rin さん プロフィール

  •  
rinさん: さくらいろ
ハンドル名rin さん
ブログタイトルさくらいろ
ブログURLhttp://rinsakura39.blog.fc2.com/
サイト紹介文遠距離恋愛7年。いろいろあります。
自由文日々のあれこれ書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/05/14 07:18

rin さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 心機一転
  • 4月になり、季節もやっと春。暖かいというだけで、なぜか心がうきうきする。ブーツからスニーカーに履き替えるだけで、なぜか足取りも軽くなる。やらなくてはいけないことが山積しているけれど、頑張ってこなしていかないと。とりあえず、冬物の服やコートを洗濯しようかな。 [続きを読む]
  • もうすぐ春ですね
  • 3月に入り、少しずつ暖かい日も増え春に近づいてきました。とは言ってもまだまだ寒い毎日なのですが、毎年この時期春に焦がれているせいかお買い物に行くとパステルカラーのものばかり欲しくなってしまいます?お洋服でも、バッグでも、靴でも、小物でも。でも、何と言ってもやっぱりピンク色の桜の花が一番見たい〜。早く来い来い桜前線。一緒の桜は見れないけれど、今年もあなたと一緒に春を感じたい。さくら色の春を。 [続きを読む]
  • 人見知り
  • 私は昔から人見知りだ。場所や人に慣れるまでになかなか時間がかかる。人見知りって治るのだろうか?それとも、治さなくてもいいものなんだろうか?こんなことを今更?悩んだりして(苦笑)でも確実に損してるよなぁと思う。でも、ダメな部分もあっての私の個性だと思うようにしよう。こんな私だからこそ良いと言ってくれる人もきっといると思うようにしよう。前向きにいこうっと。 [続きを読む]
  • 明けました。
  • 年が明けて、もう6日も過ぎてしまいました。今年もきっとあっという間に過ぎる予感…。今年こそは、自分のダメな部分を直そう!…とは言っても簡単には直らないのが性格というもの…だから、直す努力をしよう!!頑張ります。5年後、10年後、笑っていられるように、今から頑張ろう。 [続きを読む]
  • 師走
  • とうとう今年も残すところあと一か月。毎年思うけど、なんて早い…。今年も周りに振り回され、また自分自身も変化した一年だったな。それでもいつも平常心でいられたのは、あなたのおかげ。あと少し、頑張らないといけないけれど、でも、あなたがいつも付いていてくれるので頑張れます。頑張ります。 [続きを読む]
  • 冬がやってきた
  • ついこの前まで、暑い暑いと文句を言っていたはずなのに、あっという間に、秋を飛び越えて冬がやってきた。冬という季節は好きなのだけれど、でも寒いとついつい出不精になってしまう…。温泉に入って温まったあとに、暖かいお部屋で、冷たいビールを飲みたいな、あなたと。と、ぬくぬく、だらだらな休日を妄想しながら、寒い冬を乗り越えたい私です。 [続きを読む]
  • 満月
  • 仕事を終えて外に出たら、満月が出ていた。直前まで雨が降っていたせいか、空気が澄んでいてとてもキレイな月だった。あなたにも見せたいなと心の中で思いながら眺めていたら、同じ想いであなたも同じ月を眺めていた。離れていても寄り添えていると、実感した夜だった。 [続きを読む]
  • 変化。
  • 9月になったというのに、残暑厳しく…。台風が続けてやってきたり。雨が凄く降ったり。毎年変わらない夏を迎えているつもりでも、天候は毎年変化しているようです。私の身体も、変わっていないつもりでも、少しずつ変化しているようで…。今まで以上に注意して、大切にしていかないとと実感する出来事がありました。あなたにも心配かけました…。 でもこれからもまだまだ心配かけてしまいそうです。だけど、あなたの存在があるから [続きを読む]
  • 台風一過?
