xiPJ さん プロフィール

  •  
xiPJさん: アイソモカ
ハンドル名xiPJ さん
ブログタイトルアイソモカ
ブログURLhttp://ximocha.blogspot.jp/
サイト紹介文アイソモカを1杯どうぞ。元物理の院生が考えたことを写真とともに綴っています。
自由文おかわりは無料です。Twitterもよろしくね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/05/12 13:41

xiPJ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 泥臭い仕事とは
  • お久しぶりです。暖かくていい天気ですね。3月末で群馬の仕事を辞めて、2年前まで住んでいた大阪に戻ってきた。仕事を探すために、人と話していたときのこと。お兄さん「備品が壊れたときなんかに、業者を手配したり申請を出したりなんていう 泥臭い仕事もあるんですが大丈夫ですか?」ぼく「(泥臭い…関西弁バリバリの工事業者のオッチャンとやりあうってことかな…) 前職では社外の方など立場の違う方とも協力して仕事をしてき [続きを読む]
  • 日本は外国人にとって暮らしやすい国になりうるのか
  • 日本は若い人が減っていき年寄りが増えていくので、外国人にどんどん来て働いてもらいましょう!という流れがある。現行では永住権は、原則10年住むと永住権が得られ、学歴や職歴がいい人は5年で得られるようになっているものが、今年3月から居住期間を3年・1年に短縮する方針だと、最近のニュースで読んだ。Brexitやトランプ大統領の就任を見ていると、世界の流れとして、外国人に来てほしくない!という声が大きくなっているよう [続きを読む]
  • 同じじゃないもの、正しくないもの
  • このまえ、多文化共生の話を聞いていた時に、「違い」を漢字で書くと正しくないという意味に見えるからひらがなで「ちがい」と書きますと言っている人がいて、「違い」は「間違い」や「誤り」とは違うよ!!と思った。「違う」は、「同じじゃない」という意味で、同じじゃないことは、正解がたったひとつでない場合には正しくないことにはならない。一億総中流社会で、みんなが同じ方向を向いて発展してきた日本では、正しいものが [続きを読む]
  • グミとエンジニアについての考察の欠片
  • このまえ、雑談してるお兄さんたちが、そのうちのひとりが毎日グミを食べていることについて話しているのを聞いていた。グミ代が俺のタバコ代と同じくらいかかってるんじゃね。1日1袋で月6千円ぐらいかも。依存症なんじゃねーの。グミを食べなくても手が震えたりしないよ。でもそれくらいのことがあったほうがエンジニアっぽい気がする。と話していて、ああそういうクレイジさの伴うプロの魅力みたいなのってあるよね!あるある! [続きを読む]
  • ロシア5泊6日旅行の荷物
  • 夏休み。ロシア・ウラジオストクとハバロフスクに5泊6日の旅行に行ってきました。正確に言うと、実家に帰省してからだったので、自宅を出て8泊ですね。荷物をアンパックして服を洗濯機に放り込みながら、次の旅行のために、今回持って行った物を記録していきます。荷物は、20L弱ぐらい?のバックパック(ANONYM CRAFTSMAN DESIGN 12H デイパック)と、ショルダーバッグ(グレゴリー サッチェルM)、お土産用エコバッグ(行きはバックパ [続きを読む]
  • GW明けたしテンカツしようかなと思って登録したサイトで紹介されたエージェントなオッチャンと電話で話をして、結果としては延期することにしたんだけど、ピージェイさんは思いつきで行動しそうなネガティヴな印象を与えがちなので気をつけたほうがいいですよ、国立大学出てたり大学院出てたりする人でそういうカンジでエッなんでそんなとこに就職しちゃったのもっとイイとこあるじゃんって人は結構いるんですよね〜って言ってた。 [続きを読む]
  • マスクとサングラスと顔文字
  • ^_^ で嬉しさ、 ;_; で悲しさを日本人は表すけど、欧米人は、 :-) で嬉しさ、 :-( で悲しさを表すよね、というような文章が、英語のテキストにあった。目と口のどちらを、嬉しいか悲しいかを判断するのに使っているかという話。なるほど、その通りなんだろう。マスクをすることは日本では一般的だけど、サングラスはあまり一般的でない。洋画を観ていると、サングラスをかけたまま普通に会話しているのに違和感がある。日本人にき [続きを読む]
  • 布団とベッドと、どちらが好き?
