紅茶 さん プロフィール

  •  
紅茶さん: 戌年生の猫舌猫手
ハンドル名紅茶 さん
ブログタイトル戌年生の猫舌猫手
ブログURLhttp://keynovelconsider.blog.fc2.com/
サイト紹介文日記や感想を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/05/09 09:33

紅茶 さんのブログ記事

  • 鬼滅の刃 番外編 感想
  • 生きることの、あまりの辛さに感情の糸が切れたカナヲちゃん。人はそれを廃人と呼ぶのですが、まさにそのような状態に。もともと貧乏な家庭だったのでしょうか。家族の描写は一切ありませんでしたが、ただひとつ、親に売られたという事実が淡々と語られて。語り、ということはこれはカナヲちゃんの回想なのでしょうか。ラストシーンを読むと、このシーンからは想像できないほどほわほわしてしまうのですが。しかし、清潔感の欠片も [続きを読む]
  • ゆらぎ荘の幽奈さん 第60話 「コガラシ救出大作戦」 感想
  • ゆうべは おたのしみでしたね\(^o^)/コガラシのことを八咫鋼と呼んで止まない部分に他ヒロインとの違いがあって新鮮です。コケシを丸ごと挟み込める豊満さ。これがコケシではなかったらと、ハレンチな想像をしてしまうのは悪いことではなく、むしろ健全なはずです。コガラシが関ケ原の妖怪大戦争を止めた理由が明らかにされましたが、修学旅行に行く途中の新幹線が止まってしまったからこぶし一つで止めに入ったとか、理由に比 [続きを読む]
  • 鬼滅の刃 第59話 「侮辱」 感想
  • 生きていることが辛い人間に幸せな夢を見せてあげる心優しい鬼かと思いきや、ド腐れ精神の持ち主でした(-。-)y-゜゜゜まあ、誰かが苦しんでいる表情を見るとゾクゾクするというのは非道徳的ではありますが、人間ってそういう面を持つことは否定できませんよね。他人の不幸は蜜の味とかいう言葉があるくらいだし。簡単に優越感に浸れちゃうからね。苦しんでる側もそれによって幸福/快楽を感じているなら何の問題はないのですが、当 [続きを読む]
  • ジョジョの奇妙な冒険SBR
  • 「『生きる』とか『死ぬ』とか 誰が『正義』で誰が『悪』だなんて どうでもいいッ!!『遺体』が聖人だなんて事も ぼくにはどうだっていいんだッ!!ぼくはまだ『マイナス』なんだッ!『ゼロ』に向かって行きたいッ!『遺体』を手に入れて自分の『マイナス』を『ゼロ』に戻したいだけだッ!!主人公のセリフ。本当に悲痛な叫びでした。ということで、ずっと途中で読むのを止めていたジョジョのSBRを、昨日と今日で一気に読み下 [続きを読む]
  • 「私の影は、世界を覆う。」
  • 【カルデア広報局より】【予告】Fate/EXTRA CCC×FGO GW・EXスペシャルイベント「BBちゃんの逆襲/電子の海で会いましょう!」開催!イベントに参加して限定★4サーヴァント「BB」を改心・ゲット!→https://t.co/fHegw1M9mz #FateGO pic.twitter.com/dkUGjFj8fB― 【公式】Fate/Grand Order (@fgoproject) 2017年4月21日FGOはクソ運営とか散々叩いてすみませんでした!!!これは大変なことになったのじゃ…。この子のために初めて [続きを読む]
  • あれから一ヶ月。
  • レクサプロとデパスを処方開始して約一ヶ月が経ちました。確かに症状は若干柔らいだ感じはするものの、心に巣食っている病魔の感覚は依然としてありますし、○にたい気持ちも消えることはなく。ただ、以前のように本を読んだりゲームができるまでには、回復したのはありがたいです。薬を飲む前は、本当に何もかも手がつかなくて、趣味に対して喜びを感じられなくなったときは、自分自身「あ、これアカンやつや」と悟りました。今は [続きを読む]
  • ゆらぎ荘の幽奈さん 第59話 「かるら様と秘密の部屋」 感想
