五目漁師 さん プロフィール

  •  
五目漁師さん: 五目漁師の釣り三昧
ハンドル名五目漁師 さん
ブログタイトル五目漁師の釣り三昧
ブログURLhttp://gomoku.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文ボート釣りを中心に、釣果、釣魚料理などの自分メモ。
自由文川釣りからスタートし、堤防釣り、投げ釣り、ゴムボート釣り、少しは磯釣りもやったし、遊漁船にも何度か乗った、そして行き着いたのは手漕ぎボート釣り、これが一番良い。自分が船頭だからなんたって気ままに釣れるし、良く釣れる。五目漁師が釣りに出掛ける日はよめさんは買い物に行かない。必ず夕飯のオカズは釣って帰る(釣ってこい)。大物狙いもよいが、新鮮な色んな魚で料理を楽しみ食卓を賑わすのが五目漁師の真骨頂。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/04/26 10:29

五目漁師 さんのブログ記事

  • 今年も赤いもの狩り
  • 釣り師が赤いもの狩りと言えばマダイと相場は決まっている。五目漁師の場合には年甲斐もなく3月から4月の前半にかけてイチゴ、そして今の時期にはサクランボを狩りが恒例になっている。(ヨメサンのお付き合い)一昨日はそのサクランボ狩りに出掛けてみた。海沿いのR134を走りながら、今日はどう見ても釣り日和だな、なんて野暮な気持には決してならない。風もない、波もない、梅雨の合間の珍しい良い天気だなぁ、なんて残念そうな [続きを読む]
  • 小サバよりもワカシ、ワカシよりも大カマス
  • 昨日(6月15日)は葉山長者ヶ崎のオオモリボートに釣行。丁度2年前のことになる。五目漁師は久しぶりに油壷のボート乗り場に向かったが無下に掲示された“本日休業”の立て看板を前に途方に暮れていた。しかし、不運な方はもう一人いた。あの坂道を汗だらで戻ろうとした時に足元に立ちはだかる大きな影法師。力なく目線をあげると、なんとHEPPOさんではないか。やられたのは2人だけというのに奇遇だ。顔を寄せ合い“2人自撮り”の [続きを読む]
  • スランプ脱出かな?
  • 昨日(6月9日)は福浦(エトーボート)に釣行。前回のエギングはやっと一パイを掛けたもののこの時期とは思えない可愛いサイズだった。その後半のタイラバでは強い風でボートが流される中でやっと掛けた大物(らしき)を途中バラシ。観音崎、伊東、福浦・・・とこのところのスランプ(釣り運に恵まれない)に追い打ちをかけるような結果になってしまった。PEがトップガイドに絡まっているのをチェックもせずに額汗で前日に新調し [続きを読む]
  • 不調脱出はお預け
  • 一昨日(6月1日)は伊東(オーシャン釣具)へ、そして、本日(6月3日)は福浦(エトーボート)に釣行。なんとか不調を脱出しようとして少々やけくそ気味の飛び石釣行。伊東の2つのボート店の釣果情報でカイワリの釣果が出る都度、腕まくりしていそいそと出かけるが五目漁師が行くと釣れない。(へたくそめ!)先日はオーシャン釣具のオヤジさんがマダイ狙いの片手間でカイワリを大漁。〇〇さん、最近は外しっぱなしだけど今な [続きを読む]
  • なんとか3連荘は逃れたものの
  • 昨日(5月28日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。観音崎(タイラバ)、福浦(エギング)で超絶完ボの2連荘。アホくさくてブログを書く気にもなれず放ったらかしにしていた。同時に次の釣りでの3連荘達成を妄想すると空恐ろしくなりうかつに釣りには足が向かない。エギングでアオリイカかコマセ釣りでカイワリか。世の中の皆様には申し訳ないがこの歳になった五目漁師の頭の中は一日中、いや二日間もこんなことで真剣になれるほど [続きを読む]
