鮎原人 さん プロフィール

  •  
鮎原人さん: 鮎原人
ハンドル名鮎原人 さん
ブログタイトル鮎原人
ブログURLhttp://ayugenjin.naturum.ne.jp/
サイト紹介文大鮎、尺鮎、時にチビ鮎。チラシ、松葉、時にイカリ。立ち込み、泳ぎ、時に泳がせ。鮎釣りにタブー無し!
自由文好き勝手、色々書いてます。読者の反応お構い無しに。だってブログは自分の為の物。将来楽しく読み直すものと思ってますから。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/05/11 23:17

鮎原人 さんのブログ記事

  • 福島の元気!(6/28 復活チャリティ in 会津若松 阿賀川)
  • だいぶん昔に、、自分も記憶が曖昧なくらい、50年前ほど昔に、、「トリスを飲んで、ハワイに行こう」 ってのがありましたが(山口瞳、開高健@サントリー広報部)「福島鮎釣って、みんな元気になろう!」 ってとこですね。友人達が非常に頑張っておられるので、不肖ながら、鮎原人めも、何かのお役に立てたらと思い、皆様! 拡散をお願いいたしま〜〜〜〜す!!私は名古屋で仕事に追われてますので、遠い目をして、遠視を利か [続きを読む]
  • 飛騨櫟笠修理
  • 一万円以上だったと思う大切なイチイ笠今のうちに、修理します。長年の酷使で、天頂部の破壊が進み。。原因は主に、笠被ったまま、車のドアフレームにぶつけたこと。持ち主の、天頂部の破壊も同様に進んだので、梅雨シーズン、雨の直撃が。。たぶん美しい、ミルククラウンが生まれてるんだとは思いますが。可哀想な笠。。可哀想な地肌。。で、飛騨の塚本屋に寄って、オリジナルの革のパックマンを譲って貰いました。ボンドGで綿密 [続きを読む]
  • 平泉寺 苔寺
  • ネタが少ないので、引っ張ります。先週の山桜はもう満開でしょうね荘厳な佇まいに圧倒されながらもついつい、実生に目がいくのは、春の息吹を求めている自分がいるからか由来となった、泉神域と分ける結界石を探しましたが、写真に収めることは出来ませんでした。六月は多くの観光客で賑わうでも、静かな今が好きです [続きを読む]
  • 40年振りの調律
  • 嫁さんの実家のピアノ♪♪「ピアノ売ってちょうだい!」??・?・??の、誘惑に負けずに、40年以上キープ調律もせずに、ひたすら、キープ中のホコリも、40年分キープ調律師さんは、まず鍵盤部分をバラして、掃除機で綺麗にしてから。肝心の調律も、1度じゃバランスが合わなくて大変。ご苦労様です。費用も結構かかっちゃいましたね(笑)先日知り合いのピアノの先生が遊びに来てくれて、きっと耳が壊れる位の不協和音を発していた [続きを読む]
  • 鮎会2016
  • 息子のラグビー部父母会OB会です。卒業して2年経つのに、未だに仲良く集まって騒いでいます。これらは、すべて馬瀬鮎です。こんがり焼けますように!結局、準備8時〜開始12時〜終了20時!食べ過ぎて、飲み過ぎて、いつの間にか寝てました(笑) [続きを読む]
  • 馬瀬八月最終釣行
  • 息子と5年ぶりに釣行です雨予想でしたが、昼前から晴れてラッキー次男です。笠は原人スタイルです。腰まで浸かるのも。胡桃渕→川上(カオレ)で、二人で6尾重さでいけばまあまあですね!デカイのは23,4はあったと思います。抱卵したメスかと思いましたが、皆オスでした。原人が好むポイントにはメスは居ない?メスなら25クラスが期待出来そうです。デカくても美味な馬瀬鮎止められません、この川は! [続きを読む]
  • 馬瀬 惣島地区