  • 今週のNHK World Radio "Easy Japanese(やさしい日本語)"では、比較表現がテーマになっている。「布団とベッドと、どちらが好き?」という文があって、2つ目の「と」は余計ではないか?「布団とベッドと」の後に、何か助詞(particle)が必要ではないか?と考えていた。ちなみに私は布団が好き。並立助詞「と」の使い方ちょっと調べてみたところ、次のような解説があった。並立助詞「と」を使う場合、最後にも「と」を付ける。最後の [続きを読む]
  • 価値観を押し付けあうという戦争
  • いまの戦争で奪い合っているものは、さきの戦争で奪い合っていたような領土なんかじゃなくて、自分たちの価値観を侵害されないことなのではないか、と考えていた。さきの戦争は国と国(領土を持つ集団同士)の戦いだったけれど、いまの戦争は、同じ価値観を持つ集団同士の戦いのようにみえる。空爆(空襲)が、領土を奪う攻撃であるとすれば、それはさきの戦争の戦い方である。公共の場での無差別なテロ行為は、人々から"娯楽"や"安心" [続きを読む]
  • 週末東京徒歩17km
  • このまえの週末に東京に出かけて、たくさん歩いたので記録、グーグルマイマップにトライ。長く歩いたなという気がするけど、地図上に線を引いてみたらハーフマラソンより短い距離だった。土曜日の午後、銀座にある文房具屋、伊東屋に行った。2016年の手帳は、モレスキン「ダッシュボード」に決定。2015年はNOLTY Uを使っていて、デザインも色もオシャレで気に入っている。今年はNOLTY Uをあまり見かけないのと、ホリゾンタルよりも [続きを読む]
  • 短歌詠み合ってわあわあ言い合って添削し合う友だちほしい
  • ツイッターでたまに短歌詠んでます。短歌詠み合ってわあわあ言い合って添削し合う友だちほしい。フォロワー氏が星つけて(ファボして)くださったりするのが励みです。ありがとうございます。とりあえずこのへんでまとめてみようと思って。色白ひきこもりの大学時代に よみけるうた6月に買った日焼け止め未開封 11月のひきこもりです #tanka― ピージェイーノ (@xiPJ) 2012, 11月 11新潟の冬は、晴れの日はほとんどない。雪が積もっ [続きを読む]
  • ニュートリノにおもったこと
  • 「ニュートリノが光速を超えたって話があったとき、新時代キター!って思ったんだけどあれ結局違ったみたいですごく残念」みたいなことを言っている人がいて、物理の研究に「タイムマシンを作る」「人知を超えた力を手に入れる」みたいなイメエジを持ってる人がいることに衝撃を受けた。脳震盪をおこしながら、「ははは」と力なく答えるしかなかったのである。そういう人たちの求めているものって、「私たちと私たちの住む宇宙を構 [続きを読む]
  • しゃああんめ、方言のはなしすっか。
  • 「ことばの力学(白石恭弘、岩波新書)」を読んだ。人が話す言語変種は、その人がどのような言語生活を送ってきたかの総計です。(p. 22)自分が話す方言を理解することは、自分がどう成長してどう暮らしてきたかを理解することであり、興味深い。今回は、私が話してる方言を考察しよう。「方言」「なまり」ということばは否定的に使われることがあるが、私は多様性がとても魅力的だと思い、重要視しているので、否定的な意味合いはな [続きを読む]
  • 映画の感想3本
  • 二十数年間ほとんど映画を観ずに生きてきたのだけれど、一昨年の夏ぐらいから映画を観始めて、今では趣味のひとつになっている。2年で120本ぐらい観た。初めはだいたいどれでも面白くて、そのうち好き嫌いが出てきて、100本を超えたぐらいからようやく感想っぽいものを書けるようになってきた。以下3つは映画の話で、話のあらすじは述べていないけれど、全くの予備知識なしで観たい人は読まないほうがいいかもしれない。ちなみに私 [続きを読む]
