皓斗 さん プロフィール

  •  
皓斗さん: Tea×You紅茶教室
ハンドル名皓斗 さん
ブログタイトルTea×You紅茶教室
ブログURLhttp://ameblo.jp/teaschool-tea-yu/
サイト紹介文神奈川県の海辺の街、葉山町の紅茶教室です。紅茶や食器、イギリスなどを愉しむお教室を目指しています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2012/05/11 18:02

皓斗 さんのブログ記事

  • 勉強をきっかけに、視点を変えて、視野を広げて・・・
  • お教室のリニューアルに関連して、お盆やランチョンマットなどを使ってのお茶の時間をお勧めするようになりましたが、自分自身も意識してお道具を見ていくと、いろんな良いものがあるなと感じる今日この頃です。 日本の物はもちろん、中国のインターネットのショッピングモールなどもチェックしていますが、お教室の雰囲気をオリエンタルな方向に・・・と、これまでと少し視点が変わってくると、それまで気にならなかったもの [続きを読む]
  • 今年もお茶の樹が芽吹いてきました・・・
  • お教室でお茶の樹を数種類育てていますが、徐々に芽吹いてきています。 こちらはつゆひかり。これから開いていく、芽から葉になりたて?くらいの小さな葉は産毛がびっしり。とてもフレッシュで宝石のように綺麗な色ですね〜♪ こちらは中国系の品種・・・。 こういったお茶の新芽を見慣れて来ると、いろんな植物の新芽までおいしそうに見えてくるから困ります(苦笑特にお茶の樹と同じツバキ科の植物だ [続きを読む]
  • 穀雨の葉山は花盛りです♪
  • 今日は二十四節気の穀雨。立春、雨水、啓蟄、春分、清明、そしてこの穀雨と来て、この先はいよいよ夏の始まりとなる立夏。 穀雨は毎年4月20日ごろ(年によって変動)に来るのですが、田植えの目安になったりするのだとか。 お茶の関して言えば、中国においては清明(清明節)の前に作られたお茶が明前茶、そして清明から穀雨までの間に作られたお茶を雨前茶と言います。日本で言えば一番茶にあたる明前茶と二番茶にあた [続きを読む]
  • お茶を楽しむことは、人間の文化的な営み・・・今後のお教室の二本の柱
  • お教室開設5周年を目指して、来月を目途にお教室のリニューアルをと準備を進めていますが、今後のお教室は大きく分けて2つの柱でお茶の普及・お茶を通しての楽しく美味しいライフスタイルをご紹介していきたいと思っています。 1つめの柱は、先日からご紹介をしているミニ茶懐石やお盆などを使ったお茶の設え・・・ これらを定期的に開催していく予定のお茶事を通して、お茶の楽しみ方やスタイルをご紹介し [続きを読む]
  • 文化遺産・・・保護と資金の二律相反
  • 昨日に迎賓館の拝見をし、その後に見たニュースを見て・・・お茶に携わるようになって強く感じるのは、今後文化財を保護し、維持・継承し続けていくことは、二律相反する要素を満たしていく必要があるな・・・ということです。 どういう二律相反かというと、文化財を守っていく為に起きる二律相反です。 ○保護のみを言えば人目につかない・触れさせないようにするのが最も効率的○しかし人目につかない・触れさせないと [続きを読む]
  • 迎賓館の素晴らしい建物とお庭に感動♪
  • 今日はまるで夏かと思うほどの陽気でしたね。「春過ぎて夏来るらし白妙の・・・」と持統天皇の御歌が脳裏をよぎるようなそんな一日でした。 今日はお世話になっている先生のお誘いを頂いて、都内の迎賓館赤坂離宮へ。 紅茶の勉強と言う観点からも旧古河庭園や旧岩崎邸庭園などの洋館を見るのも楽しみの一つとなったのですが、赤坂離宮は現役活躍中である上に、規模・内容共に凄いの一言ですね。 良いものを見 [続きを読む]
  • 旬の美味しさを大切に、日々のお茶の時間を楽しみましょう♪