  • さすがに、今回のヒロインを攻略するのは不可能なのじゃ…?ただでさえ、親の仇だと恨まれとるし…。登場する子、みんな惚れてくれるとは限らないのじゃ。心苦しいが、それも現実。甘んじて、受け止めようぞ。はい既に墜ちてたああああああああああああああああああああああああああああ!!!こっちのパターンで来てしまったか!これはこれで!むしろよし!皆の前でずっと厳しい態度をとっていて、さも堅物で隙のないキャラかと思 [続きを読む]
  • 鬼滅の刃 第58話 「おはよう」 感想
  • 今週も乗り切っていきましょう\(^o^)/自分も気分が塞ぎ込んだり、途方に暮れてしまったときは、海が近いので、水平線をぼうっと眺めることで、毒気が抜かれていく経験が何度もあります。炭治郎は正直眩しすぎて、多分、言葉だけのやり取りでは、この青年と分かり合うことは難しかったと思うんですが、こんな心象世界を見せられては、それはもう、何もできずただただ泣くことも頷けてしまいますよね。小人を一人持ち帰ったとあり [続きを読む]
  • 全部脳の仕業。
  • 「そうあるもんじゃないが、あり得ることではある。関口君なら解るだろうが、我我が今見て、聞いて、体験しているこの現実は現実そのものではない。脳がその裁量によって選択した情報で再構成されたものだ。従って部分的に選択されなかった要素がある場合、当人には全然知覚できない。記憶は持っていても、意識の舞台に上がって来ないのだから」「ああ――僕等が見聞きしているのは凡て仮想現実なのだね。それが真に現実かどうかは [続きを読む]
  • 身になる読書スタイル
  • 『本や映画は主観的にみると理解しやすく、印象に残ります。』本や映画の内容は無理して覚えようとしても覚えられるものではありません。本や映画というのは、客観的に観るのでのではなく、主観的に観るのが良いかと思います。例えば、ストーリーであれば・・・ウソでしょ!そのなこと! まず設定が不自然であり得ない!  矛盾してしる箇所が多すぎる。ストーリーの展開に無理があり、私ならこのようにする・・・等かならず自分な [続きを読む]
  • 世界は、Cygamesに支配されている。
  • ジャンプ、ジャンプスクエア、サンデー、マガジン、チャンピオン、月刊少年サンデー。今週(今月)のこれらに共通する点はなんでしょうか。漫画通の方なら、きっとお気付きでしょう。そうなのです。裏表紙がみーんな「シャドウバース」の広告なんです!!どがーーーーーん!!漫画喫茶で並べてある雑誌を次々と読んでいて、たまたま発見しました。ジャンプを購入するたび、今週もCygamesの広告だな〜どれだけ金持ってるんだ〜?と思 [続きを読む]
  • ゆらぎ荘の幽奈さん 第58話 「"かるら"と"マトラ"」 感想
  • バトル漫画に移行したぞ!!やっぱり、戦う女の子っていいですよね。特に、戦いなんて全く向いてなさそうな華奢な子が、どう考えても動きづらいヒールを履いて、あるいは、防具の意味を成さないヒラヒラを纏って戦うとかロマンを感じます。逆に、装備は完璧なのにメチャクチャ弱いというパターンも好き。某同人ゲームの、騎士なのに剣術のセンスが全くなくて、最終的には、石を投げつけることが自分にとって鬼強の特技であることが [続きを読む]
  • 鬼滅の刃 第57話 「刃を持て」 感想
  • 面白かった!正直、禰豆子が炭治郎を叩き起こすという展開は、妥当と言えば妥当なのですが、それだけで終わらせるのは勿体ないお話だと思っていたので、炎に包まれてもなお目覚めず、家族の声を振り切って、最終的に自分の頸を切り落とす行為にまで及んだのは真に迫るものがありました。無事だった頃の禰豆子の声を聞いた瞬間とか、これ折れちゃっても仕方ないですよね。第三者の目線からは、今すぐ炭治郎が目覚めることを願ってし [続きを読む]
  • 翼をください
  • 大空を自由気ままに飛んでいる鳥を見ると、人間の方が優った存在であるとは微塵も感じられない。地上のノイズの多さや騒々しさ、狭苦しさと比べると、広大にどこまでも続く天のどれほど自由かつ魅力的なことか!翼をください、と希う人々が昔から後を絶えないのも頷ける。 [続きを読む]
  • 前の住人への手紙
