SUNAO さん プロフィール

  •  
SUNAOさん: きままに季語
ハンドル名SUNAO さん
ブログタイトルきままに季語
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/natusunao17/
サイト紹介文生活する女達の日々や俳句を、発表する冊子「瓔(ヨウ)」 瓔の仲間の素敵な俳句を写真と共に紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/05/03 11:31

SUNAO さんのブログ記事

  • ひぐらし
  • ひぐらしの声聞きましたか?私は昨日、虫の音を聞きました。いつもは一番に虫の音を聞く細道がなくなったので、昨日は家の台所で、虫の音を!蜩や男湯にゐて女の子  小澤 實かなかなやひらがなだけのてがみくる  種田果歩かなかなに日本語でくるエアメール  つじあき... [続きを読む]
  • 秋の日
  • ここ最近ちょっと涼しかったのに・・・・。でも今日は秋の日。秋の太陽あるいは秋の一日。秋の日を実感出来るのはいつかな?広縁や秋日に透ける猫の耳  上村占魚秋光の窓よりトルコ行進曲  種田果歩あひびきと旧仮名読めば秋日濃く  火箱ひろ我が家のプリンスメロン。娘にも... [続きを読む]
  • 盂蘭盆会
  • お盆の中日ですね。夕方から雨が降って来ました。起き伏しの枕ひとつや盆の風  桂 信子新盆や賑やかなのを良しとして  波戸辺のばら盆過ぎの土間に残りしあれやこれ  松井季湖これ前の無花果のお宅の林檎。写っているだけで、四つ!もっともっとなっています。信州で... [続きを読む]
  • 無花果
  • 以前にも書いたと思うけど、実のように見えるのは花嚢で、小さな花が集まったもの。無花果はあまり食べないので、実際に見たことがないのでなんとも・・・・。一度食べないと駄目かな。無花果くらし子守唄なほ昏し  神戸周子青無花果とうとう心開かずよ  辻 水音勝気なる少女... [続きを読む]
  • 今日は夏に戻りました。時々雷なりますね。でも写真には撮れなくて・・・・。落雷の火柱たちし熊野灘  井谷百杉雷の前頭葉を打ちに来る  鈴木みのり遠雷や調律の弦きゆきゆと締め  はしもと風里本当に小さい頃、裏の山に落雷!辺りは真っ暗なのに、一瞬青く光って、この世の... [続きを読む]
  • 八月
  • 八月って秋なのですよ。こんなに暑いのに。十年前とは本当に違う季節。これからどうなっていくのでしょう。八月の空やしづかに人並び  柿本多映八月のパンツは音を立ててはく  林田麻裕八月の羽ばたく鶴を三羽折り  武智由紀子今年も来ました守宮!でもいつもの守宮と... [続きを読む]
  • 炎天
  • 立秋なのに、そして台風5号が来て雨なのに!ごめんね、炎天!枚方は雨は降っているけどそれほど強風はなかった。このまま被害も少なく海へ出ていって欲しいです。炎天や張り手のごとき中国語  安里道子炎天や象に挨拶して帰る  火箱游歩炎天や尻尾ちぎれるほど回し   ... [続きを読む]
  • 油照
  • 薄曇りのじりじりと蒸し暑い日。じっとしていても脂汗が滲んでくるような暑さ。苦手な暑さですね。惚けても眉を上げても油照  藤田湘子油照り閻魔を裏で操って  たかはしすなお寅さんが静かに笑う油照り  火箱ひろ隣の生垣に来た揚羽!揚羽の羽根の先端って綺麗だった... [続きを読む]
  • 短夜
  • 夏至の頃が一番短夜ですよね。もう8月だから少しづつ日が暮れるのが早くなっていますね。でもあえて短夜。短夜の死ぬるといふは眠ること  西島麦南明易を呆と信楽狸かな  おーたえつこいくたびも息たしかめて明易し  松井季湖短夜と死って、なんとなく合うのでしょう... [続きを読む]
  • メロン
  • 高級な果物と言うイメージ!マクワウリなら、庶民的!プリンスメロンも、ちょっと庶民的!籐椅子にペルシャ猫をるメロンかな  富安風生メロン食う建前なんて捨てろ捨てろ  鈴木みのりメロン掬ひ飯島晴子を考える  はしもと風里メロンの赤ちゃん (⌒▽⌒)我が家のメロ... [続きを読む]
  • 灼く
  • 山口誓子らによって広まった、比較的新しい季語との事。近頃のこの異常な暑さでも、新しい季語が出来るかも?鉄棒といふ直線の灼けてをり  永野佐和スーツケースごろごろ引いて灼けてをり  おーたえつこちりちりと赤唐辛子灼けてをり  辻 響子なんか見事に下五が、灼... [続きを読む]
  • 昼寝
  • 猛暑日に昼寝なんてしてられぬ!いえいえ大丈夫 (*´∀`*)エアコンがあるさ!折角部屋にエアコンがあるのに、スイッチを入れない私。年寄りだから暑さもわからないのか?と笑われています。ここに岡本太郎のオブジェ三尺寝  田中裕明くちばしを抱いてペリカン昼寝中  ... [続きを読む]
