あつし さん プロフィール

  •  
あつしさん: あつし@草莽
ハンドル名あつし さん
ブログタイトルあつし@草莽
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/elkoravolo/
サイト紹介文仏教のめずらしい経典や和讃などをタイピングしたり、メモをつくっています。
自由文仏教のめずらしい経典や和讃などをタイピングしたり、メモをつくっています。浄土真宗関連やテーラワーダ仏教関連、華厳経、文殊経典関連、諸経部など。他にも漢詩や福澤諭吉などなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2012/05/08 07:52

あつし さんのブログ記事

  • アッシリアの滅亡の原因について
  • 伊藤政之助の『世界戦争史』の第一巻が、わりとアッシリアについて考察してあり面白かった。 それで、アッシリアがなぜ最盛期を迎えたあと、一気に衰退し滅亡したかについて、いくつか原因を考察してあった。 アッシリアは、紀元前627年にアッシュルバニパル王が没したあ [続きを読む]
  • メモ
  • 知人が勧めていたので、昨日の民進党の党大会における慶応大の井出先生の御話の動画を視聴した。 たしかに胸打たれた。 日本の現状が「格差放置社会」であること。 相模原事件等に見られるように、今の社会は弱者が弱者を痛めつけ優しさを失っていること。 生きることが苦痛 [続きを読む]
  • 月本昭男 「悲哀をこえて」
  • 悲哀をこえて―旧約聖書における歴史と信仰 作者: 月本昭男 出版社/メーカー: 教文館 発売日: 2005/12 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 旧約聖書の背景や本質について、とてもわかりやすい深い良い一冊だった。 ホセアやエレミヤにおける、歴史への視座 [続きを読む]
  • 備忘録 最近見た番組のメモ
  • 最近、録画などで見た番組で印象的だったものの備忘録。 ひとつは、「世界ナゼそこに?日本人 」という番組でとりあげられていた、コロンビアに住んでいるケンジ・ヨコイ(横井研二)さんという人の話。 ケンジさんは日本とコロンビアのハーフだそうで、小さい頃はコロンビア [続きを読む]
  • 映画 「海峡」
  • 海峡[東宝DVD名作セレクション] 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2015/02/18 メディア: DVD この商品を含むブログを見る だいぶ前に録画していて、やっと見たのだけれど、これは本当名作だった。 25年の歳月をかけて青函トンネルをつくった人々の物語で、往年の名優たちが熱 [続きを読む]
  • 映画 「太陽の帝国」
  • 太陽の帝国 (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る だいぶ前に録画していてやっと見たのだけれど、思いのほかとても良い作品だった。 第二次大戦中の上海が舞台で、イギリス人の少年が両親とはぐれて雑踏の中で迷子になり苦労し、 [続きを読む]
  • 箴は鍼なり
  • 言志四録を読んでいたら、「箴は鍼なり」という言葉があった。 つまり、箴言や格言というのは、心に対する鍼灸や針みたいなもの、ということだろう。 身体の具合が悪い時に、針や灸をすると回復するように、心の不調を治したり元気づけるのには箴言格言が良い、ということだ [続きを読む]
  • オバマさんは立派だった。
  • トランプの大統領就任式での演説を聞いていたら、「からっぽの時代は終わって、これからは行動の時代だ」ということを言っていた。 オバマ政権を「からっぽの時代」と言いたいのだろうか。 オバマさんは終始冷静に、穏やかな立派な態度で式典に臨み、トランプを祝福していた [続きを読む]
  • プラス・ファクター十箇条
  • プラス・ファクター十箇条 1、前向きに考える。 2、根気強く頑張る。 3、自信を持つ。 4、前向きな想像をする。 5、祈る。 6、自分を肯定的に見る。 7、信じる。 8、愛する。 9、努力する。 10、神を信じる。 人生が驚くほど逆転する思考法―人は壁にぶつかるご [続きを読む]
  • 萩尾望都 「銀の三角」
  • 銀の三角 (白泉社文庫) 作者: 萩尾望都 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 1994/09 メディア: 文庫 購入: 14人 : 72回 この商品を含むブログ (34件) を見る 面白かった。 なんとも不思議なSF作品。 やや難解なのだけれど、この感覚、なんとなくわかるような気がする [続きを読む]
  • 以春風接人以秋霜自粛
  • 今朝、最近買った岩波文庫の佐藤一斎の『言志四録』を読んでいたら、その中の「言志後録」の箇所に、以下の言葉があって、ああそうだったんだぁと思った。 「春風をもって人に接し、秋霜をもって自ら粛(つつし)む。」 という言葉だけれど、高校時代、私の高校の校則に、よく [続きを読む]
  • 雑感 頼朝について
  • ふと、平治の乱に源氏が勝っていたら、どうなっていたのだろうかと考えてみた。 本当に武家の時代は来たのだろうか? 源義朝は、息子たちがどれも異様に優秀なことを考えれば、おそらくは本人もすぐれた人物だったのだろうとは思う。 また、鎌田政家らの忠臣があれほど忠義 [続きを読む]
  • 選択集再読
  • 選択本願念仏集をひさびさに読み直した。 やっぱすごいわぁ。。 たぶん、日本の仏教は、選択集によって、一種の認識論的断絶がなされたんだと思う。 パウロの用語を仮にあてはめて述べるならば、要するに、律法主義を徹底して排除して、信仰による救いを徹底して仏教におい [続きを読む]
  • 平治物語
  • 平治物語 (岩波文庫) 作者: 岸谷誠一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1934/11/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 先日、たまたま古本屋で手に入れて、一気に読んだ。 とても面白かった。 とてもリズミカルな名文で、古文の魅力にあらためて気づかさ [続きを読む]
  • ドラマ 「東京裁判」
  • ドラマ「東京裁判」の全四話を、年末に録画していたのをやっと見た。 予想外に非常によくできた力作だった。 製作に八年以上かけて、三か国ぐらいで協力してつくったそうである。 オランダのレーリンク判事が特に中心に描かれており、それぞれの判事の個性や考えや白熱する [続きを読む]
  • 映画 「るろうに剣心」
  • るろうに剣心 Blu-rayスペシャルプライス版 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント 発売日: 2014/07/02 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (6件) を見る 昔漫画版を読んでたので、なつかしくて見てみた。 意外と、剣心の重い過去を重く取り扱っていて [続きを読む]