仙台駄菓子本舗 熊谷屋 さん プロフィール

  •  
仙台駄菓子本舗 熊谷屋さん: 仙台人が仙台を好きになるブログ
ハンドル名仙台駄菓子本舗 熊谷屋 さん
ブログタイトル仙台人が仙台を好きになるブログ
ブログURLhttp://kumagai-ya.co.jp/blog
サイト紹介文仙台の魅力ついて発信していきます。 (和菓子屋さんのブログです)
自由文熊谷屋ブログ 仙台駄菓子屋のお店です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/05/11 13:14

仙台駄菓子本舗 熊谷屋 さんのブログ記事

  • へくり沢 説明看板設置事業
  • 柏木市民センターではこれまで「へくり沢」についての講義を数回にわたり開いたり、地形模型やジオラマ模型を作製したりしてきました。その後は一般市民を公募して、今度はこれまでの受講メンバーがへくり沢を案内する事業を数回行いました。4年計画の事業を終え、今後の「へくり沢」の活用について具体的に地域の団体とさらに連携して「へくり沢」を広く知らしめるために市民センターと今までの受講者加えてコミュニティーセンタ [続きを読む]
  • 青葉まつり2017
  • 平成29年5月20日21日と今年も盛大に青葉まつりが開催されました。特に今年は伊達政宗生誕450年という記念の年です。天気も青葉まつりのために晴れたような天気でとても暑かったです。大太鼓を先頭に神輿渡御は青葉神社から出発して青葉神社通り二日町国分町と練り歩きます。稚児行列もみなとてもかわいいですね。その先一番町四丁目商店街を通り藤崎でおおまちアーケードに入ります。後半は東二番丁通りから定禅寺通りを歩きます。 [続きを読む]
  • お伊勢さん菓子博 その1
  • 全国菓子博覧会というものが4年に一度開催され今年は三重県は伊勢市で開催されました。今回の会場の中には伊勢舞台というところで各県のPRができるということなので、私は宮城県菓子工業組合の代表の一人としてお手伝いに行って来ました。2泊3日で行って来ましたのでその様子や伊勢での観光を報告します。1日目は夜に名古屋に着き一泊し、翌日電車で伊勢市駅まで移動しました。名古屋から伊勢に向かう車窓からの風景の印象は古い [続きを読む]
  • お伊勢さん菓子博 その2
  • 5月6日は曇りのち雨の予報でしたが、すごくいい天気でした。伊勢市駅から菓子博覧会の会場である三重県営サンアリーナまでタクシーで移動。遠いと聞いていましたが渋滞もなく10分ちょっとで着きました。ちなみに五十鈴川駅よりシャトルバスが出ています。会場に着いたら人の多さに驚きました。昨日はもっとすごかったそうです。伊勢舞台の会場は敷地の一番奥です。 九重本舗玉澤さんの近江社長が代表してPRをいたしました。その [続きを読む]
  • お伊勢さん菓子博 その3
  • 最終日は朝9時にホテルを出てタクシーで内宮へ向かいました。内宮までの電車はなく車でしか行けません。20分程かかると聞いていたのですが渋滞もなく10分程で到着。内宮では足の悪い人用に電動の車椅子を無料で貸し出してもらえます。内宮は外宮よりも入り口から遠いので全て回るのに2時間くらいかかるそうですが、我々は1時間くらいで参拝をして来ました。こちらは右側通行です。火除橋を渡った先の五十鈴川の水で清めます [続きを読む]
  • お伊勢さん菓子博 その4
  • 内宮を参拝したあとは「おかげ横丁」へ行かなければ。宇治橋を渡って入り口に戻り、右側へ進むと「おはらい町」がある。おはらい町を進み真ん中くらいで曲がるとおかげ横丁になります。おはらい町の入り口にはもう人がいっぱいです。ゴールデンウィーク中のせいかものすごい人でした。ここは古めかしい建物が並び、お土産屋や飲食店、屋台などがひしめき合っていています。 観光地なのにやたら真珠屋さんがあるなぁと思ったら、 [続きを読む]
  • 小学生の弟子入り体験
  • 木町通小学校、2回目の弟子入り体験です。1回目は仙台駄菓子造りで、今回は生菓子を作りました。季節的にクリスマスをモチーフにした形です。色をぼかしたり、あんこを包んだり一生懸命そして丁寧に作業をしていました。 ゆっくりやればそんなに難しいものではないんです。いや教え方がうますぎるのか(笑)ただきれいに同じ形を早く作るのが難しいのです。できたものはサンタクロース、トナカイ、柊、クリスマスツリー。どの子 [続きを読む]
