SUNAO さん プロフィール

  •  
SUNAOさん: きままに季語
ハンドル名SUNAO さん
ブログタイトルきままに季語
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/natusunao17/
サイト紹介文生活する女達の日々や俳句を、発表する冊子「瓔(ヨウ)」 瓔の仲間の素敵な俳句を写真と共に紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/05/03 11:31

SUNAO さんのブログ記事

  • 滝を見ると、やはり涼しくなりますね。だから夏の季語。単純な理由ですね。滝を見しあとの大きな歩幅かな  柴田佐知子滝つぼに泳ぐ女でありにけり  波戸辺のばら沈黙といふ自由あり滝の前  畑田ほずみ作り滝ですが。宇治市植物公園の作り滝。その近くの九輪草巨大すぎ... [続きを読む]
  • 蜜柑の花
  • 我が家の近くには、蜜柑の木を植えている家がわりとある。道の近くの木だと、たまに香りがしてくる。駅降りてすぐに蜜柑の花の中  加倉井秋を花蜜柑匂う頃だろふるさとは  波戸辺のばら花蜜柑ほんに小さな旅鞄  たかはしすなおたぶんこれはみかんだったかな?夏みかん?レモン?花だけでは、ちょっとわからない。確かに実のなる花は白が多いのかな?蕾はほんのり紫色が。今日の一句花蜜柑水をこくこく飲みました  SUNAO近 [続きを読む]
  • 風鈴   (ブルーベリーの花)
  • 風鈴は涼し気な音がしますが、殺伐とした時代、近隣との揉め事になりそう。とても悲しい日本ですね。鳴らしつつ探す風鈴吊るところ  下坂速穂風鈴や本日妻を休みます  波戸辺のばら背伸びして風鈴吊るす足の裏  火箱游歩我が家のベランダのブルーベリーの花。今はもう散って、小さな実を着け始めています。風鈴みたいとは、無理がありますか?ポトポト落ちています。これは種類が違うのか、葉っぱがわんさか!何種類かの木を [続きを読む]
  • 夏の蝶
  • 春の蝶とは違う蝶ですよね。一般には揚羽蝶の事。賛美歌や揚羽の吻を蜜のぼる  中島斌雄マイレージ貯めて来ました夏の蝶  波戸辺のばら夏の蝶私のルールちょっと曲げ  火箱游歩これは揚羽蝶ではないのですが。ひょっとしたら蛾かもしれないが。畦道を通っていると、綺麗な色が!ちょっと雑草くん邪魔です。草を少し動かしても、蝶は動かない。えらいねキミ!でもよく見れば、蛾っぽいかな (´・ω・`)今日の一句夏の蝶家で [続きを読む]
  • 初夏  (毛虫)
  • 昨日は暑かったのに今日はうって変わって寒い。この寒暖の差なんとかして欲しい。初夏や跳んで少女の束ね髪  永方裕子はつなつをひしめき合ひて渋谷かな  はしもと風里はつなつのゼロ番線に立ちにけり  種田果歩この前のブログが毛虫だった。昨日我が家のガレージで、ぶらんこ毛虫を見つけてしまった。先ずは写真に何処から糸を出しているのか?横向きも可愛い?この長い毛が飛んで来るのかな?私もちょっと手が痒くなった。 [続きを読む]
  • 毛虫   (パステル画・さくらんぼ)
  • 虫は嫌いじゃないけど、毛虫はね。毛虫の毛が飛んで、痒くなるなんて言うし。とてもじゃないけど、触ろうとは思わないですね。まるまるとゆさゆさとゐて毛虫かな  ふけとしこ毛虫焼く手順に抜かり無かりけり  加藤いろは毛虫焼く草食系の男抱き  鈴木みのり毛虫は桜の葉っぱが好きですよね。さくらんぼとリスを描いてみました。あまりにもちびリスでした。気をとりなおして。 リスってさくらんぼ食べるかしら。リスは本 [続きを読む]
  • 引越しました。
  • 引越しました。eoblogが三月で終了と聞いてから、どうしようと考えてきた。パソコンにも強くないし・・・・。途方に暮れたけど、実行あるのみ。画像を引越し出来ないと困るので、eoblogのサポートを見てlivedoorブログに決めました。思ったより簡単でしたが、使い勝手が・・・・。これから頑張って使っていきます。今日からlivedoorブログにアップしているので見てください。livedoorブログ きままに季語これからもよろしくお願い [続きを読む]
  • 冬の霧
  • 冬の霧昨日の朝は樟葉の方へ行ったのですが、霧が出ていました。霧は秋の季語ですが、冬の霧ならもちろん冬の季語瓔で冬の霧の季語をよく使うのは、えつこさん。やはり神戸に住んでられるので、冬でも霧が出ることが多いのかな冬霧や四条を渡る楽屋入り  中村吉右衛門冬の霧ラファエル教会坂の下  小山佳栄冬霧や「にぎはひ町」といふ町名  おーたえつこ何代目吉右衛門なのでしょうね。幻想的ですね桜の樹の枝ぶりもいい感じ [続きを読む]
