hrnbhk さん プロフィール

  •  
hrnbhkさん: 身長を高くするトレーニング
ハンドル名hrnbhk さん
ブログタイトル身長を高くするトレーニング
ブログURLhttps://ameblo.jp/bluewaterd/
サイト紹介文身長を高くするトレーニング 成長期の皆さんへの回答
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/04/29 10:36

hrnbhk さんのブログ記事

  • 身トレと、筋トレとの併用 その5
  • 足を長くする! 身長を高くするトレーニング 前々回にイチロー選手とダルビッシュ選手のトレーニングについて触れましたが、お二人のトレーニング論は真っ向から対立しているのに、初動負荷では共通した認識であるのは興味深いことです。 ウェイトトレーニングの問題点どちらが正しいのか?と話題になりますが、どちらも正しく、事の本質はウェイトトレーニングの問題点にあると思います。 ウェイトの問題点は、ウェイト用の筋肉 [続きを読む]
  • 身トレと、筋トレとの併用 その4 補足
  • 大人の成長が可能になった! 身長を高くするトレーニング 昨日の記事、図が無いので分かりにくかったと思いますので、補足になります。 ※筋線維数は生後まもなく決定され、それ以後は変化しないとする線維数固定説が有力でしたが、筋トレによって筋の中央部で、筋の全長まで伸びない筋線維が増加する事がラットで確認されています。筋の末端である腱との接合部では、増加ではなく肥大が起こります。筋中央部のみが増強され、末 [続きを読む]
  • 身トレと、筋トレとの併用 その3
  • 大人の身長を伸ばす! 身長を高くするトレーニング 身トレのお客様の中には真剣にスポーツに取り組む方も多く、骨強度と筋力の関係についても身長以上にご質問いただきますので少し掘り下げて解説致します。 大本から太くなる腱と骨の付着面積が増えれば破断強度が高くなるので、より大きな力をかけられるようになり、腱の断面積が増える=筋肉の断面積も増えることになります。(破断強度 = 物や接着部分が切れるまでの力の大 [続きを読む]
  • 身トレと、筋トレとの併用 その2
  • 大人の背が伸びる! 身長を高くするトレーニング 骨は筋肉より強い(2) 力が出ないようになってるクレーンは、ブーム(アーム)と、ワイヤー、モーターで重量物を吊り下げますが、「①ブーム > ②ワイヤー > ③モーター」の順で強度が低くなっていきます。この強度の順番が変わると、ブームが折れたり、ワイヤーが切れたりという事故になるからです。人間の体も同じ理由で 「①骨(⇔ブーム) >②腱(⇔ワイヤー)  [続きを読む]
  • 身トレと、筋トレとの併用 その1
  • 50代でも背が伸びる! 身長を高くするトレーニング筋トレもOK筋トレをすると身長が伸びないというイメージが非常に強いようで、「身トレと、他のスポーツはOKでも、筋トレも大丈夫?」というお問い合わせが多いので、回答させていただきます。筋トレをしても、身トレの効果に影響ありません。理屈は同じで、筋トレに骨を鍛える効果が無いからです。※負荷量の少ないトレーニングは、負荷量の多い同質のトレーニングに影響でき [続きを読む]
  • 身トレの屋内実施 丸太の選びかた
  • 大人の成長が可能に! 身長を高くするトレーニング身トレの屋内実施用の丸太選びのポイントを改めて掲載させていただきます。サイズ (最低値)直径150mm 厚み75mm 長さ300mm(半割・縦割の状態)このサイズでも、割れ、反りなどの劣化が起きれば使えなくなりますので、可能な限り大きい物を選んでください。大きければ劣化の許容範囲が広がります。理想的には倍のサイズである直径300mmx厚み150mm以上が良好です。材木店など [続きを読む]
  • HPに記述した「ダメ」について
  • 背を伸ばすことが可能になった! 身長を高くするトレーニング当HPの身トレガイド・1ページ目に、スポーツは300種以上あるがどれも骨は伸びない。運動に「これをしたらダメ」が含まれているからである。と記述してあり、それについて質問いただきましたので解説させていただきます。スポーツと、身トレの並行はOK「身トレ以外の運動をやったら、身トレの効果がなくなるのか?」というお問い合わせですが、他のスポーツはやって [続きを読む]
  • 身トレ屋内実施用の器具について
  • 背を伸ばすことが可能になった! 身長を高くするトレーニング現在、筆者も屋内器具を製作中ですが、これは自分用ではなく「どうやって自作するの?」というお問合せ用に作成しています。 日報はfacebookにアップ中です。https://www.facebook.com/nobuhiko.hara.7 ノコギリ一本だけで作っていますが、これがお勧めの方法ではなく一番困難な方法です。高校生のお客様から「丸太はあるんですけど、ノコギリだけで作れますか?」 [続きを読む]
