源太 さん プロフィール

  •  
源太さん: 源太の株バトル
ハンドル名源太 さん
ブログタイトル源太の株バトル
ブログURLhttp://ameblo.jp/gentanokabubatoru/
サイト紹介文大岩川源太が新しく始めた「源太の株バトル」先読み個別銘柄株情報を発信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供685回 / 365日(平均13.1回/週) - 参加 2012/05/08 14:09

源太 さんのブログ記事

  • それでもの用心
  • 私は月替わりに納得のいく買いが入らないと気に入らないのは、仮に今日や明日ら上がっても基本的には「細工」しないと儲からないと運用者や外人が考えたと見ます。ですから、投信設定や外資の年金運用などが後半の運用開始となり、配当還流の一番指数を動かしやすいとされる日程で、確かに理由は有っても運用チックな株式が下がるのは危険性を感じてしまいます。ですからこの市場の面白いところは規制だ急騰だと言っても必然的に [続きを読む]
  • 下がるというんじゃないですよ。
  • この市場に対して否定的でキャッシュポジション高くというのじゃないのです。この市場の買われるものや材料株の日柄、月替りの物色など見たらなんかおかしく思えて。そうは言っても明日からちゃんと買われることも有るし、NYなんか下がったんだから反発も可能性はあります。ですから、何かが足りないというか悪い話に対してノリが悪いというか。そういう流れを考えたら一回頭冷やしておこうと考えてしまうんです。外資の年金など [続きを読む]
  • 月替りの今日の物色が非常におかしなものです。理由があるとしても新日鉄がやトヨタが強いが、肝心のソニーや富士フイルムが上がらないからなんかチグハグなんですよ。結果的に後場から上がるなんてこともありますが、個別株も脱落するものがで始めてちょっと市場が変調しやすい状況になりました。特にIMFが米国の景気について、減税効果がないという風な言い回しは政策の遅れを懸念していまして、それが出始めたら自分は売ると決 [続きを読む]
  • 需給でしょ?
  • 鈍いNYがついに下がったのですが、為替から日本株はどうなるのか。そして、ナスダックの下落はどのように影響するのかが今日の大きな話題でしょう。ですが、昨日もラジオで話したように、元々が需給相場で今日からの月替わりで外資がいかに動くかが初めからポイントだったと思うんです。そうした中で材料が出たら飛びつく投資は非常に危険になって来ます。 特に強い銘柄が難しく、押目買いが成立している市場はそのパターンに慣れ [続きを読む]
  • 月替り
  • 明日からは月替りで新しいスタイルの投資が始まります。先週、225とか同業種で組み換えの動きがありましたが、その売られた方が買われるのか、買う方が上がるのかも見もの。根本的には今後も期待できる情報通信や半導体などを組むのが普通なんですがね。そこが逆に内需型にクぬことも視野に入れなきゃならないから明日は見るものが忙しいと思うんです。ですから、根本的には普通のものを見てどう思うかが大事で、それでもかの買い [続きを読む]
  • 外出してきます。
  • 雨後の筍の如き銘柄が沢山出てきますが、どれ行って良いかわからなくなりますよね。噂物がみなくるから右往左往している投資家が非常に多くなります。ただ、自分が危惧するのはこうしたことって3日満たないことが多く、そんなに資金が有る相場は何十年ぶりなのかなんです。だから、怖いのは前場のエースで、そこで失速してくる銘柄は必ずあると見ています。ですから、自分は前場は枠を空けることに心がけて後場からの動きに備えて [続きを読む]
  • 危険な時間帯
  • 明日が月替り。ですから、明日から買われるものが違うと思うし、投信や配当還流相場で二桁銘柄はないと思うのが普通。だから、めんどくさいことにならなきゃ良いんですよ。つまり、この市場の多くは非常に神経質でして、勢いで買いながら後で祈るような展開が多くて、努力しているだけでは非常に難しいことになります。 だから、昨日でも地味な銘柄が意外に頑張るのに対して、派手なものは上がりそうで上がれないようなそんな感じ [続きを読む]
