mou さん プロフィール

  •  
mouさん: ビルボード・チャート日記
ハンドル名mou さん
ブログタイトルビルボード・チャート日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mou-at40-billboard
サイト紹介文1970年代から最新のビルボード・ヒットチャート、そして70年代と80年代の隠れた名曲を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2012/05/02 09:34

mou さんのブログ記事

  • Stanley Clarke & George Duke - Sweet Baby(1981年の洋楽 Part23)
  • 1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart23はStanley Clarke & George Dukeの"Sweet Baby"。この頃フュージョン系の曲がチャートを上がってくることが多々あり、フュージョンの紹介が多くなっていますね。最高位は8月1日と8日の19位。最高位こそ19位でTop40には9週しかエントリーしませんでしたが、Hot100には20週間エントリーし、年間チャートは78位の唯一のTop40ヒットで大ヒットになりました。スタンリー・クラークとジョージ・デ [続きを読む]
  • グレン・キャンベル Glen Campbell - Southern Nights
  • 8月8日、グレン・キャンベルさんが亡くなりました。81歳でした。グレン・キャンベルさんの"Southern Nights"、私が「カントリーっていいなぁ!」って、カントリーの良さを教えてくれた、ほんわか明るく伸び伸びとしたいい曲です。この曲とイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」は似たようなチャートアクションをしていて、この曲が1位になった1977年5月1日の翌週、「ホテル・カリフォルニア」が1位になりました。こんなことも印 [続きを読む]
  • ムーディー・ブルース The Moody Blues - Gemini Dream(1981年の洋楽 Part22)
  • 1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart22はThe Moody Bluesの"Gemini Dream"。最高位は8月1日の12位。年間チャートは残念ながら圏外でした。ムーディー・ブルース、1978年に39位を記録した"Steppin' In A Slide Zone"以来の久しぶりのTop40ヒット、Top10ヒットとなると、1972年に2位となった大ヒット曲"Nights In White Satin"(サテンの夜)、翌1973年に12位となった"I'm Just A Singer (In A Rock And Roll Band)"以来の大ヒット [続きを読む]
  • ロザンヌ・キャッシュ Rosanne Cash - Seven Year Ache(1981年の洋楽 Part21)
  • 1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart21はRosanne Cashの"Seven Year Ache"。最高位は7月18日と25日の22位。年間チャートは97位。最高位は低めでしたが長期間チャートインし年間チャートに滑り込みました。久々に、ほとんど日本ではヒットせず、知っている人もあまりいないんじゃないかなという曲の登場です。ロザンヌ・キャッシュ、レギュラーチャートでの登場はこの曲のみの、いわゆる一発屋ではあります、が、カントリーチャー [続きを読む]
  • サンタナ Santana - Winning(1981年の洋楽 Part19)
  • 1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart19はSantanaの"Winning"。最高位は7月18日の17位。年間チャートは84位。サンタナですが、もちろんロックファンの方ならご存知の偉大なギタリストです。1960年代から活躍していまして、1970年代初めには名曲"Black Magic Woman"がビルボードで4位を記録する大ヒットになりました。1970年代前半にはその"Black Magic Woman"や"Evil Ways"など大ヒットを連発しましたが、その後しばらくヒットチ [続きを読む]
  • 1981年7月11日付 ビルボード 全米 Top40 Gary U.S. Bonds - This Little Girl
  • 1981年7月11日付ビルボード All American Top40、5週間の1位から一旦ダウン、2位から再び上がって通算8週目の1位、年度を代表する大ヒット、Kim Carnesの"Bette Davis Eyes"。10位を記録した"More Love"以来のTop10ヒットでもちろん初めてのNo.1です。2位は前週と変わらずGeorge Harrisonの"All Those Years Ago"。George Harrison、ずいぶん久しぶり、遡ること1973年6月30日に1位を記録した"Give Me Love"以来の2位まで上がりま [続きを読む]
  • Tom Petty And The Heartbreakers - The Waiting(1981年の洋楽 Part17)
  • 1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart17はTom Petty And The Heartbreakersの"The Waiting"。邦題は「孤独な世代」。最高位は6月13日と20日の19位。年間チャートは残念ながら圏外でした。Tom Petty & The Heartbreakers、アメリカフロリダ出身のギタリストでシンガーソングライターのトム・ペティを中心に結成されたアメリカンロックグループです。この1981年時点ではこの曲でまだ4曲目のヒットで大ヒットはありませんでしたが、 [続きを読む]
  • Dottie West( & Kenny Rogers) - What Are We Doin' In Love(1981年の洋楽 Part16)
  • 1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart16はDottie Westの"What Are We Doin' In Love"。最高位は6月27日の14位。年間チャートは55位の大ヒットです。Dottie West、アメリカカントリー界で1960年代初め頃から活躍する大物歌手ではありますが、日本では超マイナーなアーチストです。カントリーチャートでは数多くのヒット曲を持っている彼女もレギュラーチャートではずっとヒット曲がありませんでした、が、この曲"What Are We Doin' [続きを読む]
  • Franke & The Knockouts - Sweetheart(1981年の洋楽 Part15)
  • 1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart15はFranke & The Knockoutsの"Sweetheart"。最高位は6月6日と13日の第10位。年間チャートは50位、デビューシングルにして大ヒットとなりました。フランキー&ザ・ノックアウツ、シンガー・ソングライターのフランキー・プリヴァイトを中心にニュー・ジャージー州で結成されたロックバンドで、初めてのアルバム「Franke & The Knockouts」からこの曲"Sweetheart"がいきなりの大ヒットとなりま [続きを読む]
  • 38 Special - Hold on Loosely(1981年の洋楽 Part12)
  • 1981年の洋楽を紹介するシリーズのPart12は38 Specialの"Hold on Loosely"。最高位は5月16日と23日の27位。年間チャートは残念ながら圏外でした。38 Special、ドニー・ヴァン・ザントを中心に結成されたサザン・ロック・バンドですが、ヴァン・ザントといえば、そう、あのレーナード・スキナードのロニー・ヴァン・ザントの弟です。38 Specialですがデビューは1975年、レーナード・スキナードの不幸な飛行機事故が1977年10月で、事 [続きを読む]