あきらっち さん プロフィール

  •  
あきらっちさん: 懐メロを読もう!
ハンドル名あきらっち さん
ブログタイトル懐メロを読もう!
ブログURLhttp://memorysong55.blog.fc2.com/
サイト紹介文懐かしいあの曲、この曲の詩に注目して感じたこと、思い出したことを書いています。動画もリンクします。
自由文その日に思い出した私にとっての懐メロについて、歌詞に注目して内容を読み解きます。当時は何気なく聞いていた歌の歌詞を確認することで、新しい発見があるのではないかと期待しています。
逆に、読者の方が思い入れのある歌については、イメージが壊れてしまう場合もあるので、読まない方が良いかも(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供213回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2012/05/11 14:19

あきらっち さんのブログ記事

  • おかあさん ザ・テンプターズ
  •  おはようございます。今日、明日と雨が降るらしい。ああ、明日、雨か・・・。休みなのに。 さて、今日はザ・テンプターズの「おかあさん」ですよ。ちょっと、これ、どうかなあ。作詞は松岡弘子さんです。1968年9月のリリースですね。まさにお彼岸の頃にリリース! 最初は「オーママママ」の繰り返しです。ちょっと引くよね、女性は特に。〜母さんがくれたかたみ ふとろこに しまってあるよ〜亡くなってしまった母親への思 [続きを読む]
  • 精霊流し  グレープ
  •  こんにちは。寒さ暑さも彼岸まで、というだけあって、やはり涼しくなりましたね。秋だね・・・。というわけで、本当はお盆の歌なんだけど、「精霊流し」。グレープです。もちろん、作詞はさだまさしさんですね。1974年4月のリリースです。 これはさださんが、事故で亡くなった従弟の精霊流しについて書いた歌ですね。精霊流しと初めて聞いた時には、小さな灯篭のようなものを川に流すのかと想像していたら、何と!大きな山車 [続きを読む]
  • コモエスタ赤坂 ロス・インディオス
  •  こんにちは。今日は晴れるはずだったのに、イマイチ、すっきりしないお天気でした。最近、天気予報が当たらないなあ・・・それだけ気候が不安定なのでしょうか? さて、またもや昔に戻って、1968年にリリースされた「コモエスタ赤坂」です。コモエスタって何?と思ったら、「こんにちは」だって!「こんにちは赤坂」・・・何だか、大阪万博の歌みたいな、、、あれは、「世界の国からこんにちは」だったっけ・・・・・・話がそれ [続きを読む]
  • ファイト! 中島みゆき
  •  こんにちは。台風一過の快晴です。そして猛暑です。この寒暖差がキツイわ・・・。そこで今日は気合を入れて中島みゆきさんの「ファイト!」です。元気が出る歌ですねー。1994年5月のリリースです。  これ、私、サビしか聞いていなかったなあ・・・。すごいね。これ。オールナイトニッポンの葉書から着想を得たのかな?〜あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんのやと書いた 女の子の手紙の文字は とがりながらふるえてい [続きを読む]
  • 遠い街角(The wanderin' street)   桑田圭祐
  •  おはようございます。台風が近づいているせいかパッとしないお天気ですね。そして私はここのところ、非常に古い知人や友人と連絡を交わす機会が増えていて、秋になったこともあり、おセンチモードです。そんな時に、この歌を聞くと、ちと泣ける。桑田圭祐さんがソロでリリースした「遠い街角」。1988年7月9日のリリースです。もちろん作詞はご本人です。 〜夢でも訪れる街 心の片隅に思うばかり 渇いた時代の流れにつれ 変 [続きを読む]
  • 愛の園 布施明
  • 1968年4月20日にリリースされた布施明さんの「愛の園」です。山上路夫さんの作詞です。作曲は平尾昌晃さんです。何でも、平尾さんは、この曲から、(作曲家でやっていこう!)と決意したそうですよ。 この詩によると、「愛の園」とは次のようなところだそうです。〜そこには花が咲いている 愛の花が咲いている〜〜そこには夢があふれてる 愛の夢があうれてる〜〜そこにはいつも二人だけ 愛し合ってる二人だけ〜ところが、一 [続きを読む]
  • 小さなスナック パープル・シャドウズ
  •  こんばんは。今日は1968年3月にリリースされた「小さなスナック」。パープル・シャドウズです私が子供の頃は懐メロ番組のたびに歌われていたと思うけれど、最近、さすがに聞かないですね。作詞は牧ミエコさんです。 うーん、通して読むと微妙な歌です。以下の部分はよく知っていました。〜僕が初めて 君を見たのは 白い扉の 小さなスナック〜一目ぼれでしょうか?ところで、この「君」は、そのスナックで歌っているシンガ [続きを読む]