  • 今日はお出かけ先で苺を買い求めていました。地元でも不揃いな苺の詰め合わせパックがお安く出回り出しましたね。 こうした苺をまとめて買ってきては苺ジャムにしたりと重宝しています・・・。 本来苺の旬の時期と言えば今くらい。12月のクリスマスケーキ需要で苺が一番売れるのは12月くらいだそうですが、美味しさという観点でのみ見た場合、やはり今くらいの時期がより甘味が強く、美味しく感じられますね。&nbs [続きを読む]
  • お茶を使ったご飯にお澄まし・・・精進料理のミニ茶懐石♪
  • 先日にもご案内していましたが、今日はお教室の名称も含めたリニューアルの準備もかねての撮影会でした。 詳しくは改めてご紹介をしたいと思っていますが、リニューアル後のお教室の大きな柱の一つとして、お茶を使った精進料理でミニ茶懐石を導入しようと考えています。今日サンプルに作ってみたのがこちら。 紅茶を使ったお茶ご飯に、煎茶をベースに作ったお澄ましにひろうすに飾り三つ葉、菜の花に本しめじの蒸 [続きを読む]
  • 春爛漫な鎌倉へ、桜と海棠の花を愛でるひととき
  • 今日は鎌倉へお出かけしてお花見を・・・。 そろそろ満開も過ぎて、名残の桜になってきた感がありますね。葉山・逗子・鎌倉の桜は今週末が最後の山場といった所でしょうか。 まずは段鬘の桜並木。 昨年は真新しさがめだってなんだか周囲から浮いている印象だったのですが、今年は桜が育ってボリュームが出てきています。これから5年あるいは10年くらいかけて、桜の枝振りが良くなっていくと共にさらに [続きを読む]
  • 来月にはお教室は4周年に・・・そしてお教室の今後について
  • 来月にお教室は4周年を迎えます・・・。これまで続けてくることができたのも、生徒さまやお付き合いをさせて頂いている様々な皆さまのご支援のおかげです。 そして来月からはお教室の5年目が始まりますが、より生徒さまのお役に立てるお教室を目指していくために、今後をどのようにしていこうか・・・ということを今年に入ってからずっと構想を練り続けていました。 ようやく一つの方向性を定めることができてきたのです [続きを読む]
  • 蘭の花とダージリンの1stフラッシュで春の息吹を感じるお茶のひと時
  • 春蘭に続いて開花しているデンドロビウムに石斛ですが、黄水に続いて今度は白花の香雪が開花してくれました・・・。 黄水は香木を思わせるような香ですが、こちらの香雪は比較的よく見る石斛系の香り。ちょっと香りの強度が高くて、一般的な石斛よりも香りの存在感が分かりやすいように思います。 この時期に咲くと気温が低いこともあって、花も長持ちしてくれます・・・。続いて蕾が上がって来ていて嬉しいですね [続きを読む]
  • 満開の葉山の桜とジャスミンの花の香るお茶
  • 今年の桜はお天気になかなか恵まれないのが辛いところ・・・。今日は雨も上がって少しいい感じのお天気。 葉山小学校から町役場にかけての桜もほぼ満開と言うところです。この時期は外からも観光客が多く来られるのですが、葉山女子旅きっぷのお客様も大勢おられますね。 今日は渋谷の今古茶藉さんへ。渋谷の駅からの移動の途中、東大の駒場キャンパスの前を通るのですが、キャンパスの中の桜は散りだ [続きを読む]
  • 身体と心が休まる美味しいお茶の時間♪
  • 今日は知人の経営する飲食店でのお手伝い。フロアでの接客と洗い場を中心に、お客様にお茶をお出ししたりも。 土日は特に混雑するようになりますが、こうした混雑時にどれだけ安定してお茶をいれてお出しできるか・・・安定してお茶をいれる事ができるようにするためには、数をこなすことが何より大事なポイントだなと思いますね。 お陰様で多くのお客様に来て頂けたこともあって、お教室に戻るとクタクタに・・・。お風 [続きを読む]
  • 切り花向けの鉢花さがし♪
  • 今日のお茶の時間はスリランカ紅茶のルフナに鎌倉のmbs46.7さんのあんぱーにゅ。 カンパーニュ生地のパンに餡子を挟んだものですが、今はお花見仕様♪餡子とルフナの組み合わせは鉄板の美味しさですね。 テーブルを飾るお花にはお教室で育てているビオラを摘んできていますが、とても良い香りなのです♪ こうしてティーテーブルに欠かせないお花。生花にドライフラワーやプリザーブドフラワー、あるい [続きを読む]
