hiromibh さん プロフィール

  •  
hiromibhさん: 国際結婚 こんなところまで来てしまった・・
ハンドル名hiromibh さん
ブログタイトル国際結婚 こんなところまで来てしまった・・
ブログURLhttp://ameblo.jp/hiromibh/
サイト紹介文国際結婚してから波乱の連続。苦労して手に入れた定住先は中東だった。
自由文夫に出会い、波乱の連続ですが、なんとか国際結婚生活をやっています。イギリス人と結婚し、中東に住むという困難にチャレンジ中。定住先は、不思議がたくさん・・・。日々、海外の生活で不思議に思ったことや家族のことを中心に書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2012/05/05 18:19

hiromibh さんのブログ記事

  • ナミビア アゲイン
  • 子供達がばーちゃん家には煙突がないからサンタクロースが来ないかもしれないと今朝になって騒いでいた・・・ いやいやいやバーレーンの家も煙突ないから。。。 って突っ込みながら朝起きたヒロでございます。 さて続きを。。 父が出発直前に退院してしまうというハプニングがあったがそのことは義父母には伝えずそのままぶっちぎって日本に行くことにした。 出発当日。。夫と子供達は涙のお別れを [続きを読む]
  • 行く前の父
  • たくさんのメッセージありがとうございます。ううう。ここに吐き出して少しスッキリしました。本当にありがとうございます。。 今回のことは忘れないけれど(笑)ここに来ることを許してくれた愛する夫のためにまた、このことは飲み込もうと思います。 まあ、義父母の場合は実際お金が絡んでるし起こるのは仕方ないといえば仕方ない。。キェンセルさせてしまったしですね。。私のせいといえば私のせいだし。。。 み [続きを読む]
  • チケット騒動
  • 一般公開したいんですが。。なぜかアメーバーしか公開できないのでとりあえず、お先に、ここで公開します。何か不具合があるんでしょうね。。アメーバーさんで。。。 さて、色々悩んだが日本行きを決めた私。 日本行きを決めたここからが問題だった。実は。。。イギリスにいる義父母が毎年バーレーンにやってくる。 孫に会いに来るのだ。1ヶ月ほど・・・。もちろん、これは義父母の計画で私の計画ではない。 [続きを読む]
  • 行くまでの決意
  • いろいろあって溜まってるのでちょっと気合入れて書きます。 今回、私が日本に帰る理由は父が脳梗塞で倒れたからだ。その父と年老いた母がこれからうまく暮らしていけるまで私が両親と共にその基盤を作ることが一つ。もう一つは父の記憶のあるうちに子供達と一緒にいる時間を作りたいのが一つ。これらをするために日本に帰ることを決めたのだ。 (父の病気のことをアメーバーでは報告していたけれどこ [続きを読む]
  • お久しぶりです!
  • いや〜、日本は寒いですね。。お久しぶりです。日本に帰ってきたヒロです!あまりの寒さに帰ってすぐにダウンジャケット買いにユニクロに直行しましたよ。とりあえず温めてくれる上着。。。笑 今回の帰国は長くなる予定です。 ここ日本での戸惑いや親の介護のこと子供達のこと海外から帰ってきたことのギャップなどいろいろと書いていきたいと思います。 もうすぐ年の瀬ということと父の不調でなかなか時間が取れな [続きを読む]
  • ドラマチックに。。。
  • 長いこと間が空いてしまいました。。やっと出発準備が整いました。。荷造りと並行して学校行事やお別れ女子会お別れプレイデートなどのスケジュールびっちりで朝昼晩と怒涛の日々を送っておりました。 噂では日本は寒いんだとか。。。いや、噂じゃなくても12月といえば寒いのは当然。。しかも今年は去年より寒いと聞いており未だにほぼ半・袖半ズボンの生活に毛が生えた生活を送っている私には想像しきれていない状況でござ [続きを読む]
  • 最後の最後で・・・③
  • 帰る日が近づいてきてなかなか忙しくなって参りましたよ。。汗とりあえずナミビア終わらせます!!! これ・・まだ続くんです。。涙 では続きを・・・ とにかく吐いて吐いて吐きまくった娘。ごめんよ。。。私のせいだよね。。 そんなことを思いつつ私は娘の肩を抱き一緒に空港の待合室で座っていた。。 すると吐ききったからなのか娘は「お腹すいた。」と言い出す。。。 この子。。。実はよく吐く子 [続きを読む]
  • 最後の最後で・・ ②
