オーストラリア さん プロフィール

  •  
オーストラリアさん: アロマ・オブ・オーストラリア
ハンドル名オーストラリア さん
ブログタイトルアロマ・オブ・オーストラリア
ブログURLhttp://ameblo.jp/aroma-of-australia
サイト紹介文オーストラリアとニュージーランドに産地限定した精油バイヤーの生産者レポートです
自由文製品安全規制の業務に携わったのがきっかけで、精油の安全性や品質管理に興味を持ちはじめ、精油のバイヤー&品質管理業者になりました。私がお取引している生産者の様子や、精油の品質のことなど綴りながら、消費者として安全なものを手にする権利に、目覚めていただけるお手伝いができればと思っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2012/05/09 09:17

オーストラリア さんのブログ記事

  • リードディフューザーに使うなら
  • 生産年度別に、ニュージーランド・ラベンダー精油のリードディフューザを作ってみました。 香りを比較した結果、古い年度のものの方が、香りが華やかでした。若いほど、柔らかい香りです。 香りは好みと気分ですので、違う年度のものをストックしておいて、置く場所にあわせて変えてみるのも良いですね。 天然100%の精油ならではの楽しみです。 [続きを読む]
  • ブルーサイプレスの木Callitris intratropicaの現物展示
  • 7月26日からJR名古屋高島屋階で開催される「雑貨で楽しむ世界旅行」オセアニアブースにて、Callitris intratropicaの現物を展示いたします。 Callitris intratropicaは、ブルーサイプレスオイルの唯一の生産者、コリンズ氏のみ伐採権を持っている木です。 従いまして、彼と直接のつながりを持っていない限り、木を入手することは出来ないのです。 Callitris intratropicaは生えている地域が広くないので、オーストラリア人でも [続きを読む]
  • 巨大太陽フレアの衝突に備えて
  • NASAの発表によると、2022年までに、巨大な太陽フレア(Solar flare)が地球とぶつかる確率は、なんと12%なのだとか・・・。 世界各地で起こっている地震は、巨大になった太陽フレアが原因と考える人もいます。 太陽フレアが地球にぶつかると、すべての電力を失いますので、お店は営業できなくなるばかりか、食料が流通できなくなります。 ということは、食料の備蓄をしておかねばなりませんよね。 こんな日に備えて、土地を [続きを読む]
  • 雑貨としての利用例
  • 今回出店する、JR名古屋高島屋での催事にいらっしゃるお客様は、精油を知らない方も多いと思われます。 それで、お手軽にオーストラリアの香りをご家庭で楽しんでいただく方法の1例として、ルームスプレーとお掃除スプレーのサンプルも展示することにしました。 ルームスプレーにしてみると、ハニーマートルよりもレモンティーツリーの方がトップ立ちがはるかに良いです。 ふわっとレモン系を楽しみたいときはハニーマートル、 [続きを読む]
  • 植物性発酵エタノールはどこで買う?
  • 無水エタノールは近所の薬局で簡単に購入することができますが、植物性発酵エタノールは、店頭ではほとんど見かけませんよね。 アロマ関係のお店では、小分けしたようなものが売られていますが、製造元ではないので、クオリティーがちょっと心配。  このメーカーで無ければ・・・というわけではありませんが、比較的入手しやすくて、コスパも良いものをお探しでしたら、これでしょうか。↓ お金に糸目をつけないなら、100mlで2 [続きを読む]
  • 精油の空き瓶でリードディフューザー
  • 26日から始まるJR名古屋高島屋での催事のテーマは「雑貨で楽しむ世界旅行」。 ‘雑貨’ですから、居住空間に小さな楽しみをプラスしてくれるようなものを、精油で作れるご案内を考えています。  その一つがリードディフューザー。こちらはAroma of Australia精油30mlサイズの空き瓶を利用したものです。 他に使ったものは、無水エタノール5g、ニュージーランドラベンダー精油0.5gと、ラタンのリード(20cmくらいが小瓶には使い [続きを読む]
  • ホームページをリニューアル
  • 久しぶりに、ホームページをリニューアルいたしました。 印刷物、ホームページなど、すべて業者の手を借りず、私一人でやっていますので、素人の仕事ですが、伝えたいことは伝わっているかな・・・。 Aroma of Australiaホームページ 8月6日から生産者訪問の旅に出ます。 真冬の訪問は久しぶりです。 オーストラリアと言うと、夏のイメージが強いかもしれませんが、冬もあって、特に内陸や標高が少し高いところになると、かな [続きを読む]
  • 8月はオーストラリアの生産者訪問