  • 今マンションの方に一時戻っていて、用事が済めば実家の方にまた帰るつもりなのですが、さっきポストの中を確認すると、どうやら前の住人に対する手紙(ポストカード)が届いていました。これは、明日郵便局に持って行った方がいいのだろうな。内容が、なんだか遺書を思わせるような儚い文章で、他人事ではないです。「また来世」とか、最後に書いてあるし。冗談ならいいのだけど。 [続きを読む]
  • 考えない葦
  • もともと自分は、他の人より考えることが苦手、というより、考えない癖が染みついている人間で、本を読んでも感想など大して浮かばないし、深い意見なんていっさい出てこない人間なのですが、うつを患うことで、「なぜ、生きる必要があるのだろう」「人生は、墜落することが確定している飛行機ではないか」「なぜ、みんな平気な顔をしているのだろう」という風に、日常において考えることが格段に増えたという、前記事の皮肉繋がり [続きを読む]
  • 攻略のための不幸
  • 二次元でも三次元でも、攻略対象のトラブルは、絶好の好感度アップチャンスになります。と言うか、二次元におけるギャルゲシナリオは、ほとんどがこれですよね。好きな相手を助けられるというのは、プレーヤーに奮起を促し共感を呼ぶ展開です。けれど、それは結局、相手の不幸を願う事にならないか?それが、本エントリーの主眼になります。要するに、シナリオ上におけるヒロインのトラブルは、相手に「自分」をアピールする機会で [続きを読む]
  • 日記
  • ――――――こんなに急に手に入ったものは やっぱり また 急に消えていっちゃうのかなぁ でも 今はただ うれしくて うれしくて そうだ もしいつか 消えちゃうんだとしても 忘れないでおこう うれしかった日は 確かにあったんだって また いつでも 何度でも 取り出して 想い出せるように (3月のライオン)――――――日記の喜びは、ここにある。 [続きを読む]
  • 砂金を効率よく集めるため、星4イベ礼装を引きに20連した結果。
  • ピックアップ仕事しすぎィ!!!凸に必要な数が揃いましたし、プリズマも凸のため前々からあと一つがほしかったので、土方さんは来ませんでしたが、個人的に満足のいく結果になりました。これで、ゴーストランタンを回収するのが大分楽になる。よかった。ところで、今回の勢力戦は、どっちのチームに加わろうが特に問題にならないみたいですね。勝ったチームに与するものに、豪華なボーナスがあるのかと思っていました。優しい世界 [続きを読む]
  • カラオケ@新横浜
  • 友人と新横浜で食事をして、そのままカラオケで3時間ほど熱唱しました。今回、自分が歌った曲はこんな感じです。――――季節は次々死んでいく命にふさわしい名前穴を掘っているムカデラブソング生きてることが辛いならLost my musicThe Everlasting Guilty Crown葛飾ラプソディらしさ君が代アンパンマンのマーチもりのくまさんHighest Life――――愛してやまないamazarashiの曲を、最初から堂々と歌える幸せといったら!自分の性 [続きを読む]
  • ゆらぎ壮@57
  • 面白い作品って、当たり前のように、一周年や二周年を迎えるのでうっかりしがちなんですが、週刊誌で、その上ジャンプで一年連載するのって凄いことなんですよね。バクマンを読んだ後だと、より一層、ここまでたどり着くのにどれだけ辛酸を舐める日々を送ったんだろうと思いを馳せてしまいます。前作が無念のリタイアだっただけに、今作の盛り上がりぶりは本当に嬉しいです。一周年、万歳。(既視感)そんなこんなで、気分も新たに [続きを読む]
  • NHKにようこそ!
  • タイトルの作品が読みたくて、漫画喫茶を探しているのですが、どこの店にも在庫がない!近くのブックオフも一巻すら置いてなくて、これは新品で購入して読めということなのでしょうか。町田のブックオフなら、規模大きいのであるかなあ。正直、漫画喫茶でゆっくり座りながら読みたい。立ち読みは、単純に疲れて集中できないタイプです。今日は、カフカの『変身』を再読していました。はっきり言うと、初めて読んだときは、なぜこの [続きを読む]