SUNAO さん プロフィール

  •  
SUNAOさん: きままに季語
ハンドル名SUNAO さん
ブログタイトルきままに季語
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/natusunao17/
サイト紹介文生活する女達の日々や俳句を、発表する冊子「瓔(ヨウ)」 瓔の仲間の素敵な俳句を写真と共に紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/05/03 11:31

SUNAO さんのブログ記事

  • 梅雨晴  (鴨の親子)
  • 梅雨晴と五月晴は同じだったのだが、今では五月晴は、陽暦五月の晴れの日を言うようになった。梅雨晴れや手枕の骨鳴るままに  横光利一梅雨晴や四角三角子が走る  畑田保寿美パクチーに白い花咲く梅雨晴間  はしもと風里パクチーに白い花が咲き、子ども達は走り回る。... [続きを読む]
  • 梅雨  (紫陽花)
  • 梅雨入りの日に大雨が降ってから、二週間雨なし。昨日の晩からやっと降りました。良かった、良かった。鉛筆を噛めば木の香や梅雨ながし  中村苑子梅雨闇に膝を抱えてゐる私  松井季湖梅雨深し待合室の独り言  桐村日奈子雨が似合う花、紫陽花!カメラの紐が映りました... [続きを読む]
  • 夏の夜
  • 今日は蒸し暑い夜です。ここしばらくは、朝晩は涼しかったのに。でもこれからこんな日が続くのでしょうね。それにしても雨降らないね。高嶺星みてより夏夜の深睡り  角田独峰夏の夜ロバになるのは困ります  おーたえつこ夏の夜のライブハウスに雪が降る  はしもと風里... [続きを読む]
  • 夏の川
  • 川に夏をつけただけ。でも川は季節ごとに色々な顔を持つような気がする。夏の川は、子どもたちが似合う。夏河を越すうれしさよ手に草履  与謝蕪村夏川に半畳ほどの洗濯場  種田果歩きみの名は知らず夏の川渡る  山本みち子15日木曜日に河原町に吟行に行きました。そ... [続きを読む]
  • 夏の朝
  • 今日は暑くなりそうですね。でも朝は爽やか。草原に風あと見ゆる夏の朝  太田柿葉蜂蜜のきんいろ掬ふ夏の朝  はしもと風里夏の朝の句は瓔には一句でした。きっとみんな、昼の暑さを考えて俳句が出来ないのでしょうね。今はちょっとしぼんでいる十薬が多いのですが・・・・。十... [続きを読む]
  • 枇杷
  • 今年は枇杷の成り年なのだろうか?どの樹を見ても、枇杷が鈴なり。枇杷青し悪童の瞳の澄めりけり  中島杏子枇杷熟れて犬の半生わが半生  笹村恵美子ご一緒に倶利伽羅紋紋びわタルト  辻 響子昨日撮ったびわをアップするの忘れてた。ここのびわは少し小ぶりです。今日... [続きを読む]
  • 薄暑
  • 夏になって少し汗ばむくらい心地いい暑さのこと。そよ風の涼しさを楽しむ季節。歳時記では。今日は五月中旬の気温との事。ちょうど薄暑かな?外郎の離さぬナイフ薄暑光  下坂富美子野菜室にアボカド熟しゆく薄暑  はしもと風里ゆび薄暑チョコやわらかくしどけなく  松... [続きを読む]
  • 六月
  • どうしましょう、もう六月も十日!もう一年も半分を過ぎようとしている。この半年、何をしてきたのだろう。六月や飴の匂ひの松の径  中島月笠六月の青のビーズのペルシヤめく  太田悦子六月の森よ耳たぶひんやりと  火箱游歩月笠さんの句、雨でなく飴!どう鑑賞すれば... [続きを読む]