  • 残暑  麗美
  •  おはようございます。暑さが戻る、と言われながら、やはり、8月の暑さと比較すると楽ですよね?今年の残暑はこれからくるのか? というわけで、「残暑」という歌をご紹介。当時は結構、皆、聞いていたので曲を耳にしたことがあるのではないでしょうか。 当時、歌っていたのは麗美さんで、松任谷由美さんの作詞・作曲です。1984年9月21日です。 〜日傘をさし土手を歩く 白い小さなイリュージョン 目を細めて追いかけたの [続きを読む]
  • 彼女とTIP ON DUO  今井美樹
  •  こんばんは。急激に涼しくなったせいか、眠いです。だるいです。まいったなー。 さて、今日は今井美樹さんの「彼女とTIP ON DUO」です。何と、作詞は秋元康さんです。1988年8月17日のリリースですね。 〜風の噂で あれから一人じゃないと聞いて 二人の恋が初めて終わったみたい〜なるほどねー。別れても、お互いに一人の間は、ちょっと中途半端で終わってない感じなのかな。でも、「今の彼女のこと以外は過去形に」っての [続きを読む]
  • 九月の雨 太田裕美
  •  おはようございます。スッキリしないねえ。天気図を見ると、当面、秋雨前線は居座りそう?それから台風も来るの?うむー。 というわけで、今日の天気にぴったりな太田裕美さんの「9月の雨」です。1977年9月のリリース。作詞は松本隆さん、作曲は筒美京平さんの最強コンビ! これは彼を他の女子に奪われそうな不安と悲しみを歌った歌のようです。歌い手はタクシーに乗っているんですよ。〜くちびる噛みしめタクシーの中で  [続きを読む]
  • 17才 南沙織
  • こんばんは。さっき、昨日の「誰もいない海」について話していたら、♪だ〜れもいない海♪と、全然違う歌を目の前で歌いだした人がいまして、、、というわけで、今日は南沙織さんの「17才」です。1971年6月1日のリリースですよ。作詞は有馬三恵子さんです。 〜誰もいない海 二人の愛をたしかめたくて あなたの腕をすりぬけてみたの〜 これは、また、昨日の「誰もいない海」とは全然違う空気&テンションですね!昨日の海は [続きを読む]
  • 誰もいない海 トワ・エ・モア
  •  一般的に、人は自分が生まれた季節が好きなんだそうですよ。私は秋に生まれたのです。だからというわけではないけれど秋が好きですね。最近、涼しくて過ごしやすい。ここ数年、秋が短かったから、今年は長い秋になるといいな! というわけで、今日はちょっと寂しい「誰もいない海」でトワ・エ・モアです。トワ・エ・モアさんのリリースは1970年の11月だそうです。教科書にも載っていた名曲です。作詞は山口洋子さんだった! [続きを読む]
  • 神様ヘルプ! チェッカーズ
  •  少し調べたら、昨日の歌以外にも「神様」がつく歌があったので今日はこちらをチョイス。チェッカーズの「神様ヘルプ!」です。作詞は康珍化さんですよ。1985年11月のリリースです。 これは、やはり1960年代の歌と比べると歌詞がびっしりで驚きました。〜力まかせアスファルトを蹴とばしたぜ お前ヤツの腕に抱かれ 帰った部屋〜私は上の2行を読んで、いかに、当時、歌詞をまったく聞いていなかったのかと驚いた・・・そ [続きを読む]
  • 神様お願い ザ・テンプターズ
  •  おはようございます。久々に朝のアップ!いい天気ですね〜。8月に入って、ずっとじめじめした雨が続いたけれど、月末になってやっと夏らしい晴れ。だが、今日も夕方から雷雨の可能性が・・・めりはりがありすぎ。 さて、今日は、ザ・テンプターズの1968年のヒット、「神様お願い」です。よく考えたらタイトルに「神様」が出てくるのは珍しい。  作詞作曲ともに松崎由治さんです。これ、まさに神頼みの必死さが伝わってきて [続きを読む]
  • BAN BAN BAN KUWATA BAND
  •  昨日の「バン・バン・バン」とはまったく異なる桑田バンドの「BAN BAN BAN」を今日は紹介。1986年4月5日のリリースです。私はね、このバンドが大好きなんですよ。うーん、今さらだけど、CD買っちゃおうかな、と思うくらい! これはCMソングだったせいか、爽やかな青空のイメージなんだけど、実はとても悲しい歌ですよね。〜別れるために出逢う二人に 夏は訪れる〜と最初から別れる覚悟だもんね。いや、違うか。後から思 [続きを読む]
  • バン・バン・バン ザ・スパイダース