  • 五目漁師の不調と伊東の出遅れを解消するつもりであったが
  • 昨日(5月14日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。5日間の帰省を終え、ゆったりと新東名を自宅に向かってクルージング中。朝から何度か天気予報をチェックするがこの2、3日の内にと予定していた観音崎は風の状況があまり良くない。伊東や福浦方面なら大丈夫そうだ。15時に岡崎SAからオーシャン釣具のオヤジさんに予約を入れる。で、あとは運転に集中、とはいえ明日の釣りのことが気になる。やっぱり、先ずはカイワリだな、泳がせも [続きを読む]
  • デカアオリ狙いはエギンボ
  • 一昨日(5月3日)は福浦に釣行。最近はどうもブログアップが遅れ気味でいけない。というか、エギンボでは釣果写真はなし、元気はなし、今回は海の写真さえ一枚も撮っていなかったので能のない五目漁師には記録の残しようすらなし。以前から間違いだらけの備忘録ブログのガルさんとシーズンに入ったら春のデカイカを釣りましょうと約束をしていたので天気を選んで福浦に向かった。しかし、五目漁師はエギンボで完敗。ボートエギング [続きを読む]
  • 五目漁師の釣果に2人でしらけムード
  • 昨日(4月28日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。週末からゴールデンウイークが始まる。“私暇なんで”の五目漁師にとっては外に出たくない1週間になる。天気も良さそうだし明日(28日)が最後のチャンスだ。前回はタイラバとジギングで鯛狙いを予定していたが前日に、“カイワリ釣れた”の吉報が入り迷った挙句にコマセ釣りに変更して失敗した。今回も前日に、またまた“カイワリ釣れた”情報があったがもう気持ちは変えない。一 [続きを読む]
  • 冬以上に冬の海
  • 一昨日(4月22日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。先日、大津のアジとイシモチをやっと完食したばかり。もう魚はいらねー。でボーズ上等、良い凪のはずなので浜のボート乗り場から少し足を延ばしてタイラバとジギングで乗っ込み真鯛を狙ってみよう。“私暇なんで”の五目漁師にとってはちんたら、だらだら、物置と2階の部屋と車の間を行ったり来たり、不要な動作を挟みながら時間を掛けて明日の釣りの準備をするのも楽しみの [続きを読む]
  • 海岸散歩と(関係ないが)イシモチ完食
  • 先日の大津釣行のあくる日(4月18日)自宅近くの海岸に出てみた。昨日と打って変わって海岸は大荒れだ。20m/sec程も吹いているかもしれない。西側に振り向くと富士山の裾野に日が落ちる。(実は今から始まる夕焼けショーを撮りに来た。)風上にレンズを向けるとすぐに潮風でレンズが曇ってしまうために眼鏡拭きで拭きながらの撮影になる。いよいよ日が落ちて次第に焼けてくる。予想した通りだ。写真では良くわからないが富士山の周 [続きを読む]
  • 来てしまったイシモチシーズン
  • 昨日(4月17日)は大津(石田丸)に釣行。4月半ばというのにどこからもいい釣果が聞こえてこない。五目漁師が手漕ぎボートのホームとしている伊東(オーシャン釣具)も釣果の更新が止まったままだ。“カイワリ釣れました”の見出しがでないかなあと期待しながら前日の夕方になっても更新がないことを確認し、手堅く大津に決める。アジを釣りながら泳がせをやってみよう。女将さんによればアジは結構難しそうだ。いつもは海苔棚の何 [続きを読む]
  • お前さん一体何年釣りをやっているの?