  • 卑怯
  • 小型株乱舞でも少し違った雰囲気はデジアドなどが来てしまうほどの低位。ここ最近上がってきた銘柄は躊躇が有るし、伸び悩むものもある感じ。でも、壊れるような売り方ではないのが強さだともいえます。ですが、自分が今日感じたのは指数や一般株の安かった奴で、そうした銘柄の強さは「明日は判らないのだけれども」非常に強かった印象。NCSなんていきなりだからこっちがびっくりしてしまう動き。そうした強さはたしかに材料とは [続きを読む]
  • ここから
  • いつもここまでは来るという形で皆が強気になるところ。でだ、ここまで強くなるとどれかが伸び悩みから止まる引っかかりやすい時間帯。物色対象が変わりやすく、根本的には筋が悪いものが非常に強くなっています。それは低位だけじゃなく値ガサもそうなのでして、確かに強いが値段に対しての欲望が強く、期待感や将来性もありますが、結局は値動き的な買い方に似ています。自分はどうも市場に対して懐疑的に見る性質で、強い市場 [続きを読む]
  • 100%の力が出せない
  • ナスダックやNYが堅調。ただし、悪い事は無視されています。企業収益があるから安いと言われても先物などの売り買いの状況はどうしても気に入りません。トランプ政治で財政審議が進んでいないし、予算の基礎である減税も具体化していません。人気取るために雄花政治の批判的な行為は進むんですが、唐突なだけに批判集中。パリ協定やキューバ問題はいかがなものかと。 こうした時に米国で起こりそうな自動車ローン問題。確かに景気 [続きを読む]
  • とり憑かれた投げ
  • 最近は何故なにかとり憑いたように週末は売り叩くんですかね。いや、判りますよ、週末だからってのは。人間バカじゃないんだから毎週そうするならば木曜の朝ぐらいから慎重に攻めるべきで、その攻める流れは非常に後先考えない今強いものを盲目的に買い、週末の投げを「終わった」というなにかそこらの質の悪い人たちがいうような言い方します。売ったらその株式に罵声浴びせるは、今まで煽った人は責任回避で「高いところは買わ [続きを読む]
  • 亡くなられたのですか。
  • 若いのに非常に残念で周囲の方はお力落としだと思います。頑張ってらしたんですが、ご愁傷様です。株式だって期待したものが思わぬ形で残念なことになることがあり、どこかで考え直すような事が必要になります。タカタなんてのもそういうもので、判らなくなったら手を出さないようにします。それがシャープのように生き返りが見れたら良いのですが、見えない間は我々では不確定なものがあるので手は出さない物んです。「なんだ、 [続きを読む]
  • 環境と現実
  • 環境と現実の違いから非常にやり難いと感じる日経平均の行方。一方で個人投資家は低位株の乱舞で非常に賑わっています。だから、集中型でなく乱舞型は基本的にはいくら企業の才能が有っても雑な売り買いになるし、我々は過去からその動きや売りの出方を知っていても初めての方もいてるから「売りの出る値段」を出るまでにその値段を飛び越して行ってしまう事も多いのです。つまり、後から気が付いてから売りが出て来るケースだっ [続きを読む]
  • 不可解な動き
  • この市場の不可解なのは今日なんか買われている面見てたらもっと高いかと思う日経平均。しかし、伸び悩むような展開。自動車のトヨタは快調ですが、実際にはスバルとか重いしダラダラ下げてたし、先物も急に400枚クラスの売りが出てなんかリズムが取りにくいのです。しかし、個別、特に低位株は非常に荒々しいのですが、オンキョーにしてもナッツにしてもトレイダーズにしても非常に元気いっぱい。市場が弱いのか強いのか全く分か [続きを読む]
  • 気迷い
  • 非常にナーバスに見える市場も根本的には需給のリズムに添った動き。投資カレンダー的な流れで行けば非常に渡りやすく、一定の注文が月の20日に向かってあって、そこからは新しいリズムになってしまい、火曜日のポイントの日は用事が済んだ指数に対して、恐怖を覚えた個人投資家が後場から個別株乱高下という非常に厄介なマインドに陥ったと思うんです。 だから、私もですが大魚逃すように揺さぶられてしまったんですが、仕込んで [続きを読む]
  • 上がってほしいの?下がってほしいの?