  • 栗の花
  • あの独特な香りを知ったのは、おとなになってからです。歳時記を見ていて初めて知った。雄花は白色で、長く総状に穂をつくる。雌花は雄花の根もとに三個ずつ着く。雌花はとげの多い総苞で包まれて薄緑色、後にいがとなる。これで納得。栗の花脚の長さは尚ほ仔馬  中村草田... [続きを読む]
  • 南風
  • 夏の季節風。今日は清々しい風が吹き気持ち良い。南風はもっと暖かく湿った風の事だ。もうすぐ嫌でもそんな風が吹いてくるな。海南風死に至るまで茶色の瞳  橋本多佳子南吹く百号の絵を並べたて  種田果歩男にしか喋らぬインコ南風  火箱ひろ夏ですが、まだまだ蒲公英... [続きを読む]
  • 夏の星
  • 冬の方が空気が澄んで、星はくっきり見えるのだろうが。夏の方がゆったりと星空を眺めることが出来る。蓼科の夜はしんしんと星涼し  鳥羽とほる夏の大三角形へパンツ干す  おーたえつこ間違いをするたび光る夏の星  のざきまみこなんか良いですね。夏の星。バス停へ続... [続きを読む]
  • なんとなくこんな生物かなと思うのですが、はっきり見たことはたぶんないと思います。だぶだぶの皮のなかなる蟇  長谷川櫂蟇鳴くやただひたすらに蟇として  種田果歩十七の年の差なんぞ蟇の恋  たかはしすなお宇治市植物公園のこの池に蟇がいたそうです。見れなくて残... [続きを読む]
  • 初夏
  • 初夏って良いですよね。とても爽やかな感じがしますね。初夏やホース牝牛のように跳ね  山戸則江はつ夏や仏様にも美と醜と  波戸辺のばらはつなつの匂ひが向かうよりゆらり  はしもと風里少し写真写りが悪いのですが。枚方公園にツバメの巣がいくつかあります。それの... [続きを読む]
  • 青蛙
  • 俳句では青蛙と言うが、青蛙は雨蛙とは実際は違う種類らしい。でも俳句の青蛙は雨蛙のこと。いつもながら、俳句の季語はややこしい (´・ω・`)青蛙おのれもペンキぬりたてか  芥川龍之介雨蛙音楽室に五時集合  鈴木みのり星の子とモリアオガエル棲む母校  笹村恵美子... [続きを読む]
  • 睡蓮
  • まだ睡蓮には早いみたいですが。7月頃から咲くと書いてありました。睡蓮に雨来し音のかすかなり  堀 文子睡蓮閉じて魔法の時間から覚める  種田果歩ねえゐるんでしよ睡蓮の暗闇に  辻 響子先日の宇治市植物公園で、大きな睡蓮の鉢。小さな睡蓮が咲いていた。そして... [続きを読む]
  • 葉桜
  • 今年の葉桜は、元気がないような気がするのですが。皆さんはどう思いますか?花は葉に巻けば細身の男傘  岡本 眸首の牽引腰の牽引桜は葉  松井季湖エビアンを飲む葉桜の光飲む  火箱游歩ちょっと前に撮った写真ですが。なんか淋しい!写真で見ると、そうですか?って... [続きを読む]
  • 滝を見ると、やはり涼しくなりますね。だから夏の季語。単純な理由ですね。滝を見しあとの大きな歩幅かな  柴田佐知子滝つぼに泳ぐ女でありにけり  波戸辺のばら沈黙といふ自由あり滝の前  畑田ほずみ作り滝ですが。宇治市植物公園の作り滝。その近くの九輪草巨大すぎ... [続きを読む]
  • 蜜柑の花
  • 我が家の近くには、蜜柑の木を植えている家がわりとある。道の近くの木だと、たまに香りがしてくる。駅降りてすぐに蜜柑の花の中  加倉井秋を花蜜柑匂う頃だろふるさとは  波戸辺のばら花蜜柑ほんに小さな旅鞄  たかはしすなおたぶんこれはみかんだったかな?夏みかん?レモン?花だけでは、ちょっとわからない。確かに実のなる花は白が多いのかな?蕾はほんのり紫色が。今日の一句花蜜柑水をこくこく飲みました  SUNAO近 [続きを読む]
