緑茶っち さん プロフィール

  •  
緑茶っちさん: 緑茶地方の主婦ノート
ハンドル名緑茶っち さん
ブログタイトル緑茶地方の主婦ノート
ブログURLhttps://ryokuchaoic.blogspot.jp/
サイト紹介文静岡在住の主婦が、緑茶をゆっくり飲みながら子育てや静岡での暮らしを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2012/05/03 10:49

緑茶っち さんのブログ記事

  • いい人に見えるけど厄介な人たち。
  • いっそのこと見るからに悪人ならいいのですが・・・地元の子ども絡みの親や地域の人に、いい人に見えるけど厄介な人がいます。テニス仲間のおじさんの中には、「男性は外で働いて大変だ。」と言う人もいますが、いやいや、会社は自分で選べるけど、子ども関係やご近所付き合いは選べません。そして、その付き合いがなかなか難しいのです。長男は、中学受験をして地元以外の中学に行きました。ちなみに、田舎の中学受験は都会と違っ [続きを読む]
  • 現在のパート勤務先で有給休暇を取ることは多分できない。
  • 現在のパート勤務先で働いて3年。一度も有給を取ったことがありません。週3〜4日勤務ということもあって、いらないと言えばいらないのですが本当はあるはずです。前の大学研究室の研究補助パートのときは、週1日勤務でもありましたから。ただ、それも取りませんでした。多分、教授は私に有給があることを知らなかったし、こちらもパート代の元である研究費が少ないことを知っていたので「有給ください」とは言えませんでした。し [続きを読む]
  • 高校での模試がSランクの子を持つ友人と雑談。
  • テニス友だちの子どもは現在高校生。市内のトップ進学校に通っている話は過去記事で書きました。先日のテニスのあとの雑談の内容を少し切り取ります。現在先日、その高校内で行われた課題テストの国語の偏差値が80以上だったそうです。我が家の下の子はトップ進学校ではないけど進学校に通っていて、課題テストは「成績に関係ないから」と重要視していません。だから、課題テストで良くても・・・と思ってしまいますが、友人の子の [続きを読む]
  • 浮世ブログ。
  • 昨日、たまたま見たのがNHKの「歴史秘話ヒストリア」で、北斎の娘・お栄と名画のミステリーでした。葛飾北斎は浮世絵師で、娘のお栄さんも葛飾応為(おうい)という名で浮世絵を書いていました。親子で天才絵師ですが、応為さんの名はあまり知られていません。私も知りませんでした。それは、応為さんが北斎の作品をほとんど手伝っても北斎の名で作品が残るからで、女絵師は表舞台には立てなかったようですね。北斎の影だったので [続きを読む]
  • 石橋の渡り方。
  • 「石橋を叩いて渡る」とは、用心の上にも用心深く物事を行うこと。ですね。石橋を叩きすぎて割ってしまい渡らない人テニス友達は、石橋を叩きすぎて割ってしまい渡らないタイプだと自分で言っていました。でも、傍から見ていると時々渡っています。ただ、やっぱりそのときはすごく慎重。計画もバッチリ。しかも、渡りながらもその石橋について書いてある本を買ったり、人に聞いたりして調べまくっています。石橋を渡らないと現在の [続きを読む]
  • 実家と近居生活18年。良い事、悪い事いろいろ。
  • 私の実家は現在と違う地区にありましたが、私たち姉妹が結婚して出て行ったのを機に、現在の地に老夫婦だけが住むサイズの家を新築し、それまでの家は売却しました。その2年後、新築したところの近くの土地が売りに出たので、我が家がその一区画を買って移り住み、近居生活が始まりました。長男が2才のときのことです。自治会の同じ班内ですから、「スープの冷めない距離」と言えます。約18年、近居生活して良かったのか悪かった [続きを読む]
  • タイミングを逃す人。タイミングの悪い人。
  • 何をするにしてもタイミングって大事です。「間」とも言うのでしょうか?それが上手くできるようになりたいなぁ〜と思っているけど、なかなか難しいですね。タイミングを逃す人with B先日、何かのTV番組で、ブルゾンちえみさんが24時間テレビで走ったあと、「with Bから『お疲れ様でした』とLINEの一言もなかった。怒」と話していました。それに対して、with Bは、「疲れているだろうから『お疲れ様でした』とLINEをしなかった・・ [続きを読む]
  • タフな人とタフでない人。
