かみたけ べてぃ さん プロフィール

  •  
かみたけ べてぃさん: にこにこ菜園日記
ハンドル名かみたけ べてぃ さん
ブログタイトルにこにこ菜園日記
ブログURLhttp://bettykam.blog129.fc2.com/
サイト紹介文野菜と花作り、洋裁、陶芸、仏像彫刻や街角のオモシロ観察など趣味のあれこれ書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/05/02 17:39

かみたけ べてぃ さんのブログ記事

  • 日暮里トマトの百円布をブラウスに。そして最近食べた魚。
  • 晴耕雨読・縫 の田舎暮らしだったはずですが、気候変動激しい今日においては夏の晴れた昼間はとても畑仕事は無理。「朝耕・昼縫」の生活です。しばらくお裁縫はお留守になってましたが、最近新作どんどん完成中です。ほんと、最近暑くて。写真は日暮里繊維街のトマト(問屋さんの名前)で買った一メートル100円の布で作ったブラウスです。行かれたことがある人はピンとこられる、布のロールが山ほど積んであって全部1メートル [続きを読む]
  • 落花生、柑橘類その後。そしてトウモロコシの粒が...。
  • 落花生、落下し始めました。既に土に頭つっこんでたのを引っ張ってみたらこんな感じ。後ろにも幾つか同じ物が。この先に落花生がなるってことですよね。不思議。他にない進化の仕方をした植物、何故こうなったのか??今朝の収穫です。オクラが始まりました。そして韓国カボチャのマッチャン、トウモロコシ、そして甘とう美人(万願寺唐辛子みたいな辛くないものです)。ここまで収穫してきたトウモロコシはちゃんと先の方まで粒が [続きを読む]
  • 夏の花シーズンイン、そして落花生の花が落下しそう
  • 毎年定番の夏の花、スカビオサ満開です。この花はこれから秋の初めまでずっと咲き続けてくれる重宝な花。ただし花が終わったら種をつけないように花柄摘みを毎日しなきゃいけませんが。毎年一袋の種全部蒔くのでそれなりの株数、それなりの花数。どんどん花が出てくるので花柄摘みも毎朝毎夕です。でもそれさえちゃんとやれば数か月にわたってこの可憐な花が楽しめるのですから、苦にはなりません。花壇がにぎやかになってきました [続きを読む]
  • 夏のとれとれ朝ごはん、 そして マキタの充電式掃除機
  • 今朝の朝ごはんです。昨日からパン切らしてて、何かメインになるものはないか?ということでトウモロコシ登場。素材は全部朝収穫したてのとれとれ野菜です。トウモロコシ、イチゴ、スムージーの材料はケール、パセリ、小松菜の青汁トリオにこれは流石に買ってきたバナナと低脂肪牛乳。そして最近の朝の飲み物は先日買いたハブ茶です。おかげで便秘知らずに。ずっと朝はコーヒーだったのですが、コーヒー飲むと冷えるな〜と気になっ [続きを読む]
  • マキタの充電式草刈り機とセットで充電式クリーナー買いました
  • トマトが始まって収穫物の色が俄然カラフルになりました。今朝の収穫はトマト、パセリ、サラダ菜、ケール、マッチャンの花、イチゴ、ルッコラ です。一雨ごとに野菜ぐいぐい成長中。降った翌朝のオクラなんて昨日とは別人のように巨大化しています。野菜が育つということはそれ以上に雑草が茂るということ。今年は春の雨が少なかったからあまり雑草は悩みの種じゃなかったのですが、ここに来て巻き返すかのように勢いづいて雑草ボ [続きを読む]
  • 新しい菜園は天国への道? そして夏のシャツ、パーカー作りました
  • 毎日朝夕通う新しく借りた菜園...通うと言っても道はさんで向かいなので地続きと変わらない距離なのですが、人間の心理は不思議で家の前にある菜園に比べて行く頻度少なし。なので毎日朝夕は行くことにしています。道路から6、70センチ盛り上がった土地。登り口付近は雑草ボーボーで奥は見づらいので、登ってみて初めてこんな景色が広がるのが毎日新鮮。天国への道みたい〜と、妙なことを思ってしまう風景です。広い土地の一 [続きを読む]
  • お魚天国へ引っ越して幸せ?な話、そして冷凍庫活躍中
  • 今夜のメインディッシュはチビかさごの煮つけの予定です。かさごってもうちょっと黒っぽいというか赤黒くてまだら模様の魚だと思っていましたが、今日も魚売り場にあったのはそのまだら模様のとこの金魚みたいな赤い子、二種類。まだら模様の方は何回か食べたので、今日は珍しいこちらにしてみました。こっちの方が安かったし。今の家に越してからとにかく魚が食卓にのぼる頻度激増。人生で最も沢山魚を食べる生活をしています。理 [続きを読む]
  • 散々検討した挙句、念願の冷凍庫購入しました!