  • 風鈴   (ブルーベリーの花)
  • 風鈴は涼し気な音がしますが、殺伐とした時代、近隣との揉め事になりそう。とても悲しい日本ですね。鳴らしつつ探す風鈴吊るところ  下坂速穂風鈴や本日妻を休みます  波戸辺のばら背伸びして風鈴吊るす足の裏  火箱游歩我が家のベランダのブルーベリーの花。今はもう散って、小さな実を着け始めています。風鈴みたいとは、無理がありますか?ポトポト落ちています。これは種類が違うのか、葉っぱがわんさか!何種類かの木を [続きを読む]
  • 夏の蝶
  • 春の蝶とは違う蝶ですよね。一般には揚羽蝶の事。賛美歌や揚羽の吻を蜜のぼる  中島斌雄マイレージ貯めて来ました夏の蝶  波戸辺のばら夏の蝶私のルールちょっと曲げ  火箱游歩これは揚羽蝶ではないのですが。ひょっとしたら蛾かもしれないが。畦道を通っていると、綺麗な色が!ちょっと雑草くん邪魔です。草を少し動かしても、蝶は動かない。えらいねキミ!でもよく見れば、蛾っぽいかな (´・ω・`)今日の一句夏の蝶家で [続きを読む]
  • 初夏  (毛虫)
  • 昨日は暑かったのに今日はうって変わって寒い。この寒暖の差なんとかして欲しい。初夏や跳んで少女の束ね髪  永方裕子はつなつをひしめき合ひて渋谷かな  はしもと風里はつなつのゼロ番線に立ちにけり  種田果歩この前のブログが毛虫だった。昨日我が家のガレージで、ぶらんこ毛虫を見つけてしまった。先ずは写真に何処から糸を出しているのか?横向きも可愛い?この長い毛が飛んで来るのかな?私もちょっと手が痒くなった。 [続きを読む]
  • 毛虫   (パステル画・さくらんぼ)
  • 虫は嫌いじゃないけど、毛虫はね。毛虫の毛が飛んで、痒くなるなんて言うし。とてもじゃないけど、触ろうとは思わないですね。まるまるとゆさゆさとゐて毛虫かな  ふけとしこ毛虫焼く手順に抜かり無かりけり  加藤いろは毛虫焼く草食系の男抱き  鈴木みのり毛虫は桜の葉っぱが好きですよね。さくらんぼとリスを描いてみました。あまりにもちびリスでした。気をとりなおして。 リスってさくらんぼ食べるかしら。リスは本 [続きを読む]
  • 引越しました。
  • 引越しました。eoblogが三月で終了と聞いてから、どうしようと考えてきた。パソコンにも強くないし・・・・。途方に暮れたけど、実行あるのみ。画像を引越し出来ないと困るので、eoblogのサポートを見てlivedoorブログに決めました。思ったより簡単でしたが、使い勝手が・・・・。これから頑張って使っていきます。今日からlivedoorブログにアップしているので見てください。livedoorブログ きままに季語これからもよろしくお願い [続きを読む]
  • 冬の霧
  • 冬の霧昨日の朝は樟葉の方へ行ったのですが、霧が出ていました。霧は秋の季語ですが、冬の霧ならもちろん冬の季語瓔で冬の霧の季語をよく使うのは、えつこさん。やはり神戸に住んでられるので、冬でも霧が出ることが多いのかな冬霧や四条を渡る楽屋入り  中村吉右衛門冬の霧ラファエル教会坂の下  小山佳栄冬霧や「にぎはひ町」といふ町名  おーたえつこ何代目吉右衛門なのでしょうね。幻想的ですね桜の樹の枝ぶりもいい感じ [続きを読む]