  • 指数さがれ〜と言いながら個別頑張れという流れでしょうか。自分は個別株の動き方が非常に言いように感じましたが、それでも縦に動く感じで横に来ないのが非常に不満。というのは、動くものへという感じは市場内では有るものの想像や発展がなく、市場内から見ていくと指数の弱さを受けて無駄なものを買わなくなっています。もちろん自分もそうしなさいっていうのですが、皆がやって来たら嫌な気分になります。だから。、後場にな [続きを読む]
  • 人それぞれ
  • いや昨日引かされていたアンジェスを今日逃げたらストップ高わからないものです。しかし、オンキョーが伸びてきてどうにか迷惑かけ無くて済んだという形。勿体無いという方もいますが全部がうまくいくわkwでもないから自分はそれでも良いと思っています。ですが、一般はそうも行かないんですねぇ。悔しくなるんでしょうが、自分は逆張り党だったり、仕込み型ですから、早く売ってしまうことが元々有るのでして、その反面、半分売 [続きを読む]
  • 個人投資家のマインド
  • 思っていたことがやはりという感じで起きました。月の20日で市場が変わる事は多いですが、今月はもう少し続くことが可能な流れ。しかし、正直に需給が変わっていくかもしれないです。それは、基本的に個人が先に負けてしまうマインドは、全体が底堅くても「上がらない」と思う姿勢から、いままで頑張っていた個別株が変調をきたし、結果求められる週は、結果が出ないとイライラしてしまうのです。 つまり、上がった物も多いが下に [続きを読む]
  • 早い目に出ていきます。
  • 今日はDVDと夕方ラジオですから早い目に会社を出ていきます。、ひとばんおさて市場はたしかに売ってきている先物という流れがあるから、そこが昨日のような大和なのかとか見方があると思うんですよね。だから、引けてみなきゃ手口が判らないのであり、GSなんかの動きなど見ておかなきゃならないですよね。ですから、指数に関してはそうした需給という流れですから、我々としては引けて考えたりという形で、想像は難しいですね。で [続きを読む]
  • 連続のポイントの日
  • 株式は安く売るのは簡単ですが、高く売るのは難しいです。そうした時にイニシアチブ握っている人の売り抜けは他人では本当に判りにくく、気がついたらって感じです。一般的に外人の売りというのは大きく叩き込んだり、下げさせたりという感覚ですが、実は非常に緻密に体制整えたりします。今日の20270円の先物ですが、これが前場だけの執行だったり、ここから上はとかという注文だったらとか、売買する人間は考えちゃうんですよね [続きを読む]
  • 申し分ない上げだが・・・。
  • 非常に警戒心が強く、GSの先物が6月物に比べて9月切りが少なかった事からGSの動向が気になっていました。ですが、昨一は買い越し。売りは大和系という事で何やらはいまるのかという感じがありましたよね。そして、夜のNYの急伸。しかも内容は良く、将来的な発想が詰まったような上げかた。これならば売りたい強気も売れてしまい強気になってしまうという形になるんでしょう。 ただ、自分はこの局面は「売らない強気」を選択しよう [続きを読む]
  • 売りたい強気
  • 暇だったと思うかどうかですが、本当に紙一重という状況で、もう一丁上がれば楽になるのですが、そのもう一丁が来ない。抜けたバイオも上がる時間は派手でもそこ過ぎたら非常に慎重な動き。全体的には強く激しい流れに見えても総体的には「あんた先に買いなよ」てな感じになっています。こういう時って上がれば非常に強くなるが、シコると厄介なんです。というのは、「材料が有る」「割安だ!」というのは、自分が思う目標値から [続きを読む]
  • 強いですがね。
  • 指数の強さから買っているのは判ります。ですが、どう考えても寄り前に売り物になる部分や十時から物色大将が225内でも変わるところを見ていますと、どうも気になったりします。いつもSQ後から上がり始めて月初に下がる流れを見たら、需給で動くのは分かるんですよ。そして、その需給から来る動き方はGSの動きが大事で、自分が見たところ6月の先物がロールオーバーされた時に9月物が増えていなかった気がします。こういうのは多々 [続きを読む]
  • 山場の今週
  • 本当に良く判らない市場は、為替の安定が望まれます。というのは、そういう作用でなく普通に相場がどうなっているのか調べたいですし、今は為替も市場には本来響いていません。だから、個別企業の良し悪しで考えて行きたいのですが、為替や政治環境などを使った心理戦が多く、二転三転しやすい市場には参ってしまいます。 特に今週はトランプに対して市場が諦めたかどうかが分かりますし、その諦めを自分らは警戒としていたのが「 [続きを読む]
  • で、結局、でやねん!
  • 上がれば日銀が利上げに言及を気にしていたというし、下がってきたら言及するかもしれないとか。結局、そんな論議はなかったとは言いませんが、そこまで気にして皆やってたかどうかなんです。最もきついのは個人投資家がなにを信用して買っているか分かりませんが、動かない時には買わないですし、上がったらとp日乗り。また、買ってもすぐに売って上がったらすぐに高い買い直したりします。だから、本人はもともと聞いた話が有る [続きを読む]