  • デルフィニウムがほぼ満開。ラベンダーは満開が続いています。花壇は長いこと目を楽しませてくれた矢車草がそろそろ終わり。入れ替わるようにスカビオサやエキナセアが花の季節入り。菜園も花壇も大きく季節が動いた感じです。キュウリは順調に毎日1,2本の収穫でそろそろ食べきれなくなりつつあります。それに茄子、韓国カボチャ、トマト、ピーマンの収穫も始まりました。嬉しいな〜と、喜んでばかりもいられないのは、そう、食 [続きを読む]
  • 今年のゴルゴは美味、そして雄花なしで膨らむ韓国カボチャの不思議
  • ビーツの一種、イタリア野菜の「ゴルゴ」初収穫です。一昨年育てたものの、全然美味しくなくて...こんなもんならもう育てる必要はないや...と思い去年はパス。でも写真を見てもらえばわかるようにビジュアルの評価が高い野菜。人にあげると喜ばれるので今年は再挑戦です。一昨年の味の記憶は鮮明。どんな味?と問われると「ほうれん草の根本の赤い部分の味」と即答です。そうなんです、ほうれん草の根本の赤い部分のあの独特 [続きを読む]
  • トマトもラベンダーも挿し芽で増やす。そして密植栽培のニゲラ。
  • ニゲラの花が咲き始めました。他にない変わった形の花です。王冠みたいにそびえ立ってる緑のものが雌しべなんでしょうね。花のまわりには緑のヒゲが額みたいにとりまいています。花が終わって種になっても種袋の様子が可愛くて。長い時間楽しめるし他の花とも合わせ易いので毎年育てています。でも弱点が一つ。結構背が高くなるんですね〜。実は今の庭は風が強くて背の高い花はなぎ倒されやすいので、できるだけ背が高く育たないよ [続きを読む]
  • デコポンの雌しべはくねくね曲がってる? そしてケールの話
  • 去年は花はほんの数輪、実になったのは一個だけ。その一個も虫に食べられて結局収穫ゼロだったデコポンの木。見るからに木自体が弱っているので今年もダメかなぁ〜と心配していましたが、何とか数十厘の花が咲いて良かった〜。実になってくださいよ〜と祈る気持ちで花に近づいてみると..ん?んん??何じゃこりゃ!!??雌しべがぐにょり曲がってる〜!!なんで?一輪だけかと思いきやこの木の花の雌しべは皆、くねりと曲がって [続きを読む]
  • 今年のグリーンカーテン、そしてトマトに支柱たてました
  • イチゴとサクランボ、赤い収穫の季節。サクランボはあとほんの少し残ってますがほぼ終了です。あっという間。でも冷凍庫に沢山入ってるのでしばらく楽しめそうです。そしてイチゴは絶好調。毎日10個前後収穫できるのでこちらも食べきれず冷凍庫へ。ジャムを煮ようと思いながら毎日畑仕事に時間をとられて台所に立ってる時間が短くて。でもイチゴはまだこれからしばらく収穫できそうなのでその内ジャムもね。既に五月も後半。そろ [続きを読む]
  • さくらんぼ初収穫、ヒヨドリとの戦いが
  • さくらんぼの収穫が始まりました。初体験のさくらんぼ栽培です。一本で実がなる&開花時期から判断して恐らく「暖地桜桃」というもののはず。調べると一般的なさくらんぼとは別物で実は小さくて酸味がつよくてマズイ....とあって、ひぇ〜。さてどんな味なのか?と心配しながら赤くなるのを待っていました。初収穫の実はこんなに美しい輝く玉です。可愛い〜?確かに小さいです。でもスーパーでプラスチックケースに無造作にがさ [続きを読む]
  • 自家製野菜でスムージー生活、そしてイチゴ収穫期に入りました
  • いちごが収穫期に入りました。朝の見回りの時にヘタの際まで真っ赤になっているのだけを収穫してます。冷蔵庫で冷やしてお昼か夕食のデザートに。うちの子ヒイキかもわかりませんが、今年は結構おいしい!なんたって完熟で収穫して数時間冷やしたら口に入るという鮮度の味です。完熟も完熟、実の芯まで真っ赤。べてぃはただ甘いだけじゃなくて酸味と甘さのバランスの良いものが好きなのですが結構良い感じです。イチゴ栽培は何年目 [続きを読む]
  • 実のなる木の変化が毎日あまりに速くて...
  • 普段は見ない角度からスモモ?の木を見てみてびっくり。な、なんじゃこりゃ!!???離れたところから見つけた時は何故スモモの木にレモン色の花が咲いているんだろう?と思いましたよ。でもそれは花じゃなくて一個だけ大きな実らしきものでした。上に向いてるレモン色の玉。何で一個だけこんなサイズに!!??指を当てているサイズの実は木全体に数えられないほどついているので、今の時期はこのサイズなんだと思い込んでいたの [続きを読む]
  • レモンに蕾がつきました そして夏野菜の苗
  • え、もう?と思ったのはレモンの蕾。丸い玉です。柑橘類の木はどれもただ今新しい葉がにょきにょき出てきている段階です。昨シーズンは一個しか収獲がなくて気になっているデコポンは毎日葉の成長具合をチェックしているので、ああ、葉が出てきた出てきたと思っていたのですが、既に蕾がついているとは。去年はこの木がレモンだということすらわからず、柑橘類の木がいつごろどういう成長をするのかも全く無知だったので、去年の今 [続きを読む]