井上 剛(ごう) さん プロフィール

  •  
井上 剛(ごう)さん: 小さなお店や会社のスモールビジネス戦略
ハンドル名井上 剛(ごう) さん
ブログタイトル小さなお店や会社のスモールビジネス戦略
ブログURLhttps://xn--yckbb3f2a3gxc7g.com
サイト紹介文小さなお店や会社が儲かる為のスモールビジネス戦略をお伝えしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/05/17 19:39

井上 剛(ごう) さんのブログ記事

  • 売る商品が無い!
  • 起業したいけどできない今の時代、副業を持ちたい、あるいは、起業したいと思っていらっしゃる方がかなりいらっしゃいます。 もしかしたら、これを読んでいるあなたもそうかもしれません。しかし、多くの方が、それが出来ないでいます。 なぜできないかを聞いてみると、売るものがないという答えをする方がほとんどです。。売るものがないから起業できない! 副業でも何を売っていいかわからない!そんな方が非常に多いんです。ど [続きを読む]
  • スマホがビジネスを変えた
  • スマホが世界を変えたここ数年で、世の中が大きく変化しました。 その原因が、スマホの普及です。何をいまさらと思うかもしれませんが、今はネットでの販売の50%以上がスマホやタブレットからの購入になっています。みなさんは、どうですか? スマートフォン使っていますか? もちろん使っていますよね。電車の中でほとんどの人がスマートフォンをいじっている風景が当たり前になりました。 以前は、ほとんどいなかったんですけど [続きを読む]
  • 年を取ると利口になる
  • 歳を重ねるごとに利口になる50代になって、なんとなく判ってきたことがあります。それは、昔より、物事の真実が見えるようになってきたことと、そして、体が少しずつ動かしにくくなってきたことです。 20代・30代は自分は、よく物事が理解できていると思っていました。 40代は、自分たちが全ての世代の中心にいると思っていました。 しかし、50代になってみると、実は、まったく世の中がわかっていなかったことに気づき [続きを読む]
  • 経験こそがウリ
  • 年齢によって提供できるものが変わる私は、常々年齢によって何を提供できるかが変わってくると思っています。 もちろんそれは、その時代ごとの流行もあるのですが、それより、その人の歩んできた道にこそあるものだと思うのです。人には、年齢によって異なる魅力があるものです。 たとえば、 30代は、「一生懸命の姿」であり、 40代は、「実力発揮の姿」であり、 50代は、「風格を醸し出す姿」、 そして、60代は「品格を感 [続きを読む]
  • 付加価値
  • 付加価値とは何か?今回は、付加価値についてちょっと考えてみたいと思います。「付加価値」ビジネスの本などを読むと、必ず出てくる言葉です。 では、この付加価値とは何かといいますと、これがちょっと分かりにくいんですね付加価値(ふかかち)とは、ある「もの」が有している価値と、それを生み出す元となった「もの」の価値との差のことである。一般的に、何らかの「もの」を使って新しい「もの」を生み出すと、元々の「もの [続きを読む]
  • 有名になりすぎない
  • 有名になる必要はないスモールビジネスを展開する時に、まず覚えておいて欲しいのは、決して有名になる必要はない、ということです。そうではなくて、小さなコミュニティーの中で名前が知られていれば充分なのです。数字で考えるのならば、ほんの数千人の間でだけ、有名になれればいいのです。そもそも、有名になるということはどういうことかというと、 「有名になるとは、あなたに会ったことの無い人が、あなたを知り、気に入り [続きを読む]
  • 市場価格に引きずられない
  • 市場価格に惑わされるな多くの人が市場価格に惑わされています。商品を売ろうとするときに、 「この商品は、いくらなら売れるだろうか?」 「他のお店や会社はいくらで売っているだろうか?」そんなことを考えて価格やサービス内容を決定しています。 あなたも覚えがあるのではないでしょうか?しかし、こうした市場の意向に従おうとすると、どうしても苦しい戦いを強いられることになります。 最終的に、値下げを求められ、次々と [続きを読む]
  • 市場原理から独立する