  • また、あなたを困らせてしまってごめんなさい。嫌われる?呆れられる?思ってることを上手く伝えられるか不安だったけれど、言ってしまった…。でも、きちんと私の気持ちを受け入れてくれてありがとう。雨降って地固まる?って感じかな?今の私のココロは台風一過の青空のように晴れやかです。 [続きを読む]
  • 遠い記憶
  • 夏の夕暮れ、家の前で近所の子たちと遊んでいた。ご飯だよと母に呼ばれたけれど、遊びに夢中ですぐには帰らなかった私。たぶんもう一度、母に呼ばれたのだと思う。けど、すぐに帰らなかった私に怒った母は玄関の鍵を掛けて私を締め出した。その後、必死に泣きながら謝ってやっと家に入れてもらった私。あの時の私はこのまま一生家に入れてもらえないんだと絶望的になり、号泣しながら謝ったっけ。子供のときに怒られたことは勿論た [続きを読む]
  • 表裏
  • 表の私も、裏の私も、どちらも私。どちらもあってどちらも必要であり、どちらも私という存在。そして、どちらの私もあなたが好きです。 [続きを読む]
  • 褒めてもらう
  • 思えば、大人になってからはあまり褒められるということがない。どんなに頑張っても、努力をしても、評価されることはあっても、褒めてもらえることって少ない。大人だって、褒めてもらえると嬉しいし、また頑張れるのにね。あなたに、怒られることもあるけれど、でも褒めてもらっている私はいつも頑張れる。私が単純なだけなのかな? [続きを読む]
  • 主役
  • 昔から、目立つことが嫌いで、自分の意見を主張するのが苦手で、輪の中心に立つことも絶対無くって、脇役ばかりの私だった。そんな私だけれど、私の人生の中では私が主役。あなたに愛され、輝く主役になる。 [続きを読む]
  • 私には大したこと
  • あなたは何気なく言ったことや、悪気なく言ったことも、私は時に、気にしたり傷ついたりする。離れている分、メールのやり取りが多くなるけれど、その言葉の一つ一つで嬉しくもなり悲しくもなる。あなたのメールに、ハートが付いてたりすると、もう大変。何度も見返してしまうほど嬉しい。あなたには大したことではないのかもしれないけれど、私には大したこと♪ [続きを読む]
  • 寒暖差
  • 暖かかったり、寒かったり、このまま春になるのかな?と思ったら、また雪が降ったり。今年の冬は寒暖差が激しい…。そのせいか?風邪もインフルエンザもかかってはいないものの、体調がイマイチだったりする。早く春にならないかなぁ。古くからの友が、少し前から恋をしている。久しぶりの恋にちょっと戸惑ったり、喜んだり、そんな少女のような彼女が凄く可愛くて。でも、自分の好きと彼の好きに温度差を感じて今とっても悩んでい [続きを読む]
  • 2016年
  • 気がつけばもう今年も10日も過ぎてしまいましたが…今年もどうぞよろしくお願いします。今年はもう少し更新出来るよう頑張ります!昨年は体調崩したり、周りがゴタゴタしていたりと落ち着かない日々でしたが、心の中は穏やかに過ごせたと思っています。今年は健康第一で、心の中は変わらず穏やかに過ごせたらいいな。365日大切に過ごしたいです。 [続きを読む]
  • クリスマスモード
  • 気がつくと街はすっかりクリスマス。街並みもお店もキラキラしてる。子供の頃はクリスマス自体がとっても嬉しくて、楽しくて。ケーキを食べて、プレゼントを貰って、ワクワクドキドキ。でも今はクリスマスまでの雰囲気が好き。イルミネーションを見てると凄くワクワクしてしまう。ずっと見ていても飽きないくらい。クリスマスまであと少し、この雰囲気を楽しみたいな。だけど日が明けて26日になるとあっという間にどこもかしこもお [続きを読む]
  • 自信
  • コンプレックスだらけの私だけど、あなたが褒めてくれる部分は、今は自慢の部分になった。嫌なことがいっぱいの毎日も、あなたがいてくれるから、いつも平穏な私でいられる。あなたに怒られると、、楽しいことも楽しくなくなるし、美味しいものも美味しくなくなる。私の日常はあなたを中心に回ってる。 [続きを読む]
  • 食欲の秋
  • 私の嫌いな季節、秋がやってきたー。秋って日が暮れるのも早くなってくるしちょっと寂しい感じがするので嫌い。更に今年の秋は何故か忙しい。自分の意思とは関係なく忙しくてちょっとイライラ。周りの理不尽さにムカムカ。でも、ご飯もお菓子も美味しーく毎日食べられているからまだまだ大丈夫かな、私。食欲の秋だし、好きなものを頂きながら乗り切ろう。 [続きを読む]
  • 硬い?固い?堅い?
  • 性格は真面目な方だと自分で思う。仕事もきちんとやってると思うし、社会人としてきちんと生活してると思う。でも時々、頭がかたいなぁと感じる。同じ作業でも、他の人がもっと効率良くやっていたり、自分とは違うやり方でやっているのを見ると、ほぉ〜そんなやり方があったのか!と感心したり、びっくりしたりすることがある。もっと柔軟な人間になりたいなと思うけど、どうしたらなれるのかな?もっと器用に生きられたらと思うけ [続きを読む]
  • 飾る
  • 小さい手術をした。手術するにあたり、マニキュア等は取ってきて下さいと注意事項の一つにあったので、マニキュアもペティキュアも取った。術後も病院に通ったりするので何となく爪は塗らないまま今に至っている。睫毛もエクステがかなり取れてしまったまま、付け直しに行けないまま。お化粧も、オシャレも自分を飾ることは、自分のやる気をあげる大切なことだなんだなと、そんなことを実感した。 [続きを読む]
  • 表と裏
  • 表の私と、裏の私。どっちもあって私であり、どちらかが欠けても私ではなくなる。どちらも大切で、どちらも私の一部分。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …