TAKA氏 さん プロフィール

  •  
TAKA氏さん: 社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」
ハンドル名TAKA氏 さん
ブログタイトル社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」
ブログURLhttp://www.zettaigoukaku.com
サイト紹介文社福は約35日、精福は約20日間で一発合格できた私の学習方法と受験体験談を公開します。
自由文長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイス、短期集中過去問勉強法、他資格取得のためのアドバイスや関連ニュースも紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供504回 / 365日(平均9.7回/週) - 参加 2012/05/06 20:13

TAKA氏 さんのブログ記事

  • らくらく合格社会福祉士試験ズバリ予想問題集2018年版
  • 2018年版 社会福祉士試験ズバリ予想問題集作者: 佐久山敏之出版社/メーカー: ナツメ社発売日: 2017/06/15メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る内容■最新の法改正と出題傾向を巻頭で解説 巻頭で法改正箇所を詳しく検証し、ポイントを解説するとともに、近年の出題傾向を細かく分析し、試験対策を解説します。効率よい学習を助けます。■解答・解説ページに問題文を再掲解答・解説のページに、問題 [続きを読む]
  • 難関資格に確実に合格する勉強法
  • 初めての全国模試の成績は4桁だった著者が、2年目には1桁順位まで引き上げることができた。特別な才能があったわけではなかった著者が実践した方法とは。確実に合格する近道とは。本書は、超効率的な裏ワザ勉強法でもなく、真似のできないウルトラC的ノウハウ書でもない。超現実的な、目的達成まで継続してがんばれる力を発揮する、すべての受験者に共通する「最強の勉強法」である。■内容★コツコツやる人が、最後に笑う! 夢が [続きを読む]
  • 『ウォーリーをさがせ』が得意な人は本試験に強い
  • タイトルを見て、「何を言っているんだよ」と、訝しく思われた方もいらっしゃることでしょう。そもそもみなさんは、『ウォーリーをさがせ』シリーズをご存知でしょうか。1990年代初期に流行った、間違い探しが基本となっている構成で、見開きのカラーブックの中から、主人公のウォーリーを見つ出すことを目的とした児童書シリーズです。平成生まれの児童には、『ポケモンをさがせ!』や、『ミッケ』などのゲーム [続きを読む]
  • タイゴウくん、タイゴウファミリーを紹介するの巻。
  • タイゴウフレンドのみんな、おはよう!開口一番みなさんをお呼びしているけれども、何か発表でもあるのかしら。実はボクには姉弟やフレンドがいるんだけれども、知っていたかな?家族紹介でもするのかしら。ボクには鹿児島に住んでいる弟のタイゴロウと、このすぐ近くのファミリーマートに住んでいる姉のオセッタイ姉さんがいるんだよ。↑弟のタイゴロウ↑姉のオセッタイ弟のタイゴロウは語呂合わせが得意で、 [続きを読む]
  • 社会福祉士合格のためにはノートを作った方が得かどうか。
  • 社会福祉士試験合格のための勉強法について、「ノートを作った方が効率的か」について、自身の経験を述べたいと思います。私はこれまで試験勉強の中で、学習ノートというものを作ったことはありません。理由は、「めんどくさいから」の一言に尽きます(笑)。社会福祉士試験においては、まとめ用のノートではなくて、一方通行限りのインプットノートして使用しました。私の勉強の覚え方は、ノートに「正しい型」を書 [続きを読む]
  • その努力を惜しい努力で終わらせないために
  • う〜ん、これだけ頑張っているのにどうして結果が出ないのだろうか。 タイゴウくん、何を唸っているの? 4月の終わり頃から、家の外に生えている桜の木を眺めながら「花びらが開花しますように」と念じ続けているのに、一向に芽が出る気配がないんだよ。 そうだったのね。どおりで毎日目を閉じながら桜の木を眺めていると思ったら、早咲きするように願っていたのね。桜の花は少しずつ少しずつ成長して、開花する時期というもの [続きを読む]
  • のび太をソーシャルワークの視点から
  • ポケット版「のび太」という生きかた 横山泰行ポケット版「のび太」という生きかた作者: 横山泰行出版社/メーカー: アスコム発売日: 2014/10/25メディア: 単行本この商品を含むブログを見るのび太の人生は一見して失敗の連続ですが、のび太は人生の重要な節目においては着実に希望を叶え、負け犬・のび太から勝ち組・のび太に変身しているのです。(冒頭より)ドラえもんがひみつ道具を用いてのび太に行っていることは、ま [続きを読む]
  • 何度覚えようとしても覚えられない苦しみに先に
  • 何度問題を解いていても、さっぱり理解できないし、抽象的すぎてイメージが湧かない。問題を解く→不正解→覚えなおし→再度問題を解く→不正解のスパイラルが続くと、モチベーションも落ちますし、「こんな物覚えが悪い自分の能力では受かりっこない」という焦りが隠せなくなってしまうんです。毎年このような受験勉強に対する焦りの声が耳に入ってきます。あれだけ膨大で多科目から出題される試験範囲です。一回や二回暗記し [続きを読む]
  • 本番でパニックに陥りそうになったら<その2>
  • 本試験ではどれだけ事前勉強を重ねたとしても、分からない問題の一つや二つが待ち構えているものです。解けない問題に遭遇した時の気持ちの持ち方によって、合否が分かれてきます。私は、試験中に分からない問題が出たら、一旦保留にして、次の問題に進むように努めました。1問のために、考えれば考えるほど堂々巡りして、時間を大幅にロスしてしまい、全問解けなくなる危険性があるからです。「自分に限っては大丈夫だ」 [続きを読む]
  • 今日は父の日です。
  • ファファファファファ(笑)不敵な笑みを浮かべているけれども、このノリは一ヶ月くらい前にもあったような・・・・・・。う〜〜〜ビンゴォォ♪今日は父の日、タイゴウファザーへの思いを馳せていたのさ♪そういうことね。タイゴウくんとお父さんとの思い出は何かしら?いっぱい覚えているよ♪ボクが6歳の時に海釣りに連れていってくれて、海老で鯛を釣ったのが印象深かったなぁ。そのまま朝市に売りに行ったなぁ。 [続きを読む]
  • 本番でパニックに陥りそうになったら<その1>
  • まだ本試験まで半年以上あるため、時期尚早なテーマかもしれませんが、本番で大切な心がけについて私の実体験からお伝えいたします。どれだけ学習を重ねたとしても、本試験問題では、初めて目にする「知ったこっちゃない」選択肢が並んでいます。何これ?過去問に出たことないよ。こんな統計問題知らないよ。二つまで何とか絞れたけど、どっちを選んだらよいものか…ただでさえ、時間的余裕がないのに、新出問題が次から次 [続きを読む]
  • 人間関係や今の職場環境が嫌になった時の羅針盤
  • 『この世の中を動かす暗黙のルール―人づきあいが苦手な人のための物語』 岡田尊司この世の中を動かす暗黙のルール―人づきあいが苦手な人のための物語作者: 岡田尊司出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2010/07/08メディア: 単行本購入: 1人 : 19回この商品を含むブログ (7件) を見る精神科医・医学博士として、パーソナリティ障害、発達障害の最前線に立ち、臨床医として若者の心の危機に向き合っている岡田氏の作 [続きを読む]
  • 学校に友達がいないことが受験に不利になると思っていたら
  • 学生のみなさんにおきましては、新学期が始まって二ヶ月が経ちましたが(通信学校によっては一ヶ月ほどかもしれませんね)、そろそろ新しい環境や人間関係に順応してきた頃でしょうか。ふと周りを見渡すと、グループ同士で勉強していたり、受験トークで盛り上がっている姿が目に入り、ますます孤独感と焦燥感に支配される方もいらっしゃるかもしれません。友達がいない自分は、受験に不利になるのではないか。こんな思いで、毎 [続きを読む]
  • 6月の疲労が溜まっていたら思い出してほしいこと。
  • 滑り込みセ〜フ♪昼下がりに何か嬉しいことがあったようね。そりゃそうさぁ、連続ブログ更新記録中断を阻止できたわけだからね。そう言えば、今朝は記事がリリースされていなかったから、更新が止まったと思っていた方もいらっしゃったかもしれないわね。ボスにはボスの事情があるようだからね。ピーチはチャンスとばかりにボク達が神出鬼没したわけさ♪ピンチはチャンスね。みんなで連携しながら絶対合格ブログの歴史 [続きを読む]
  • 近年の社会福祉士本試験傾向 <問題の長文化について>
  • 第24回社会福祉士試験以降に誕生した拙ブログですが、毎年のように試験終了後に受験生の一部からは、次のような感想が寄せられます。・時間が足りなくて、見直しができなかった・過去問で見たことがない問題が多々出た・二つまでは絞れるものの最後の一つに決めるのに相当悩んだ・奇問難問が多かったこれは、初受験者のみならず、多年受験の方も共通して声に出されています。実際に初回受験した私も、上記の3点を身にしみて [続きを読む]
  • 認知症カフェと認知症サポーターについて
  • 「認知症カフェ」という言葉を聴いたことがあるでしょうか。受験生や関連者の方はピンときたかもしれませんね。2015年1月27日に厚生労働省が発表した「新オレンジプラン」において、この認知症カフェについて明記されています。2012年には高齢者の中で462万人が認知症又は予備軍とされており(7人に1人)、2025年には約700万人(5人に1人)に増加されると推定されています。新オレンジプランは2013年度から進める「オ [続きを読む]
  • したい人10000人、始める人100人、続ける人1人。
  • 女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法: 知的すぎる無期懲役囚から教わった99.99%の人がやらない成功法則 (小学館文庫プレジデントセレクト)作者: 美達大和,山村サヤカ,山村ヒロキ出版社/メーカー: 小学館発売日: 2016/07/06メディア: 文庫この商品を含むブログを見る普通の主婦が、人を殺めて服役中の無期懲役囚と文通をする。しかも、高校生の娘や中学生の息子にも文通を勧めて、その無期懲役囚から勉強法を [続きを読む]
  • 今分からなくても続けていればこの先分かる瞬間が訪れます。
  • やる気満々で一から問題を開始したものの、必ずわからない問題が出てきて、不正解が続出すると、出来ない自分にがっかりしてやる気がダウンしてしまうんです。学習初期段階の受験生から、このような声を聴きます。みなさんもこのような経験をされたことがあるのではないでしょうか。もちろん、私も学習中には何度もそのような心境に陥りました。学習初期段階だけではなくて、受験直前までつきまといました。直近では昨 [続きを読む]
  • 辛かった過去を手放すことで
  • つらかった過去を手放す本作者: 石原加受子出版社/メーカー: あさ出版発売日: 2013/06/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見るつらかった過去を手放す本  石原 加受子著「過去と他人は変えられない」という言葉がありますが、過去から抜けきれずに、今と未来を思い悩んでいる方々の声が私のもとにも毎日のように届いています。忘れられない喪失体験は誰もが一つや二つあるものです。こと資 [続きを読む]
  • 発達障がいと診断されてから生きるのが楽になった。
  • 発達障がいと診断されて、生きるのが楽になりました。そう語るのは、当時弁護士を目指して法律の猛勉強に取り組んでいた22歳の若者です。彼は私が主催したオフ会に参加してくれた大学生で、卒業後はロースクールへの進学が決まっていました。彼はオフの中で、成人になってから注意欠陥多動性障がい(ADHD)と診断されてから、これまでずっと抱えていた違和感の正体がはっきりして、生きるのがとても楽になったと口にしていま [続きを読む]
  • 受験に合格するために必要な「諦める力」とは。
  • 諦める力?勝てないのは努力が足りないからじゃない作者: 為末大出版社/メーカー: プレジデント社発売日: 2013/06/06メディア: Kindle版この商品を含むブログ (11件) を見る「諦める力」と聞くと、受験生活には最も似つかわしくないと感じられれる方が多いのではないでしょうか。このブログでも、諦めないことの大切さを幾度と無く唱えてきました。ですが殊に受験生活に着目すると、「諦める力」と言うのも、「諦めない [続きを読む]
  • 無料スマホアプリを使って勉強時間の管理を行ってみる。
  • 自分が1日にどのくらい勉強したのかを記録しておくのは、後々進捗状況を把握する上でも効果的です。昨日紹介した文房具にあたるメモ帳やスケジュールに記しておく方法がありますが、現在は文明の利器でスマホアプリを使う方法もあります。IOSもAndroidも、それぞれ対応しているものが存在します。無料アプリが大半なので、私もインストールしてタイマーとして使っていました。一例を紹介します。Android版勉強時間管 [続きを読む]
  • 身近な文房具を活用して勉強の効率をUPさせてみる
  • 100円文具「超」仕事術100円文具「超」仕事術作者: 榎本勝仁出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2013/05/02メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るタイトルを見ると、文房具を仕事に活用することを目的とした単行本のように思えますが、本書を一通り眺めて見ると、受験勉強において有効活用できる文房具の使い方が満載に紹介されていました。アマゾンレビューを見ると、☆2つの低めのレビューで [続きを読む]
  • 挫折せずに念願の絶対合格を成し遂げた先輩の合格体験談
  • 29回社会福祉士試験に合格された絶対合格フレンドの貴重な合格体験談を頂戴いたしました。来年度受験生のみなさまにとっても、資格を取得されてより自己実現を図ろうとされている方にとってもためになる実体験です。Kさん社会福祉士合格者私は中学生の頃に眼病で入院を経験しました。その時に先生をはじめ病院スタッフの方々にお世話になりました。それをきっかけに私も人の役に立つ仕事がしたい。自分と関わることで少しでも [続きを読む]