  • デフレ下でも利益を出せる方法現在の日本は、デフレ下にあります。 デフレというのは、需要が供給を下回る状態、つまりは、供給過剰となります。しかし、供給過剰な業界にあっても、一部の会社は大きな利益を出すことができています。それは、どうやったかというと、市場原理から独立したということです。 こうした場合には、収入は、一般的な市場とは無縁な様態になります。つまり、競争が無い状態を創り出すことができているとい [続きを読む]
  • 本の読み方
  • 活字中毒私は、昔から本を読むことが好きです。 活字がないと、どうも落ち着かない人なんですね。そこで、とにかく、量を読んでいたんです。 月に50冊はまあ平均して読んでいました。 もちろん本代はかなりかかります。それがある時期を境に、本の読み方が変わってきました。かれこれ10年ほど前でしょうか 事業で問題が生じた時に、かなり資金繰りに苦しんだ時期があります。 それは、日々の食費に事欠くほどでした。そんな状 [続きを読む]
  • ビジネスは需要と供給
  • ビジネスで大事なのは需要と供給のバランスビジネスにおいて、需要と供給のバランスは、必ず次の3つの状況になります。(1)売り手市場    売り手市場の時は、需要が供給を上回り、費用を支払っても利益が出ます(2)需要=供給    需要と供給がほぼ同じで、費用は回収できますが利益は出なくなります。(3)買い手市場    供給が過剰で需要を上回り損失が出る状態。これを見てもわかる通り、ビジネスにおいて重要な [続きを読む]
  • 需要と供給が利益を決める
  • 需要と供給が全てを決める経済におけるもっとも基本的な原則があります。 それが、「需要と供給」です。たとえば、株などの相場が上昇する時は、どんなときでしょうか?。答えは、 「買い手の数が売り手の数を上回る時」 です。同様に、商品やサービスの価格が上昇する理由も、需要と供給なのです。 この世界の全ての商品やサービスの価格を、最終的に決定づけるのは、需要と供給のバランスに他ならないのです。消費者は利益を嫌う [続きを読む]
  • 儲からない理由
  • 多くの経営者が間違うポイント多くの経営者、これには私自身も含むのですが、つい間違えてしまうことが、儲けようとしてたくさん沢山商品を売ろうとしてしまうことです。これは、真剣にビジネスをやろうとすると、誰もが陥る罠なのです。もっと、儲けよう! もっとたくさんの商品を売ろう!いかにも当たり前の事のようですが、これをやると、かえって儲からなくなります。 商品というのは、じつは、たくさん売ろうとすればするほど [続きを読む]
  • 売り込む力
  • 『自分を売り込むことができなければ  才能があっても誰にも気づいてもらえない 』誰も知らなければ売れることはないよく、自分はこんなに努力しているから、あるいは、こんなに才能があるから、きっと、いつか、誰かが見つけ出して私を引き上げてくれるに違いない。 そう思っている人がいます。私の娘なども、どうもこう考えている節がありますから、おそらくこれは、多くの人が同じように思っているのだと思います。 しかし、残 [続きを読む]
  • 一人では成功できない
  • 人間は一人では成功できない人間は、ひとりでは成功できません。 成功する人には、その成功を支えてくれる人が必ず存在するものです。あなたの周りみてください。 あなたの成功を心から喜んでくれる人はいますか?たった一人でもいいので、あなたの成功を真剣に願ってくれる人がいるのであれば、あなたの成功は、もう、約束されています。しかし、もし誰もいなければ、これまでの人生であなたが周りの人を踏み台にしてきた証拠なの [続きを読む]
  • 夢を追いかける
  • 夢を追いかけていますかあなたは今、夢を追いかけていますか?誰であっても、子供の頃、将来何になりたいか、どんな事を達成したいかについての夢が必ずあったはずです。しかし、それが成長するにつけ、周囲の善意の人々から夢を忘れなさい、もっと「分別」を持ちなさいと言われるようになり、せっかくの夢をあきらめることを覚えてしまうのです。夢を追いかけることは、決して悪い事ではないのに。教育によって夢をあきらめること [続きを読む]
  • 人生を変える
  • どん底で考えたこと私は、かつて落ちるところまで落ちた時、望んだような人生を手に入れる為には、いろいろと大きな変化を起こさなければいけない、という事に気が付きました。その時には、精神的にも、肉体的にも、ものすごい苦痛を味わっていたので、この人生を変える為なら何でもしようと考えたのです。そこで、まず習慣を変えることにしました。 まず、仕事を変え、住む場所も変えました。 これまでの人間関係はなるべく整理し [続きを読む]
  • 欲望に負けてしまうのが人間