  • タフな人っていますよね。長男長男もその一人。中学のときは、土日のラグビー部の練習から帰ってきてから、小学校のとき所属していたミニバスのスポーツ少年団へ行って、一緒にバスケをしてくるという体力の持ち主でした。ちなみに、ラグビー部の練習って結構ハードです。ただ、男の子はそういう子が多いのかもしれませんね。犬を散歩させてストレス解消させてあげるのと同じように、体を動かさせてあげないとエネルギーが溜まって [続きを読む]
  • 想定外の班長会と自分の性分。
  • 今回は、過去記事の続きです。前回の班長会での運動会の打ち合わせのとき、「自治会への要望は会長さん止まりで、自治会員にはそういう意見があったと発信されないんでしょうか?」と体育委員さんに言ったら、「では、次の班長会で話す機会を作ります。」と言ってくれたところまでは過去記事に書きました。で、先日、班長会があってその機会を待っていましたが、何も声をかけられず終わってしまいました。え〜終わっちゃったの? [続きを読む]
  • 北村弁護士流、痴漢冤罪の回避術の覚書。
  • 痴漢は女性の敵ですよね。でも、もし夫や長男が痴漢の濡れ衣を着せられたら・・・と心配になり、しくじり先生を録画しておきました。以前、夫が夜道を歩いていたら、前方に歩いていた女性が走って逃げちゃったんだ・・・と言っていたけど、私も走ると思うよwとにかく夜道で出会う男性はみんな疑ってかかっているからねぇ〜私は。先日のしくじり先生は、「北村弁護士流の痴漢冤罪回避術」だったので、我が家の男性たちのために見ま [続きを読む]
  • 自治会の運動会って必要?アンケートでは思惑通りにならないかも?
  • 今年度は自治会の班長です。ある日の班長会でのことについては過去記事にも書きました。班長である今年度中に、今の時代に合った自治会に変えるきっかけをつくりたいと思っています。けれども、なかなか思うように進まないうちに、もう9月。今年度始め、班員に聞いた意見をまとめて会長さんへ出した要望書は、闇に葬られそうな気配が漂っていました。そんな中、前回の班長会で運動会の係の分担の話になり、運動会運営の体育委員の [続きを読む]
  • 親の会で学んだこと。善意で始めてくれたことが後に負担になることがある。
  • 世の中には親切な人がいます。そういう人はいい人で好きだけど、場合によっては迷惑なことも・・・私みたいにまめではないダメ人間は、ふとそんな心を持つことがあるのです。ちょっとした団体で何かを始めるときは、自分がずっと続けられない一時的なものならやらないで欲しかったなぁ〜って。例を上げると、スポーツ少年団や学校の部活の「初投げ、初蹴り」の豚汁作り。年始は、暦通りの休みにあと少し休める程度。遠方の親戚と顔 [続きを読む]
  • テニスと散歩。
  • 8月は、熱中症予防のため休んでいたテニス。9月になってほんの少し風が涼しくなったので参加したけど、やっぱり暑かった〜テニス仲間は老人たち。数年前までいた若いママさん達は本格的に働き始め、50才過ぎた私が2番目に若いというグループ。今の老人は元気で、昨日は12人も集まりました。テニスをしていて思ったんだけど、男性は年をとっても負けず嫌いなんですね。逆にそういう人がテニスに来るのかもしれないけど。だから [続きを読む]
  • 自分で考え自分で決める。
  • 過去記事に何度か少し毒のある母親に育てられたことを書きました。自分の解毒も兼ね、何回かに分けてもう少し深く、過去について振り返りながら考えてみたいと思います。自分で決められなかったこと小学生のときのスポーツ小学生のころは走るのが得意だったので、小学4年生のときに「陸上部に入りたい。」と言ったのに、なぜか水泳部に入っていました。学校のプールで泳ぐので寒くて、泳ぎの練習というより寒さに耐える練習といっ [続きを読む]
  • 炭焼きレストラン「さわやか」。
  • 静岡県民の多くが愛する(一部好まない人もいます)炭焼きレストラン「さわやか」。私が好きなのは、げんこつハンバーグ(おにぎりハンバーグでもよい・・・大きさが違います)です。ハンバーグのまわりが炭で焼かれ、熱々ジュージューの状態で運ばれてきます。写真は、店員さんが目の前でハンバーグを半分に切り、ソースをかけ、ソースの跳ねが少しおさまったところ。お店は、レア焼きをオススメしているようです。始めは、レアの [続きを読む]
  • 波乱万丈な人生を送ってきた母の幼馴染の話。
  • 周りを見渡すと、波乱万丈な人生を送っている人が案外多くいるように感じますが、母の幼馴染もそのひとりです。最近、涼しくなってきたので昨日は自転車通勤。近所に住む実家の前を通ったら、母の幼馴染のMおばさんが車を駐車していました。父の車に乗って、一緒に山梨県でぶどう狩りをしてきたようです。お土産の巨峰です♪過去記事で母のことを少し書きました。母の子ども時代もそうですが、母の幼馴染のMおばさんも、波乱万丈な [続きを読む]