  • 金魚鉢にココがいない
  • 大学院時代の友人たちに久しぶりに会って、東京日本橋で開催されているアートアクアリウムに行ってきた。金魚は、長い年月をかけて人為的に選び出され交配されてできた観賞魚である。ずんぐりむっくりとしていたり、目が出ていたり、ヒレが薄く大きくヒラヒラしていたりする。川など自然の中では生きることができない。いろいろな大きさのライトアップされた水槽にいろいろな形の金魚が泳いでいた美しかったけれど、奇妙な物悲しい [続きを読む]
  • 携帯電話を持たない暮らし
  • 夏休みの前半は帰省し、後半は祖父母宅へ遊びに行った。前回祖父母宅へ遊びに行ったのは2012年の3月だったので、およそ3年半ぶりである。おじいちゃんとおばあちゃんはとても喜んでいて嬉しかった。おいしいものをたくさん食べ、わりとのんびりと過ごしてきた。おじいちゃんもおばあちゃんも携帯電話を持っていないのだけれど、暮らしぶりを見ていると、地方都市だし、家に固定電話はあるし、携帯電話もインターネットもなしで80年 [続きを読む]
  • 「なさげ」は文法的によさげなのか
  • 「よさげ」「なさげ」は最近の若者言葉としてよく使われている。方言だという説もある(「じゃん」は方言が若者言葉として広まった例である)。「涼しげ」が「涼しそう」という意味であるのと同様に、「よさげ」は「よさそう」、「なさげ」は「なさそう」という意味であるが、文法がどうなっているのか考察してみよう。本文とは関係なさげな昨年国際会議でハワイへ行った時に撮った写真を貼ってみたまずは、い形容詞と「げ」について [続きを読む]
  • ヒトは見た目、イヌはにおい。
  • 動物の見ための性差について考えていたら、認識との関連性に行き着いたので、その話をしよう。犬の顔って牡牝違いあるのだろうか?― 平田朋義 (@tomo3141592653) 2015, 7月 4イヌをたくさん飼ったことのない私にはイヌの見かけのオスメスの違いが分からない。ネコも分からない。たくさん飼ったことがある人には分かるのかもしれない。ライオンのオスとメスは見た目が違うし、クジャクも違う。ライオンやクジャクを飼ったことがな [続きを読む]
  • 夏休みの自由調査報告書
  • 自由研究の季節である。小学生の頃は、研究というものがどういうものなのか知らなかった。研究のやり方を説明せずに宿題に出すとは何事か!と怒りたくなる気持ちはあるが、これは教育に関する文章ではないので怒らないでおく。ちょっと説明しよう。次のようにまとめればよいだろう。動機(なぜその研究をしようと思ったのか)仮説(調査・実験の結果がどうなると予想するか)手法(どのように調査・実験を行うか)結果(調査・実験 [続きを読む]
  • さしすせそ の 過去と未来
  • 前回の投稿で引用した文章のうち、”摩擦音[?]「し」を含む形容詞(i-type adjective)は、「悲しい」や「寂しい」、「嬉しい」、「楽しい」のように、人間の気持ちの状態を表す傾向がある。”という部分を素通りしてしまったので、今回はそれについて考えてみよう。現代日本語の形容詞(adjective)は2つに分類できる。「い形容詞」と「な形容詞」である。国語の授業では「形容詞」と「形容動詞」と呼ぶものだが、日本語教育での分類 [続きを読む]
  • 「ので」と「から」
  • 音と言葉の話をしよう。NHK world radioの英語放送をiPhoneアプリで聴いていて、Easy Japaneseという日本語講座が面白い。日本語講座の最後には、毎回擬音語・擬態語を紹介するコーナーがあって、前回は「トントン」を、階段を上る足音・まな板の上で何かを切る音・ドアを叩く音として紹介していた。「トントン」は他にも、物事が上手く進む様子や、収支がゼロである様子も表し、意味がたくさんあるなーとか考えてた。日本語の擬音 [続きを読む]
  • 過去の記事 …