  • キャンピングカーを返しに来た私たち。次の日は、このナミビアを出発する予定。 旅が始まる前車上荒らしにあい根こそぎ持って行かれた。その中には高価なパソコンやカメラなどのものも入っていたが大事な書類子供達の出生証明書が入っていた。 アフリカの国を通過するときたまに提出を求められる。 はっきりした理由はわからないがどうも、アフリカのある国々では養子縁組が盛んに行われているようで・・それが関係 [続きを読む]
  • 私の息子に限って・・・②
  • 続きです。。。 まあ、これはうちの話。でも、Hのところは違う。。 HはAにいじめられないために仲間になったH君は典型と言える。Aと仲良くなろうとするためにHはいじめられた側からいじめる側になったという。。。 そんなHは筋金入りの問題児に成長したよう。その子を中心としたいじめはエスカレート。当然、息子は女子の味方。。笑自分がいじめられた側だからいじめられる人は助けないといけないと思 [続きを読む]
  • 私の息子に限って・・・①
  • 今日は違う話を。。。 息子の学校の話です。 息子のクラスでいじめが発生した模様・・・。 今回の対象は息子ではなく女子・・・。対象の生徒はスペイン人のおとなしい女の子。 事の発端は彼女が鼻くそをほじっていたのを見た男の子が彼女を茶化しそれがバイキン扱いに発展。。。「こいつを触ったらバイキンが移るから触ってみよろ〜」みたいなバカな遊びになっていったそうな。。 これに巻き [続きを読む]
  • 最後の最後で・・①
  • オーストリッチのお揃の財布を買ってご機嫌な夫は私の財布と並べて見てみる・・・。そして、ニコニコしている。。。「いい買い物だった。お揃いだよ!」とな。。ご満悦な様子。。。 まあ、結婚指輪以外で初めてのお揃いかもしれないしね。。。笑毛むくじゃらの大男なのに案外乙女な夫。。 この日、また同じキャンプ場に泊まる。このキャンプ場のレストランで食事をする。。 私は食欲があまりなかったがとりあえずレ [続きを読む]
  • お揃い
  • チケット取りましたよ!いよいよ本当に日本に帰ります。今回は家族の世話のために帰るとはいえ日本に帰れると思うと胸が高鳴りますです。不謹慎ですが。。やっぱり故郷なのでしょうね。。 こっちの準備は着々と進んでいて。何事もなく後は帰れることを祈るばかりです。 置いていかれる夫がかわいそうなんですけどね。。 ちょっとバタバタしてて更新が途絶えてしまいましたがもう少しでナミビアの旅も終わりに近づい [続きを読む]
  • ウィンドホーエックで最後の詰め
  • 生牡蠣に当たった私は内臓を痙攣させつつナミビアを横断し首都のウィンドホーエックについた・・・。キャンプ場にたどり着くとまた痛み止めが効いてきたのかそのままぐっすり寝てしまう。。。 今思えばこの頃から痛みが徐々に薄くなっていった。 しかし、食欲はない。カレーなんて一時見たくもない。当たったのは生牡蠣だが吐いたのはカレー。。。多分、吐きたくないものランキングでトップクラスに位置してるであろう食 [続きを読む]
  • やっぱりアレだな・・・
  • もう、タイトルだけでピンと来た方いらっしゃるのではないでしょうか。。。お食事前後の方はぜひ読むのをお控えください。。そんな内容の続きです。 続きいきます。。 ナミブ砂漠に泣かされつつノルマを達成しキャンプ場に帰ってきた私たち。。。 夕食のカレーを食べ流れ星を見て眠りついた。いつもとあまり変わらない感じの行程。。。 しかし、その夜いつもとは明らかに違う異変が起きた。 [続きを読む]
  • ついにデッドフレイ と 緊急連絡
  • 砂丘の先に砂丘が広がるなんとも絶望的な風景を見つつアラフォーかつ中東で堕落しきった体に鞭を打ち砂丘を越えた私。。 とうとう、最後の砂丘に着いた時見えたもの・・それはあまりにも感動とはかけ離れていた。 あの・・・これ、有名なんですか? という第一印象。 そんなわけない。そう思って下に降りてみる。。膝がガクガク。。 ふむ。。。なんか写真と印象が違う。。。雑誌の写真だとこんな感じなの [続きを読む]
  • アラフォーと砂丘
  • デッドフレイという有名な場所に行くために砂漠の道を4WDの車で抜けようやくたどり着いたのだが。。運転手の「2時間じゃ・・厳しいかも。。。」という発言に嫌な予感がする私。。 2時間じゃ足りないはどう考えても 「2時間以上見る場所があって帰れない」 ではなく 「たどり着くまでに時間がかかるから帰ってくるのに時間がかかる。。。」 だろう・・・。 なぜなら目的地が目の前に見えない。そ [続きを読む]
  • 国立公園内 ナミブ砂漠