  • 土用
  • 7月25日、うなぎ食べましたか?食べてない人大丈夫。今年は8月5日も土用の丑の日だそうです。土用は18日間あるので、二回ある年が時々あるみたい。魚屋さんには優しい年。家計には厳しい年です。土用三郎黒牛に乗り来りけり  中条 明竹皮に包む馬肉や土用照  加... [続きを読む]
  • 天神祭
  • ほぼ京都中心の瓔には、天神祭の俳句はない!でも季語としてあるのですね。天神祭!傍題に、天満祭・船祭・川渡祭・どんどこ船なんてのがあった。昨日写真にあった、どんどこ船や。立派に季語なんだ。写真をみたら、すごい。  どんどこ船やっぱりすごいお祭りなんだと思っ... [続きを読む]
  • 今日用事で天満に行きました。天神祭一色。色々の御輿に会った。こんなに御輿があるなんて知りませんでした。男らの汚れるまへの祭足袋  飯島晴子たらたらと祭浴衣に鼻血かな  火箱游歩哺乳瓶くはへて祭果てにけり  辻 水音子ども達が太鼓を。女の子が多いですね。赤... [続きを読む]
  • 梅雨明
  • 今頃!と言われるか、もう梅雨明け?と言われるか。日本列島は長いので、それぞれの地域で違いますよね。今年の梅雨は豪雨で、大変でしたね。東北もひどいみたいですね。こんな時、人間の力って大した事ないと思いますよね。梅雨明けぬネコが先づ木に駈け登る  相生垣瓜人... [続きを読む]
  • 海水浴
  • 本来は水浴びといえば、暑さをさけるため川や沼で泳ぐこと。海で泳ぐことは、日本古来の習慣にはなかったそう。海水浴は明治以降、盛んになったらしい。でも今はちょっと廃れてきたかな。常夏の碧き潮あびわがそだつ  杉田久女描かなくちや海水浴などしてをれぬ  辻 響... [続きを読む]
  • ?の声が騒がしい時は、ラジオの音量を大きくしないと聞こえない。今年はまだ、そこまで?が大騒ぎをしていないが、もうすぐだろう。鳴く?の数だけ?の穴がある  正木浩一黙祷の黙よりあふれ蝉時雨  武智由紀子逝く猫と聞く風の音?の声  松井季湖道に落ちていた?。... [続きを読む]
  • 青岬
  • 夏の緑に覆われた岬最近の歳時記には、この季語が載っていない。夏の岬とか、青野の中に入るのかな。軍鶏飼はれまなこ炯々(ケイケイ)青岬  浅井火扇墓石のみな里を向き青岬  波戸辺のばら青岬きれいな踵の八つほど  のざきまみこ枚方には海がないので、青田!遠くに青鷺... [続きを読む]
  • 梅雨雷
  • 普通に雷ですよね。でも角川書店、1997年発行の「新版 季寄せ」にはちゃんと季題として上がっています。他の歳時記にはありません。梅雨の雷子にタン壺をあてがはれ  石橋秀野鶴亀の根付に高値梅雨の雷  辻 水音梅雨の雷あをきビーズの編み上がる  太田悦子梅雨の雷... [続きを読む]
  • 七月
  • もう7月も11日!今月は暑いせいか、アップ数が少ない。頑張ろう!少年のつばさなす耳七月へ  林 邦彦バンダナをきゅっと結んで七月へ  つじあきこ静物画の器みな白七月尽  種田果歩畦に咲いてた桃色の花!ちょっと寄ってみました。たぶんユウゲショウ。そう言えば、... [続きを読む]
  • 盛夏
  • 梅雨があけた後が盛夏!ならまだちょっと早いか。大阪は蒸し蒸し暑くなってきました。日時計に狂ひなし夏旺んなり  山口波津女猫の腹波打っている盛夏かな  桐村日奈子老という愉快と暮らし盛夏かな  平田和代この太い穴はなんだ?これこの間のズッキーニです。ズッキ... [続きを読む]
  • 青嵐
  • 北九州の豪雨。本当に自然の力ってすごいですね。これ以上の被害が出ないことを祈ります。今日は七夕ですが、青嵐をアップ。七夕は秋の季語。青嵐は5,6月の頃の青葉の頃の明るい感じの大風。この季節には、どちらもピッタリしませんが。濃き墨のかはきやすさよ青嵐  橋... [続きを読む]
  • 青林檎
  • 早生の林檎。まだ熟さない秋の林檎とは違うようだ。青りんごたゞ一個買ふ美しく  細見綾子なんのなぐさめにもならず青林檎  火箱ひろ青林檎噛んで落ち込む暇なくて  はしもと風里ひろさんと風里さんは、俳句の数も多いのでそうなるのだろうが、同じ季語を使っているこ... [続きを読む]
  • ズッキーニ
  • 今頃よく見かけるようになったズッキーニ!でも歳時記には載っていない。南瓜の仲間なので、ひょっとしたら秋の季語?ズッキーニ野菜作りはじめました  辻 響子ズッキーニ焼いても煮てもズッキーニ  たかはしすなお有名どころのズッキーニの俳句が見つからないので。こ... [続きを読む]