  • 本日の、最長寸小振りの馬瀬でもいる所には、居ますこんなとこの、奥、大岩まわりただ今、ストック 50あと150盆前には届かないなぁ。。 [続きを読む]
  • 今シーズン、これまで
  • 今シーズンは、長良川のいつもの解禁祭りから始まり、馬瀬川年券買って、毎週通ってる最中御嶽山麓のこんな別荘借りて南蛮漬けにも手を出した鮎100尾パーティ(俺料理人、毒見は諸先輩方)次回の鮎会は総勢男女15人!200尾要るなでは今週も馬瀬に漁に出ますか(笑)ただ今ストックは20尾6日かかるかな?これは食べちゃったやつ [続きを読む]
  • また折れたセイキの修理
  • 軽くて、シャキの筈が自重の割には持ち重りして掛かれば抜けず折れる竿荒っぽいんでしょうかね? 扱いが σ(゚Д゚*)三つに折れ、中間が流失なので、下から差し換えして釣りを続行する事も出来ず泣く泣く14時に付知解禁を終えました(参考数字 45尾)で、今週釣具屋寄って、バラ売りされてた補修パーツ(半端品)から余りピッタリ来るのが無かったケド、800円で確保サイズを確認して切断長さはマイナス50cm位かな?何とか竿の体を成 [続きを読む]
  • 今年も、いかんかなぁ。。長良
  • この時期になっても、勃起してないってことは、もう、駄目でしょうね、、今年も、長良は。冬場の高水温がいけないんでしょうか?桜も、福島と高知の開花率が同じだったとか・・・何でも、冬はちゃんと寒くないと、開花力も蓄えられないとかそんなもんなんでしょうねぇ、自然界も。人間界、経済界も、ちゃんとしゃがんだあとは、伸びるようで。。安くなった円が、ちゃんとしゃがんでいたんで、力強く、高くなってきましたねぇ私の予 [続きを読む]
  • 永遠?
  • 永遠というのは長い特に終りに向かう時は〜ウッディ・アレン〜始まりに向かうときはとても短いんだよね? 逆ならあ〜〜〜っ!!!釣りしてぇーーー!鮎釣りしてぇ!!!!!! [続きを読む]
  • 朴訥な漢大酒飲みでへこたれず勇気があり陰日向なく働く献身的で優しく、かなり優しく激しさをまとい『自分、下手くそですから』 と誰よりも最後まで走り全力を出し切る若い頃新聞配達で鍛え野球ではずっと控えだったラグビーは大学から始め骨折してもタックル続ける歴史的大敗の記憶を歴史的下克上の勝利で上書きしただ 『やりました!』 の一言で、すべての苦労を昇華した日本代表最多キャップをひた走る2019ワールドカップで [続きを読む]
  • いいぞ! サンウルブズ
  • 期待出来るぞ、サンウルブズ!SR(スーパーラグビー)2016シーズンが始まった。ラグビーワールドカップ歴代最高の瞬間に、ファン投票で選ばれたJAPAN 桜の戦士、今思い出すだけで、ジーンとして、目頭が熱くなってしまうが、その熱気を受け継ぎつつ、困難な船出(準備不足)をものともせず、立派に戦った日出るオオカミ達に、心から拍手を贈りたい。私の予想では、参入シーズンは1勝も出来ないだろうと思っていた。JAPANがいくら [続きを読む]
  • レアな話
  • 皆さんは、「鱒のレア度」と聞いて何を思い浮かべますか?鮎のレア度とはなかなか耳にしない言い回しですが、鮎ならば、例えばプレミア鮎(馬瀬や八重河内の絶品鮎、又は川辺の尺鮎)の事を思い浮かべるのは、鮎師の私の場合です。先日、富山駅併設の「きときと市場 とやマルシェ」の土産コーナーで、鱒寿司を物色した時の一コマ、原人)「この 鱒のレア度 ってどういう意味?」「珍らしい鱒なの?」店員)一瞬固まり、、「鱒の [続きを読む]
  • 喉が黒い干物
  • あぁ、至福アツアツの脂ジュルジュル少し冷めてからコクのある深い甘みノドクロの干物、最高だ!!この小ささで、1枚 1600円なのは、痛いですが。。(笑) [続きを読む]