  • 昨日(4月10日)は福浦(エトーボート)に釣行。このブログのプロフィールでも自己紹介しているように、悪くても晩のおかずくらいは必ず釣って帰るのが五目漁師の釣り(だった)。完ボや貧果が多くなった最近、釣果がそんなに期待されているわけではないが、ヨメサンには貪欲さがなくなったのでは?とからかわれている。確かに、おかず確保の面ではタイラバやジギング、それに泳がせオンリーに比べると餌釣りの方がはるかに効果的だ [続きを読む]
  • 雨の日の暇つぶし
  • 天気が悪くボートに乗りたくても乗れない日には、また仕掛け作りが始まる。仕方がないからとだらだらとやっていても、こんなにたまってしまう。作り過ぎたので今度は整理でもしようと一つ一つ眺めているとまた新しいのを作りたくなってしまう。で結果的には釣りをしない限りじわじわと増えてしまう一方だ。針や仕掛け作り用の小物もだんだん増えてくる。油壷の真鯛釣り師〇っ〇〇さんのように針フェチとまではいかないまでも釣り道 [続きを読む]
  • 赤いもの狩り
  • たまの完ボや超絶完ボは気持ちがせいせいするし、これが次の釣りの糧になるんだと負け惜しみ含みではあるが納得もする。しかし最近のように、これだけ頻繁にやってしまうとこの寒空にわざわざ出かけてやっているのにと海の面さえ見たくなくなってしまう。で、今日は恒例の赤いもの狩りに出かけてみた。入れ食いだ。まるで小アジのサビキ釣りのように手を延ばすだけで口の中に、腹の中に次々と獲物が飛び込んでくる。3月の末に入っ [続きを読む]
  • またまたやってしまった超絶完ボ
  • 昨日(3月18日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。自分記録とはいえ、釣りブログはやはり釣れないと成り立たない。超絶完ボでは書くことなど超絶ない。もうブログを閉鎖しようかとまで思ってしまう・・・さて、どうせ釣れないなら泳がせ一本でヒラメでも狙ってみよう。と、前日に準備をしつつ予約の電話を入れる。五目漁師が知る限りボート屋さんご自身の釣り好き度においては随一のオヤジさん。お客の少ないチャンス日にはご自身 [続きを読む]
  • 渋い釣りが続く(伊東釣行)
  • 昨日(3月11日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。(今回も釣れない釣行の記録で前置きが長くなりそうだ)3月に入り寒さは和らいできたが、まだまだ海水は冷たい(本日は14.5度)し、どこの釣り場を見ても釣果は寒い。伊東の釣果を見る限りマダイとヒラメが良さそうだ。ただこの手の釣りはコマセを見れば気が狂ったように集団で突進してくる小魚と違ってわけの分かった釣り師かたまたま運のよい釣り師にしか釣れない。五目漁師は当 [続きを読む]
  • 海に出ない日々のもろもろ
  • 長らく釣りに行っていない。先日、仲間から最近お出掛けの様子がありませんが大丈夫ですかとの心配メールまでいただいた。大丈夫、大丈夫、ピンピンしていますよと返事をしたものの、本当はガタガタだ。(というのは大げさだが当たらずも遠からず)週末にはボート漕ぎではなくこんなものを久しぶりに走ってみたがまるで鉄のわらじ(?)を履いて走っているような感じで一向に前に進まない。ポンポンと弾むように走ったのは大昔にし [続きを読む]
  • 良かった、一安心(福浦釣行)
  • 昨日(2月25日)は福浦(エトーボート)に釣行。福浦といえば、自宅から最も近くて、安くて、(朝は早いが)昼過ぎには終わり3時前には自宅に戻れるという正に五目漁師にとっては安近短でしかも変化のある(陸海の)地形や(少し真面目にならざるを得ない安全上の問題はここでは置いて)退屈しない三文ネタ的な話題にも富み最も面白いボート釣り場の一つだ。そのエトーボートのじっちゃんが体を壊して入院したと聞いた。お歳がお歳 [続きを読む]
  • 東伊豆手漕ぎ釣り仲間と遅い新年会(伊東釣行)