  • 「雪月花」小学生たちが日本の心学びました
  • 一般社団法人泉青年会議所主催で『「雪月花」〜伝統的な日本文化を体験しよう〜』と題し小学生4〜6年生を対象とした事業が11月23日の祝日に行われました。場所は泉社会福祉センターで子供たちは俳句と茶道、そして和菓子作りを通じて日本文化と四季を体験しました。 菓子作りは調理室を使い、全48名を3グループに分け16名ずつ入れ替わりで30分くらいの時間で体験しました。 30分という時間が初めてだったのでどのくらいのことがで [続きを読む]
  • 明治時代の煉瓦造の下水道が今なお生きている
  • 仙台出身の伊坂幸太郎監督のゴールデンスランバーの中でも堺雅人演じる青柳雅春が逃走する際に使用したのでも仙台の街中の地下を通る地下下水道。その中でも明治33年に造られたレンガ造りの下水道で勾当台公園あたりから定禅寺通りの下をまっすぐ通って広瀬川に流れる部分の一部が公開されました。新聞でも7月ごろの記事に公開予定の内容が載っていて楽しみにしていました。市政だよりで一般公開の公募が始まると早速申し込みをし [続きを読む]
  • 暖簾を守る会
  • 暖簾を守る会というものがあります。歴史が長い短いに関わらず店の暖簾は大事なもの。その暖簾を守り、また長く使われた暖簾を供養するのがその会の主旨です。毎年この時期に大梅寺の供養碑にお参りします。朝雨が降っていましたが蕃山の大梅寺に着く頃にはすっかり晴れました。 供養の後は総会と会食。そして今回は秋保温泉の佐勘の佐藤勘三郎さんにG7仙台財務大臣・中央銀行総裁会議の裏話を話していただきました。話の内容はこ [続きを読む]
  • かわいい弟子入り体験
  • 今年も木町通小学校の5年生の児童達が熊谷屋に弟子入り体験をしに来ました。10月と11月の1回ずつ計2回、10時から12時までの午前中に行います。1回目は駄菓子作りのお手伝いを体験しました。その日は千歳飴を作っていました。さすがに煮詰めた飴は熱いので工場の人が作業し、子供達は説明を聞きながら見入っていました。長く伸ばした飴をコロコロ転がし形を整えます。うまくできたかな? [続きを読む]
  • 青葉神社例大祭
  • 伊達政宗公を祀る 青葉神社の例大祭に参列して参りました。青葉神社のお祭りは春と秋、そして青葉まつりの三つ。春は政宗公の命日の5月24日に、秋は伊達政宗が中納言に任命された日を新暦に換算した10月9日に行われています。朝、雨が降っていましたが例大祭が始まる頃には無事止みました。拝殿に入り、神主がお供えを終えた後、参列者も本殿に向かい一人ずつ玉串奉奠をいたしました。一通り終えた後、場所を移動して直会が行われ [続きを読む]
  • ありがとう農学部
  • 雨宮キャンパス感謝祭が10月28日29日30日の3日間行われました。これは東北大農学部が雨宮キャンパスから青葉山へ移転することになっているので、今までの地域の皆さんへの感謝を込めたお祭が行われたのです。 この敷地は農学部以前から歴史があり旧制二高が片平から移転して来たのを始まりに一時期は宮城一女高が間借りした。農学部は昭和49年より、以降都会のオアシス的な存在でもあり緑が楽しめるスペースとしても市民に愛 [続きを読む]
  • へくり沢にはもっと上流に源流があった
  • 柏木市民センターでの事業「へくり沢ウォーキング」今回で4回目です。ひとまず最後になります。最初の1〜2回目は2015年の11月に行われれ、柏木市民センターから出発してへくり沢を下って広瀬川との合流地点まで歩くというもの。3回目は6月に行われる、今度は逆に上流へと歩きました。出発は新坂の上にある知事公館からで春日神社の辺りまで行き柏木市民センターへ戻るというもの。そして今回はこれまではへくり沢の下流部分を歩い [続きを読む]
  • 市電開業90周年
  • 東北工業大学の一番町ロビーにて市電の当時の写真展があるというので行ってきました。私も幼い頃のかすかな記憶を辿って懐かしく写真を見ました。当時の行動範囲はとても狭く家からの数百メートルほどの範囲しか記憶にほとんど残っていません。長町の駅や原町の駅などは見てもわかりませんが想像を膨らまして見ていました。 2階ではスライドを見ながら説明と座談会があるというのでそちらも参加しました。開業90周年の節目の [続きを読む]
  • 市電開業90周年
