ポレポレ農園主 さん プロフィール

  •  
ポレポレ農園主さん: ポレポレ農園主のトレンドライン
ハンドル名ポレポレ農園主 さん
ブログタイトルポレポレ農園主のトレンドライン
ブログURLhttp://polepolefarm.blog.fc2.com/
サイト紹介文新規就農者であるポレポレ農園主の時事放談日記です。今年12月にいちご農園をオープンするため奮闘中。
自由文ポレポレ農園は、千葉県君津市の観光いちご農園(2012年12月開園予定)。
いちご作りや農園開園に向けた準備のこぼれ話、農業を通じて知り合った人々との交流等、日々感じたことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/05/12 12:45

ポレポレ農園主 さんのブログ記事

  • 新しい扉へ
  •  来シーズンの親苗が到着した。専門の種苗会社から無菌状態の苗を毎年購入している。今年もいい状態の苗が届いたので、育苗は順調にいきそうな予感がする。さぁ、いよいよ6期目が始まるのである。  さて、本日のいちご狩り。高校の友人のご長男が友達と来園してくれた。前日の予約の電話は200回掛けたそうである。この春から大学に進学する報告をしてくれた。志望校に無事合格したそうである。希望に満ち溢れたその顔つきに、こ [続きを読む]
  • アランのこと ( 子供たちとの触れ合い 編 )
  •  アランは来園される皆さまにかわいがられて育ってきたので、とても人懐っこく、人間に警戒心を抱くことはない。そもそも弱者であるヤギ、その健気な性格と触れ合うことで、お子さんに限らず、我々には慈しみのような気持ちが芽生えるものである。 「そういうことをしたら、アランが可哀そう。 あなたもいやでしょ。」小学生の男の子がシャボン玉をアランの顔に吹きかけて悪戯をしている場面を見て、リピーターのお母さんと中学 [続きを読む]
  • 美人揃い
  •  これまで、主役をずっと務めて来た“紅ほっぺ”がひと休みし、いつもよりも実の数が少なくなっている。代わりに土曜日のいちご狩りで主役を務めるのは“かなみひめ”。中くらいの大きさの粒が揃っているので、味覚の元となる養分も均等に配分されているはず。( 乞うご期待 by 農園主 ) [続きを読む]
  • ポレポレ・アイロン・ビーズ
  •  「昨日の夜ね、全然眠れなかったの。嬉しくって。。。」毎年、ご家族で来園する“ことはちゃん”が、こっそりと嫁さんに教えてくれたそうだ。この春には小学生になる女の子である。いつも自作のものをお土産に持って来てくれる。 今年は、アイロン・ビーズで作った“ポレポレ”。アランもいて、いちごも当園のロゴ、とても素敵なデザインである。来園されていた他のお客様からもとても好評で、「すごいっ、上手い」 小学生の男 [続きを読む]
  • 春本番へ
  •  “おいCベリー”の大粒がまた始まる。冬の寒い時期の味覚と春の味は、変化していく。これは、どの品種にも言えることで、いちごの奥深さでもある。リピーターの皆様が、シーズンに2回(以上)訪れるのは、こういうところに理由がある。( 農園の風に吹かれているだけでもいい季節だ by 農園主 )  [続きを読む]
  • クロちゃんです ( お目覚め 2017 )
  •  昨日、冬眠から目覚めた。いや、起こしたという方が正しいかも知れない。11月から育苗ハウスの南側で、4ヵ月冬眠していた。そろそろ気温が上がってきたので、お腹が空くころである。慣れてきたとは言え、元気な姿を見るまでは心配であった。 クロは顔に緑の苔がついていたので、ぐっすり寝ていたことがわかる。トラは少し甲羅が大きくなったようだ。いつもの綺麗な井戸水に入れ替えて上げると、家に戻った気になったのであろう [続きを読む]
  • かなみの春
  •  “かなみひめ”が再び始まる。少し間隔が空いてしまっていたので、心待ちにされていた方々も多いかと思う。明日のいちご狩りでは、たっぷりとお楽しみいただける。 春休みになってから、予約が一段と混み合い、皆様には大変お手数をおかけしてしまっている。。。ただ、4月以降は、例年余裕が出て、予約も取りやすくなる。是非、ご検討いただければ幸いである。( 5月中旬まで営業予定 by 農園主 ) [続きを読む]
  • 魔法のいちご 2017年