  • 一昨日(2月18日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。この日は兼ねてより東伊豆で手漕ぎボート釣りを楽しむ仲間内で集まり、昼間は釣りホ、その後は飲みホ、食べホ、浸かりホ付きのホテルに一泊して釣り談義で夜を明かすことにしている。釣りホとは言え、なんでこんな何も釣れない時期にやるのかって?実はもともと新年会のつもりが今になっただけのこと。お酒があれば釣りなどはどうでもよいaさんと甲斐の荒熊さんは夜の部だけ、一 [続きを読む]
  • 明日に残らない釣果が最高の釣果と負け惜しみ(大津釣行)
  • 昨日(2月15日)は大津(石田丸手漕ぎ)に釣行。先日、長年使ってきたデスクトップPC(購入時のOSはWin Vista)を新調して入れ替えることにした。旧PCのOSは既にWin7にバージョンアップしていたものの今度のWin10の使い方がさっぱりわからずメーラーやデータの移行に四苦八苦していた。現在もデータ移行などに四苦八苦中のNew CP明日は天気もいいので釣りにも行きたいがさっさと移行も終わってしまいたい。どうしようかなと今一つ [続きを読む]
  • 真冬の定番旅行
  • 昨晩3泊4日の道東の撮影旅行から戻ってきた。ここ数年は冬になると釧路、根室、羅臼などを中心に道東の各地を巡り丹頂やオオワシの写真撮影を楽しんでいるが、昨年は事情があって行けず、今冬も(五目漁師ではなくヨメサンの都合がつかず)諦めかけていたが、3泊くらいならなんとかということで出発の1週間前に突然フリーツアーの往復便や宿を決めた。幾つか飲み会があったり、先立って現地に送り込む防寒着やレンズなどの荷造りで [続きを読む]
  • 2つ覚えて3つ忘れる前に
  • “私暇なんで”、一昨日こんな受験をしてきた。どうせいつも釣り場の天気予報に釘付けになるくらいなら一層のこと少し勉強でもしてみようかと昨年の正月過ぎから独学を始めた。合格率が4%と言われる難関の試験に今回、先ずは第一回目の受験を体験してきた。気象予報士になるためには学科(一般と専門)2科目と実技の合計3科目の試験に合格する必要がある。今回は学科試験の準備しかしていなかったため実技試験はほとんど白紙状態 [続きを読む]
  • 腕まくりの釣り、またボに終わる(伊東釣行)
  • 昨日(1月18日)は伊東(オーシャン釣具)に釣行。天気予報ではこの冬一番の冷え込みが去って穏やかな日和が約束されている。こんな日に出ない手はない。平日行の釣り師が考えることは同じようだ。オヤジさんに電話予約を入れると釣りキチ先生からも予約があったらしい。更にオヤジさんご自身も出られるという。海上に出ると地元のマキコボシ釣りの名人yさんも加わり五目漁師を含めて4人の爺釣り師が正面沖合に集合。それぞれ秘め [続きを読む]
  • 初釣り(観音崎)
  • 昨日(1月7日)は観音崎(なかねボート)に釣行。大晦日から三が日にかけて年がいも無く風邪をひいてしまい今日が初釣りになった。正月というのに、お酒も飲みたくないほど調子が悪い時には仲間がどんどんと初釣りに出かけてもこの寒空にアフォかと思うことはあっても羨ましくも、悔しくも、なんともない。五目漁師にとって釣りに行きたくなるかどうかは正に健康のバロメーターだ。熱がおさまってくるといつもの妄想が始まる。頭の [続きを読む]
  • 納竿は福浦でかたいアマダイ狙い(福浦釣行)
  • 昨日(12月30日)は福浦(エトーボート)に釣行。このところタイラバ、エギング、泳がせで3連ボ。今日で今年の釣りは納竿。もうあとがない。ならば今一番釣れるものを釣ろう、ということで福浦のアマダイ一筋に賭けることにした。と言いながらも、スケベ根性がまたもや素直には釣らせてくれない。福浦ならではの朝マヅメを放っておく手はない。そこで、1kだけコマセを持って出ることにした。暗闇の中で準備をし、日が昇ると同時に [続きを読む]