  • 東北工業大学の一番町ロビーにて市電の当時の写真展があるというので行ってきました。私も幼い頃のかすかな記憶を辿って懐かしく写真を見ました。当時の行動範囲はとても狭く家からの数百メートルほどの範囲しか記憶にほとんど残っていません。長町の駅や原町の駅などは見てもわかりませんが想像を膨らまして見ていました。 2階ではスライドを見ながら説明と座談会があるというのでそちらも参加しました。開業90周年の節目の [続きを読む]
  • 今年はわかりやすい中秋の名月です
  • 今宵は中秋の名月です。偶然にも9月15日の十五夜ですね。中秋の名月は秋の豊作を願いすすきを稲穂に見立てて飾りお団子をお供えするというもので旧暦の8月15日の事を指します。現在の暦の9月15日のことではないんです。また仲秋と言う言葉もありますが、中秋とは違うのです。旧暦で秋を7月8月9月を指しそのうち8月を季節の真ん中という意味で仲秋と呼びます。一方月のちょうど真ん中という意味で8月の15日を中秋と [続きを読む]
  • 五節句の一つ「重陽の節句」と着せ綿
  • 「着せ綿」とは五節句の一つ九月九日「重陽の節句」の前夜に菊に真綿をかぶせて翌朝、香りと露で湿った綿で体を拭うと長寿祈願できると伝えられています。また「重陽の節句」は陽=奇数が重なり、九月九日は最も大きな奇数の重なりとなります。五節句とは一月七日(人日・七草粥)三月三日(桃の節句)五月五日(端午の節句・菖蒲)七月七日(七夕の節句・笹)九月九日(重陽の節句・菊)と人日以外は奇数のぞろ目であり、それぞれ [続きを読む]
  • フカヒレといえば気仙沼のサメが有名ですよね
  • 8月6日7日と仙台でWake Up,Girls!のイベントが目白押しと、七夕ということもありたくさんのお客様が来店しました。たまたま、店主の気まぐれでサメを8月6日に販売しましたが、今回は珍しく販売2日前に告知をしました。6日当日は10時から販売したのですが、開始とともに店の前がものすごい行列になりました。サメは200個用意して充分間に合うかと予想していましたが、行列がなかなか絶えないので、せめて炎天下の中並んでいる方々だ [続きを読む]
  • 楽学プロジェクト2016
  • 今年で3年目となった楽学プロジェクトの講師、7月28日29日に行われたうち初日の午後に「和菓子の仕事」として講師を務めさせていただきました。毎年様々な生徒が参加しますのですが、今年の参加者はみんな真面目?どちらかというと静かな感じでした。そのせいか作業もたんたんと行ない、昨年より早く終わってしまいそうなペースでした。昨年がかなりオーバーしたので逆に今年はちょうどいい感じの時間でしたかね。講座は和菓子の仕 [続きを読む]
  • テレビの収録で東京の月島まで行ってきました
  • 6月14日に東京の月島にてスタジオ収録があり、向かいました。番組名は 東京MXの「未来展望」。司会は長谷川豊アナと阿部哲子アナです。少し前まで釈由美子さんがアシスタントをしていた番組です。※番組紹介未来展望ホームページよりさまざまな業界で奮闘するトップリーダーや、革新者たち…目まぐるしく変化する社会情勢の中、いかなるビジョンを持ち、どのように会社や事業の舵を取っていくのか?老舗企業に根付く、伝統・文化・ [続きを読む]
  • へくり沢探索ツアー
  • 3年前から柏木市民センターではへくり沢について講座が行われてきました。最初は3〜4回に分けて講師を呼んで講座がありまして、私はへくり沢に興味があったのですべての講座に参加しました。【へくり沢おさらい】仙台城下町の北西に位置する深い沢、現在の八幡町あたり。そこにかかる橋を土橋といい、そこに通ずる道を土橋通りと呼んだ。へくり沢はどこなのか、土橋はどこなのか、なぜ土橋通りと呼ぶのか、幾つかの疑問を持ってい [続きを読む]
  • ひっそりと佇む弁財天と梅田川の源流
  • 4月22日に国見ヶ丘にある弁財天でお祭りがあるということで、普段閉まっているお堂の中が見れるかもと思い行ってみました。時間の都合上、朝早い時間に訪れたところ幸いにもすでに祭りの準備は整っておりお堂も御開帳されていました。中には綺麗な観音様とその両隣には歴代の僧侶のリアルな像が2体安置されていました。ここは仙台市の有形文化財に指定されており、臨済院敷地の奥は公園として整備されています。その中には歴代僧侶 [続きを読む]