ポレポレ農園主 さん プロフィール

  •  
ポレポレ農園主さん: ポレポレ農園主のトレンドライン
ハンドル名ポレポレ農園主 さん
ブログタイトルポレポレ農園主のトレンドライン
ブログURLhttp://polepolefarm.blog.fc2.com/
サイト紹介文新規就農者であるポレポレ農園主の時事放談日記です。今年12月にいちご農園をオープンするため奮闘中。
自由文ポレポレ農園は、千葉県君津市の観光いちご農園(2012年12月開園予定)。
いちご作りや農園開園に向けた準備のこぼれ話、農業を通じて知り合った人々との交流等、日々感じたことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/05/12 12:45

ポレポレ農園主 さんのブログ記事

  • “凍りいちご” ご好評いただいてます
  •  「この前の “凍りいちご” で美味しいジャムができたのよ、いいもの使っているでしょ」ご近所の方が“凍りいちご”を求めに再来園してくださった。 色あいも違うのだそうだ。しかし “いいもの?” に少し違和感が正直あった。凍りにするいちごも普通に選別しているだけだからだ。過熟であったり、花房折れなどで味や風味が落ちるものは商品にならない。ただ、形が良くなかったり、いちご同士が当たって多少の傷がついてしまっ [続きを読む]
  • 日暮れ時
  •  直売は、シーズン開始から休まず営業している。時には、翌日の仕事の準備をしながら夕方まで目印の“のぼり”を上げていることもある。「のぼりが見えたから、お父さん行くよって、曲がって来たわよ」いつも直売に来園いただく隣町のご夫婦が、日暮れ直前に寄ってくださった。漁師をやっておられることもあって、夜明けから仕事をする我々を「よく頑張るね」と気に入ってくれている。「生きていくのは、大変だよな」そうご主人が [続きを読む]
  • 人前で話すこと
  •  毎回いちご狩りの開始の10時に、ご来園の皆さまの前で、ご挨拶といちごの摘み方などのお話を簡単にさせてもらっている。しかし、話の途中で大抵のお子さんは、「まだ〜?」「はやくいちご食べたいなぁ」という顔をし始める。たまには、はっきり口に出す子もいる。。。稚拙な話し方にいつも反省しきりである。 落語家の春風亭昇太が言っていた。「自分のやりたいようにやるのが素人、お客さんが何を望んでいるかを感じてやるのが [続きを読む]
  • アランのこと ( 求愛 編 )
  •  忙しくなるとアランを構ってやる時間がなくなる。仕事の合い間に顔を見に寄るが、通りすがり程度になることもしばしばだ。それが重なると彼は決まって、パンジーを盗み食いする。せっかくきれいに咲いて農園を華やかにしているものを。怒られるのが分かっていてわざとそうするようである。「コラッ」と叱りに行くとジャンプして喜んでいる。。。愛情を求めるのは、きっと動物でも人間でも共通の欲求で、愛されている実感があって [続きを読む]
  • おいしい顔
  •  ゆづきちゃんは、当園の専属モデルのようである。今年も写真を送って下さった。年々、大人っぽくなり可愛らしくなっている。 ちなみに、昨シーズンの写真 は、地元の情報誌にも掲載させてもらった。いつもいちごを大事そうに採って、大事に食べてくれる。それが、とても嬉しい。( きっとご両親の自慢でもあろう by 農園主 )  [続きを読む]
  • クロちゃんです ( 2代目 “アカちゃん” 登場 )
  •  「あれっ?カメが増えてるよ。かわいいのが」嫁さんにそう言われて、桶をのぞくと本当だ。5?くらいの小さなカメだ。赤っぽい甲羅と長いしっぽ、そしてイカツイ顔つきは、間違いなく“イシガメ”だ。ちょうど散歩で通りかかったのぶ子さんのご主人が、「田んぼで見つけたから、入れておいたよ」と笑っていた。 覚えている方もおられると思うが、かつては同じようなイシガメ(初代“アカちゃん”)がいたのだが、カラスにさらわ [続きを読む]
  • 誕生日会
  •  アランと仲良しの瑛大君、8歳の誕生日のお出かけをどこにする?と聞かれ、「ポレポレでしょ」そう答えてくれたそうである。 ライバル?のディズニーランドを差し置いてである。すっかり男っぽくなり、昨年はブカブカだった“ポレポレTシャツ”が丁度よくなってきた。 頼もしい。当園の勝手をよく知る瑛太君、朝一番で受付番号「1番」をしっかりとゲットしていた。アランは、彼の後をついて回っていたそうである。写真からも気 [続きを読む]