  • 好きなことを仕事にすると・・・。
  • 職場のMさんはダイビングが趣味で、「いつか、ダイビング関係の仕事ができたらいいなぁ〜」と話していました。職場のMさんMさんは、現在、総務や経理など一通りの事務仕事をしています。小さい会社なので一人でできてしまうのですが、一時期仕事が増えすぎて大変だったので、私がパートで雇われ簡単な仕事を補っています。今は仕事が落ち着いて私は不要になりましたが、上の人からみると「パート代が安いからいてもいい」らしく、 [続きを読む]
  • 帰る直前まで「ばかすぎる」と友人に言われた大学生長男。
  • 今日、大学の地方に帰っていった長男。昨夜は、高校の同級生と飲みに出かけていました。最終のバスで帰ってこなかったけど、男だからあまり心配せず。12時ごろ同級生の女子のお母さんが送ってくれました。女の子の親は大変ですね。帰宅後しばらくして、「あっスマホがない・・・汗」と長男。忘れ物の中で、忘れてはいけないものの一つがスマホ。連絡がつきませんから。長男はツイッターをやっているので、うちのPCから入り、同級 [続きを読む]
  • プレバト俳句才能ランキング1位のフジモンの俳句と大学生の長男。
  • プレバトの俳句の才能ランキングを、夏休みで帰省中の長男と見ました。お題は「夏休みの宿題」で、1位だったフジモンの句が、『マンモスの 滅びた理由 ソーダ水』でした。夏井先生の解説を聞く前は、マンモスの滅びた理由ってソーダ水???と、こじるり(小島瑠璃子)さんと同じ疑問を持ったから、凡人以下の解釈しかできていないことになります。ソーダ水って、たしか二酸化炭素の混じった液?だけど、滅びた原因は二酸化炭素 [続きを読む]
  • 田舎のナイトプール。
  • 先日の夕方、市が営業するプールに母と長女と行ったら休みでがっかりしました。仕方なく、がっつり泳ぐタイプの室内プールに移動し、3人で泳ぎまくってサウナに入り、満足して帰宅。そう言えば最近、都会では洒落たナイトプールが流行っているようですね。田舎のナイトプールなら、約40年前の小学生時代から行っています。自分が親になってからは、夕食後に子ども達を連れてよく行きました。夜、9時少し前まで夏休みの期間だけ [続きを読む]
  • 浪人中の子のお母さんの話。
  • 過去記事の浪人中かも。で書いたMくんのお母さんと2年ぶりに話しました。向かいに住んでいるのですが、Mくん母はちょっと壁があるタイプなので、声をかけられたときだけ話すようにしています。2年間、ご近所さんだから時々見かけましたが、あいさつもお互いせず。「声をかけないでオーラ」が漂っているのです。それが、今日久しぶりにスーパーで会って、向こうから声をかけてきました。たぶんMくんは浪人中だろうから、そこは触 [続きを読む]
  • 大学生の長男、夏休み2度目の帰省。
  • 大学生の長男が、この夏休み2度目の帰省中。1度目の帰省後、サークルの合宿があるので帰って行き、再びこちらへ帰宅しましたが長くはいないようです。帰ってきて話をしていたら、長男が、「そうそう、言ってなかったよね?この前のサークル合宿の行きに事故に遭っちゃってさぁ・・・」と言って、レンタカーが大きく凹んでいる写真を見せながら話しました。「みんな大丈夫?誰が運転していたの?」と聞いたら、「先輩が運転してい [続きを読む]
  • 夏休みの終わりの憂鬱な気持ちあれこれ。
  • もうすぐ夏休みが終わります。学校によってはすでに新学期が始まっているところもあるようですね。我が家の大学生の夏休みはまだ続きますが、下の子は高校生なので間もなく2学期が始まります。夏休み中も部活があり、平日はお弁当持参。夏休みは30分遅く起きて作っても間に合っていましたが、あと少しでいつも通りの5時起きとなります。はぁぁぁ・・・憂鬱 お弁当作り自体はいいのですが、早起きが辛い。たった30分と思うか [続きを読む]
  • 短期間しか続かなかったパート仕事で思ったこと。
  • 結婚出産後、子どもが保育園に行くようになってからパート仕事をするようになりました。給食調理パート、結婚前の会社に出戻りパート、大学の研究室の事務パート、今やっている小さい会社の事務パート・・・ざっと数えても、8箇所はあります。学生時代にも2つバイトをしていたから、改めて数えてみると、非正規社員で働いていたのは、10箇所もあったことになります。正社員で働いたのが一度だけで、短大卒業後結婚まで約10年。 [続きを読む]