碧海 さん プロフィール

  •  
碧海さん: 憬月荘徒然
ハンドル名碧海 さん
ブログタイトル憬月荘徒然
ブログURLhttp://keigetsu.blogspot.jp/
サイト紹介文古民家に住んで/自然農で米野菜を作り/薪で炊事風呂焚き暖房し・・・安房長狭で里山生活系の実現を模索中
自由文きものを着て/古民家に住んで/自然農で米野菜を作り/薪で炊事、風呂焚き、暖房し/緩速砂生物濾過器で給水し/詩を書き/毎日客を招いて/農作業を手伝ってもらうかわりに/簡単な料理と旨い酒を振舞って/月を観ながら語り明かす/そんな贅沢してみたい/安房長狭で里山生活系の実現を模索中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/05/04 08:35

碧海 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 囲炉裏の制作 その後
  • 関連記事ミカンの道とネコの道、そして追い越し算囲炉裏縁10/25 粘土を詰める11/7 粘土を上塗りして灰を入れる11/14 初火入れ12/11 自在鉤を架けて囲炉裏完成12/26そもそもの話憬月荘の始まりやっとここから始まるんだなー別宅憬月庵雑記碧水散人の 憬月庵閑話里山で行こうよ!獨酌有懐 [続きを読む]
  • 広間の床張り その後
  • 前回から読む9/26 真ん中の列囲炉裏の向こう側と西側の端がもう少し10/310/16 広間の床張り完了 そもそもの話憬月荘の始まりやっとここから始まるんだなー別宅憬月庵雑記碧水散人の 憬月庵閑話里山で行こうよ!獨酌有懐 [続きを読む]
  • 憬月集(一)
  • 自選の句集を始めてみる。名付けて憬月集。朝の風落ち葉しらけて犬の道   あさのかぜ おちばしらけて いぬのみち朝寝坊たまご落として残り鍋   あさねぼう たまごおとして のこりなべ血しぶきか莫迦な妄想七竈   ちしぶきか ばかなもうそう ななかまど春までに土に帰れよ濡落葉   はるまでに つちにかえれよ ぬれおちば時雨垂る主空しき蜘蛛の糸   しぐれたる あるじむなしき くものいと青空や荒れ垣ごし [続きを読む]
  • 広間の床張り 
  • 3月1日材料到着仮置きしてみる 3月23日根太半分設置3月30日反対側の根太設置5月29日焚火料理やらウッドガスストーブやらハンモックやらで作業進まず7月25日南側3分の1完成8月1日8月18日南北両サイド張り終えるでも真ん中の列がいろいろ大変9月5日難しい細工が必要な真ん中列に突入苦労して刻んだけどやっぱり隙間が気にしないきにしないまだまだ続くよそもそもの話憬月荘の始まりやっとここから始まる [続きを読む]
  • 焚火料理の日々
  • 6月6日6月5日5月22日5月15日5月9日5月8日4月27日4月26日そもそもの話憬月荘の始まりやっとここから始まるんだなー別宅憬月庵雑記碧水散人の 憬月庵閑話里山で行こうよ!獨酌有懐 [続きを読む]
  • ウッドガスストーブ 自作してみた
  • 自作ウッドガスストーブはYouTubeなどで数々紹介されているが、そのどれとも違う独自の設計だ・・・市販品に引けを取らない力強い燃焼だ。本燃焼になれば煙も出ない。 五徳を工夫すれば、十分働いてくれそうだ。?そもそもの話憬月荘の始まりやっとここから始まるんだなー別宅憬月庵雑記碧水散人の 憬月庵閑話里山で行こうよ!獨酌有懐  [続きを読む]
  • ウッドガスストーブ 対 薪七輪
  • 二次燃焼式の小型ウッドガスストーブの評判がすこぶる高いので、試しに買ってみた。メッシュの袋がいい。直径13センチほど。ステンレス製。造りもしっかりしている。五つのパーツ。組み立て簡単。積み上げるだけ。昼食の時間だ。ラーメンとソーセージ炒めを作ってみよう。その前に、初めて使うフライパンの錆び落とし。枯れ枝を数本拾って来る。これが燃料。上から火をつける。初めは煙がすごい。これがウッドガス。そのうち火が安 [続きを読む]
  • 1/25 月曜日
  • まず、枝下梅の剪定。今年は、花芽が多い。開花が楽しみだ・・・玄関の敷居を仕上げた。水平もうまく出た。上出来だ・・・井戸の水は、来るたびに少しずつ汲み上げていたら、最近はすっかり透明になった。口に含んで味わってみたが、何の匂いもない。もうしばらくしたら、水質検査にだしてみよう・・・裏の梅の木の花は、もうほぼ満開だ・・・そもそもの話憬月荘の始まりやっとここから始まるんだなー別宅憬月庵雑記碧水散人の 憬 [続きを読む]
  • ミカンの道とネコの道、そして追い越し算
  • 10月26日月曜日 ミカンがだいぶ色づいた。ほぼ取りごろだ。 不思議にいまだ猿が手を付けない。近くでたまに声をあげているので、いるに違いないのに。?  今日はたくさん収穫しよう。でもその前に生え放題の下草を刈らなければ手が付けられない。 例によってこれの出番だ・・・  数分後、ミカンの木の列に沿って道ができた・・・きれいなのを選ってこれだけ持って帰ろう。あとはサル君食べ [続きを読む]
  • ミカンが気になるニワカ石工