  • 身トレはキーワードが重要です その2
  • 背を伸ばすことが可能になった! 身長を高くするトレーニング情報を取得するインプットが「3要素」であるのと同様に、アウトプットである行動も「3要素」が限界になります。これは地球と月の動きをどこまで頭の中で再現できるかで分かります。 地球と月をどこまで動かせたでしょうか?地球の自転、月の自転、月の公転、地球の公転、どれか一つでも欠けたらアウトです。地球と月を自転させ、月を公転させると、地球の公転が止まっ [続きを読む]
  • 直接指導レポート 8/26
  • 大人の背の伸ばし方 身長を高くするトレーニング今回お越しいただいたお客様も背が高い方。自分より背の高い人に「背の伸ばし方」を教えるのは、最初は奇妙な心地でしたが6年も続けていると慣れてきました。皆さん熱心にご質問いただくので、指導は標準で2時間程度、長い時には6時間近くもQ&Aをしながらのトレーニングになります。当日は曇り空で気温も低く快適なトレーニング日和となりました。自然の木も使用できたので長身 [続きを読む]
  • 親指を前に向けて歩く利点
  • 大人の背を伸ばす方法 ! 身長を高くするトレーニング歩き方は人それぞれ、どれが正しいという定義はありませんので、前回提案した「親指を前に向けて歩く」の利点を述べておきたいと思います。①効率親指が前に向く場合と、斜めに向ける場合では歩幅に僅かな差がでます。僅かとはいえ、例えば100mを50歩で走る場合、ここで1cmの差が生まれたなら50cm分の差がつきますので、短距離走の選手はこれを直します。蹴りだし(後ろ足 [続きを読む]
  • 踵骨の傾きを改善する方法
  • 大人の背を伸ばす方法 身長を高くするトレーニング 前々回の「直接指導レポート 8月6日」で書きました、踵骨の傾きを改善する方法として提案しているのは、①足の親指を前に向けて歩行すること②足裏アーチの接地点を「踵→小指→親指」の順に接地しながら歩くことこの2点です。あまり事細かに書いても、読んでいただけないようなので今回は簡単に書きますが、これまでお会いしたお客様で踵骨の傾きが大きい方は、ほぼ例外なく [続きを読む]
  • 直接指導レポート 8月15日
  • 大人の脚を伸ばす! 身長を高くするトレーニング一昨日の直接指導、お客様との一枚。手前が筆者の足。踵の成長部分に新しい皮膚ができ、白いのが特徴です。女性のお客様からは「これを応用して美肌効果は得られないの?」とご質問いただきました。皮膚が新生した他にも四段開発を始めた頃から筋肉が付き易くなった変化がありますので、何等かの全身的な効果もあるかもしれません。お越しいただいたのは高身長、超イケメンのお客 [続きを読む]
  • 直接指導レポート 8月6日
  • 大人でも背が伸びる 身長を高くするトレーニング・身トレ 一昨日、直接指導にお越しいただいたお客様との記念撮影。今回のお客様は成長はあるものの、高さより踵後方への伸びが多いとのことで、トレーニング方法に間違いが無いか確認にいらっしゃいました。成長もありますし方法に大きな誤りは無いのですが、屋内設置の丸太の固定方法の変更を提案させていただきました。壁に立て掛けて利用されていたとの事でしたが、HPで紹介 [続きを読む]
  • 直接指導レポート 7月27日
  • 大人の背を伸ばす方法  身長を高くするトレーニング 先週の直接指導は、遠方より飛行機でお越しのお客様。ご購入後カウンセリングを続けてきましたが、なかなか骨が反応せず関東へのご用事ついでにお越しくださいました。手前が筆者の足。成長した踵の部分に新しい皮膚ができ、白いのが特徴です。 骨の反応が得られない時は、メールでトレーニングの動画を送信していただき、「改善→実行→評価。改善→実行→評価」の繰り返 [続きを読む]
  • 身トレはキーワードが重要です
  • 大人の背を伸ばす方法 身長を高くするトレーニング身トレのカウンセリングを行うと、「もしかして画像を見ただけで、やってるんじゃないかな?」と思われるお客様が多くいます。運動というのは、見ただけで同じ様にできるという事はほとんどなく、必ず言葉で理解して、繰り返しを行い、「言葉」とのズレを修正することで出来るようになるものです。今回は「言葉」と「運動」の関係を解説して、身トレを実践中の皆さんに「キーワー [続きを読む]
  • 直接指導