  •  こんばんは。毎日、暑くて夏バテしそう。皆さんは大丈夫ですか?しかし、もう、8月も終盤ですよ。夏って、そのさなかは暑くて辛いけれど、去ると寂しいんですよね。で、今日は、ザ・スパイダースの「バン・バン・バン」です。1967年10月のリリースです。  お!作詞作曲とも、かまやつひろしさんです。知らなかった・・・・色々発見があります。そして歌詞のほとんどが「バンバンバン」と「ババババ ババババン」ですよ。も [続きを読む]
  • なつかしい海 さだまさし
  •  こんばんは。ご無沙汰しました。夏だというのに、梅雨みたいな、じめじめした雨の日が続きましたね。今日は久々に晴れて良かった、良かった! さて、今日はお約束どおり(?)、さだまさしさんをチョイス。夏らしいタイトルでしょう。「なつかしい海」です。これは実はあの大ヒット曲、「関白宣言」のB面だったんです。だから、大勢の人が聞いたことがあるはずなんですよ。1979年7月10日のリリース。夏だったんですね。 こ [続きを読む]
  • 愛の奇跡 ヒデとロザンナ
  •  こんばんは。夏だというのに晴れの日が少ないね。梅雨か?台風か?秋雨か?ちょっと、うんざりしてます。 が、気を持ち直して、今日は1968年10月リリースの「愛の奇跡」。ヒデとロザンナさんです。作詞は中村小太郎さんです。 これは・・・別れた後に互いに忘れられなくて奇跡を信じる歌なんだね。デュエットで歌わないとただの思い込みになってしまいます。〜淋しげな雨に濡れた君の くちびるが忘れられなくて 別れても私 [続きを読む]
  • C-Girl  浅香唯
  •  昨日の「シー・シー・シー」から、この歌を思い出したんです。浅香唯さんの「C-Girl」。1988年4月のリリースでカネボウのイメージソングだったんですね。  作詞は、森雪之丞さんです。作曲は・・・NOBODY?そういえばいたよね、NOBODY!懐かしすぎるな。って、よく知らないけど。では、歌詞を見てみましょう。〜接吻じらして 誘ったダイビング・ボード 水の中の太陽めがけ 抱きあって落ちる〜うっ!10代のアイドルっぽ [続きを読む]
  • シー・シー・シー ザ・タイガース
  •  今日も暑かったね。というより、湿度が高いと思います。もっとカラッとした夏にならないものかね。じめじめした暑さは嫌ですな〜。 そして今日は、1968年7月5日にリリースされた、ザ・タイガースの「シー・シー・シー」です。もちろん、「海」という意味だよね?と思っているのですが、どうでしょうね。 作詞は安井かずみさん、作曲は加藤邦彦さんですよ。これもまた、当時の歌に多い、同じ歌詞の繰り返しだなあ。〜愛の女神 [続きを読む]
  • 渚のうわさ 岡崎友紀
  •  今日は夏らしい一曲を選択。岡崎友紀さんってすごく懐かしくない?私が子供の頃はいつもドラマに出演していた気がする・・・そして今日の歌は「渚のうわさ」。オリジナルは弘田三枝子さんで1967年7月のリリースです。かなり多くの方がカバーしていて、最近、といっても、古いですが、鈴木蘭々さんが1996年にカバーしていますよ。作詞は橋本淳さんです。すごいな、橋本さん。いっぱい、作詞されています。作曲は筒美京平さんです [続きを読む]
  • 好きになった人 都はるみ
  •  今日も梅雨みたいな天気だった東京です。何と台風まで近づいているらしい・・・どうなってるの?で、今日は、1968年9月1日にリリースされた都はるみさんの「好きになった人」です。 私と同世代なら誰でも知ってるでしょう!しかし、実は、歌詞はよく知らないかも。作詞は白鳥朝詠さんです。作曲が市川昭介さん!懐かしいなあ。〜さよなら さよなら 元気でいてね 好きな二人はいつでも逢える〜え!どうして、好きな二人なの [続きを読む]
  • 霧雨で見えない  麗美
  •  こんにちは。ここのところ雨が続いて、まるで梅雨のよう。今日は涼しささえ感じたりして。 そんな今日は麗美さんの「霧雨で見えない」。この歌は松任谷由美さんの作詞作曲で、色々な方がカバーしていますが、おそらく、麗美さんが歌ったのが最初です。1984年でした。 アルバムのリリースが冬だから本当は冬の歌なんでしょうね。〜なつかしさに ぼんやりバスを降りた 橋の上 霧雨の水銀燈〜 予定とは違うところで、懐 [続きを読む]
  • ゆうべの秘密 小川知子
  •  こんばんは。今日は大雨でしたね。梅雨明けしてからの方が降っている気がするのは私だけ?さて、今日は、1968年2月にリリースされた小川知子さんのデビュー曲で、「ゆうべの秘密」です。作詞は、タマイチコさんですよ。ん?この名前はどこまでが名字なんだろう?まあ、いいや。 この内容、大人すぎて私には理解不能なんですけど・・・〜ゆうべのことは もう聞かないで あなたにあげた わたしの秘密〜ここまでは、わかる。 [続きを読む]