  • 10月19日 月曜日 今日は、到着後真っ先にミカンの様子を確認した。 幸い、猿の手がついた様子はまだ全く見られなかった。 彼奴らは食べごろを待っているのだろうか。それとも最近この近辺にいないのだろうか。 ? まだ酸っぱいだろうが、 サル君たちに全部やられてしまわないように、リスクヘッジにいくつか持ち帰ることにした・・・やっぱり、まだだいぶ青いぞ。? このもっとずっと青く [続きを読む]
  • 近況写真追加
  • ちょっとさかのぼって10月7日の写真  そもそもの話憬月荘の始まりやっとここから始まるんだなー別宅憬月庵雑記碧水散人の 憬月庵閑話里山で行こうよ!獨酌有懐? [続きを読む]
  • エンゼンのミカン
  • 「エンゼンのミカン」???「猿前の蜜柑」と書く。「風前の灯」と同義だ。吾輩の造語だ。これが一昨日のみかんの生り具合だ。去年と打って変わっての豊作・・・収穫にはまだ早いが、すでにだいぶ色づいてきた。ここからさらに熟成が進み、来週吾輩がここに戻るまでには、十中八九わが親愛なる野生の猿どもにあらかた食い尽くされていることだろう。一昨年は結構実が生って、しかも猿軍団の活動もなぜか低調だったため、幸い吾輩も [続きを読む]
  • 古井戸と理科実験工作
  • 今日は理科実験工作の一日となった。 古井戸の生物ろ過装置を稼働させるためには、緩速で常時給水することが必要である。小型電動ポンプを使う以外によい方法はない。 アマゾンで購入したのは、DC12ボルトで動く可愛らしい水中モーターだ。送料込みで700円弱とは格安だった。  安くて小さいが揚程は最大3メートルある。 電源は100ボルトの交流だからトランスが必要だが、こういうときのために吾 [続きを読む]
  • 忘れたころの新兵器
  • 三年前に仕入れた新兵器を今日設置した。 わが憬月荘再生事業において、このくらいの長期プロジェクトは珍しくない。 それほど遠大な事業なのだと自慢したい。 構想から実現までの間に、構想者本人が思い出せなくなったプロジェクトは数えきれない。そもそも思い出せないのだから数えられない。 親切でその上気の短い友人たちは、いつまでも始まらないプロジェクトについて会う度に私を激励してくれたが、いつ [続きを読む]
  • 内壁張り 近況
  • 昨日ついに建具回りを除き内壁張りが完了した。最後は、一番広い面の一番上の一番複雑な形の2枚だった。一人で脚立に上ってはめ込むのは、結構大変だった。そのほかの面はこんな感じ・・・ 古民家再生プログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • できたぞ梅ジュースと梅ジャム
  • 先日初めて取った梅の実で、初めてジュースとジャムを作った。クックパッドで最も簡単手軽にできそうなレシピを厳選して、それで作った。冷凍しておいた実を、砂糖と水で煮て、実と汁を分けて、はい出来上がり。600グラムの梅で、一リットル強のジュースと一瓶のジャムが出来た。味はまあまあだ。ジャムのほうを、いつも辛口の家人が珍しく褒めた。もうあと600グラムの実が冷凍してある。今回、ジュースの甘みが強すぎたので [続きを読む]
  • イノシシのブルドーザー
  • イノシシは、よく畑をほじくって、作物を食い荒らす。農家にとっては害獣だ。畑じゃなくてもほじくる。うちの元畑の空き地もよくやられる。でも、母屋前の庭をやられたのは、今回が初めて。草の根とか百合の球根とかミミズなどを漁ったのだろうか。よくわからないが、大きな石まで掘り出して、派手にほじくっていった。その力の強さに驚いた。バラの木も一本倒された。おかげで草刈りの足しにはなったが、整地が必要になった。山の [続きを読む]
  • タマムシ
  • 7/313年前に一度現れた。今回は二度目の出現だ。体長は4、5センチ。飛んでいるところは撮影できなかったが、その格好は見ものだ。縦になって飛ぶ。子供のころ図鑑で見てあこがれた。少年マガジンのスタンプを集めて昆虫バッジをいくつももらったが、その中の最高のお気に入りがタマムシだった。本物のほうがずっときれいだった。古民家再生プログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 羽目板をはめろ
  • 内壁張りがもうすぐ完了する。各列の最上部の羽目板は寸法合わせが大変だ。殊に古民家は梁のツラが平でない。下手な細工で何とかしのがなければならない。が、これもまた楽しからずや。北側の二列の最上部をはめ込んだ(右列の最上部は天窓用の空間)・・・日は長くなったが、もう暗くなっていた・・・古民家再生プログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 軒の風鈴
  • 最近本宅で片付け物をしていると昔の物がいろいろ出てきた。この風鈴もその一つだ。南部の風鈴。いい音なので、憬月荘の軒に吊るした。よほど風が吹かないと鳴らないのがタマニキズだ。軒の風鈴お庭の池に  うつりゃ金魚が尾で鳴らす大昔、母方の祖父が新聞に投稿して賞をもらった都都逸だそうだ。池も造りたいな。古民家再生プログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去の記事 …