  • 膨れ上がった欲望を抑制することは誰もできない人間は、放っておくと、欲望に振り回されてしまうものです。どんなに頑張っても、膨れ上がった欲望を正誤することなので着ないのです。しかし、ある行動を取ることによって、いつも陥りがちな思考パターンを中断し、欲望に振り回されなくすることができます。わかりやすい例として、ダイエットを取り上げて話をすると、食べてはいけないと思っても、つい食物を口に入れてしまうのは、 [続きを読む]
  • 音楽と人間
  • 音楽の影響は思っている以上に大きい音楽は精神状態に大きな影響を与えます。 この、影響は私たちが思っている以上のものがあるものです。そもそも、人間は本能レベルで音楽が好きです。 太古の昔から、どこの文化にも音楽があり、今も世界中に音楽文化が広がっています。 音楽は、食事と同じくらい根本的文化であり、世界中に様々な種類の音楽が溢れているのです。人は音楽を聴くと、気持ちが安らいだり、楽しい気分になったり、 [続きを読む]
  • 感情を消す方法
  • 思考が感情を生み出すどのような感情でも、必ずその前に頭の中で起こったことが、きっかけになっています。あることを考えそれが引き金となり、ある心の状態が生まれていくのです。一つの思考から、それに続く思考が次々と生まれ、私たちは、知らず知らずにありがたくない感情にどっぷりと支配されてしまうのです。例えば、あなたは車で気持ちよくドライブしているとします。 その時に、いきなり前に誰かの車が急に割り込んできま [続きを読む]
  • 負の感情を捨てる
  • 思考が感情を生み出すあなたが、ビジネスを成功させるためには、自分の心の状態を、常にコントロールする必要があります。逆に自分の感情にコントロールされてはいけないのです。あなたの感情は、何らかの思考の結果です。ある思考が、似たような思考を増幅したり、心の中で内的会話を生むきっかけとなり、それが感情を決めていきます。つまり多くの感情は、自分の心の中でつくられていくものなのです。もちろん、全ての感情を抑制 [続きを読む]
  • 自分の壁を壊す
  • もし〇〇を持っていたら・・・あなたは、 「もし〇〇を持っていたら、私は●●ができるのに」 と、考えることはありませんか?燃えるような夢を持っているのに、どうしても越えられない壁のせいで、かなえられないと考えていませんか? その壁は、自分の頭の中で勝手に作り上げた壁なのでしょうか? それとも、誰かほかの人がそこに置いた壁なのでしょうか?? いちどよく、自分を止めている壁について考えてみてください。 そして [続きを読む]
  • 目標を達成するための行動
  • 多くの人が躓く理由目標を決めそれを達成する過程で、多くの人がつまずいてしまうのは、現在の状況と理想とのギャップが大きすぎる為、モチベーションが続かないからです。つまり、自分にはそれが本当に可能であると、自分自身を信じられないからです。それでは、どうすれば現状から理想へと進むことができるのでしょうか? 私の場合は、現実と理想に橋を渡すというテクニックを使います。理想と現実の間を埋めるテクニックそれは [続きを読む]
  • 夢を見る
  • 夢を見よう夢を見ることは生きることです。 そして、夢を見るということは、未来への興奮と可能性を感じることです。文豪のゲーテはこんな言葉を残しています。「夢に見ることができるのなら始めなさい。  人の夢には魔法の力があるのだから」(ゲーテ)人は夢があるから、朝、ベッドから飛び起き一日を始めようという気になれるのです。 夢は人生の推進力であり、私たちの存在に意味があるのも夢のおかげなるのです。夢があるか [続きを読む]
  • 理想の生活
  • あなたは、もっと欲しがっていい「あなたは今、理想の生活を送れていますか?」この質問には、たいていの人がNoと答えると思います。現在の状況と、理想の状況の間には、常にギャップがあるものです。そして、今よりさらに成長したいと願うのは、人として自然な願望なのです。もっと多くの愛、もっと健康な体、愛する家族たちとのさらに豊かな関係、もっとやりがいのある仕事、さらなる創造性、そして、さらにもっと多くのお金、 [続きを読む]
  • 思い込みを外す
  • 思い込みは自分で勝手に作り出したもの私たちの行動を規制し、望む結果を遠ざけている最大の原因は、おそらく根拠のない思い込みです。 この思い込みを増進させる力であり、思い込みを決定づける最も強い要素は、ある思い込みを裏付ける為に自分で作り上げた勝手な根拠です。例えば、ダイエットに挑戦し、ほんの数キロしか減量できなかった場合、 「自分が体重を減らすことができない」 という思い込みを作ったりします。こういっ [続きを読む]