  • クロちゃんです ( ずぶ濡れ 編 )
  •  「まぁ、頭から濡れちゃって。。。」そう言って、お母さんが駆け寄っている気配がする。2歳くらいの男の子がクロとトラに夢中になりすぎて、カメの桶に頭から入ってしまったようだ。来園するなり「かめしゃん、かめしゃん」と言っていた子だ。嫁さんが慌ててタオルを持って走る。びっくりしたのか、泣きながら頭を拭かれている。「もう、パパったら、ちゃんと見ててねって頼んだのに」「うん。。。見てたんだけど、少し目を離し [続きを読む]
  • 遊ぶこと、食べること
  •  4月以降の平日に限り、7名様以上の団体のご予約を承っている。この日は、神奈川県からご来園の福祉施設のおじいちゃんとおばあちゃんたち。車椅子の方もおられた。強風で予定よりも少し遅れての到着だったが、ちょうど晴れ間が見えてきた。 初めてのいちご狩りの方もいて、最初は緊張気味のようだったが、受付ハウスに戻ってくるころには、「とっても楽しかったわ」「私は“かなみひめ”が良かった」「わたしは“紅ほっぺ”かな [続きを読む]
  • 筍、始まりました
  •  今年は筍(たけのこ)の「裏年」と聞いていた。豊作とそうでない年が順々にくるので、今年は採れない年に当たると言う。確かにスーパーなどでも出足は遅く、値段は高めである。しかし、三郎さんは言う。「順々?そんなことはないよ」今年は年明けの降雨量が少なかったから遅かったのだと。これから採れ出すそうである。いちご狩りのリピーターの方々が、楽しみにされている。( ようやくの登場だ by 農園主 ) [続きを読む]
  • もしかしたら?の穴場情報
  •  例年、GW直前の週末はいちご狩りのご予約に余裕がある。そう、来週末のことである。理由は定かではないのだが、多分、GWから始まる色々な外出の予定に備えて、その直前は出かけること手控えるということではないか、と想像している。ちなみに当園では、来週末から三郎さんのキンセンカの花摘みを始めようと思う。( 心よりお待ち申し上げている by 農園主 ) [続きを読む]
  • 手紙から
  •  いつも母娘3代でいちご狩りにご来園いただく方からお手紙を頂戴した。内容は私達の秘密?なので詳しくは明かせないので、表だけ。励ましの言葉をたくさんいただいた。できることをサボらず精一杯やってさえいれば、共感いただける。そう思わせていただき、勇気が湧いた。そして、伝えることの大切さも実感。以心伝心は、簡単なことではない。だから、気持ちを言葉に表すことをいつも心掛けたいと思った。( ”こちらこそ、いつ [続きを読む]
  • 春の “かなみひめ”
  •  週末はとてもいい天気になりそうだ。 暑いくらいに。ハウス内には、日陰をつくるためカーテンを部分的に入れる予定だ。いちご狩りを少しでも快適にすごしていただけるように。明日は、ご覧の“かなみひめ”がお待ちしている。( お楽しみに by 農園主 ) [続きを読む]
  • 田んぼの風景
  •  とてもいい陽気になっている。受付ハウス前の田んぼには、水が満たされた。のぶ子さんちの田んぼである。春の風が、その水面の上を通り抜けてやってくる。だから、爽やかな風を感じることができるのである。( 田植えがそろそろ始まりそうだ by 農園主 ) [続きを読む]
  • 商品のネーミング
  •  地元の常連さんからいただきものをした。お母さまが北海道出身ということもあって、当地の美味しいもの、珍しいものをいつも差し入れてくださる。ただ、今回のには思わず吹き出してしまった。“いか飯になれなかった いか”人気の駅弁のいかの切り落としだそうだ。「悲劇と喜劇の共存こそがユーモアの真髄」チャップリンが、自伝でそんなことを書いていた。 もちろん、味は同じ。 形が多少良くなくてもいいじゃない?その通り [続きを読む]
  • 木曜日の開園
  •  いちご狩りは、赤い果実がたっぷりとある限り、毎日でも開園したいと考えている。しかしながら、いつでも実があるわけではなく、夜なべして増やせるものでもない。そうなると、しばしば休園せざるを得ないのが、実情である。 今週は、木曜日に開園できる。この曜日の開園は久し振りだ。木曜日が仕事休みの方々には大変お待たせであった。その分、たっぷりとご堪能いただけるように準備してお待ちしている。( 花の木曜日に by [続きを読む]
