収納の達人!片付け×収納・職人の板さん さん プロフィール

  •  
収納の達人!片付け×収納・職人の板さんさん: 捨てられない。片付けられない。整理収納職人への道。
ハンドル名収納の達人!片付け×収納・職人の板さん さん
ブログタイトル捨てられない。片付けられない。整理収納職人への道。
ブログURLhttp://ameblo.jp/smile66599/
サイト紹介文元片付けられない私が浜松で収納の達人「収納職人」としてプロが教える実践的なお片付サービスを提供中です
自由文ライフオーガナイザー1級・整理収納アドバイザー2級の資格を取得しています。
知識はあるけど、実際にどうしていいかわからない方に実践的に教えています。
片付けに悩まないワクワク楽しい毎日を送りましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供271回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2012/05/11 20:12

収納の達人!片付け×収納・職人の板さん さんのブログ記事

  • 浴室カラリ床の方必見!
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。浴室のカラリ床の黒ずみを取るのに、1時間〜2時間はかかりほんとに嫌になっていました。ピラミッド型の四角すいのため、4方向を擦らねばならず、メラミンスポンジを大量消費、そして、かなり地道な作業に、見ないふりをしたいくらいでした。その後、『必見★お風呂のカラリ床がピッカピカになる方法』の『到着♪シールはがしでお風呂のカラリ床の掃除 v(*'-^ [続きを読む]
  • スリッパなくても困らない説
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。どこの家庭でもあるモノなのかもしれませんが、我が家にないのは、スリッパです。↓今、撮影したので夜の写真となりましたが…構造上廊下もないですし、内玄関に下駄箱が設置されているため、スリッパ置き場もありません。全く困っていません。それどころか、スリッパを慣れないため、お客様のところでも知らず知らずに脱ぎ忘れてしまう事件続出です。先日も [続きを読む]
  • 一部だけ片づけても戻る理由。
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。部屋の一部分だけ片づけても、時間を置けば戻るだろうな。というのは想定内で、次の作業まで2か月以上も空けば、戻ってしまうとは思います。なので、できれば日にちをあまり空けずに進めるのが理想ですね。その方が、結果的に時間もお金もかからないということになります。一部の片づけで半年以上、間が空いてしまったお客様から「戻ってしまいました。」と [続きを読む]
  • しゃっくりの止め方
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。片づけに関係ないのですが(苦笑)しゃっくりが出たときに、娘に教えてもらいピタっと止めることができたのでご紹介です。今までは、秒数を数えて水を飲んだり、驚かせてもらったり(笑)していましたが、とっても簡単です。『30秒息を止めるだけ。』もう一回試したいのですが、しゃっくりが出ないので、次回また試してみようと思います。こちらにご紹介があり [続きを読む]
  • 成功体験からの手放せないパターン
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。使うかもという思いから、手放せなくなるパターンのお話は何度かしていますが、持っていたことで思いのほか使えてしまったことや、褒められたことから手放せなくパターンもあると気づきました。それを持っていたことから人に喜ばれた。それを持っていたことから人が褒めてくれた。いずれにせよ、他人軸から発生することです。確かに人に喜ばれたことはありま [続きを読む]
  • 現場でよくある、お客様と一緒にゴミの分別…どうでしょうか。
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。片づけの流れで、ゴミの分別を一緒にすることがあるのですが、もしかして、私と一緒にやるより、お一人で作業された方がお安く済むのでは?と、ふと思いました。おうちまるごとのお客様と、回数や場所で片づけたいお客様とお片づけサービスの金額が違います。今は、おうちまるごとで依頼されている方ばかりですので、そちらで考えてみます。1時間3,000円を頂 [続きを読む]
  • 連絡ゴミ手数料が、9倍!?になるところでした。
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。自宅で使用していなかった突っ張り棚を処分しようと思い、連絡ゴミ一覧を見たら、突っ張り棚の手数料は300円でした。↓分解して、60センチ未満にして不燃にしようと分解したら…思った以上にパイプ太くてが硬かったのです!!突っ張り棚1台→鉄のパイプ9本に。調べてみると棒は5本まで300円と書いてあったのですが、どうなるのか、問い合わせをしてみ [続きを読む]
  • やっと手放すことができました!トイレブラシの葛藤
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。ずっとずっと考え続け、やっと手放すことができてココロがスッキリ!しました。それは、『トイレブラシ』当たり前のように置いてあったので、なくすのが不安な時は↓流せるトイレブラシも考えたことがありました。スクラビングバブル トイレ洗剤 流せるトイレブラシ 付替用24個セット/ジョンソン¥548Amazon.co.jp使用しているお客様の反応はよかったのです [続きを読む]
  • わかっているけど、捨てられない。
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。衣類で、手放す判断ができないときにいくつかご提案します。1.とりあえず、悩んでいる服の季節を超すまで待つ。・その時に、着ない場合はその後なかなか袖を通すことは少ないと思います。・着た場合、やっぱり好きだと気に入っているなら堂々と残せばいいと思います。そして、着てみてもやっぱり違うなと思うのであれば、手放す決断をしてもいいと思います。 [続きを読む]
  • 実践の片づけを垣間見た習慣
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。靴下が足りなくなったと思い、ふと、[よりどり何足いくら。]とか買わなくなったことに気づきました。今は、穴が開いたり口の部分が伸びたりして傷んだら捨てて、捨てた分だけを買っています。定数管理はしていませんが、一足捨てたら一足買う。実際なくても困らなければ、増やさずそのままの時もあります。片づけ本を見れば書いてあることかもしれませんが、 [続きを読む]
  • 初めに片づけたい場所はリビング…そうなると、大体こうなる。
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。家の中で家族が一番長くいる場所。リビングがキレイになればお客様も呼べるし…と言うことで、まず、一か所だけ片づけたい!と思ったときに[リビング]が思い浮かぶのではないでしょうか?基本的に、お客様のご希望で進めさせて頂くため、決めていないですし、とくにご希望がない時は色々とその方よってご提案させて頂いております。ただ、リビングからやると [続きを読む]
  • 片づけたいのか?片づけの仕事をしたいのか?[その2]
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。『片づけたいのか?片づけの仕事をしたいのか?[その1]』のつづきです。自分の家を片づけたい方は、色々な本が出ているので自分がいいなと思うものを参考にして、それから、片づける行動をするのみだと思います。うまくいかなかったら、違うやり方でやる。また、納得いかなければ別のやり方でやってみる。それしかないのではないかと思います。今、私が片づ [続きを読む]
  • 冷蔵庫のケースを透明にしてみただけで違う。
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。冷蔵庫の中で使用していたダイソーのケースを半透明からクリアに変更してみました。↓使用前の半透明ケース何か入っているとは思いますが、ケースごと取り出さないと何かわからない状態。↓使用後のクリア(透明)ケース基本、食品に付いているわさびやからしの小袋等は使わず捨てているので、溜まることはないのですが、中身が分かりやすくなりました。冷蔵 [続きを読む]
  • 片づけられない…と思っているのは自分だけ。
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。「片づけられない。」と思ってご依頼くださいますが、片づけは学生時代に授業で習うものでもないので、片づけがわからなくてもしょうがないですよね。しかも片づけの正解は本人のみが知っていて、誰もが同じ答えにはなりません。お客様の中でも、それぞれタイプがあります。中には、(片づいてるけど?どこが?)…と思う方もいらっしゃいます。どんな状況で [続きを読む]
  • どうしてもモノが元の場所へ戻せない究極の戻す方法。
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。モノが戻せない。結構、いらっしゃるんじゃないか…と思われます。最終手段として、ひもやゴムを付ける。私はありだと思います。実際にお客様でいらっしゃいました。「便利ですよ。」って笑ってお話されていましたが、戻せないなら理にかなっていると思います。↓例えばでゴム(またはひも)を付けてみました。ゴムだと伸縮があるので良い気がします。↓そし [続きを読む]
  • クイックルワイパーその後の追記
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人板垣友子です。早朝クイックルワイパーの掃除、サボりもありますが(笑)順調に続いています。↓ご存じない方は下の記事ご参考まで。『思った以上のクイックルワイパーの威力』『花王クイックルワイパーVS無印良品フローリングモップ』『キレイが保てるようになる理由』さて、お客さまからクイックルワイパーのゴミが残るのが嫌だというお話を聞きました。クイックルワイパー [続きを読む]
  • モノを手放すときの後悔しない考え方
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。たくさんモノを手放して、後悔しないのか?昔の私は、「捨てなきゃよかった。」と思うことが何度もありました。今は、手放しても後悔はなく「捨てた。」と思うだけです。モノの選別時にお客様にお伝えしているとても大事なことですが、「使うかも。」とか、「もったいない。」とか、自分の中で決まっていないのに、無理に手放す選択をするのだけは、絶対にや [続きを読む]
  • 中国料理[旬華咲兆]
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。今日は、久しぶりに仕事が休みだったので旦那とランチへ行ってきました。西ヶ崎駅西側すぐの中国料理[旬華咲兆]です。近いだけに、行きそびれて早3年以上…。あと、友人からもまるで話を聞いたことがなかったのです。流行っている店よりお客様がいなさそうな店の方が、貢献度が高いとのことで実行しましたが(失礼を承知ですみません(>_こちらご参考まで→『 [続きを読む]
  • 姑に対する考え方を変える。
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。結婚とは修行ですね。先日も同居されているお客様から、ご依頼がありました。「主人・姑が不在のその日がチャンスです!」と、3か月前からご予約を頂き、片づけさせて頂きました。切実なお気持ちが本当にわかるので、少しでも現状よりよくなっていただきたい!との思いで、最大限の力で頑張らせていただきました。同居をしたことがない姑は「私がいると、あ [続きを読む]
  • 使いたいと思ったのと、使えると思うでは違う話。
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。一緒に片づけを始めたお客様に、「片付け途中は極力モノを買わないようにしてください。」と言う事をお伝えしています。例えばキッチンがやりかけなのに、食品ストックの在庫を増やす。場所も決まっていないのに、日用品の在庫を増やす。衣類の途中なのに、服を買い足す。少しの間、買い控えをしてみて、「こんなに在庫は必要ないんだ。」と言うことに気づか [続きを読む]
  • そこにあるモノの違和感を感じて、戻す習慣をつける。
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。片づけの作業の時に、お客様から道具を借りるときがあります。お借りして、お返しした時にサッと戻せる方と戻せない方がいるのに気づきました。※まだ使う場合や、戻す場所が遠い時は例外です。戻せる方は、片付け後も散らかりを戻すことができています。とりあえずで棚に置いている方は、散らかりを戻すのに苦労している気もします。戻せない方が悪いとは思 [続きを読む]
  • まぁいっか。の空間をなくす。
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。ちょっとしたことでも、本人の気づいていない潜在意識としている場合があります。私の話ですが、部屋に時計を掛けようと父に頼んだら5mmズレたと言われました。結局、父はそのまま「まぁ、いいね(笑)」とそのままにされていたのですが、時計を見るたびに、[もやっ]としていました。実は最初は旦那に頼んだ話でした。しかし、器用でない彼は間違ったとかな [続きを読む]
  • 食品ストックのカテゴリー分けは肝心な部分の1つ
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。昨日の記事→『怠りなく買うことができる人に、食品ストックは必要か?』の続きです。棚の中はバラバラに分散されていたので、食品を分類して、定位置を決めます。分類・定位置にするメリットは、決まった場所にあれば全部を見る必要がないことと、重複買いが防げる点に尽きると思います。決まりはないので、自分が一番わかりやすい分け方でいいと思います。 [続きを読む]
  • 怠りなく買うことができる人に、食品ストックは必要か?
  • 浜松でお片づけのプロとして仕事をしています、収納職人の板垣友子です。食品の調味料とかを「もうすぐ終わる。」とか「終わった。」からと、買うことができている人は、そもそもストックはいらないんじゃないか?というお話です実家でごはん作りを手伝った際、ごま油が足りなくなりましたが、カウンターの上にあったためすぐに見つかりました。その時は、調理中だったこともあり、すぐに新しく開けて使ったものの?妙な違和感を感 [続きを読む]