあったのか?(C)日刊ゲンダイ なにがあったのか――。安倍首相が寵愛してきた美人記者が反旗を翻し臆測を呼んでいる。NHKの岩田明子解説委員が、最新号の文芸春秋に「安倍総理<驕りの証明>」という一文を寄稿しているのだ。 12ページの長文は、大部分が普通の政治解説だが、随所に痛烈な安倍首相批判がちりばめられている。<なぜここまで [続きを読む]
  • 過去に学ぶもの、学ばないものの違い
  • 室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」メルケル首相の「平和的な解決」発言に比べて御大将は… 2017年9月7日バックナンバー  日刊ゲンダイメルケル独首相と安倍首相(C)AP「われわれには平和的で外交的な解決しか考えられない」(独メルケル首相)9月4日付の産経新聞によると、この言葉は、6回目の核実験を強行した北朝鮮への対応について、3日、ドイツの首相メルケルさんが語った言葉。記事によると、彼女はこの考えを述 [続きを読む]
  • 強さと弱さ どっちが大事?
  • +++++++++★今日のみ言葉★(2014.6.13)+++++++++「どちらを選ぶか」人生には大きな選択から小さな日々の選択までいろいろあります。どちらを選ぶかで、その先の進む道が大きく違ってくることがあります。=========詩篇119:29、30偽りの道をわたしから遠ざけ憐れんで、あなたの律法をお与えください。信仰の道をわたしは選び取りました。あなたの裁きにかなうものとなりますように(新共同訳) [続きを読む]
  • 空しい安倍首相の咆哮
  • 大国が脅せば北朝鮮がひるむのか 空しい安倍首相の咆哮 2017年9月6日バックナンバー  日刊ゲンダイ火花を散らし合う各国首脳(C)AP 3日に核実験を実施した北朝鮮が、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の移動を始めた。建国記念日にあたる9日前後に発射するつもりなのか。 エスカレートする一方の挑発行為に対し、米国は国連安全保障理事会が強力な制裁を科すべきだと主張。日本も同調し、制裁強化を訴えている。4日に開か [続きを読む]
  • 命の尊さ、尊厳を知るために
  • よく学校でいじめによる自殺などの痛ましい事件があると、教育委員会や学校で生徒の前で校長先生や教室で先生が沈痛な面持ちで、命の尊さ、尊厳について話し、二度と再び、このような悲しい出来事が起こらないように話されます。しかし、痛ましい事件は後を絶つことはありません。なぜなのか、その本当の理由が問われることがないようです。今日の聖書の言葉です。「あなたはわが目に尊く、重んぜられるもの、わたしはあなたを愛す [続きを読む]
  • [転載]こんな政治で道徳を教科化?とは笑っちゃいますよ・美輪明宏
  • 生きざまをみせることこそ!!美輪明宏こんな政治で道徳教科化とは笑っちゃいます*私が一番多感だった子ども時代は戦時中でした。長崎の実家はキャバレーのようなカフェや銭湯をやっていて、昼間とは違う大人たちの姿を見て育ったので、可愛げのない変わった子どもでした。 普段立派な身なりの人が意外とだらしない体で、ヨイトマケのおばさんが立派な体だったり、官職にある人がお忍びで来て、ホステスにいたずらしてヘラヘラし [続きを読む]
  • 憲法の平和主義と防衛政策の矛盾を考えないようにしている
  • 安倍政権で防衛費は青天井 シャレにならない北朝鮮破産 2017年9月2日バックナンバー高額兵器を言い値で購入(C)日刊ゲンダイ 4年連続で過去最大を更新だ。防衛省が8月31日に決定した2018年度の概算要求は5兆2551億円。17年度の当初予算から1300億円(2・5%)増やした。現在の中期防衛力整備計画(14〜18年度)で見込む年平均0・8%の増加を大幅に上回る水準だ。 とりわけ目立つのが、北朝鮮の弾道 [続きを読む]
  • 心の平安は神の恵み
  • +++++++++★今日のみ言葉★+++++++++「安らかに身を横たえ」人にいろいろ言われても、心を主に向けることを学んでいます。主に心を向ける人は、また自分の心にも向き合います。=========詩篇4:7−9恵みを示す者があろうかと、多くの人は問います。主よ、わたしたちに御顔の光を向けてください。人々は麦とぶどうを豊かに取り入れて喜びます。それにもまさる喜びをわたしの心にお与えください。平和 [続きを読む]
  • 安倍政権「もうひとつの私物化」
  • 前川前文科次官 安倍政権「もうひとつの私物化」を激白 2017年9月2日バックナンバー前川喜平氏、右は長崎県にある「明治日本の産業革命遺産」の軍艦島(C)日刊ゲンダイ “腹心の友”に便宜を図った加計学園疑惑で安倍政権による「国家の私物化」は広く国民が知るところとなったが、どうやら氷山の一角のようだ。加計疑惑を告発した前文科事務次官の前川喜平氏が、自身が経験した「もうひとつの私物化」を明らかにした。2015 [続きを読む]
  • 「伝家の宝刀」抜けない首相
  • もはや「伝家の宝刀」抜けない首相は潔く身を引くべきだ 2017年9月1日 潔く身を引くべき(C)日刊ゲンダイ 永田町には「解散風」が吹き始めたようだが、その風が勢いを増す要因はいくつもある。  内閣改造後、初の大型地方選挙となった茨城県知事選は自公推薦候補が制した。「その余勢を駆って」というのが、まずひとつ目の理由だ。  また加計学園の問題では、文科省の審議会が愛媛・今治市での獣医学部新設の認可判断を保留。 [続きを読む]
  • 阿弥陀信仰とキリスト教
  • 酷暑の夏も、次第に秋の気配を漂わせ始めました。夜には虫の声が聞こえ、窓から心地よい風が吹き込んできます。8月はお盆、9月はお彼岸。暑さ寒さも彼岸までとよく言われていましたが、昨近は異常季節です。実りの季節となればいいですね。夏の疲れが出やすい季節の変わり目でもあります。お元気でお過ごしください。イロハ歌を一行七字に書いて各行の終わりを拾うと、トカナクテシス・・・“咎(トガ)無くて死す”つまり、イエス [続きを読む]
  • 若狭勝氏が語る新党構想
  • 若狭勝氏が語る新党構想 「代表は政治家とは限らない」 2017年8月28日バックナンバー 8月7日に「日本ファーストの会」という政治団体を立ち上げた/(C)日刊ゲンダイ拡大する「輝照塾」はどうやって政治家の資質や適正を見抜くのか 今月7日、「日本ファーストの会」という政治団体の立ち上げを発表し、政治を志す人々が学ぶ場として、「輝照塾」の創設を宣言した若狭勝衆院議員。もちろん、新政党への布石である。自民党に代 [続きを読む]
  • イエスさまに出会った人
  • イエスさまに出会ったふたり新約聖書はマタイという人によって書かれた福音書で始まっています。福音とは神から与えられた喜びの知らせですね。マタイはレビとも呼ばれている収税人だったようです。。当時イスラエルはローマによって支配されていましたので、ローマはイスラエルの人々から税金を取り立てるために現地人に仕事をさせたのです。収税人はお金を払ってローマから税金を取り立てる権利を買い取り、ローマの権威で必要以 [続きを読む]