  • 8月6日から、20日ごろまでオーストラリアにおりますので、通販の発送がお休みになります。 「もう少しでなくなりそう!」というものがありましたら、お早めにご注文お願いいたします。 なお、7月25日〜31日も名古屋での催事のため、通販の発送がお休みとなります。 今回の生産者訪問先は、野生ティーツリーのインガソルさん、野生ユーカリラディアータのスタージェスさん、そして私のオーストラリアのお父さん、ティルマ [続きを読む]
  • 7月26日からJR名古屋高島屋で販売
  • 前にもご案内させていただきました通り、JR名古屋高島屋10階で開催される「雑貨で楽しむ世界旅行」のオセアニア代表(?)で、Aroma of Australiaの精油を販売いたします。 ヨーロッパ、北欧、ロシア、アフリカ、南北アメリカ、アジア、オセアニアのユニークな雑貨が勢ぞろいする、素敵な催しです。 東京でも、こんな企画はありません。 さすがは新しいトレンド発信基地、JR名古屋高島屋さんです。 Aroma of Australiaで販売 [続きを読む]
  • アルコールが苦手な人のスキンケアづくり
  • 紫外線が強い時期は、鎮静効果の期待できるボディーローションがあると嬉しいのですが、私の場合、アルコールの入ったものは合わないので、自分に合ったものを自分で作っています。 夏は、カマズレンとガイアズレンを含んだ精油、ブルーサイプレスが欠かせないのですが、相性の良いハマメリス水のアルコールフリーのものが、日本では入手できないようです。 そこで、代用としてTHAYER'Sの香料無添加(ローズなどの香料入りもある [続きを読む]
  • ジャガイモの収穫
  • 少し遅い収穫になりましたが、春に植えたジャガイモを全部堀り上げました。お隣のおじいさんにもお裾分け。それでも両手に一杯!色々な品種を植えたのですが、どこに何を植えたか、札を立てなかったので、何が何だか分からなくなってしまいました!(汗) 次回はそのようなことがないように、丁寧な作業をしなくては・・・。 [続きを読む]
  • ユーカリの木のアレロパシー(他感作作用)
  • かなり前のことになりますが、日本のある都市の新興住宅地で、ユーカリの木を街路樹に植えるプロジェクトがあったのですが、それで大変なことが起こったそうです。 ユーカリ属の植物は当時、日本人にはまだまだ馴染みの薄い、地球の反対側の植物だったため、自治体の職員は、オーストラリアの都市のような街並みを頭に描いて計画を立てたのでしょう。  ユーカリ属の木は、繁殖力が旺盛なことで知られていますが、最近の研究で、 [続きを読む]
  • 植物の環境適応
  • 雨が降れば軒下に、日差しが強ければ木陰へ・・・と自分の身体を移動させることができる動物や人間と異なり、植物は手足がありませんから、自力で移動することができません。その代わり、植物は過酷な条件を乗り越えられる、優れた適応能力を持っています。 オーストラリアのクイーンズランド州生まれのレモンマートルは、亜熱帯性の環境に適した植物。 日本で栽培するならば、本州だと適温の期間が短いし、湿度も高すぎます。し [続きを読む]
  • 長雨の前のジャガイモ収穫
  • まだ少し早いものもありましたが、今週は雨が続くようなので、山の畑のジャガイモを全て収穫しました。 半分だけ持って帰ったのですが、それでも山のようにあります。 ジャガイモの芽や緑化した皮の近辺には、食中毒の原因となるα-ソラニン、α-チャコニンなどのステログリコアルカロイドSGAが含まれていることが知られていますが、緑化していなくても、小粒のジャガイモに多く含まれていることがありますので、成長途中の様な [続きを読む]
  • 女子力アップアロマ・・・? 使用は慎重に
  • あるネット記事↓「若返りのホルモン「エストロゲン」は、コラーゲンや肌の水分を守り、老化を引き起こす活性酸素を除去する働きがあります。ですが、このエストロゲンは、40歳を過ぎると減ってきてしまいます。 エストロゲンに似た働きをする「エストロゲン様作用」のある精油でエストロゲンを高めましょう。」・・・・とありました。ところが、その下には「女性ホルモンは、発がん性のリスクがあるため、エストロゲン様作用の [続きを読む]
  • サンダルウッドオイル増量剤の代表格はPG
  • サンダルウッドオイルはラベンダーオイル以上に、生産量と市場に出回っている量に矛盾のあるオイルです。 調査データが存在するわけではありませんので、単なる憶測ですが、ローズに次いで水増し率が高いオイルではないかと思います。 サンダルウッドの増量剤の代表格はPG(プロピレングリコール)です。10年ほど前には、オーストラリアで問題になり、摘発された会社もあるほどです。こういったこともあるので、オーストラリア [続きを読む]
  • ローズオットーはどこに存在するのか?
  • ある企業さんから、キャリアオイルにバラの香りをつけてくれないかとの依頼がありました。 「輸出先は中国のエステだから、バラの香りさえすれば、合成香料でいいのよ。」とのことでしたが、そんなことは出来ません!! 何でも良いと思っているお客様に、それではダメ(危険)なことと、高くても本物を使うメリットについて説得するのが製造元の責任だと思うのですが・・・。 そこで、本物の原料として使えるだけの量のロ [続きを読む]