  • 寒雀
  • 寒雀餌が少ない冬でも、健気に生きている雀プールに通う道で、たくさんの雀を見ます。日だまりに煙草のうまし寒雀  角川源義寒すずめ裏道小道回り道  波戸辺のばら冬雀なんだかんだと寄ってくる  火箱游歩びっしり雀飛び立とうとしている屋根に集合あふれたヤツは、枯れ木の花さぁ飛び立とういつ見ても集団で飛んで行く姿は良いなと思う。空いっぱいに広がって移動する姿は感激ものそれが撮れないのが残念今日の一句寒雀一瞬 [続きを読む]
  • 凍る   (レモン)
  • 凍る今日は本当に寒い。二三日前から寒かったが。郵便局へ行くのも億劫だった。気絶して千年氷る鯨かな  冨田拓也恐竜の深き眠りの凍ててをり  おーたえつこ月凍てて生あたたかき犬の舌  笹村恵美子郵便局へ行く道に丸いけどレモンよね。きっと無農薬 欲しいな今日の一句濃厚なバターケーキの凍てており  SUNAOバターケーキって、やっぱり重たいブログが終了するとわかってから、まだ行動にうつせてない。大丈夫だろうか [続きを読む]
  • 冬の星
  • 冬の星オリオン・寒昴・シリウスなど。寒いけど星が美しい季節だそうだ。寒空に見に行く勇気がない。遙かなるものの呼びごゑ寒昴  角川春樹オリオンや風のにほひのふと変はり  おーたえつこお通夜のふしぎな活気冬の星  波戸辺のばらちょっと外に出て、冬の星を見たくなってきましたね。グランフロント大阪のツリーを裏から正面からは、ピンぼけしました。今年は花のツリーがテーマのようでした。ツリーですが、冬の冬の星の [続きを読む]
  • 小春   (寒椿)
  • 小春陰暦十月の異称。つまり十一月の事。冬でも温かい日を小春日を思っていたけど。ちゃんと勉強しないと駄目ですね。うなぎ屋のうの字のながき小春かな  倉田春名小春日や縁の日溜り猫溜り  鈴木みのり小春風今日は母から遠くいて  笹村恵美子さぁ小春だ、開くぞうんとこしょちょっと開きすぎ そして痛みすぎアップに耐えてみました。今日の一句小春日のおかわりfreeのお粥かな  SUNAO今度行ってみようかな [続きを読む]
  • 柚子湯
  • 柚子湯冬至の日に、柚子をお風呂に浮かべゆったりとつかる幸せ今年は12月21日だそうです。そう言えば、近頃日が暮れるのが早いですよね。子の臀を掌に受け沈む冬至の湯  田川飛旅子柚子風呂に父のふぐりのゆうたりと  松井季湖冬至湯やゆあーんゆよーんと我が裸 (中也と遊ぶ)  火箱ひろ柚子湯に入って一年中風邪をひかないように色々な人が入りますね。無病息災、邪気払いの意味もあるそうです。我が家の柚子。小ぶりです [続きを読む]
  • 冬紅葉
  • 冬紅葉今年の紅葉は少し早く色づきましたね。そろそろ終わりでしょうか冬紅葉しづかに人を歩ましむ  富安風生冬もみじ地図をひらけば風の音  火箱游歩冬紅葉おにぎり食べて紅つけて  たかはしすなおこの赤はすごい手前の紅葉も綺麗だったのですが・・・・。これは京都嵐山の鹿王院穴場ですよ。今日の一句冬紅葉今日の時計は速回り  SUNAO何も出来ていないのに、時間だけが過ぎていきます [続きを読む]
  • 十二月  (ゴージャスな紅葉)
  • 十二月今日から十二月早すぎでしょう。でもまぁそれなりに十二月を迎えられて嬉しいかな。仲見世の裏行く癖も十二月  石川桂郎十二月うたた寝の母まだ元気  いわもとふみえ十二月顔だけ出している赤ちゃん  つじあきこ色々な人の十二月。みんな元気なら良いよねこの迫力 ゴージャスだと思いませんか先日総ての葉が落ちたので、みんなでお掃除していた。綺麗だけど・・・・。今日の一句ビスケット出て来る缶や十二月  SUNA [続きを読む]
  • 冬の鳥
  • 冬の鳥歳時記に書いてあるのだが、冬鳥といえば冬に渡ってくる渡り鳥冬の鳥は渡り鳥・留鳥の区別なく冬に姿を見るものをさす。「の」があるかないかの違いはすごいでも誰にでも通じるのだろうか寒禽の嘴をひらきて声のなき  長谷川 櫂サーカスのゆきて冬鳥あつまれり  小山佳栄ひとりの日呼んでゐるのは冬の鳥  はしもと風里う〜ん 確かに佳栄さんのは渡り鳥。風里さんのは、冬にいる鳥。寒禽をどう捉えるか。私は鷲などの [続きを読む]
  • 冬   (センダングサかな?)
