たまゆり さん プロフィール

  •  
たまゆりさん: たまゆりピアノ教室
ハンドル名たまゆり さん
ブログタイトルたまゆりピアノ教室
ブログURLhttp://ameblo.jp/tamayuri2015/
サイト紹介文英国王立音楽検定G8取得後、CTABRSM、ディプロマ資格取得。英語でも、ピアノレッスンをしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/05/05 00:46

たまゆり さんのブログ記事

  • 私自身のピアノレッスンなど
  • 先日、自分自身のレッスンでした。私自身、曲全体の感じを作りながら細かな事を後から練習するタイプですが??まだまだだなぁっていつも思います。先生が弾いてくだった曲を聞いて、なんとか近づきたいと思い、頑張ってます??昨年はモーツアルトやシューマン、ラフマニノフを練習していたので、今年はバッハを始め、ショパンやハイドンなどに再度挑戦です‼?また現在オーケストラではドヴォルザークを練習しているので、いろ [続きを読む]
  • 新しい生徒の皆様ようこそ
  • いつもブログを見てくださって、皆様本当にありがとうございます??おかげさまでメールでのお問い合わせも多数あり、体験レッスンもおこない、新しい生徒の皆さまがいらしています。土、日曜日のレッスンは現在定員になりましたので、締め切ります。平日は若干空きがあります。??新しい年度になりましたので、私もピアノの教え方の勉強をまたはじめました??。具体的な事はまた後ほどブログに書きたいと思います。 [続きを読む]
  • ピアノ教室の部屋について
  • みなさまこんにちは日本の学校は4月になって新しい年度になるので、これから楽しみな1年が始まりますね。たまゆりピアノ教室のお部屋の紹介です入り口ですそれほど広くはないのですが、防音室になってます。グランドピアノとアップライト二台ありますので、二台で演奏するとかなりの音量になります。東京都の住宅事情はなかなか大変なので、ご近所の方にご迷惑をかけないよう、音には本当に気をつけたいと思っております。ここで [続きを読む]
  • メール連絡について
  • みなさま、ブログを読んでくださり、本当にいつもありがとうございます。1つお願いがあります。ご丁寧にメールをくださった方々本当にありがとうございます???わたしも、いただいたメールは基本的にその日のうちに、返信しています。ただ....それに対してのお返事がないのが、たまにあります。 それが大変残念です。もしかしてメールが届かなかったのかなあと心配もしています。ひとこと、わかりました、 [続きを読む]
  • ピアノの先生になった経緯 no.2
  • そして海外在住の経験から英語に興味を持ち、英会話も勉強はじめました。当時習っていたイギリス人のピアノの先生からは、「手が小さくても練習のやり方でなんでも演奏できる」「こんな難しい曲を練習してきたんだ、すごい! 私は今はもう弾けないなー」「 すごくいいね〜」などいつもほめていただき、おまけに英国王立音楽検定の事も教えてもらいました。ピアノレッスンってこんなに楽しいんだ!!! 海外で学んで別 [続きを読む]
  • ピアノの先生になった経緯 no.1
  • 私は本当は、学生の頃、音楽大学に行きたかったのです。。。でも、当時のピアノの先生に「手が小さいから無理だよ」と言われて、ショパンなどやりたい曲も「まだ演奏はやめた方がいいよ」と言われ、好きな曲を弾く事さえ許してもらえませんでした。そして当時の私は素直に、「じゃあ辞めます」子供の教育に興味があったので、その関係の大学に入学、卒業後、幼稚園の先生になりました。子供たちの前でピアノを演奏していると「子 [続きを読む]
  • 小さい時私が受けたピアノレッスンの様子
  • 私の小学校2年生の日記帳にこんなことを書いてました。なんだか意味不明です????そしてこれは小学校4年生の時ですその当時から文章の能力がなく、今もなお、お恥ずかしい限りですが。あまり良く覚えてませんが、小学校位に習って言った私のピアノの先生はいつも褒めてくれました。すごい上手になったねーコンクール出ましょう私は小さいとき、とってもおとなしい子で1人でピアノをコツコツ練習するのが好きでした。特にツェル [続きを読む]
  • ご家族でのピアノ練習の言葉がけ