  • 大人の身長を伸ばす! 身長を高くするトレーニング画像は、連休中に直接指導を受講いただいたお客様との記念撮影。遠方からお越しいただき、ありがとうございました。 (私(手前)の踵側面が白いのは、踵が成長して皮膚の長さが足りなくなった部分に新しい皮膚が作られたからで、そこだけスベスベの皮膚です)こちらのお客様の場合、男性では珍しく、非常に少ない負荷で骨が反応し始めたので、「もしかしたら、女性並みに伸びる [続きを読む]
  • 女性の成長開始の遅れについて
  • 大人の背が伸びる 身長を高くするトレーニング身トレでは開始後3ヶ月は成長しない期間があり、これを「無成長期間」とよんでいます。大人の骨は骨量(骨細胞)が変化しないように細胞レベルで制御されていますので、この制御を解除し骨量(骨細胞)を増やせる体質へと変化させるのが「無成長期間」です。女性の場合、比較的短期間でこれをクリアする人がいる一方で、非常に長い「無成長期間」となってしまうケースがあります。原 [続きを読む]
  • アップデート時期について5 フォーム変更に関する補足
  • 大人の背が伸びる! 身長を高くするトレーニング 「骨強度の向上・質的変化」を解説する前に、前回投稿で触れた「トレーニングの量、方法の変更」について補足しておきたいと思います。 私とのカウンセリングでフォームや運動量を変更したお客様の場合、これを継続してください。カウンセリングでの変更は「違う運動」をするのではなく「同じ運動にするため」の変更ですから、これを戻してしまうと、また「違う運動」 [続きを読む]
  • アップデート時期について4 骨強度の向上
  • 大人の背が伸びる! 身長を高くするトレーニング 骨の強度を左右する要素として良く知られているのは骨密度です。 骨の内部にある海綿骨の密度が低下する骨粗鬆症がその代表例ですが、強度の高い運動で考える場合、海綿骨の密度より緻密骨の厚みや内径・外径の影響が大きいと考えられています。 身トレで起きる骨強度向上も緻密骨の変化が中心になり、それには「量的変化」と「質的変化」があります。量的変化量 [続きを読む]
  • アップデート時期について3 身トレ理論(2)
  • 大人の骨を伸ばす! 身長を高くするトレーニング=身トレ大人と子供の骨の違い大人の骨と違い、子供の骨に骨端線があるのは良く知られたことですが、もう一つ明確な違いがあり骨膜の厚さが異なります。 periosteum(骨膜) fibrous layer(繊維層) cellular layer(形成層) 骨膜は外側にある線維層と内側の形成層の二層になっていて、子供では形成層が厚く活発に骨芽細胞が生み出されていますが、大人になると形成 [続きを読む]
  • アップデート時期について 2 身トレ理論
  • 50歳でも背が伸びる! 身長を高くするトレーニング 成長期の子供が脚を骨折すると「過成長」という現象が起きることがあります。 子供は盛んに造骨する「モデリング」が行われていますから、骨折部が成長軟骨のように機能し骨折部を起点とした成長をしてしまうことがあるのです。 大人の場合でも、骨折部に隙間があれば骨が延長されることになりますが、造骨の速度が遅いため過成長のようには伸びませんし、あま [続きを読む]
  • 身トレ弐段へのアップデート時期について
  • 成長期を過ぎても背が伸びる! 身長を高くするトレーニング 身トレでは下表の様なサイクルで成長効果が変化します。したがって、お客様ご自身で成長期間終了を予測し、タイミング良くアップデートもしくは「休止→再トレーニング」を行うことが効率良い成長を可能にします。 ※同じ運動量のトレーニングで効果を出すには1年以上の休止が必要です。 この様に、同じ運動では効果が無くなってしまうのは、身トレの成 [続きを読む]
  • 武の道
  • 今回は趣きを変えて少し武道について書きたいと思います。(こっちが大本ですが・・・)最近、「武道の練習で相手に怪我をさせて何が悪い?」という見解を目にするのですが、これが武道人全般の考えと思われては心外です。相手に怪我をさせても「致し方ない」と判断されるのは、相手の実力が互角以上の時だけです。相手が強ければ、怪我は相手の責任。相手が弱ければ、怪我は自分の責任。これが本当の武道です。私なら上級者が下 [続きを読む]
  • 骨強度が運動能力を決定する その2
  • 骨を鍛えて背を伸ばす! 身長を高くするトレーニング前回の記事で以下のように述べました。①エネルギーを受け止める骨と、エネルギーの発生源が異なるため、骨折が起こり②エネルギーの発生源が骨を駆動する筋肉に限定される場合、骨折しないしかし、現実の運動では一つの骨に様々な場所からエネルギーが伝わりますから、骨折が起こらないように調整が必要になります。調整とは何かと言えば、①筋力の100%を使ってしまった [続きを読む]