  • 冬今年の冬はおかしな現れ方だ。日々の温暖の差 一日の温暖の差もう私にはついていけません温めるも冷やすも息や日々の冬  岡本 眸冬の猫糺の森へ行つたきり  辻 水音永遠も刹那も鳥も冬の森  火箱ひろ息って便利なものなのですね。これが洋服につくと大変だったこれ開く前もっと前 一応花なのかな今月は10回アップ出来るかな今日の一句のら猫の伸びする影や町は冬  SUNAO [続きを読む]
  • 落葉
  • 落葉今月はあっと言う間に23日になってしまった。今月のブログは寂しいものだ。今日は休んでしまいましたと落葉焚く  柳屋小三治落葉掃き終へて床屋の椅子の上  畑田ほずみ森深く落葉の中で鳴る電話  波戸辺のばら綺麗な落葉です。このままにしておこうと思ったが、これ以上になると大変なので掃除することにした。今日の一句落葉掃き今月少しサボります  SUNAOなんだかやることが山積みです [続きを読む]
  • 霜月   (パステル画・クリスマス)
  • 霜月旧暦11月の異称。霜月や朱の紐むすぶ壺の口  神尾久美子霜月の玉ねぎ切りし涙なる  松井季湖霜月の電信柱さすってみる  森 有子泣きたい時は玉ねぎを切るのが一番色のねの明日香さんのパステル画霜月なのにクリスマスでごめん m(__)m少し大きな画用紙に描いてみました。クリスマスツリーを外に なんでやねんと突っ込まないように少しクリーム色っぽい画用紙だったのに、なんて明るい絵なんだまぁいいか今日の一句霜月 [続きを読む]
  • 枯蟷螂
  • 枯蟷螂カマキリには緑色のと褐色のがあるそうだ。褐色の蟷螂を見ると枯れていると思いますよね。蟷螂の眼の中までも枯れ尽す  山口誓子冬のかまきり闘ふ構えうつくしき  おーたえつこ蟷螂は尻から枯れるまた明日  たかはしすなおちょっとピントがずれてます。道端で見つけたカマキリ。写真を撮っていると威嚇してくるのです。でも多分お腹の所が踏まれていて動けないみたい。それでもカメラに威嚇してました今日の一句蟷螂の [続きを読む]
  • 立冬    (刈田)
  • 立冬冬が来てもう三日目ですかね確かに今日は寒い 北海道では雪との事墨を磨る心しづかに冬に入る  桂 信子絵手紙のカタンと落ちて冬が来た  桐村日奈子ヒレカツの衣さつくり冬に入る  しのざき 杳色々な冬がありますね。もうすっかり稲は刈られています。元気にヒツジ田になっています。今日の一句冬に入るブログ引越ししなければ  SUNAO何も相談無く、EObulogがお終いになるおたおたしてられないが、パソコンに強くな [続きを読む]
  • 紅葉
  • 紅葉桜はサッサと赤くなりもう落ちはじめ、そろそろ枯れ木の様相楓は近くにあまりないので、わからない。最近の紅葉は、初冬と言うイメージですね清水寺攻めのぼりたる紅葉かな  三嶋隆英両側に分かれて歩く紅葉川  波戸辺のばら紅葉闇ちかごろ鬼とご無沙汰で  火箱ひろ三嶋さんの俳句に、「何回も戦火にまみれた清水寺。僧兵が駆け上る情景が浮かんできます」と書いてあった。こんなふうに鑑賞出来る人がいることに関心した [続きを読む]
  • 流れ星  (銀木犀)
  • 流れ星私のカメラでは月や星はなかなか・・・・。それであまり出てこない季語ですが・・・・。流星も入れてドロップ缶に蓋  今井 聖地蔵さまになりに来ました流れ星  林田麻裕飼犬の登録番号星流る  鈴木みのりいつも通っていたのに気づかなかった優しい香りでした。よく見れば銀木犀の花は、少し変わった形ですね。本当に、銀木犀なのかなこのブログ来年の3月で終るそうです。それまでに引越し出来るか 悩みの種が増えた [続きを読む]
  • りんご
  • りんごみかんと並んで冬の果物と言うイメージが私にはあるが、りんごは秋の季語確かに秋に実りますね。村の子がくれた林檎ひとつ旅いそぐ  渥美 清わけありの林檎のわけを問ひにけり  小山佳栄真つ青な空に林檎を丸かじり  松井季湖渥美さん旅を急ぎすぎたのでは並んだ並んだ林檎ところで林檎の名前に「サン」がつくのは、袋掛けしてない林檎だそうです。太陽をいっぱい浴びたから「サン」今日の一句傷ついたおらのリンゴだ [続きを読む]