  •  当園でも時々、小さなお子さんの泣き声が聞こえることがある。「うぇ〜ん、もういっかい(一回)」―ごめんね、アランの餌やりは一回までなんだよ。お腹痛くしちゃうでしょ。「うぇ〜ん、もういっかいやりたい」―このシャボン玉は他のお友達の分だからね。ごめんよ。などなど。。。 どうしても泣き止まないときに登場するのが、この“折り紙のいちご”である。不思議なくらいにみんな泣き止む。これは毎年ご来園されるご家族の [続きを読む]
  • よいしょっとメェ〜
  •  親苗用のプランターに土入れを始めた。来週には、親苗が届くのでその受け入れ準備である。一袋50ℓの土袋は結構重い。「よいしょっ」腰に気を付けながらの作業だ。その掛け声ばかりが響くのか、遠くからアランの返事が返ってくる。 今シーズンはこれから春休みが始まり、繁忙期を迎えるところだ。その一方で、足元の反省点を見つめながら、次のシーズンのことを考えている。来年の苗作りはどうしたらいいのか。 そこが充実した [続きを読む]
  • いま以上、それ以上
  •  “やよいひめ” の調子がいい。この3連休の初日にお楽しみいただける。 ただ、2日目は休園することに決めた。(予定されていた方々には大変申し訳ない。)“かなみひめ” の生育が少し遅れているからである。当園のいちご狩りにご来園いただくからには、たっぷりと堪能してほしいと願っている。“たっぷり” とはどういうことなのか、この定義とその判断はとても難しいのだが、お客様をハウスにご案内した時に、「うわぁ〜っ」 [続きを読む]
  • 迷子の子ブタ
  •  右は当園の子ブタ、左が迷子である。先日、いちご狩りの時に落し物で届けられた。ちなみに、どちらもマザー牧場の名物“子ブタのレース”の景品である。当園のは5,6年前のもの、迷子は最近のもののようだが、偶然にも、困ったような表情に見えてしまう。心当たりの方は、是非お早目にご連絡を。( クロネコに子ブタを送ってもらう予定 by 農園主 ) [続きを読む]
  • 友達の輪
  •  いちご狩りに来園された若い女子グループ。― いちご狩りは皆さんでよく行かれるのですか?「いえいえ、私はちっちゃい子供のころ以来、他の皆はほとんど初めてです」― そうでしたか、では、突然思いついて来ていただいた?「実は周りで今、いちご狩りが “ブーム” なんです。ハハハ。先日、友達がここに来て、それで私達も行きたいってなったんです。ねぇ〜」と皆で楽しそうに頷いておられる。 “口コミ”は商業の核心である [続きを読む]
  • ホワイト・デーのギフトに
  •  3月14日のいちご狩りは開園する。ご予約は2人の組がとても多く、期待通りである。大事な日のお手伝いをアランとともにみんなで務めさせていただく。プレゼントには、色鮮やかな “苺ッス” がおすすめだ。酢の好きな女性は多いからである。ギフトバッグもご用意してお待ちしている。( 別売り30円、ご容赦 by 農園主 ) [続きを読む]
  • 恒例の青色吐息
  •  青色申告(確定申告)の期限が迫って来た。 15日までである。毎年、1ヶ月前には仕上げておこうと固く決心したはずなのだが、なぜかいつもぎりぎりになってしまう。弥生の会計ソフトを使って管理しているので、この数日、嫁さんが最後の追い込み入力に奮闘。 おかげで何とか間に合いそうである。毎年、少しずつではあるが、細かいところを実態に合った計理処理に努めているので、新しい発見もある。 その度に “会計” のよく [続きを読む]
  • 来シーズンの始まり
  •  ご来園されたお客様から、後日メールをいただいた。「今年も良いいちご狩りを家族でする事が出来ました。 昨年も一昨年もとても美味しいいちごを頂いていますが、 今年はそれらを上回る美味しさのいちごだったように感じます。 何か改良されましたか? 時期が良かったのでしょうか? 来年が又楽しみです。」 自慢できるような秘策は持ち合せていないので、多分、ご指摘の通りいい時期に当たったのではないかと。しかしなが [続きを読む]
  • ひび割れ、始まる
  •  “やよいひめ”が本領を発揮し始めている。3月になって文字通り、弥生の季節になった。 艶やかな果実とともにヘタの下にひび割れも出来ている。リピーターの方々が、お好みの完熟のサインだ。今週末のいちご狩りでお楽しみいただける。( 独特の香りを by 農園主 ) [続きを読む]
  • 今や昔
  •  いちご狩りに “久し振りに来園した” という女性3人のグループ。「以前は予約制ではなかったですよね」おっと、このことをご存知の方は今や希少である。オープン直後の3ヶ月間は、10時の開園以降いつでもご入園できた。4年前のことだ。当園を贔屓にしてくださる方はまだ皆無で、ゼロからのスタートであったため、当たり前のことである。それが少しずつ 「予約できますか?」 という問い合わせをいただくようになり、気が付いた [続きを読む]
  • “苺ッス”の効用
  •   「ケホッケホッ、酸っぱいものは苦手なもので。。。」― 男性はそういう人多いですよね。自分もそうだったからよくわかります。 “苺ッス”の試飲を彼女に勧められて咳き込む彼氏。私もこの商品の開発のために、昨年1年間試飲を繰り返していたら苦手から得意になった経験がある。酢の物が嫌いな男性は結構多い。「でも、これ買っていきます。」― えっ?2本も?大丈夫ですか?「家で母親から、体にいいからと梅干を無理やり食 [続きを読む]
  • よしのさんのショット(2017年)
  •  写真を撮ることが好きな2人がひょっこり来園された。「こんにちは。いちご買えますか。いちご狩りは休園でも直売はやっているとHPで見たので」―え〜っ。わざわざ川崎からありがとう。「仕事が忙しくなってしまって。ようやく休みがとれたので。さぁ、いちご狩りと思ったら、お休みだったのですけど、直売はやっていると知ったので、なら、行くしかないでしょって」もう何年も来園してくれている、あの遠距離恋愛の二人である。 [続きを読む]
  • アランのこと ( ともだち編 )
  •  いちご狩りに初めて来園した“さよちゃん”は、すっかりアランと仲良しになったようだ。帰る間際まで、ずっとそばにいて遊んでいた。アランも柵越しにずっと後をついて回っていた。人間も同じだが、自分のことを好きになってくれる人のことはよくわかるようである。臆病なヤギは特に洞察力が鋭いので、尚更である。  さよちゃんは帰宅後、アランの絵を早速描いてくれたそうである。とても雰囲気が出ている。 感心したのは、ア [続きを読む]
  • 空箱の山が消えた日
  •  この2ヶ月間、“いちごの宅配”を持ち込むのが日課であった。ほぼ毎朝夕と“クロネコ”さんへ1日に2度出入りしていたので、受付の方々とはすっかり顔馴染みとなった。 いちごのご注文もいただいたりと。しかし、この宅配も2月いっぱいで終了させていただき、ご依頼分の箱の山がきれいになくなった。気温が上がってきたので、充実した果実であっても、常温での配送はそろそろ限界と判断している。「クール便でいいから送ってほ [続きを読む]
  • 人生の大きな舞台に
  •  4回目のご来園になるという若いご夫婦。なんと、「初デートが当園でのいちご狩りだった」 とお聞きして驚いた。4年前のことだそうだ。初めは、彼女がいちご好きだと聞いて、ネットで探して当園に決めてくれたそうである。当園がお二人にとって、最高の思い出の場所になっているなんて、とても誇らしい。一方で、恥ずかしくないように運営していかなければと気が引き締まる思いでもある。いずれは、ご家族が増えてのご来園にな [続きを読む]
  • アランのこと ( 寝ているばかりではない編 )
  •  春のような暖かい陽気に、彼はフィールドでのんびりと過ごしていた。「今日のいちご狩りはお休みとお聞きしたのですが、いちごを買うことはできますか? それと。。。ヤギさんに会うこともできますか?」― もちろん、です。こういう問い合わせは時々ある。 アランは、お客様の姿が見えると遠くからヒョコヒョコと駆け寄ってくる。その愛らしさに、みんな心を奪われてしまうのである。( 抜群の営業力 by 農園主 )  [続きを読む]
  • ひなまつり
  •  毎年この日の直売は、注文がとても多くなる。シーズンによっては、実の数が少なくなっている時期に当たってしまい、お応えできなかったこともある。 しかし、今年はたっぷりと充実した果実が生っているので、自信を持って明日を迎えられる。お嬢さん、お孫さんへのお土産、彼女へのプレゼント、そして、奥様への感謝の気持ちを是非、この機会に。( いちご囃子で by 農園主 ) [続きを読む]
  • 大歓迎、おせっかいお母さん
  •  いちご狩りに初来園されたご家族が途中で何やら変な様子だ。聞けば、お子さんにジンマシンが出て痒がっている。嫁さんが大慌てで、薬箱の中を探して塗り薬を持って行く。お母さんが言われるには「花粉かしら?朝飲んだ風薬かも」と。当園でも初めてのことだったので、びっくりしていたら、リピーターの方がその子のそばに行って、しゃがんで話しかけている。「大丈夫、少し興奮しただけよ」確かに、数分後には元気になってアラン [続きを読む]