  • イースターエッグと苺にダージリンのティータイム♪
  • 今年の復活祭、イースターは4月16日・・・あと10日先に迫ってきましたね。先日にデコレーションをしていたイースターエッグも飾っていますよ〜v エッグアート用の卵の殻にペーパーナプキンでデコレーションをしていましたが、図画工作のようで楽しかったですね。 白い卵の殻のままも可愛らしかったのですが、こうしてデコレーションをするとまた違った良さと、そして何といっても自分が手を掛けたという点で愛着 [続きを読む]
  • 素敵なお客様をお迎えして、お茶のシーズンを待ちのぞむお茶会です♪
  • 今日は素敵なお客様がお越し下さっていました・・・。いつもお世話になっているお茶の生産者さん、佐藤浩光さんが静岡からお越し下さっていました〜♪ これからいよいよ茶摘みのシーズンを迎えていきますが、今年の茶畑の様子や茶摘みの開始の時期など・・・新茶がいつごろから販売されるかは特に気になるところ。そうしたいろんなことについてお話をお伺いをしていました。 やはり茶農家さんのお話は勉強になることがた [続きを読む]
  • 清明節・・・季節のお茶を美味しく楽しんで♪
  • 今日は清明節。二十四節句の一つで、立春、雨水、啓蟄、春分の次に来るのがこの清明。ちなみにその次に来るのは穀雨。 中華圏では特にこの時期を清明節といって、日本のお盆に近いイメージでお墓参りに行ったりするそうですね。 そしてまた中国の茶業においては、高級茶のシーズンでもあります。一般に清明節までに製茶されたお茶を清明節前に作られたお茶と言う意味で明前茶と呼んで、高額で取引されています。ちなみに [続きを読む]
  • 葉山の春の花の便りと新茶のニルギリ♪
  • 都内は桜が見ごろになっているそうですね。ニュースでお花見をされている人たちの画像などをお見受けしているのですが、葉山はと言えばまだまだこれからといったところ。 葉山で桜と言えば葉山小学校から町役場にかけてが有名ですね。多少個体差はありますが、全体としては二分咲きとかそれくらいなんじゃないでしょうか。うまく行けば今週末あたり、お花見にいい感じになってきそうですね。 ちょっと気の早 [続きを読む]
  • 普段使いのお茶だからこそ、少し背伸びをしたものを・・・
  • お教室をさせて頂いている立場上、どんな茶葉がお勧めかといったご質問を頂くことが少なからずあります。その時々に質問を下さった方の嗜好なども鑑みながら、いろんなお答えを差し上げているのですが、最近強く感じるお勧めがひとつあります。 それは、お値段の面でちょっと背伸びして茶葉をセレクトして頂いて、毎日のお茶の時間を楽しんで頂けると良いな・・・ということ。 この辺りは贔屓にされている各種お茶の専門 [続きを読む]
  • 満開の蘭の花を愛でながらのティータイム♪
  • 先日にもご紹介していたデンドロビウムと石斛ですが、満開になってきました〜v 特にデンドロビウムは蕾の数も多いので、開き始めから満開まで結構時間差ができますね。 この子の香りは薔薇の花を思わせるよう。洋蘭で比較的見受けられるタイプの香りですね。カトレアなどでも結構この香りのものを見ています。 そしてこちらは石斛の黄水。こちらは沈香や白檀といった香木を思わせる甘く粉っぽい [続きを読む]
  • 日本の茶文化、中国の茶文化
  • 先日に届いた書籍が大変に厚みのある内容です・・・。 現代中国茶文化考 Amazon 現代中国茶文化考王静 著体裁 A5判・306頁初版年月 2017年02月ISBN 978-4-7842-1879-0出版 思文閣出版 中国のお茶関係で「茶文化」という言葉を良く見聞きします。私たち日本人は茶文化と聞くと、茶道からの流れで考えてしまいがちですが、中国人の「茶文化」と日本人が考える「茶文化」は似ているようで違うと常々感じてい [続きを読む]