  • 私の母は、私が小さい時に一緒に、大人になってからはじめてピアノを習ってました。昔近くにいた友人が音楽室のピアノで練習曲をバンバン弾いていたのを見てびっくりして、ピアノを弾きたいと思ったそうです。私も現在ピアノ習ってますが、もちろん母も習っています。お互いに一生懸命練習しているのは昔から変わりません。私が小さい時は一緒に練習してましたので、親からピアノ練習しなさい、と言われたかどうか何も覚えていま [続きを読む]
  • ご家庭での練習方法
  • 今回はご家庭でのピアノの練習方法について私は子供たちが自分で練習が出来るように毎回のレッスンで声をかけています。だから、全て先生に任せるわけではなく、自宅でどのように練習をしてくるかによってピアノの上達は変わってきます。そこで今回はご家庭でのピアノ練習方法について人は自分でやろうと思わないと、また、嫌な事を周りに言われれば言われるほど、やる気をなくしますね。間違えても、ピアノの練習したの⁉?これ [続きを読む]
  • レッスン時間の使い方
  • 今回は初見の時間の使い方について英国王立音楽検定では初見演奏の練習する時間が30秒と決まっています。最初は、小さな小さな4小節くらいの曲を30秒練習しただけで仕上げをするのです30秒?たった30秒です短い時間にどれだけのことができるか別の意味でも、私は時間の使い方にとても興味がありますなので初見の練習を始めると、生徒は少しずつ時間の使い方が上手になるようです。ピアノ??の練習が1人でできるようになる、と言 [続きを読む]
  • 試験の時の英語の討論について no.2
  • 英語に関することはなんでもしました。英会話学校に行く、外国人の友人を作る、外国人が開く料理教室に行く、外国のドラマを見る、英語で独り言を言う英語が少し話せるようになってから友人の子ども(外国人)にピアノを教えてみる音楽と結びつけると、なおわかりやすいです。例えば発音する時、英語のリズムはもちろん、音の高さ、アーティキュレーション、などリスニングの時には特に気をつけて聞いてみました。普段から耳を鍛え [続きを読む]
  • 試験の時の英語の討論について no.1
  • いつもブログを見てくださってありがとうございます。ピアノを教えているのに......またまた英語の話題です。以前ピアノの試験で、英語の討論を試験で行ないましたが、今回は英語を話す英語で自分の意見を言うについて以前受けた試験が楽しかった。それは.....私は、日本語でも英語でも話をするのが、大好きです。でも、以前以前の私の英語のレベルは空港でスーツケースがなかったんです、その時の会話[What color is your suitca [続きを読む]
  • ピアノレッスンのお月謝と日本のマナーについて
  • 日本では古くから、先生にお月謝を渡すときには、新札にしてお月謝袋に入れて「またよろしくお願いします」と言う流儀がありますが、最近は少なくなりましたが。海外ではお月謝袋は使ってませんよね。袋に入れるとお金が入ってなかったらと言うことで確認ができないと言う不安もあるようです。文化の違いですね最初外国人のお母様方にお月謝の意味を話すときは、なかなか大変でした。でも最近は日本のマナーを調べてくださってい [続きを読む]
  • 英語の勉強について
  • 私は学生の時、英語の授業は文法の勉強などが多く、好きではありませんでした、実際今も英会話をすることは、まあまあできますが、文法の勉強はあまり好きではありません。でも最近また英会話学校に通っています。以前は香港で英語を習っていて、日本で英会話を習ったことがなかったので、当初不思議な感じがしましたが、最近は慣れて楽しくなってきました。普段使うことのない英語の単語にも触れることができたり色々な職業の方 [続きを読む]
  • ピアノレッスンで英語を使用する理由
  • 小学校の英語教育について皆さんはご存知でしたか? 2018年度からは、「外国語活動」が前倒しされ、3、4年生で英語が必修化されます。この外国語活動では現在の5、6年生の授業で行われているように「英語に親しんだり」「英語を楽しんだり」することに重きを置かれます。2018年度からの英語教育では、実践的な英語を身につけることを目指していきます。そのため、リスニングやスピーキングにより重点が置かれるようになっていきま [続きを読む]
  • 英国王立音楽検定 CTABRSM ピアノ教師資格 no. 2