  • 最後の砦携帯電話の画面が壊れた。。 かなり凹んだ私だったが家族の励ましでなんとか復活。。 セスリウム渓谷思う存分楽しんだ私たちはナミブ砂漠に向かうことにした。 国立公園の門からセスリウム渓谷は近かった・・・。 しかし、ナミブ砂漠は門からかなり遠い場所にあった。 しかし、道路は綺麗なアスファルト。久々の快適なドライブにちょっと安心。。 そんな綺麗な道を車で運転すること30分・ [続きを読む]
  • 最後の砦 
  • セスリウム渓谷で子供達と探検気分で見て回る。。 思ったより中は広く・・・3キロほど歩いたところで人気がなくなった。。まだ先はある。。 そう思っていると前方より人がやってきた。 「こんにちは!まだ先は長いですか?」そう声をかけた子供達。 すると・・「いや、結構先は長いよ。。。」というものすごーく疲れた回答。。。 若い兄チャンで後ろにリュックをからってる典型的なハイカーなのに若干疲 [続きを読む]
  • セスリウム渓谷
  • シマウマに手を振りつつキャンプ場を出た私たちはナミブ砂漠に向かう。9時頃に出発。 このキャンプ場から1時間ほどのところにある。相変わらず道は悪い。 特にナミブ砂漠手前の道は今までで最悪のコンディションの道。 道が悪いせいで車はいつも以上にガタガタし車の中のありとあらゆるものが落ちてくる。。。そして、どこから出てきたのか埃があちこちに舞う。。。 うわ・・・ 車が壊れそう。。。ここ [続きを読む]
  • トイレに行くのも一苦労
  • たまたま滑り込んだキャンプ場は思った以上に自然がいっぱいだった。。 目の前をウロウロする動物を柵なしで見つつ作業をするのはなんだか不思議。。。 この日、夫はジャッカルを気にしてはいたものの結局キャンプファイアーを実行した。 あたりが真っ暗になり子供たちを車の中へ・・寝る時間。。。 車の中に入ろうとすると・・・車の前に蟻塚のようなものを発見。そこを間違って踏んでしまった子供達。その中 [続きを読む]
  • シマウマ景色のキャンプ場
  • さて、宿に着いたものの門から10キロも離れた受付に驚く私たち。確かに広い敷地内。 受付を済ませここからさらに5キロほど行ったところにキャンプ場があるという。 一旦少し戻る形。「その途中で分かれ道があって。。」というのだが来る時それらしい分かれ道は見てない。 どこだどこだと目をこらすと。。あった。。若干獣道っぽい細い道。 これ??疑いつつ曲がると・・・先に車が見えた。 ああ、ここ [続きを読む]
  • いざ、ナミブ砂漠へ 2
  • さて、砂漠を2時間かけて通りすぎた私たちは辺鄙なところで自転車に乗る人にあった。 軽装でこの先の過酷な砂漠を乗り切れるとは思えない感じに若干不安を持ちつつ声をかけたが大丈夫というこの変人男性。。。 大丈夫なら大丈夫なんだろう。。。 こんなこと前にもあったな。。ああああそうだ。国立公園内で立ち往生してた車!! 声かけたけど「大丈夫です!!」って言われて大丈夫じゃなかったカップル。&nbs [続きを読む]
  • いざ、ナミブ砂漠へ
  • あやしい牡蠣を食べなんとかお腹がいっぱいになったところでお土産やさんによる・・・。 Tシャツやぬいぐるみおもちゃなどお土産やさんらしいものが並ぶ。 そんな中一角にショーケースがあった。。 そのショーケースを覗いてみると中には財布があった。 スプリングボクスの皮でできた財布や牛の皮でできたもの・・ その中に毛がふさふさのものがあった。 なんだろう。。 そう思って手にした。 [続きを読む]
  • 何か変。。。
  • さて、クルージングを終えて若干船酔い気分だったものの牡蠣を食べたせいで何とか気分が良くなりつつあった。。 しかし、もう一押し。。。 もうちょっと牡蠣を食べたらさらに気分が良くなるのではないか・・ そんな理由でこのハーバーにあるレストランに入ることにした。 夫と子供達はランチでもうお腹いっぱい。。。 私はまだちょっと食べ足りない。。 子供と夫は飲み物やアイスクリームを頼み私は [続きを読む]
  • クルージング 2
  • クルージング・・・ここまでは順調でした。。涙ここから一気に坂道を転がります。私だけが。。。 察しの良い方はもう、予想できてると思うのですが。。 では続きを。。 子供達はアザラシとペリカンに囲まれて幸せいっぱい。。。しかしアザラシくんは気の良い性格だったため全く無害だったのだが。。。ペリカンのやつは気が荒かった。。。 そんなこととは知らない息子はペリカンに触りに行って思いっきり手を食 [続きを読む]