  • どこだって名所
  •  「ロボット公園の桜がきれいよ」直売に来園される地元の方が教えてくださった。正式には “北子安公園” なのだが、公園にロボットがいるので、子供たちからは、通称 “ロボット公園” と呼ばれているのだそうだ。何やら小説の一節のような表現にとても興味を引かれ、早速訪れてみた。こじんまりした小さな公園だが、大きな桜に囲まれとても雰囲気がいい。( ホントだ、ロボットがいる。 by 農園主 ) [続きを読む]
  • サボるべからず
  •  “おいCベリー”の評判がいい。初来園の方々だけでなくリピーターの方々からも。いちごは、寒い冬の時期よりも春先には酸味が増してくる。これは品種に限ったことではないが、特に“おいCベリー”はその傾向が強い。このままだと「春のいちごは酸っぱい」ということになる。しかし、糖度は冬よりも高くなるものなので、そのバランスさえ上手く仕上がれば、「春のいちごは深みがある」ということになる。これは、作り手の世話のか [続きを読む]
  • 来週からは 「6人」 へ
  •  春休みが終わって新学期が始まった。入学式の季節でもあり、会社では新年度入りでもある。世の中、忙しくなってきているにもかかわらず、当園のいちご狩りにはたくさんの方々にご来園いただいている。予想通り、リピーターの方々が増えて懐かしい方々とお話しをする。「 2月から予約の電話をしてきたけれど。 やっと来れたわ。 謝らなくていいの。 みんな同じ思いで頑張っているのだからね」 嬉しい励ましだ。 ただそうは言 [続きを読む]
  • 伝えること
  •  いちご狩りに来園された方々の中には、イチゴの栽培にも興味を持たれる方が多い。色々とご質問をいただくのだが、こちらはなかなか上手く伝えられず、もどかしさを感じることが多い。 せっかくの機会なのに。 先日、ハッとさせられたことがあった。中学2年生の新進気鋭の棋士が快進撃をしているという。藤井聡太四段が、デビュー戦以来の11連勝という新記録を達成した。その時の彼の感想がとても良かった。「望外な結果だが、 [続きを読む]
  • 春本番、いちごも本番
  •  “紅ほっぺ” がいい具合になってきた。春の大果。 この週末のいちご狩りでお楽しみいただける。春休みが終わって、一息と言いたいところだが、本当は、いちごはこれからが本番。そもそも春の果物。 高温と強い陽射しは何よりの栄養になる。4月以降は、それをご存知のリピーターの方々のご来園が増え、その比率は、毎回半分以上となり、時には8割を上回ることもある。( 皆様よくご存知である by 農園主 ) [続きを読む]
  • 離れていても
  •  「こんにちは。お久し振りで〜す。」 直売に訪れた女性。 ― あれ〜、お元気そうですね。 開園当初から応援してくれた方である。 当時は地元の情報誌の編集の仕事をされており、とてもユニークな当園の紹介を掲載していただいた。師匠以外に知り合いのいない我々にとって、とても心強い味方であったことを思い出す。その後は、お父様の東京でのお仕事を手伝われており、忙しい合間に来園していただいた。「これね、作ったの [続きを読む]
  • お花見
  •  農園から見上げる三舟山には、淡いピンク色の木々が見える。山桜だ。 山頂では綺麗に咲いていると登って来た方々が言う。 下から遠く仰ぎ見る。これが、当園恒例の花見である。( アランフィールドの遥か後方に by 農園主 ) [続きを読む]
  • 愛娘からのおねがい
  •  「あと 10 かい来たいの。 どうしたらいいの?」みーこちゃんは、いつもおしゃれして来園する “お姫さま” みたいな女の子。シーズン中に何度もご来園いただくご家族で、かつては本当に10回以上も来園いただいたことがある。しかし、その “予約の達人” であるお父さんも 「今年は予約の電話がつながらなくて。。。」と首を振るくらい、混み合っているとのこと。(申し訳ない。。。)― お父さんに“頑張って”ってお願いして [続きを読む]
  • アランのこと ( 春の日曜日 編 )
  •  昨日と一転、春らしい陽気となった。いちご狩りのお客様がお帰りになった後、久し振りに外で遅い昼食を食べる。とても爽快でのんびりとした午後だ。 春休み中の接客疲れか、ぽかぽかした暖かい陽射しに誘われて、アランは、スヤスヤ眠る。頭上高くからは、ひばりの唄声が聞こえてくる。( いい季節がやって来た by 農園主 ) [続きを読む]