  • 英国王立音楽検定のロンドンの事務所で、日本人も20名以上集まったら、日本でもそのコースが開けるよって、言われたんです。興味がある方はぜひお知らせください!!本部に聞いてみます。??たまゆりピアノ教室お問い合わせ何人かピアノの先生に声をかけたら、大変興味を持ってくださいました。特に英語にも興味がある方には、とっても良いコースだと思います。もちろん日本でも色々な勉強出来ますが、英語で音楽を学ぶ機会は案 [続きを読む]
  • 英国王立音楽検定から ピアノ教師の資格、CTコース no.1
  • 以前私は英国王立音楽検定の教師の資格、CTコースに参加しました。日本では学ぶことが出来なかったので、1年間のうち何回か香港に行って勉強しました。実際にその資格をとったのは2007年ですが、当時は日本人は私が初めてといわれてました。毎回本当に楽しかったです。以前日本でのピアノ教育は、なんかきちんとすることが多く、あまり自由さがなかったから、特に楽しく感じました。何が違うんだろうそして、英国王立音楽検定のロ [続きを読む]
  • 外国から来ている生徒さん
  • 日本には、世界各地から転勤などで来ていらっしゃる外国人の方も大勢います。またオリンピックに向けて一時的に日本にいらっしゃる方も増えそうです。うちの生徒も何名かは外国の方々です。日本人とは違った感性を持っているので、私は生徒の学び方や興味の持ち方、ピアノレッスンへの姿勢を日本人とは違った角度でレッスンしています。また外国人だからこそ、日本語に興味持ち日本の幼稚園に行っている方も大勢います。母国語が [続きを読む]
  • 自分のピアノレッスン
  • 私も、3-4週に一回ピアノレッスンに行っています。先生はいつもニコニコして、すごくやる気を出させてくれます。「ディプロマ合格しました」「良かったね ???? 」なんだかとっても嬉しかったです。出来ないところなど、自分で気づくように声をかけてくれます。先生みたいな先生になりたいなあ [続きを読む]
  • 頑張る気持ち
  • 私は頑張る気持ちが好きです。小さい時から、頑張ると出来るんだという事が、ピアノレッスンなどで学んだ気がします。ピアノは、出来ない曲があっても練習すれば、なんとか少しずつ上手になりますよね。もちろん出来るレベルは皆さん違いますが。私もだんだん年をとってきますが 皆さんそうですね。でも今でもいろいろな夢があって、頑張ると夢が叶う事がたくさんあります。もちろん叶わない夢もありますが な [続きを読む]
  • 生徒の心を開くレッスンしたいなぁ
  • ??たまに、自分が小さい時のピアノレッスン思い出します??「もっと感情を入れて表現豊かに演奏しましょう」と言われても、どうやって表現豊かに演奏していいかわからないことが多かったのを覚えています。でもわからないことを聞くこともできなかった気がします。先生に対してあまり自分から、話をできなかったのも覚えています??私は生徒の心を開いて自分なりの表現ができる、そんなレッスンを作っていくのが先生の役目だ [続きを読む]
  • 英語でピアノレッスン
  • 私は英語の教材を使って、簡単な英語を入れながら、日本人にピアノレッスンをしています。Hi !! How are you ??How was your music ?? などもちろんメインはピアノのレッスンになりますので、英語が理解出来ているかな?それともあまり興味がないかな?と感じる時は、すべて日本語で行ってます。でもなぜか不思議なんです英語でレッスンするとき、日本語だけでレッスンする時と、感覚が違うんですね。まず、とてもポジ [続きを読む]
  • 英国王立音楽検定について
  • 英国王立音楽検定をまだご存じない方もいらっしゃるので、宣伝します。Who we are ABRSM is the UK’s largest music education body, one of its largest music publishers and the world’s leading provider of music exams, offering assessments to more than 630,000 candidates in 93 countries every year. ABRSM’s mission is to inspire achievement in music. In partnership with the Royal Schools of Mu [続きを読む]